topimage

2017-06

残り2話>『まれ』第154話 - 2015.09.24 Thu

「家族」でピクニックに行く希

シートを広げて囲むのは
お弁当ではなく
ケーキでもなく

スイカ

ももももしや
希は味噌汁しか作らせてもらない(作れない?)から
お弁当を用意することが出来なかった?

行った先が
スープの冷めない…じゃなくて
スイカが温くならない距離だから?

能登の食材はそのまま食べるのが美味い!
というのを強調するため?

つーか

スイカは丸ごと運んで、あそこで切ったのか?
切ってパック詰めして持ってったのか?

…と
余計なことが気になる“木まれ”であった>ぉ

終わりまで後2話!

…ひじゅにですが何か?



「ウチかて、ほーいうタイプやないがに」by希



↑えっ、そうだったの?


日本一を口にするには恥ずかしい年齢だと
三十路の分別を見せる圭太>台詞だけだがな

日本一を口にしていた頃の圭太に影響されて
世界一を目指すことになったらしい希。

覚えちゃいねーよ。

覚えていないから、この「世界一」だけは
自発的に発せられた言葉だと好意的解釈していた。

それこそ「若気の至り」で
大して意味も考えず勢いだけで発したものだとしてもね。

でも、圭太の影響なのだとしたら

篠崎的には
夫婦の絆とか、謙虚で健気な希とかを
仄めかしているのかもしれないけど

視聴者的には>つーか、私的にはってことだけど
全てを他人の御膳立てで進んできた棚ボタ希なので
終盤になって焦りまくって目指していた「世界一」も
やっぱ受け売りだったんかい…と、脱力(^^;)


まあ、だから簡単に諦められたんだろうけど。

あ、諦めたのではなく「ゆっくり」歩むんでしたね。
「家族」揃って。


綺麗に纏めたかの様に聞こえるけど
疑問はバッチリ残る。


「何かを得るためには何かを犠牲にしなければならない」
という、幸枝や池畑氏の主張はどうなるのだろう?

だって、今の希は真の意味での「両立」を果たせていない。
行動の上では「家族」の方を選んでしまっているんだもの。

その「家族」も、定義がその場その場で変わるよね。

自分達夫婦と子供達のみ
…の時もあれば

自分の方の両親を加える時もあるし
そこに一徹を加える時と
一徹家族も加える時もあるし

元治&文を加えたり
能登全体を加えたり
都合によって色々。

勿論、本来は>戸籍では
夫婦&子供達を指す言葉だけれど

自分の都合に合わせて周囲を利用しまくり
美味しいトコだけは本来の「家族」を盾にしてる

…って感じじゃね?



「あっち、話ついたぞ」by圭太
山口さんのことけ?

少なくとも、徹父が能登に帰る妨げになるものを
上手く排除できたってことだよね?

そそそそんな…
何年も何年も逃亡生活を続けてきた徹父の事情が
たった一言の台詞で解決?


しかし
コンクール会場の通路で一徹の前を通ったり
ガラス越しに希の様子を見たり
このドラマが大好きなトイレで池畑氏と遭遇したり
視聴者には充分に徹父の存在をアピールしておいて

本番中に池畑氏が希に話しかけるという
顰蹙モノのシーンを挟んだりもしておいて

朝ドラ名物“失踪した人を探し回る人々の図ぅ”も
まるっと省き>つーか、探したてみたのかも疑わしい

派遣会社に登録した住所は嘘でした
…という台詞でオシマイ?

大輔はんに「見かけた」と聞いただけで
長々と探しに出かけた一徹も
池畑氏の話だけでは重い腰が動かない?

希&圭太の結婚式で一気に盛り上げようとの意図は分かるけど
これじゃコンクール・エピがあまりにもあまりにも陳腐(^^;)



「でけえ餌やな」by圭太
この台詞だけは妙にリアルに響い…ゴホンゴホン!



ともかくも
パティシエも家族も取り合えず落ち着…いたことになり
徹父の件のみ残すため
今度は一子との友情と「風の人」「土の者」のネタを回収にかかる篠崎。

一子は、その生き方とか、それこそタイプ(笑)の面で
希と対比となる人物だったのだろうけど
悲しいことに上手く描けなかったと思う。

それでも希よりは好感持てたけど>ぉ

それはやはり
柳樂さんや小日向氏と同じく
キャラの描き方のせいではなく中の人のおかげ。

太鳳さんが『花アン』でヒロインより好印象だったことを考えると
♪め~ぐ~る~め~ぐる~よ因果は巡る~♪
という気がしないでもない>こらこら


みのりが埋没してしまったのは気の毒だったな。
本当は、みのりこそが
自分の子育てと義姉の子育て代理を賢明に「両立」してるのにね。

みのりは希の双子にも実子と分け隔てなく接している様に見えるけど
希も圭太もアカラサマに差別しているよね。

一番苦労しているのは、みのりかもなあ…




☆楽天もう…何がなんだか日記もヨロシクです☆
楽天バナー


女性パティシエが作る幸せの黄色いモンブラン


スイカそっくりバウムクーヘン


ウェディングケーキ


スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yakkunchi.blog90.fc2.com/tb.php/1947-94b7379c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まれ 第154回

内容 コンクールは大悟の優勝で終わる。 翌日、希(土屋太鳳)たちは、能登へと帰ってきた。 敬称略 続きがあると期待していたのに。。。。期待していた私がバカだった。 いきなり、村へ帰ってきたよ。 たとえ、見つからなくても、“それでも捜す”ことこそ。 そし...

まれ (第154回・9/24) 感想

NHK総合・連続テレビ小説『まれ』(公式) 第26週『希空ウエディングケーキ』『第154回』の感想。 なお、当記事は、受信料を支払ってるだけでモノ言わぬのもしゃくな上に、8/20にクランクアップしてしまったため、本作へのほんの僅かな編集への期待と愚痴と重箱の隅突きなっております。 楽しくご覧になっている方や愚痴や重隅突きはウザいと思う方は、読まない方が良...

連続テレビ小説「まれ」第154回★結婚式にケーキ作ってね!

連続テレビ小説「まれ」 第154回(9月24日) コンクールが終わり、桶作家に戻ってきた希(土屋太鳳)たち。コンクールで自分の今持っている力を出し切れたこと、ケーキをとおして失踪以来会っていない父・徹(大泉洋)に対してメッセージを伝えられたことで、希の表情は晴れやか。そんななか、一徹(葉山奨之)とみのり(門脇麦)の婚約式の写真を見た歩実(横山芽生)と匠(小山春朋)が、希と圭太(山崎賢...

残り1話>『まれ』第155話 «  | BLOG TOP |  » 55点>『まれ』第153話

プロフィール

ひじゅに

Author:ひじゅに
ひじゅに

朝ドラを中心にドラマや映画の感想、
K-POP歌詞訳やイラスト、
猫や食べ物の話題など
何だかんだと書いています。
HNの由来は韓国のロッカー
ムン・ヒジュン(笑)
楽天ブログで何年かやってきましたが、
今後こちらと並行して行くつもりです。
「やっくん」名でHPもやってます。
どうぞヨロシク☆

★楽天ブログ
もう…何がなんだか日記
楽天バナー

★HP(ブログ各記事のINDEXも)
やっくんち
やっくんち

最新記事

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

ひよっこ (69)
相棒 (111)
べっぴんさん (152)
とと姉ちゃん (154)
あさが来た (157)
まれ (156)
マッサン (150)
ちゅらさん (8)
花子とアン (156)
ごちそうさん (151)
あまちゃん (156)
純と愛 (151)
梅ちゃん先生 (157)
カーネーション (151)
おひさま (156)
NHK朝ドラ-2 (74)
朝ドラについて考える (20)
韓国映画 (28)
香港・中国映画 (11)
日本映画 (6)
欧米映画 (9)
007シリーズ (14)
その他の映画 (1)
八重の桜 (53)
平清盛 (50)
陽だまりの樹 (11)
JIN-仁- (11)
ドラマ-1- (32)
ドラマ-3- (13)
ドラマ-4- (4)
単発ドラマ (9)
欧米ドラマ (20)
韓国ドラマ‐1‐ (2)
K-POP(主にヒジュン) (1)
MV&歌詞訳(主にヒジュン) (2)
MV&歌詞訳(その他) (13)
食べ物・飲み物 (32)
動物 (31)
イラストetc. (3)
風景、植物 (4)
日常あれこれ (54)
夢 (1)
バトン (8)
小説&マンガreview (1)
アニメ (2)
韓国ドラマ-2- (2)
ドラマ以外のTV番組&DVD等 (1)
ラーメンetc. (5)

月別アーカイブ

フリーエリア

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR