topimage

2017-08

子供>『あさが来た』第46話 - 2015.11.19 Thu

はつ物語の方は
色んな事が穏やかに納まりそう

次に何かあるとすれば
はつ自身の「闇」が表出?>ぉ

あさ物語の方は
ビジネス面は明るく前向きって感じだけど
家庭面が揺れまくる予兆?

まさに反比例していく姉妹の図ぅ?

…ひじゅにですが何か?



「子を産むことしかでけへんくせに…」byはつ



いるのよね~
子供を産んだ途端にエラソウになるヤツ。

…って
はつは、そういう人じゃないけど(笑)


ビジネス面で率先することで
「お家を守る」という責務を果たしている、あさに
はつはコンプレックスを抱いているらしい。

お店はダメになってしまったけど
家族はしっかり守り、支え
跡継ぎも産み
さらに第二子も授かって
本来の意味での、女性としての
「お家を守る」ことを立派に果たしている。


寧ろ
お店のために賢明に働いているけれど
それ故に夫に寂しい思いをさせ
今だ子も出来ないでいる、あさは
そうした女性ならではの面で後ろめたい思いをし
姉に対してもコンプレックスを抱く
…ということになっていくのかもね。

あさ=ヒロイン=鈍感
という設定だから(笑)
コンプレックスとハッキリ言ってしまう程の状態には
ならないかもしれないけどね。



新次郎さんにアカラサマに恋心を示し始めたふゆちゃん
史実通りに妾となり子供も設ける…という展開になったら
あさが気の毒過ぎるなあ…

だから、ミスリードっちゅーか
匂わせるだけで上手くかわしてメデタシメデタシの可能性もある(笑)
あるけど、アカラサマだし引っ張るしナンダカナ…

はつが不幸になり始めの頃と同じ視聴者煽り?


でもさ
もしかしたら
朝のドラマだから…というだけでなく
一応、主な視聴者は主婦が多いということから
最終的には

やっぱ、女は家庭を守ってナンボ!

って思考が根底にあったりして?


だって、朝ドラって
(ひじゅにが知っている限りでは…だけど)
「夢」を追うヒロインも最終的には結婚してメデタシメデタシ
って結末に至る作品が大半だった気がする

『ちりとてちん』だって
最後は落語家を辞めて「お母ちゃん」になる道を選んだし
『カーネーション』だって
ビジネス面で活躍する間は家庭面で色々ゴタゴタがあった上
最終的には娘達の物語になって家庭面が強調された様な。

両立を強調しまくっていた『まれ』
実際には家庭のために仕事を犠牲にしまくりだったし
つーか、そもそも話がガタガタだったし>言っちゃった
キモ佐古さん出演の『ウェルかめ』
仕事は続けたもののかなり小規模にして満足しちゃってたし。

勿論、それが悪いわけじゃない。
素晴らしい生き方の一つであると思う。


思うけど…
あくまでも「一つ」であって、色んな選択肢があって良いのに
こうした結末ばかりでは、これが最大で最善と訴えている様な印象に
どうしてもなってしまうよね。

ひじゅには、所々しか観たことないんだけど
『ふたりっこ』
片方は専業主婦になって家庭面での幸福を優先させ
片方は家庭を持つことを拒否して「夢」に生きる
という結論に至ったんだよね、確か>分散

今のところ、はつ&あさもそんな感じだけど
まだ途上ではあるから
どんな結末になるのかは分からない。

『まれ』みたいはヘンテコ&不十分なのではなく
本当の意味で両立を描くものとなってくれないかなあ…
と、個人的には願うだす。

史実が史実だから
あさがそうした決断(妾に旦那の世話&子を産んでもらう)を笑顔で受け入れる
豪胆な女性に成長する…ちゅーのでも良いっちゃー良いけど。
(一度はそれを自分から言い出したわけだしね…あの時は無理してのことだったけど)


ま、そーいうわけなので
あさのビジネス面での成功がトントン拍子に進むばかりで
もうちょい深みが欲しいなあと思うところへ持ってきて
家庭面で不穏な空気が見え始めると
はつが嫁イビリに遭いそうで心配していた頃よりも
もっと暗い気持ちになってしまうだす。

といっても
こういう面も描いて立体構造にしなければ
名作にはなりえまへんなあ…



まあ、どっちかっちゅーと
「加野炭坑」の看板を見つめる雁助さんの表情が気になるな。


あ、それとさ
あさが居る時と居ない時で石炭の取れ高に大きな差があるので
時々様子を見に行かなければならないってことじゃん?

で、行ってみれば、皆があさを大歓迎。
治郎作さんや奥さんは勿論
北原 雅樹でさえ「姉御」と呼んで懐かれている様子。

なのに、あさが帰った途端にサボるわけ?
だったら、物凄く問題ありじゃ…?

つーか、まあ
キモ佐古さんネタの前振りって部分が大きい気はするけどね。


ところで
藍之助を演じている子役だけど

以前の子は惣兵衛さんに似ていると言われてたけど
あんまり似てなくて
今日の子は逆に、はつにちょっと似ているけど
そんなことは置いといて>置いとくんかい

何でだす?
何で小さくなっちゃてるんだす?


…って
こんなことも、どーでもいいですねそうですね(^^;)





☆楽天もう…何がなんだか日記もヨロシクです☆
楽天バナー


お百姓さん


代筆


子を産む


スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yakkunchi.blog90.fc2.com/tb.php/2006-e4f59dc7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

あさが来た 第46回

内容 久々に、加野屋へと帰ってきたあさ(波瑠) “加野炭礦”という看板を目にし、今まで以上に責任を感じるあさは、 九州と大阪を往復する日々を送っていた。 そんなあさの姿を、頼もしくも。。。そして。。。 様々な思いを抱きながら、新次郎(玉木宏)は、 毎日のよう...

あさが来た (第46回・11/19) 感想

NHK総合・連続テレビ小説『あさが来た』(公式) 第8週『京都、最後の贈り物』『第46回』の感想。 なお、原案:古川智映子氏の『小説 土佐堀川』は既読。また、本記事では「宮崎あおい」さんの「さき」は本来の「立つ崎」が機種依存文字のため「崎」に統一しています。 また、称賛、絶賛の感想だけをご希望の方は読まない方が良いです。 大阪の加野屋に戻ってきたあさ(...

NHK朝ドラ【あさが来た】 第46回 感想

大阪の加野屋に戻ってきたあさ(波瑠)は、店の表に「加野炭礦」という看板を見る。あさは、責任を感じ張り切って九州の炭坑と大阪を行き来しながら働くようになる。新次郎(玉木宏)は、はつ(宮崎あおい)と惣兵衛(柄本佑)の家を訪ね、子どもの藍之助と仲良く遊ぶようになって…。すっかりまじめに働くようになった惣兵衛は、ある思いをはつに伝える。その頃、あさは炭坑で働くサトシ(長塚圭史)のことが気になり…。 ...

「あさが来た」第46回★ふゆ(清原果耶)が…

連続テレビ小説「あさが来た」 第46回(11月19日) 大阪の加野屋に戻ってきたあさ(波瑠)は、店の表に「加野炭礦」という看板を見る。あさは、責任を感じ張り切って九州の炭坑と大阪を行き来しながら働くようになる。新次郎(玉木宏)は、はつ(宮崎あおい)と惣兵衛(柄本佑)の家を訪ね、子どもの藍之助と仲良く遊ぶようになって…。すっかりまじめに働くようになった惣兵衛は、ある思いをはつに伝える。...

しなやかさ>『あさが来た』第47話 «  | BLOG TOP |  » 親切>『あさが来た』第45話

プロフィール

ひじゅに

Author:ひじゅに
ひじゅに

朝ドラを中心にドラマや映画の感想、
K-POP歌詞訳やイラスト、
猫や食べ物の話題など
何だかんだと書いています。
HNの由来は韓国のロッカー
ムン・ヒジュン(笑)
楽天ブログで何年かやってきましたが、
今後こちらと並行して行くつもりです。
「やっくん」名でHPもやってます。
どうぞヨロシク☆

★楽天ブログ
もう…何がなんだか日記
楽天バナー

★HP(ブログ各記事のINDEXも)
やっくんち
やっくんち

最新記事

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

ひよっこ (119)
相棒 (111)
べっぴんさん (152)
とと姉ちゃん (154)
あさが来た (157)
まれ (156)
マッサン (150)
ちゅらさん (8)
花子とアン (156)
ごちそうさん (151)
あまちゃん (156)
純と愛 (151)
梅ちゃん先生 (157)
カーネーション (151)
おひさま (156)
NHK朝ドラ-2 (74)
朝ドラについて考える (20)
韓国映画 (28)
香港・中国映画 (11)
日本映画 (6)
欧米映画 (9)
007シリーズ (14)
その他の映画 (1)
八重の桜 (53)
平清盛 (50)
陽だまりの樹 (11)
JIN-仁- (11)
ドラマ-1- (32)
ドラマ-3- (13)
ドラマ-4- (4)
単発ドラマ (9)
欧米ドラマ (20)
韓国ドラマ‐1‐ (2)
K-POP(主にヒジュン) (1)
MV&歌詞訳(主にヒジュン) (2)
MV&歌詞訳(その他) (19)
食べ物・飲み物 (35)
動物 (31)
イラストetc. (3)
風景、植物 (4)
日常あれこれ (54)
夢 (1)
バトン (8)
小説&マンガreview (1)
アニメ (2)
韓国ドラマ-2- (2)
ドラマ以外のTV番組&DVD等 (1)
ラーメンetc. (6)

月別アーカイブ

フリーエリア

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR