FC2ブログ
topimage

2019-11

初転び>『あさが来た』第79話 - 2016.01.04 Mon

朝ドラが始まると

ああ、もう、お正月休みも終わりだな…

と、ソコハカトナク寂しさを感じるのも
毎年恒例

同時に

ああ、日常が戻ってきたな…

と、少しばかりホッとするのも
毎年恒例

…ひじゅにですが何か?



「何や、他人の事やのにドキドキしてしまう…」byあさ



お正月明け第一弾は
お正月風景。

ちゃんと時期に合わせた話運び。

厳密には暮れの風景からだったけど
その時の準備を経てのお正月だからね。


采配を振るう、よのさん。
実は言ってることは抽象的というか
単語をハッキリ口にしない。

それを即座に察知する、かのさん。
相変わらず良いコンビぶり。
まあ、これもまた毎年恒例なのだろう。

そんな中、張り切れば張り切るほど
空回りしてしまう、あさ。

お皿が飛んで、うめさんがキャッチする…
という、ある意味ベタなギャグは
よの&かのコンビに匹敵するアピール?


本筋にはあまり影響ない
お遊びの回って感じの今日のお話だったけど

ああ、やはり関西だから丸餅なのね
お雑煮はみそ仕立てなのね
…と、関東人ひじゅにには興味深いシーンが続く。

年越しはやはり蕎麦なのね
でも、うどんも作っているのね
ああ、あさの発案で加野屋はこれが毎年恒例になったのね
…と、さり気なく大きな情報も>大きくもない?


一時でもじっとしていられない、あさと
幾らでもじっとしていられる新次郎さんと
夫婦のタイプの違いを示したのも面白かったけど

今日のMVPは千代ちゃんだな。

最初
子役が変わって、ちょっと残念…
とか
今度の子、あまり可愛くな…こらこらこら!
とか思っちゃったけれども

神棚のシーンで
大人達の隙間から赤い着物が見え
ちゃんと頭を下げている様子に
「おお、これはなかなか」と思ったし

お餅を丸める演技も

それから何よりお雑煮を食べる演技に
「うむ、これはこれは」と思ったのだった。

↑何ちゃそれ?


でまあ
今週のメインは亀助さんの恋の顛末
…らしい。

上記のあさの台詞からして
あさは亀助&ふゆラブストーリーに
大いに感情移入している
…らしい。


まあ、動機は従業員への気遣いや愛であっても
表向きの態度が上目線だったり
あくまで他人事ってことでクール極まりなかったり
…なんてのよりも

我が事の様に一喜一憂してくれた方が
好感持てるし
ヒロイン埋没という最低の結果は免れるかも。


何となくウケたのは
ようやく姿を現した不審者改め、ふゆちゃん縁談相手。

姿を現したちゅーても、今日はまだ足元が映っただけだけど
洋傘屋をしているだけに、洋傘を持っているところに
ちょっと笑ってしまった。

顔より先に洋傘ってところが。
つーか、洋傘があってこそ存在感が認められたところ
というか(笑)


亀助さんの、お粥を食べているかの様なお雑煮の食べ方にも
ちょい注目してしまった。

それだけ柔らかく似てある、ちゅーことでせうか?


そーいや
関東は焼いた餅を汁に入れ
関東は汁で餅を煮る
と聞いたことがあるな。

ひじゅに家は似るけどね>角切り餅&醤油仕立ての汁だけど


ふゆちゃんが縁談を受け様としているのは
父親に言われたから…ってことと
新次郎さんへの恋が成就する見込みがない以上
相手は誰でも同じ…という思いがあるからだろう。

前者はどうなるのか分からないけど
後者は、逆に言えば(?)亀助さんでも良いわけで
新次郎&あさが勧める様に亀助さんが思い切って告白すれば
可能性は大いにあると思うけれど

問題は、亀助さんは既に
ふゆちゃんの新次郎さんへの思いに気付いてしまっている…
ということだよね。


亀助さんが、告白の勇気を得られるならば
ふゆちゃんにも、その勇気を持ってほしい
という気持ちになるんじゃないかな。

勿論、新次郎さんはそれに答えはしないだろうし
答えちゃったらドラマ的にも困るけれども(^^;)

ふゆちゃん自身の心の区切りのために必要だと考えそう。

もしかしたら
物凄~く人の好い亀助さんなだけに
ふゆちゃんに新次郎さんとの思い出を作ってあげたい
…とさえ考えて突っ走りそうで、ちょっと怖い>ぇ


…そんなこんなで今日はオシマイ。

鴈助さんが出てこなかたのは寂しかったけど
(炭鉱で年末年始を過ごしたのか?)
他の人々がそれぞれ個性を発揮していたのが嬉しかった。

弥七さんは相変わらず、素っ頓狂で大変よろしい(笑)


…そんなこんなで『あさが来た』再スタート。

拙い感想文ですが
当ブログを今年もどうぞよろしくお願いします





☆楽天もう…何がなんだか日記もヨロシクです☆
楽天バナー


ご当地雑煮食べ比べセット


うどんの絵本


羽子板


スポンサーサイト



● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yakkunchi.blog90.fc2.com/tb.php/2053-73379f73
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

NHK朝ドラ【あさが来た】 第79回 感想

明治11年12月、あさ(波瑠)は、年越しの準備で慌ただしい。祝いのお膳を用意し、庭では餅をつき、活気ある加野屋の年末である。番頭の亀助(三宅弘城)は、ふゆ(清原果耶)の縁談の話が気になっていた。そして、新年、「本年も幸多かれ」とみんなで拝み、お正月のごちそうにありつく加野屋の人々。あさは、亀助の気持ちをわかっていて、なんとか応援しようとする…。そして亀助は、ふゆに勇気を出して話しかける…。 ...

あさが来た (第79回・1/4) 感想

NHK総合・連続テレビ小説『あさが来た』(公式) 第14週『新春、恋心のゆくえ』『第79回』の感想。 なお、原案:古川智映子氏の『小説 土佐堀川』は既読。  ※ベタボメ感想だけを読みたい人は、ブラウザバック(=ブラウザ上で前のページへと戻ること)をすれば良いだけです。 明治11年12月、あさ(波瑠)は、年越しの準備で慌ただしい。祝いのお膳を用意...

あさが来た 第79回

『新春、恋心のゆくえ』 内容明治11年、年末。加野屋は正月の準備で大忙し。あさ(波瑠)も手伝いをしようとするが、皆から。。。大丈夫だと言われ。。。。居場所がなく、意気消沈。新次郎(玉木宏)からは、のんびりすれば良いと。それでも、仕事を見つけては。。。。...

「あさが来た」第79回★餅を喉に詰まらす亀助(三宅弘城)

連続テレビ小説「あさが来た」 第79回(1月4日) 明治11年12月、あさ(波瑠)は、年越しの準備で慌ただしい。祝いのお膳を用意し、庭では餅をつき、活気ある加野屋の年末である。番頭の亀助(三宅弘城)は、ふゆ(清原果耶)の縁談の話が気になっていた。そして、新年、「本年も幸多かれ」とみんなで拝み、お正月のごちそうにありつく加野屋の人々。あさは、亀助の気持ちをわかっていて、なんとか応援しよ...

コントロール>『あさが来た』第80話 «  | BLOG TOP |  » キレた話・その3

プロフィール

ひじゅに

Author:ひじゅに
ひじゅに

朝ドラを中心にドラマや映画の感想、
K-POP歌詞訳やイラスト、
猫や食べ物の話題など
何だかんだと書いています。
HNの由来は韓国のロッカー
ムン・ヒジュン(笑)
楽天ブログで何年かやってきましたが、
今後こちらと並行して行くつもりです。
「やっくん」名でHPもやってます。
どうぞヨロシク☆

★楽天ブログ
もう…何がなんだか日記
楽天バナー

★HP(ブログ各記事のINDEXも)
やっくんち
やっくんち

最新記事

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

スカーレット (47)
相棒 (116)
なつぞら (156)
まんぷく (151)
わろてんか (152)
半分、青い。 (154)
ひよっこ (157)
べっぴんさん (152)
とと姉ちゃん (154)
あさが来た (157)
まれ (156)
マッサン (150)
ちゅらさん (8)
花子とアン (156)
ごちそうさん (151)
あまちゃん (156)
純と愛 (151)
梅ちゃん先生 (157)
カーネーション (151)
おひさま (156)
NHK朝ドラ-2 (74)
朝ドラについて考える (24)
韓国映画 (29)
香港・中国映画 (11)
日本映画 (7)
欧米映画 (9)
007シリーズ (14)
その他の映画 (1)
八重の桜 (53)
平清盛 (50)
陽だまりの樹 (11)
JIN-仁- (11)
ドラマ-1- (32)
ドラマ-3- (15)
ドラマ-4- (4)
単発ドラマ (9)
欧米ドラマ (20)
韓国ドラマ‐1‐ (3)
MV&歌詞訳(主にヒジュン) (3)
MV&歌詞訳(パク・ヒョシン) (3)
MV&歌詞訳(QUEEN) (8)
MV&歌詞訳(エド・シーラン) (8)
MV&歌詞訳(その他) (25)
K-POP(主にヒジュン) (1)
食べ物・飲み物 (64)
動物 (31)
イラストetc. (3)
風景、植物 (4)
日常あれこれ (56)
夢 (1)
バトン (8)
小説&マンガreview (2)
アニメ (2)
韓国ドラマ-2- (2)
ドラマ以外のTV番組&DVD等 (1)
ラーメンetc. (6)

月別アーカイブ

フリーエリア

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR