topimage

2017-08

卵かけご飯>『まれ』第73話 - 2015.06.22 Mon

複数の男性の間で揺れ動くヒロイン
…というのは珍しくも何ともないけど

「おはよう」の一言で簡単になびいちゃうヒロイン
…って、そうは多くない気がする(笑)

ビッチという設定なら別だけど

この「おはよう」が希にとって物凄く思い入れのある言葉
ってのなら、また別だけどね

それこそ、魔女姫バースデーケーキ並みにさ

でも、実際は池畑&輪子のなれそめが由来だし
聞いたの、ごく最近だし

そそそそれとも、これもまたギャグか!?

…ひじゅにですが何か?



「驚いたね」by泉谷しげる



クリスマス少し前から桜の季節あたりまで
メレンゲにテンパリングにクレームパティシエと
急速に“成長”してきた希。

お金を勿体無がらずに製菓学校に行っていたら
既にマスター出来ていた基礎的技術かもしれないけれども
まあ、そこは置いといて>置いときたくないけど

ともかくも、この短期間で
しかも一心不乱どころか色ボケ状態でいながら
着実にマスターしてきた天才ヒロイン。

だったら、イキナリ夏にワープした後
どれだけ成長しているのかと思いきや
そこはスルーなのね(^^;)


それでも一応
“ジュテーム・モア・ノン・プリュ”モドキ(半額)は
“レ・キャトル・サン・クー”に名前とトッピングを変えて
正式な商品となっている様子。

前者が編タイツなら後者は何?
ケーキそのものの解説は絶対にしてくれないのも『まれ』流。


肝心なところは華麗にスルーして
その分を補うために台詞で希を持ち上げる泉谷&池畑。

泉谷は卵かけご飯で希を絶賛し
池畑氏は陶子さんを素っ飛ばして希に特別目を掛けている様子。

希=おっさんキラーか!?

ドラマ自体が土屋太鳳への偏愛に満ちているかの様な印象なので
ここは、それがそのまま滲み出ているシーンなのかも?>偏見


でさ

やっぱさ

希の取り柄=味覚の鋭さ
…ちゅーことにしたいのね。

ひじゅには以前、書いたよね?
希の味覚を根拠にする様な描き方にしたら大笑いするよ!
…と。

だから、笑って良かですか?wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww


希をここまでダメダメに描いてしまった以上
「世界一のパティシエ」にするには天性の味覚くらいしかないかも?
…と、これまた以前に書いたけど

マジでそう持って来るんだったら
もっと前から、それを匂わせる描写が必要だったんじゃね?

これではまるで、カイトがいきなり”ダークナイト”だったことが判明する
『相棒』最終回の様>ぇ

だって、希は
卵を常温に戻すことも粉をよく振るうことも知らないまま
メレンゲもクリームも全然上手く出来ないまま
自分が作ったお菓子を得意満面に振る舞ってたんだよ?

当時はまだ本職を目指していたわけでもないし
友人達の優しさでカバーされていたのかもしないけど
“マ・シェリ・シュ・シュ”に来てからだって
陶子さんに自慢してさえいたんだよ>それも複数回

なのにコレじゃ説得力も何もあったもんじゃない。
まさに後付け。

はっ
ももももしかして
希は人に食べさせるばかりで自分で自分の作ったものは食べていなかった!?

…そのくらいの後付けは平気でしそうな気がする(^^;)


肝心のパティシエ・パートは疑問の嵐なのに
恋話パートは実に分かりやすいのも『まれ』流。

圭太への動揺ぶりもバレバレだし
さらに高志に相談するという究極の分かりやすさ。

お腹に黒いものを一切持っていないヒロイン
…というと好印象だけど

お腹の中に一切合財を留めておけないヒロイン
…ちゅーのはどうなのか?>ぉ


この軽さ、節操のなさが
まんま恋心の軽さ、節操のなさに繋がるから
キャラが一貫していると言える?>そうか?


台詞だけを拾うと

1:希は理性で感情を抑えてしまうタイプ
2:池畑氏に言われ恋をしようと真面目に努力
3:だからマニュアルの如く「おはよう」に固執
4:大輔はんに初めて右脳が動くも、それは恋に恋すること
5:大輔はんに学んで、圭太にこそ真のトキメキを感じる
 ←今ここ

というところなのかな…って思うんだけども
惜しむらくは…台詞を除いたら全く感じられない(描けてない)
ってことだよな(酷)

そもそも理性どころか感情のみで動いている様に見えるし
恋は未経験…ではなく、圭太を既に好きでいたし失恋も経験。
大輔はんの件なんて、大輔はんが気の毒で仕方がない。


ところで

東京の大学に入り、東京でバンド活動をしていた高志は
大学を辞めたとはいえ、横浜に移ったのは何故?

…と、思ってたら

東京に乗り込む!と言っていた弥太郎さん達も
会場がなかなか見つからなかったのかもしれないけれども
横浜で展示会を開くことに決定。

近いとはいえ、やはりちょっと不思議
…な気がするのは、ひじゅにが方向音痴だから?





☆楽天もう…何がなんだか日記もヨロシクです☆
楽天バナー


たまごかけご飯のためだけに作った専用たまご


おはよう>絵本


激辛担担麺


スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yakkunchi.blog90.fc2.com/tb.php/1861-a13b48f7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まれ (第73回・6/22) 感想

NHK総合・連続テレビ小説『まれ』(公式) 第13週『運命カカオ64%』『第73回』の感想。 能登での成人式に参加し、圭太(山崎賢人)にときめきを感じてしまった希(土屋太鳳)は、横浜に帰ってからも心ここにあらずの状態。大輔とつきあおうと決めた矢先の感情に、自分でもどうすればいいのかわからず、高志(渡辺大知)に悩みを打ち明ける。そのころ能登では、東京で行う輪...

まれ 第73回

『運命カカオ64%』 内容 成人式に出席するため能登へ帰った希(土屋太鳳)は、圭太(山崎賢人)に。。。 横浜に戻ってから希の様子がおかしいコトに気づいた高志(渡辺大知)が、 話を聞いてみると。。。。 敬称略 しっかし、酷いアバンだね。 なんだよ。これ...

NHK朝ドラ【まれ】 第73回 感想

能登での成人式に参加し、圭太(山崎賢人)にときめきを感じてしまった希(土屋太鳳)は、 横浜に帰ってからも心ここにあらずの状態。 大輔とつきあおうと決めた矢先の感情に、自分でもどうすればいいのかわからず、 高志(渡辺大知)に悩みを打ち明ける。 そのころ能登では、東京で行う輪島塗の漆器展の準備が進んでいた。 圭太は自分の修理した輪島塗を一緒に出してもらえないかと弥太郎(中村敦夫)に...

連続テレビ小説「まれ」第73回★卵の味が分かる女

連続テレビ小説「まれ」 第73回(6月22日) 能登での成人式に参加し、圭太(山崎賢人)にときめきを感じてしまった希(土屋太鳳)は、横浜に帰ってからも心ここにあらずの状態。大輔とつきあおうと決めた矢先の感情に、自分でもどうすればいいのかわからず、高志(渡辺大知)に悩みを打ち明ける。そのころ能登では、東京で行う輪島塗の漆器展の準備が進んでいた。圭太は自分の修理した輪島塗を一緒に出しても...

コラボ>『まれ』第74話 «  | BLOG TOP |  » 恋・恋・恋>『まれ』第72話

プロフィール

ひじゅに

Author:ひじゅに
ひじゅに

朝ドラを中心にドラマや映画の感想、
K-POP歌詞訳やイラスト、
猫や食べ物の話題など
何だかんだと書いています。
HNの由来は韓国のロッカー
ムン・ヒジュン(笑)
楽天ブログで何年かやってきましたが、
今後こちらと並行して行くつもりです。
「やっくん」名でHPもやってます。
どうぞヨロシク☆

★楽天ブログ
もう…何がなんだか日記
楽天バナー

★HP(ブログ各記事のINDEXも)
やっくんち
やっくんち

最新記事

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

ひよっこ (121)
相棒 (111)
べっぴんさん (152)
とと姉ちゃん (154)
あさが来た (157)
まれ (156)
マッサン (150)
ちゅらさん (8)
花子とアン (156)
ごちそうさん (151)
あまちゃん (156)
純と愛 (151)
梅ちゃん先生 (157)
カーネーション (151)
おひさま (156)
NHK朝ドラ-2 (74)
朝ドラについて考える (20)
韓国映画 (28)
香港・中国映画 (11)
日本映画 (6)
欧米映画 (9)
007シリーズ (14)
その他の映画 (1)
八重の桜 (53)
平清盛 (50)
陽だまりの樹 (11)
JIN-仁- (11)
ドラマ-1- (32)
ドラマ-3- (13)
ドラマ-4- (4)
単発ドラマ (9)
欧米ドラマ (20)
韓国ドラマ‐1‐ (2)
K-POP(主にヒジュン) (1)
MV&歌詞訳(主にヒジュン) (2)
MV&歌詞訳(その他) (19)
食べ物・飲み物 (36)
動物 (31)
イラストetc. (3)
風景、植物 (4)
日常あれこれ (54)
夢 (1)
バトン (8)
小説&マンガreview (1)
アニメ (2)
韓国ドラマ-2- (2)
ドラマ以外のTV番組&DVD等 (1)
ラーメンetc. (6)

月別アーカイブ

フリーエリア

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR