topimage

2017-05

ズレ>『とと姉ちゃん』第33話 - 2016.05.11 Wed

通帳をコピーする必要が生じて
某店のコピー機を借りたのだけど
そのまま通帳を忘れてきてしまった

昨日の夕方の話

で、今朝になって気付き
慌てて某店に連絡
紆余曲折あったものの
落とし物として事務所に届けられていることが分かり
無事に戻ってきました

ああ、ホッとした
でも、我ながらアホ過ぎ

…ひじゅにですが何か?



「尋問受けてるみたいだに」by社長



↑またも発揮される、とと刑事ぶり(笑)



学校の勉強は鞠子の方が勝るけれど
常子には、とと姉ちゃんの名にふさわしく
洞察力とか行動力とか積極性とか人心掌握力とか
持って生まれた才覚があるってことなのだろう―

そしてそれが、さり気なく描かれる「日常」の中で
少しずつ発揮され、育まれていくのだろう―

だから2つの意味で「日常」には意味があり
視聴者の心も少しずつ、その大切さ美しさが刻まれていく―

というドラマなのかな…と思うし
そうあってほしいな…とも思うのだけれど

問題は

全くそうなってないってことだよなあ(^^;)



取り合えず、今は
かかを何とかしてほしい!>ぉ


白髪が浮いている若々しいお祖母様
宝塚町のセリフ回しがこれまた浮いているお祖母様
…最初は彼女がネックかなあと思っちゃってたんだけど

日ごとに増す、かかのウザさに
お祖母様なんてどーでもいい
いや、寧ろ頑張っている!
と思う様にまでなっちまったぜ。


かかの主張は
「自分の道は自分で選ぶべき」
だったはずなのに

途中から、常子が
「自分を犠牲にして家族のために嫁ぐと言い出しかねない」
と変わっている。

前者は、自分の時のことを重ね
自分の選択を正当化したいという気持ちが先に立って
暴走しただけの様に見える。

後者だと、イカニモ娘のことを思いやっている様で
やっぱ思い込みなのは変わらないし
寧ろ娘に責任転嫁しているみたいでナンダカナ…


つーか
そもそも今の常子は
そんな自己犠牲的な性格には見えないんだけども(笑)

子供時代の彼女ならともかくも、ね。

今の彼女も、初期の頃なら少しは可能性あったかな。
「とと姉ちゃん」の「とと」の部分に拘るあまり
「姉ちゃん」の部分=自分自身のこと、が抜けていたから。

でも、最近の彼女は「とと」の部分をこそ失ってしまっている。

まあ、制作側の意図としては
失われているどころか大いに発揮している(と描いている)
つもりなんだろうけども(^^;


で、かかだけど

「嫁入りを拒めない様に仕向けたんじゃありませんか?」
と受け取るところは理解できる。

「奇しくも青柳の近くに住むことになって
自分の力で生きていけるところを
お母様に見せる良い機会だと思っていました」

これはないだろう

っていうか
何ちゅー自己正当化(笑)

う~ん
こーいう思考の人なのね。

今迄の中二病丸出しの言動も納得。


「自分の力で生きていける」ちゅーてもなあ…
他人からの援助ありき!だしなあ…

今回さすがに仕事を増やして頑張る姿を見せていたけど
森田屋での仕事量や時間を増やしても給金に影響あるのかなあ?
縫物の内職って、そんなに収入良くないんじゃないのかなあ?

このままだったら、結局のところ
娘達の可能性を潰してしまうことになるわけで…

見える形が正反対なだけで
実際はお祖母様と同じことしてるよね。

いや、お祖母様の方はまだ提案の段階だから
娘達を巻き込んで行動しちゃってる、かかの方が責任重い様な…


自分から頭を下げて、お祖母様の援助を頼み込む
って方が母親らしいって思っちゃうなあ。

縁談の件は今すぐってわけじゃないんだから
常子達が女学校を卒業するまで頑張って
いざとなったら逃がせば良いんじゃ?

だって、自分も逃げたんでしょ?
逃げられたってことでしょ?


…と、もう
グダグダ言いたくなく程の
今日のかかだった。



お祖母様の方は色々あっただけに
ずっと器が大きく、順応性のある人なんじゃ…って思えるので

かかがもっと成長してメデタシメデタシ!になれば
少しはスッキリするだろうな。


ただ、問題は
かかにしても、お祖母様にしても
そう“見える”だけで
そう描いているつもりではない可能性があるってこと。

一番ありそうで一番イヤなのは
かか=あくまでも正しく良い母
お祖母様=自分の拘りを捨てて反省し、かかを支持
…なんだけど
ある意味これが一番朝ドラらしい結末(^^;)

エピの描き方は“まんま”だけど
その背後にある制作側の意図ってヤツは
もしかしたら物凄~く“ズレてる”可能性大。


どーしたもんじゃろのぉ~!?




☆楽天もう…何がなんだか日記もヨロシクです☆
楽天バナー


缶バッジ


日常の紫外線対策


『パパ/ずれてるゥ!』


スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yakkunchi.blog90.fc2.com/tb.php/2188-5046c4b7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

とと姉ちゃん (第33回・5/11) 感想

NHK総合・連続テレビ小説『とと姉ちゃん』(公式) 第6週『常子、竹蔵の思いを知る』『第33回』の感想。 なお、本作のモチーフで、大橋鎭子著『「暮しの手帖」とわたし』は既読。 どこまでも認めようとしない滝子(大地真央)に怒り、援助を断る君子(木村多江)。自分ひとりの力で常子(高畑充希)たちを養おうと、昼夜問わず働く君子に常子と鞠子(相楽樹)たちは心配する...

とと姉ちゃん 第33回

内容隈井(片岡鶴太郎)が行っていると思っていた学費の援助を、実は、滝子(大地真央)が行っていたと知った君子(木村多江)は、もう世話にはならないと、滝子へと告げる。 あまりの母・滝子の頑なな態度に、常子(高畑充希)鞠子(相楽樹)は困惑。 敬称略 いままで...

NHK朝ドラ【とと姉ちゃん】 第33回 感想

どこまでも認めようとしない滝子(大地真央)に怒り、援助を断る君子(木村多江)。 自分ひとりの力で常子(高畑充希)たちを養おうと、昼夜問わず働く君子に常子と鞠子(相楽樹)たちは心配するばかり。 そんな折、浜松で世話になった染工会社社長の杉野(田山涼成)が青柳商店を訪ねてくる。 君子や滝子の内情になぜか詳しい杉野。 常子がその理由を聞くと、杉野は今まで伏せていた父・竹蔵(西島秀俊)の秘密...

大泣き>『とと姉ちゃん』第34話 «  | BLOG TOP |  » 押すなよ!>『とと姉ちゃん』第32話

プロフィール

ひじゅに

Author:ひじゅに
ひじゅに

朝ドラを中心にドラマや映画の感想、
K-POP歌詞訳やイラスト、
猫や食べ物の話題など
何だかんだと書いています。
HNの由来は韓国のロッカー
ムン・ヒジュン(笑)
楽天ブログで何年かやってきましたが、
今後こちらと並行して行くつもりです。
「やっくん」名でHPもやってます。
どうぞヨロシク☆

★楽天ブログ
もう…何がなんだか日記
楽天バナー

★HP(ブログ各記事のINDEXも)
やっくんち
やっくんち

最新記事

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

ひよっこ (48)
相棒 (111)
べっぴんさん (152)
とと姉ちゃん (154)
あさが来た (157)
まれ (156)
マッサン (150)
ちゅらさん (8)
花子とアン (156)
ごちそうさん (151)
あまちゃん (156)
純と愛 (151)
梅ちゃん先生 (157)
カーネーション (151)
おひさま (156)
NHK朝ドラ-2 (74)
朝ドラについて考える (20)
韓国映画 (28)
香港・中国映画 (11)
日本映画 (6)
欧米映画 (9)
007シリーズ (14)
その他の映画 (1)
八重の桜 (52)
平清盛 (50)
陽だまりの樹 (11)
JIN-仁- (11)
ドラマ-1- (32)
ドラマ-3- (13)
ドラマ-4- (4)
単発ドラマ (9)
欧米ドラマ (20)
韓国ドラマ‐1‐ (2)
K-POP(主にヒジュン) (1)
MV&歌詞訳(主にヒジュン) (2)
MV&歌詞訳(その他) (11)
食べ物・飲み物 (28)
動物 (31)
イラストetc. (3)
風景、植物 (4)
日常あれこれ (54)
夢 (1)
バトン (8)
小説&マンガreview (1)
アニメ (2)
韓国ドラマ-2- (2)
ドラマ以外のTV番組&DVD等 (1)
ラーメンetc. (5)

月別アーカイブ

フリーエリア

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR