topimage

2017-07

とと姉ちゃん>『とと姉ちゃん』6話 - 2016.04.09 Sat

子供時代の終わり―

いつもなら
どっちかっちゅーと
早く大人編になってほしいと思う方

どんなに子供編が素晴らしくてもね
だって、物語はそれからが本番だから

でも
今回ばかりは

ああ、大人になっちゃったよ…(寂)

と思ってしまった(笑)

…ひじゅにですが何か?



「何となく、とと姉ちゃんは誕生したのです」by檀ふみ



↑「何となく」が良いね


初回は大人編がチラリ映ってから始まった。

そこから子供時代へと遡るのは
このところ、よく見られる手法。

でも、その最初に提示される大人編の一コマが
何か大きな出来事が起きた時ではなく
ヒロインにとっては既に「日常」となっている風景
…ってところに“地続き感”があって面白い
と、感想を書いた。

その“地続き感”こそが
物凄く“狙ってた”ことなんだなと今にしては思う。


この一週間、もうシツコイ程に強調されていたのが
「何気ない暮らし」だから。


だから
ととは倒れるところも臨終も見せずに
日常と地続きで静かに逝ってしまった。

この一週間で繰り広げられた物語も
殊更ドラマチックに盛り上げたりせず
「何気ない」けれど、それぞれ違う一瞬一瞬を描いてきた。


まあ、個人的感覚からすると
物語そのものがそんな風に上手く描けているから
言葉で何度も強調するのはどうなのかなあ…と
ちょい気になったんだけども>シツコイ?

でも、これこそがヒロインの人生の土台となるものだから
視聴者にもハッキリと印象付けるために必要なものだったのかもね。


主旨としてはとても的確だと思うよ。
何しろ『あなたの暮らし』(暮らしの手帖)という形で
結実するわけだからね。



ただ、ちょっとばかし怖いなあ…
と思うのは>これもシツコイ?

愛に満ちた子供時代から
“守らねばならない”“しっかりと自分が立たねばならない”
という時代に足を踏み入れていくヒロインだけど

その気概が自然に彼女の中に生まれたものであるなら
視聴者としても自然に「頑張れよ」と言えるんだけど

ととから課せられた呪縛というか枷というか…
そうした重い部分があると、どうしても思える展開だから
そこが物凄くシリアス。

ととは、その「何気ない暮らし」を守るために
まさに妄執と言って良いくらいに
全身全霊を尽くした挙句
戦死してしまった…のかもしれない。

その果たせなかった部分を幼くして背負わされた常子を思うと
やっぱ、明るい気持ちだけでは観ていられない。


ヒネクレひじゅにの深読みに過ぎない可能性もあると思ってたけど
今日は早速、無理している常子の図ぅから始まった。

やっぱ意図的なのかもね。

これがキチンと貫かれれば
朝ドラとしては画期的と言って良いものとなるかも。
(某『まれ』へのアンチテーゼ?)


ともかくも今日は
ととの代わりになる、という重圧にイッパイイッパイの常子ちゃん。

大人達(を代表する社長)からは単純に褒められる。
大人にとっては理想的な態度だもんな。

でも、同じ気丈な態度でも、大人のそれと子供のそれでは重さが違う。

鞠子ちゃんからは「冷たい」とアカラサマに批判される。
内面の重圧がまだ理解できないから。

常子ちゃんはもはや妹達の様に子供でいることは許されなくなってしまった。


鞠子ちゃんがアレコレ言っている時
かかが意外に庇ってくれなかったことに、ちょいイライラ。

自分の悲しみを抱えるだけで精一杯なのだろう。
無理もないことだし、責めることなんて決してできない。

それに、この時点では、ととの願いをまだ知らないし
常子ちゃんの態度を理解しきれないでいるのだろう。

でも、視聴者としては
常子ちゃんの無理が分かっているから
もっとフォローしてやれよ!
と、無理を言いたくなっちゃうんだよね>スマソ

走り出る常子ちゃんを追いかける姿も
何だかトロくさくて>スマソ×2

ととが妻であり母親である彼女にではなく
幼い長女に託した理由が分かる気がする>スマソ×3


それでもね
常子ちゃんを泣かせてあげたことは良かった。
あの瞬間だけ子供に返らせてあげたわけだから
アッパレ母親!とも思う。

まあ、実際には、引き金になったのは鞠子ちゃんだし
かかは抱きしめてあげただけ…とも言えるけど
要は、泣ける場所を提供してあげたってことが良かったよ。

場所といえば、あの場所そのものも
思い出の桜の下ってのが良かった。

昨日あれだけ見事だったピンクの布も今は取り去られ
ととの不在と重なるかの様な、枝ばかりの桜の木ってのが。


泣けたことでパンパンに張り詰めた心が柔らかくなり
皆の前で「ととの代わり」宣言をする常子ちゃん。

呼び名は「とと姉ちゃん」と決定!

あくまでも「何となく」(笑)


これで呪縛が呪縛でなくなったのか
やはり今後も呪縛として彼女にのしかかるのか
見どころというところ?


ここで、あっという間に4年が経過し
ヒロインは高畑充希さんにチェンジ。

あの桜の木が満開になっている季節。

今週は聞かれることのなかった
「どーしたもんじゃろのー」
来週は登場するらしい。

ムカつかなければ良いんじゃがのー>こらこら




☆楽天もう…何がなんだか日記もヨロシクです☆
楽天バナー


何となく懐かしいキャンディ


みかんパズル


何気ない日常も少し贅沢な気分で


スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yakkunchi.blog90.fc2.com/tb.php/2157-4c8e86f3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

とと姉ちゃん (第6回・4/9) 感想

NHK総合・連続テレビ小説『とと姉ちゃん』(公式) 第1週『常子、父と約束する』『第6回』の感想。 なお、本作のモチーフで、大橋鎭子著『「暮しの手帖」とわたし』は既読。 花見を終えた夜、興奮して眠れない常子(内田未来)は、台所で水を飲んで子ども部屋に戻ろうとすると、書斎で寝ているはずの竹蔵(西島秀俊)から声をかけられる。そこで常子は竹蔵からある大切な願い...

【とと姉ちゃん】第6回(4/9)感想「とと姉ちゃん誕生」&第1週視聴率

ととが亡くなった後、お葬式もそこそこに常子が泣かないという事で、鞠子がつん姉ちゃ

【とと姉ちゃん】第6回(4/9)感想「とと姉ちゃ...

ととが亡くなった後、お葬式もそこそこに常子が泣かないという事で、鞠子がつん姉ちゃんは冷たいと反発(汗)何十年前のドラマかと、先送りしたくなってしまいました(汗)鞠子「つ...

NHK朝ドラ【とと姉ちゃん】 第6回 感想

花見を終えた夜、興奮して眠れない常子(内田未来)は、台所で水を飲んで子ども部屋に戻ろうとすると、書斎で寝ているはずの竹蔵(西島秀俊)から声をかけられる。そこで常子は竹蔵からある大切な願いを託される。そして、その数日後、竹蔵は息を引き取る。皆が悲しむ中、ひとり涙を見せない常子。次女の鞠子(須田琥珀)から、冷たいと罵られる。何も言わず家を飛び出す常子。涙を流さないのは、父と交わした約束があった…...

とと姉ちゃん 第6回

内容“ととの代わりになって欲しい。。。”竹蔵(西島秀俊)は、常子(内田未来)に家族を託し、この世を去る。 悲しみに暮れる君子(木村多江)鞠子(須田琥珀)美子(川上凛子)だが、常子は、気丈に振る舞い続けていた。あまりの気丈さに、竹蔵の同僚・杉野...

火の粉第1話 & マスケティアーズ パリの四銃士第1話 & ドクターカー第1話 & とと姉ちゃん第一週(4.2-9)

・火の粉第1話 雫井脩介原作だそうですが、原作未読。 隣に引っ越してきた、かつて被告だった男(ユースケ・サンタマリア)の行動に 裁判官一家が恐怖していくさまを描くホラーサスペンス。 第1話を観ましたが、リタイアです。 面白かった方、ごめんなさい。 効果音などの演出が過剰すぎて興醒めだった。 もしかしたら原作は面白いのかもしれない。 隣人の不気味さを表現したいのなら、 効果音やBGMは抑え目に...

とと姉ちゃん 第一週『常子、父と約束する』

 昭和5年。静岡県遠州地方。主人公・小橋常子(内田未来)は、好奇心旺盛で行動力のある三姉妹の長女。染工会社で働く家族思いの父・竹蔵(西島秀俊)を「とと」、おっとりして ...

ソメイヨシノ «  | BLOG TOP |  » ととの代わり>『とと姉ちゃん』第5話

プロフィール

ひじゅに

Author:ひじゅに
ひじゅに

朝ドラを中心にドラマや映画の感想、
K-POP歌詞訳やイラスト、
猫や食べ物の話題など
何だかんだと書いています。
HNの由来は韓国のロッカー
ムン・ヒジュン(笑)
楽天ブログで何年かやってきましたが、
今後こちらと並行して行くつもりです。
「やっくん」名でHPもやってます。
どうぞヨロシク☆

★楽天ブログ
もう…何がなんだか日記
楽天バナー

★HP(ブログ各記事のINDEXも)
やっくんち
やっくんち

最新記事

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

ひよっこ (96)
相棒 (111)
べっぴんさん (152)
とと姉ちゃん (154)
あさが来た (157)
まれ (156)
マッサン (150)
ちゅらさん (8)
花子とアン (156)
ごちそうさん (151)
あまちゃん (156)
純と愛 (151)
梅ちゃん先生 (157)
カーネーション (151)
おひさま (156)
NHK朝ドラ-2 (74)
朝ドラについて考える (20)
韓国映画 (28)
香港・中国映画 (11)
日本映画 (6)
欧米映画 (9)
007シリーズ (14)
その他の映画 (1)
八重の桜 (53)
平清盛 (50)
陽だまりの樹 (11)
JIN-仁- (11)
ドラマ-1- (32)
ドラマ-3- (13)
ドラマ-4- (4)
単発ドラマ (9)
欧米ドラマ (20)
韓国ドラマ‐1‐ (2)
K-POP(主にヒジュン) (1)
MV&歌詞訳(主にヒジュン) (2)
MV&歌詞訳(その他) (17)
食べ物・飲み物 (34)
動物 (31)
イラストetc. (3)
風景、植物 (4)
日常あれこれ (54)
夢 (1)
バトン (8)
小説&マンガreview (1)
アニメ (2)
韓国ドラマ-2- (2)
ドラマ以外のTV番組&DVD等 (1)
ラーメンetc. (5)

月別アーカイブ

フリーエリア

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR