topimage

2017-10

おはじき婆>『とと姉ちゃん』7話 - 2016.04.11 Mon

玉置三兄弟登場!

ウザい登場の仕方だったけど
取り合えず真ん中の子が気に入ったわ

だって、顔を見るだけで笑えるんだもん>こらこら

…ひじゅにですが何か?



「そうだよね~辛いよね」by常子



↑美子の気持ちにまず同調してから
アドバイスをする、とと姉ちゃんの図ぅ

なんだけど

我が家の猫の掛かりつけの動物病院では
診察中に猫が声をあげたり動いたりすると
「そうだよね~」「嫌だよね~」と
大袈裟に声をかけるので
それを思い出して笑ってしまった>スマソ



先週末、恐らく誰もが気にかけていたであろう
とと亡き後の小橋家の経済状況。

今週始めに早速明かされるという親切設計。

遺族援助+かかが女工として働いている(検反)
とのこと。


そして4年後の三姉妹の状況も語られる―


まずはアバンにて
とと代わりを引き受けた常子の奮闘ぶりが
消防訓練の形で描かれる。

男性ばかりの中に女学生の常子が加わっていることに
疑問を呈する駐在さん。
父親代わりだと説明する常子。

まことに立派なシーンではあるけれど
小橋家に父親がいないことは知られていないのか?
…という新たな疑問が浮上>ぉ

リアル常子@大橋鎭子さんは父親のお葬式で喪主を務めたらしいけど
ドラマ常子にとっては4年後の今が
世間への「とと姉ちゃん」初披露の日だったのか?

って、まあ
知った上での嫌味とも受け取れるか。
つまり、美子の件への伏線?



そんな常子は学校では人気者!
ってことが、先生のあだ名付けに象徴される。

消防自動車
「鐘が鳴るとすぐに現れる」から


う~む
シャレている様な無理クリな様な
どっちかっつーと無理クリ感の方が強い様な…

これもまた
アバンの消防訓練が前振りだったのか?



鞠子は優等生。
干瓢好きということが判明。


美子は悩み中。
「ととがいないから、話せる事がないの」

かかの話をすれば良いという気がするのだが
それを言っちゃあオシマイ?

子供時代も
ピカッツァ騒動を起こした美子ちゃんが
役者交代後も
最初に騒動を起こす役回り?

「いいなあ、皆ととがいて」
ととが亡くなって4年間
ずっと「素直で明るい」子だったのが
今になって「暗い顔」になっちゃうとは…

クラスメート達にしても
そんなに親の話題なんか頻繁に出すものか?

と、これまた疑問は湧くけれども

…いやいや、少なくとも話題という面では
それだけ皆が成長してきたってことなのでせう。

家庭内が世界の全てだったのが外へと広がり
考えも語彙も少しずつ増えてきて
自分の中のものを表現し始めっているということかも。

…と、無理クリ納得してみる>ぇ

「話せば減ってくばかりでなくなっちゃうよ」
という言葉は切ない。


それにしても

妖怪おはじき婆

は、あんまりな気が…

鞠子が繰り返す「つまんないよ」
フォローのつもりなのかもしれないけど。

ああ、それと
かかの「仕方ないわねえ」は良かった(笑)


子供時代、笑顔が可愛かった美子が
役者が変わった途端に暗い顔で登場したのと逆に

子供時代、あまり感情的にならず
縁の下の力持ちタイプという印象だった常子は
明るいというのか騒がしいというのか
気遣いがあるというのかお節介というのか
何だか悪い方にキャラ変。

…いやいや、これもまた成長ってことか?
女の子の成長はオバサン化とイコールになる場合が多いもんな>ぉ


つーか
寒いギャグ&変顔と共に
何だかイカニモな朝ドラ・ヒロインになってきた、とも言える。

まあ、朝ドラなんだからこれで正解なのかもしれないけど(笑)


3つの目標を掲げているところは
ととの3つの家訓と対応しているのだろう。

ととが、それに自ら縛られてしまっていたのと同じく
常子も、この目標に逆に振り回されてしまうこともあり得る。
そう考えると
子供時代に感じた怖さはまだ生きているのかもしれない
…って気もするけど

子供時代の一番の特徴だった
家族間でも敬語で話す、という部分が
いつしかタメ口に変わっているところを見ると
もはや呪縛は消えたか弱まったか
…ってことなのかも?


言葉といえば
“お約束”の決め台詞(?)
「ど~したもんじゃろの~」
が、ようやく出てきたけど

何故これが途中から口癖になったのか
その由来はこれから明かされるのかな?

これもまた「とと姉ちゃん」であるためにできた歪み?



ところで
鞠子の好物は干瓢

干瓢といえば菅ちゃん@『ゲゲゲ』

菅ちゃんといえば惣兵衛さん@『あさが来た』

蕪の漬物と共に
前作へのオマージュ?

…と無理クリなことを言ってみる>ぇ





☆楽天もう…何がなんだか日記もヨロシクです☆
楽天バナー


蛤おはじき


かぶ浅漬


消防自動車>座れる収納BOX


スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yakkunchi.blog90.fc2.com/tb.php/2159-016a9e5d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

とと姉ちゃん (第7回・4/11) 感想

NHK総合・連続テレビ小説『とと姉ちゃん』(公式) 第2週『常子、妹のために走る』『第7回』の感想。 なお、本作のモチーフで、大橋鎭子著『「暮しの手帖」とわたし』は既読。 クラスになじめない三女・美子(根岸姫奈)のため、美子の学校に乗り込む常子(高畑充希)。しかし、その行動が裏目にでてしまい、ますます仲間外れに…。そんな中、近所で火事が発生。常子は男性陣...

とと姉ちゃん 第7回

『常子、妹のために走る』 内容父・竹蔵が亡くなって4年。常子(高畑充希)は、小橋家の戸主。。。“とと”として奮闘していた。母・君子(木村多江)妹・鞠子(相楽樹)そして美子(根岸姫奈)それぞれ頑張っていた。 ある日、美子の担任の先生が小橋家にや...

NHK朝ドラ【とと姉ちゃん】 第7回 感想

クラスになじめない三女・美子(根岸姫奈)のため、美子の学校に乗り込む常子(高畑充希)。しかし、その行動が裏目にでてしまい、ますます仲間外れに…。そんな中、近所で火事が発生。常子は男性陣に交じりバケツリレーに加わるも、全く役に立てず邪魔者扱いされてしまう。何かと因縁をつけてくる玉置三兄弟にばかにされる常子。美子は、その様子を見てますますとと(=父)が恋しくなり、常子に八つ当たりをしてしまう。 ...

桃尻>『とと姉ちゃん』8話 «  | BLOG TOP |  » ソメイヨシノ

プロフィール

ひじゅに

Author:ひじゅに
ひじゅに

朝ドラを中心にドラマや映画の感想、
K-POP歌詞訳やイラスト、
猫や食べ物の話題など
何だかんだと書いています。
HNの由来は韓国のロッカー
ムン・ヒジュン(笑)
楽天ブログで何年かやってきましたが、
今後こちらと並行して行くつもりです。
「やっくん」名でHPもやってます。
どうぞヨロシク☆

★楽天ブログ
もう…何がなんだか日記
楽天バナー

★HP(ブログ各記事のINDEXも)
やっくんち
やっくんち

最新記事

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

わろてんか (13)
ひよっこ (157)
相棒 (111)
べっぴんさん (152)
とと姉ちゃん (154)
あさが来た (157)
まれ (156)
マッサン (150)
ちゅらさん (8)
花子とアン (156)
ごちそうさん (151)
あまちゃん (156)
純と愛 (151)
梅ちゃん先生 (157)
カーネーション (151)
おひさま (156)
NHK朝ドラ-2 (74)
朝ドラについて考える (20)
韓国映画 (28)
香港・中国映画 (11)
日本映画 (6)
欧米映画 (9)
007シリーズ (14)
その他の映画 (1)
八重の桜 (53)
平清盛 (50)
陽だまりの樹 (11)
JIN-仁- (11)
ドラマ-1- (32)
ドラマ-3- (13)
ドラマ-4- (4)
単発ドラマ (9)
欧米ドラマ (20)
韓国ドラマ‐1‐ (2)
K-POP(主にヒジュン) (1)
MV&歌詞訳(主にヒジュン) (2)
MV&歌詞訳(その他) (19)
食べ物・飲み物 (41)
動物 (31)
イラストetc. (3)
風景、植物 (4)
日常あれこれ (54)
夢 (1)
バトン (8)
小説&マンガreview (1)
アニメ (2)
韓国ドラマ-2- (2)
ドラマ以外のTV番組&DVD等 (1)
ラーメンetc. (6)

月別アーカイブ

フリーエリア

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR