topimage

2017-10

印象薄い女>『とと姉ちゃん』第23話 - 2016.04.29 Fri

今日は割と面白く感じられた

うん
褒められる時は大いに褒めておこう(笑)

…ひじゅにですが何か?



「ごめんなさい、印象薄い女で」by常子



常子の顔を覗き込んで驚く星野さんの図ぅ―

何かを見出したのかと思ったら
キッチリ
顔に見覚えがあるのに何処でどんな形で逢ったのか思い出せない
…とか何とか。

星野さんは変人キャラっぽいので
(まあ、このドラマは登場人物全員が一見変人キャラだけどな)
この“逆”ぶりは仕方ないか。

植物に夢中で人には関心を示さないタイプかと思いきや
出逢った人一人一人を覚えているとは…

こんな風に、各キャラに意外性を持たせるのが西田流?


常子の印象の薄さ故に(?)
少し近付いた星野さんと常子。

ひまわりを例えに
「自分が悪くないことに卑屈になる必要はない」
と、教えを垂れる星野さん。

ひまわりというと、太陽に向かっているという印象があるけど
実は、そうしているのは成長途上にある花だけ―
という話はちょいと心に響いたわ。

人間として円熟すれば
周囲を気にしたり無理に見なに合わせようとしたりすることなく
堂々と自分なりの立ち方をしているものってことだよね>微妙に違う?


この教えを早速、学校で適用する常子。


何かこーいうパターン多いなと思うけど
まあ、そこは置いといて>ぉ

でも、クラスメート達の方が上手で(?)
星野さんと話していたことは「密会」なんて言われちゃうし
カンニングを偽装されちゃうし
ますます追い込まれる常子であった。

って

どんどん現代風の陰湿なイジメになってきた様な…
そーいうの嫌なんですけど…


あ、でも
アッサリ解決が『とと姉ちゃん』の肝だったな。

玉置三兄弟の時からして
いや、ラサールの時からして
事件は全て外部から、しかも悪い形で起こり
常子達が翻弄されるかと思いきや
あっという間にアッサリ解決!

これの繰り返しみたいな感じだから
今回のコレも常子と綾さんが近付くきっかけ作りに過ぎないのかもね。


それと、もう一つのパターン。

やはり外部から何かが起こり
そこから常子がヒントを得る。

今日は星野さんとのシーンで、まず起こり
久しぶりの鉄郎叔父さんとのシーンで、また起こった。

「一番になりたければ
その道で一番になっている人から教えを受けるのが
一番!」

という言葉。

それを早速適用して綾さんの家に突撃する常子。

まあ、これも結局
常子と綾さんが近づくきっかけ作りに過ぎないと言えるけど。


「さっきから気に障ることしか言ってないわよ」by綾

自分の益のためだけに近付いたのに
相手に良い印象を持っていないことをズバズバ言っちゃう常子。

これって、ひとつのお笑いパターンではあるけど
常子ってそーいうキャラだっけ?
…というのは、取り合えず置いといて>ぇ

常子の申し出を受けることにメリットはあるのか、とか
何とかツン状態を保とうと努めるも
早くもデレ状態に陥る綾さんであった。


―と、ここまで書いて
どこが面白かったわけ?
自問自答(笑)

いや、パターンがパターン通りなのは>ぇ
気にならなくもなかったけど
全体的に楽しい気持ちにはなったよ。


やはり常子が中心の話だったからかな?

かかの出番が多いと、どうしても毒親に見えてきちゃうし
森田屋の面々もまだ苦手だし
お祖母様VSまつは、もっと苦手だし

お祖母様も出番が少ないと
娘や孫達を思いやる心根が際立つ>彼女もまたツンデレ

それに、このところ
とと姉ちゃんの「とと」らしさが、あまり描かれなかったよね。

かかに従順で、妹達を思う、出来た娘ぶりは垣間見えたけど。

子供の頃の健気さや真面目過ぎて苦悩する幼気のなさみたいなのが
薄れてきちゃった上に
やたら明るく元気に振る舞う今の様子からも
あまり迫ってくるものがない。

要するに「印象薄い女」ってことで(笑)
合ってるのかもしれないけど
だから面白いってわけでもないもんなあ。


学校でのアレコレが中心の話だったせいもあるかも。

常子の今の年齢や立場からして
やはり等身大の話の方が取っ付きやすい気がする。

エピソードそのものも
もうちょい自然体だと良いんだけどね>言っちゃった




☆楽天もう…何がなんだか日記もヨロシクです☆
楽天バナー


ひまわり両面時計


くだかの塩


美味さ一番


スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yakkunchi.blog90.fc2.com/tb.php/2177-019e732d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

NHK朝ドラ【とと姉ちゃん】 第23回 感想

常子(高畑充希)のことを思い出せないという星野(坂口健太郎)だが、悩む常子に「ヒマワリのように堂々としていなさい」とトンチンカンな助言をされ、常子は少し気が晴れる。 が、翌日教室で噂になり、カンニングの疑いまでかけられてしまう。 落ち込む常子だが、早く仕事を覚えようと懸命に頑張る母・君子(木村多江)の姿を見て、自分を励ます。 そんな中、叔父・鉄郎(向井理)が現れ、カンニングの疑惑を晴ら...

とと姉ちゃん (第23回・4/29) 感想

NHK総合・連続テレビ小説『とと姉ちゃん』(公式) 第4週『常子、編入試験に挑む』『第23回』の感想。 なお、本作のモチーフで、大橋鎭子著『「暮しの手帖」とわたし』は既読。 常子(高畑充希)のことを思い出せないという星野(坂口健太郎)だが、悩む常子に「ヒマワリのように堂々としていなさい」とトンチンカンな助言をされ、常子は少し気が晴れる。が、翌日教室で噂に...

クリア>『とと姉ちゃん』第24話 «  | BLOG TOP |  » 合格>『とと姉ちゃん』第22話

プロフィール

ひじゅに

Author:ひじゅに
ひじゅに

朝ドラを中心にドラマや映画の感想、
K-POP歌詞訳やイラスト、
猫や食べ物の話題など
何だかんだと書いています。
HNの由来は韓国のロッカー
ムン・ヒジュン(笑)
楽天ブログで何年かやってきましたが、
今後こちらと並行して行くつもりです。
「やっくん」名でHPもやってます。
どうぞヨロシク☆

★楽天ブログ
もう…何がなんだか日記
楽天バナー

★HP(ブログ各記事のINDEXも)
やっくんち
やっくんち

最新記事

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

わろてんか (12)
ひよっこ (157)
相棒 (111)
べっぴんさん (152)
とと姉ちゃん (154)
あさが来た (157)
まれ (156)
マッサン (150)
ちゅらさん (8)
花子とアン (156)
ごちそうさん (151)
あまちゃん (156)
純と愛 (151)
梅ちゃん先生 (157)
カーネーション (151)
おひさま (156)
NHK朝ドラ-2 (74)
朝ドラについて考える (20)
韓国映画 (28)
香港・中国映画 (11)
日本映画 (6)
欧米映画 (9)
007シリーズ (14)
その他の映画 (1)
八重の桜 (53)
平清盛 (50)
陽だまりの樹 (11)
JIN-仁- (11)
ドラマ-1- (32)
ドラマ-3- (13)
ドラマ-4- (4)
単発ドラマ (9)
欧米ドラマ (20)
韓国ドラマ‐1‐ (2)
K-POP(主にヒジュン) (1)
MV&歌詞訳(主にヒジュン) (2)
MV&歌詞訳(その他) (19)
食べ物・飲み物 (41)
動物 (31)
イラストetc. (3)
風景、植物 (4)
日常あれこれ (54)
夢 (1)
バトン (8)
小説&マンガreview (1)
アニメ (2)
韓国ドラマ-2- (2)
ドラマ以外のTV番組&DVD等 (1)
ラーメンetc. (6)

月別アーカイブ

フリーエリア

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR