topimage

2017-08

お父さんと同じ>『まれ』第112話 - 2015.08.06 Thu

塩の味が違う
…という希の言葉がまだ解決されてないけど

ももももしかして

みのりのために
いつになく大量に

じゃがいもを茹でているから!?

…だったら
ちょっと凄いかも『まれ』>どこが?

…ひじゅにですが何か?



「後継ぎおらんがは村全体の問題やわいね」by塚地



↑台詞でハッキリ解説しちゃうところが全くもって『まれ』流

輪島塗に次ぎ塩田の後継者問題を取り上げて
能登の未来を真剣に考えドラマに反映させ世間に訴えている
『まれ』って娯楽性を保ちながら何て深い作品!

…と、篠崎が本気で考えてたらどうしよう…?(^^;)



体力がない代わりに頭脳で塩田を継ぐ算段をする一徹の図ぅ―

昨日、殴ることもできないヘタレ一徹の姿を
コント風に面白おかしく描いたつもり…だったんだろうけど
全然面白くなかった>スマソ

今日、お得意の“対決”に結び付け
腕相撲コントで再び笑わせようとしている…みたいだったけど
全然笑えなかった>スマソ×2

そのため頼りの頭脳で頑張ろうとするも、上手く行かない
…というエピが幾つか続く
…のは良いんだけど

またもや洋一郎をピエロ扱い。

まあ、洋一郎がその線で売ろうとしているのなら
オイシイのかもしれないけどね。

でも、この2人のシーンを不自然に思わせないためにか
「野球部でも、洋一郎がよう使われとったな」
と、直前に圭太に言わせちゃうところがアザトイんだよな>後出しだし



「みのり、まんでじゃがいもばあかし食べとるげんよ」by希
また言ってる…(^^;)

篠崎は余程ここを強調したいらしい。

みのりの様子を視聴者に印象付け
ストレスのせい…とミスリードし
最終的に真相を明かして感動的に締めよう!
という篠崎の算段が透けて見えて却って萎える(酷


まあ、昨日も書いたけれども
希のキャラには一貫性が出てはいるな。

この台詞から、物事を表面でしか理解できない奴
…ってのが分かるし

圭太に言われて一徹の動機を探るところからは
簡単に人の言葉に踊らされ、アサハカに受け売りするヤツ
…ってのが分かるし

それが借金かと疑うところは、一子の時と同じで
思い込みが激しく、視野が狭く、無神経なヤツ
…ってのが分かる。


嫌な面だらけだな、希(^^;)


加えて、あんなに大騒ぎしてた
圭太をサポートってとこも
女将修行ってとこも
いずれはパティシエに戻るってとこも
いつの間にか、どっか行っちゃって
徹父以上に暇にしか見えない。

お節介は朝ドラ・ヒロイン“お約束”ではあるけど
希の場合、首は突っ込むけど行動はあまりしない様な…

さらに加えると
圭太に「惚れ直した」ってところは
キモい…

愛し合っている様にはまんで見えない2人なので
例によって言葉でフォローしたつもりなんだろうけど(笑)


散々だな、希(^^;)


「絶対に一人で抱え込むなや」by圭太
圭太にこう言わせるって…ギャグのつもりなのか?

だって、ついこの間まで
一人で抱え込んでドツボにハマってたのは圭太自身じゃん(笑)

父親@博之氏の陰の助けがあって
何とか上手く行って親方にもなれたわけだけど…

だからそれを圭太が自覚しての今日のこの台詞なら
実感があると思うけど…

ドラマ上はまだ父親の真相は知らないままなんだよね?
父子の確執はまだ続いていると言う設定なんだよね?


ともかくも
篠崎はこの“父子の確執”ちうヤツを描きたくて仕方ないらしい。


少年マンガには付き物のテーマだし
朝ドラでも前作『マッサン』で
父を超えたい宣言や、父子の相撲シーンなんかがあったっけね。

でも、あっちは変に反抗的だったり罵倒したり…てなことはなかった。
それに比べると『まれ』は過激(笑)

しかも
博之VS圭太があり
その陰には弥太郎VS博之もあり
横浜では池畑氏VS大輔があり

そして
徹VS一徹もあり

…と
そこら中に転がってる>インフレ?


『ちりとてちん』で
「お母ちゃんみたいになりたくない」から
「お母ちゃんみたいになりたい」への成長を描いて
なかなか感動的だったっけ。

最後の最後になってヒロインが落語家を辞めてしまったことを
感情的にはかなりガッカリしたんだけれども
このテーマがあるから、ドラマ的には非常に納得したのだった。

パクリが得意な『まれ』が、これを
母子から父子に変えて取り入れてる
…という見方もできる(酷


それでも、もしかしたら
徹父は脚本家自身の父親がモデルとの噂もあるから
徹VS一徹にこそ物凄い思い入れがあるのかもしれない…とも思う。
圭太その他は、変奏曲でさ。

とはいえ、期待はしないでおく>自己防衛







頭脳派


一人でできる


お父さんと同じ


スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yakkunchi.blog90.fc2.com/tb.php/1903-af7e9a84
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

連続テレビ小説「まれ」第112回★みのりが編み物

連続テレビ小説「まれ」 第112回(8月6日) 一徹(葉山奨之)が、デイトレードを辞めて元治(田中泯)の塩田を継ぐと言い出した。塩田での力仕事は一徹には向かないと希(土屋太鳳)は説得するが、頭を使えばなんとでもなると、意志は固い。みのり(門脇麦)によると、一徹が塩田を継ぐと言い出した背景には、徹(大泉洋)の存在があるらしい。日が替わり、洋一郎(高畑裕太)に海水をまかせながら、効率的な...

まれ (第112回・8/6) 感想

NHK総合・連続テレビ小説『まれ』(公式) 第19週『潮時じゃがいもガレット』『第112回』の感想。 なお、当記事は、受信料を支払ってるだけでモノ言わぬのもしゃくなので、本作への僅かな期待と愚痴と重箱の隅突きなっております。楽しくご覧になっている方や愚痴や重隅突きはウザいと思う方は、読まない方が良いです。また、ネタバレサイトで先のあらすじを読んだ方、こちら...

NHK朝ドラ【まれ】 第111回・112回 感想

希(土屋太鳳)は、塩づくりからの引退を決意した元治(田中泯)が落ち込んでいるのではないかと心配になり桶作家を訪ねるが、ご近所さんたちと楽しそうに歌って踊っている。そんな希に対して元治は、これから始まる第二の人生では、世界中の祭りを見に行くと笑顔で答える。元治が思いのほか明るかったことに胸をなでおろした希は、塗師屋に帰って弥太郎に報告すると、弥太郎から意外な答えが返ってくる。(111話) ...

まれ 第112回

内容 元治(田中泯)のあとを継ぐと言い始めた一徹(葉山奨之) 力仕事は無理だろうと希(土屋太鳳)たちが言っても。。。。 敬称略 また。。。“勝負”ですか。。。。。。。(失笑) もうすでに、パティシエの話でも無ければ、 塗師屋の女将の話でも無いという。 ...

ガレット>『まれ』第113話 «  | BLOG TOP |  » 第二の人生>『まれ』第111話

プロフィール

ひじゅに

Author:ひじゅに
ひじゅに

朝ドラを中心にドラマや映画の感想、
K-POP歌詞訳やイラスト、
猫や食べ物の話題など
何だかんだと書いています。
HNの由来は韓国のロッカー
ムン・ヒジュン(笑)
楽天ブログで何年かやってきましたが、
今後こちらと並行して行くつもりです。
「やっくん」名でHPもやってます。
どうぞヨロシク☆

★楽天ブログ
もう…何がなんだか日記
楽天バナー

★HP(ブログ各記事のINDEXも)
やっくんち
やっくんち

最新記事

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

ひよっこ (117)
相棒 (111)
べっぴんさん (152)
とと姉ちゃん (154)
あさが来た (157)
まれ (156)
マッサン (150)
ちゅらさん (8)
花子とアン (156)
ごちそうさん (151)
あまちゃん (156)
純と愛 (151)
梅ちゃん先生 (157)
カーネーション (151)
おひさま (156)
NHK朝ドラ-2 (74)
朝ドラについて考える (20)
韓国映画 (28)
香港・中国映画 (11)
日本映画 (6)
欧米映画 (9)
007シリーズ (14)
その他の映画 (1)
八重の桜 (53)
平清盛 (50)
陽だまりの樹 (11)
JIN-仁- (11)
ドラマ-1- (32)
ドラマ-3- (13)
ドラマ-4- (4)
単発ドラマ (9)
欧米ドラマ (20)
韓国ドラマ‐1‐ (2)
K-POP(主にヒジュン) (1)
MV&歌詞訳(主にヒジュン) (2)
MV&歌詞訳(その他) (19)
食べ物・飲み物 (35)
動物 (31)
イラストetc. (3)
風景、植物 (4)
日常あれこれ (54)
夢 (1)
バトン (8)
小説&マンガreview (1)
アニメ (2)
韓国ドラマ-2- (2)
ドラマ以外のTV番組&DVD等 (1)
ラーメンetc. (6)

月別アーカイブ

フリーエリア

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR