topimage

2017-10

自転車>『あさが来た』第137話 - 2016.03.11 Fri

あさが子供の頃
五代さんが手紙に描いてくれた自転車

大人になった、あさが
いつか乗れる様になってみせると言っていた自転車

年を経て、あさの目の前で
鳴澤さんが乗ろうとしたのも(乗れなかったけど)自転車

紙飛行機ならぬ自転車が
あさの「夢」を運ぶ?

…ひじゅにですが何か?



「持って走ってるだけですがな」
by亀助



↑鳴澤さんも絹田さん(?)も
やがて乗りこなせる様になるだろうし
女性達も
いつか乗りこなせる様になる

ちゅーことで
「夢」の実現は間近。


梨江お母はんの死が
昔の写真とナレーションだけで語られたと思ったら

忠興お父はんは
写真も葬式シーンも無し。

ああ、勿論
こーいう手法は好きな方だよ。


でも、このドラマの場合
正吉さん
五代さん
菊さん
…と続いてきて
何だか段々ショボくなるというか
どんどん端折られていく感はあるよなあ…>スマソ

まあ、お父はんは
お母はんの葬式の際に子供達との別れのシーンがあったからな。
あさに土地を譲るという重要な話もそこで済ませたし。


「私は無茶な冒険であればあるほど燃え上がる性質であります」

女子大学設立への道は順調。
そりゃあ色々と苦難はあるだろうけど
そこは台詞でサラリと語られるだけだし

映像の方は
工藤さん陥落(ぇ)
いつかの伝道先(ぇ)も陥落寸前
…と極めて順調

そんな中でも、あさのおかげと
ヒロイン上げを忘れない鳴澤さん。

お茶を宜さんに差し出すところなど
何てジェントルマン(笑)

さすが女子教育の推進者だけある。


それに反し>これもまた対比?
思い通りにいかない人生に複雑な思いを抱く人達も。

養之助君は徴兵されるし
新妻は実家に帰されたらしいし

   ↑まあ、これは彼女への配慮だろうけどさ。
   でも、本人はほんの僅かな期間でも
   夫と一緒にいたいと思ってるかもしれないじゃん。


藍之助君はまたもや実家に帰る羽目になる。


あ、そーいや、いたんだっけ…
と思うくらい、このところ存在感が薄かった藍之助君。

初期の頃の様に大張り切りで働く姿や
一度だけ語られた「へぇ」さんとの交流等
もうちょい、じっくり描いてくれていたら
今日の展開はシミジミした…というか
視聴者も複雑な思いを味わうことができただろうにな。


それが薄かった上
祖母を看取ったり家業を継ぐ宣言をしたり
養之助君の健気さが前面に出ていたから
それがあったから、この時代
藍之助君は長男でありながら自分の希望を通せていたわけだから

こういう状況になった以上、帰るのは当然だよね
…と、ちょいとクールな目で見てしまう(酷)


史実を曲げて妾も妾の子も存在しないことになったドラマ世界で
藍之助君が跡継ぎになる役割を背負うのかと思ってたけど
この様子だと違うのかも。
まあ、今更どーでも良いけど>ぉ


同様に(?)影の薄かった栄達さんが
今日は良い味出してたよね。

老け具合も貧乏具合(ぇ)も
上手いこと醸し出していた。

でも、これまた死亡フラグっぽい…(寂)


ラストは、まさかの鴈助さん再登場。

もっとも、アレで永久に退場だったら
それこそアンマリですがな…だし
週タイトルから見ても中途半端。

だからって
ここでイキナリ劇的展開!
なんてことにはならなそう。

お見舞いのお礼程度の訪問だったりしてね。

それでも
ままならない人生に翻弄される人物の一人である、うめさんに
少しばかり光が差してきたのかな…って感じ。

   ↑あ、勿論
   うめさんの生き方は充実していて幸福なものだと思う。
   自分でも言っていたよね。
   でも、鴈助さんへの恋心がある以上>それを描いた以上
   その部分を“思い出”だけで終わらせるのは気の毒じゃん。


あの家族が元気なうちは鴈助さんにも自由はないだろうけど
そう遠くない先に引退はすることになるだろうから
うめさんと茶飲み友達くらいにはなれるかも?

   ↑それもまた一つのLOVE




☆楽天もう…何がなんだか日記もヨロシクです☆
楽天バナー


切符>玄関マット


自転車>クッキー抜き型


木札ストラップ


スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yakkunchi.blog90.fc2.com/tb.php/2126-5bc09e7a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

NHK朝ドラ【あさが来た】 第137回 感想

あさ(波瑠)は女子大学校を設立するための土地を実家、今井家からもらい受ける。そして精力的に活動する成澤(瀬戸康史)は、女子大学校設立について徐々に賛同者を集めていく。あさは、新次郎(玉木宏)が女子大学校設立について多くの人を説得していることを知って新次郎に感謝する。すると…。ある日、加野銀行にはつ(宮崎あおい)の義父、眉山栄達(辰巳琢郎)がやってきて、あるお願いをする。すると、あさは…。 ...

あさが来た (第137回・3/11) 感想

NHK総合・連続テレビ小説『あさが来た』(公式) 第23週『大番頭のてのひら』『第137回』の感想。 なお、原案:古川智映子氏の『小説 土佐堀川』は既読。 また、本記事では「宮崎あおい」さんの「さき」は本来の「立つ崎」が機種依存文字のため「崎」に統一しています。 ※ 本作は 3/5 にクランクアップ(撮影終了)しています。 ※ 従って、僅かな...

「あさが来た」 第23週 大番頭のてのひら 第137話

養之助(西畑大吾)の祝言の数日後、今井家当主・忠興(升毅)が亡くなり、 忠嗣(興津正太郎)の妻・とわ(佐藤都輝子)が今井家別荘の土地譲渡證を持ってきてくれました。   ...

あさが来た 第137回

内容大学設立の用地について、実家・今井家の支援を受けたあさ(波瑠)たち。成澤(瀬戸康史)も渋沢栄一の説得に成功。徐々に支援者が増え、寄付金なども集まりはじめる。あさは、夫・新次郎(玉木宏)も動いていると知り、感激する。 そんなある日、姉・はつ(宮崎あお...

シェハン>『あさが来た』第138話 «  | BLOG TOP |  » 小説>『あさが来た』第136話

プロフィール

ひじゅに

Author:ひじゅに
ひじゅに

朝ドラを中心にドラマや映画の感想、
K-POP歌詞訳やイラスト、
猫や食べ物の話題など
何だかんだと書いています。
HNの由来は韓国のロッカー
ムン・ヒジュン(笑)
楽天ブログで何年かやってきましたが、
今後こちらと並行して行くつもりです。
「やっくん」名でHPもやってます。
どうぞヨロシク☆

★楽天ブログ
もう…何がなんだか日記
楽天バナー

★HP(ブログ各記事のINDEXも)
やっくんち
やっくんち

最新記事

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

わろてんか (17)
ひよっこ (157)
相棒 (111)
べっぴんさん (152)
とと姉ちゃん (154)
あさが来た (157)
まれ (156)
マッサン (150)
ちゅらさん (8)
花子とアン (156)
ごちそうさん (151)
あまちゃん (156)
純と愛 (151)
梅ちゃん先生 (157)
カーネーション (151)
おひさま (156)
NHK朝ドラ-2 (74)
朝ドラについて考える (20)
韓国映画 (28)
香港・中国映画 (11)
日本映画 (6)
欧米映画 (9)
007シリーズ (14)
その他の映画 (1)
八重の桜 (53)
平清盛 (50)
陽だまりの樹 (11)
JIN-仁- (11)
ドラマ-1- (32)
ドラマ-3- (13)
ドラマ-4- (4)
単発ドラマ (9)
欧米ドラマ (20)
韓国ドラマ‐1‐ (2)
K-POP(主にヒジュン) (1)
MV&歌詞訳(主にヒジュン) (2)
MV&歌詞訳(その他) (19)
食べ物・飲み物 (42)
動物 (31)
イラストetc. (3)
風景、植物 (4)
日常あれこれ (54)
夢 (1)
バトン (8)
小説&マンガreview (1)
アニメ (2)
韓国ドラマ-2- (2)
ドラマ以外のTV番組&DVD等 (1)
ラーメンetc. (6)

月別アーカイブ

フリーエリア

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR