topimage

2017-10

オープン>『まれ』第41話 - 2015.05.15 Fri

あのさ

そりゃあさ

例えばさ

手塚治虫はデビューしたての新人にも
マジでライバル心剥き出しにしてた
ってのは有名な話

だから
超一流パティシエ(多分)の池畑@小日向さんが
コンビニのケーキに嫉妬するという部分は
変とは言わないけどさ

それで臍曲げて閉店を繰り返すってのは
変だと思う

手塚治虫は死の直前まで描き続けていたんだしさ

抑えても抑えても内側から溢れてきて
辞めることなどできない
それが本当の天才じゃないのかなあ

…なんて
マジに分析しても意味ないけどね(笑)


幸枝さんといい
この脚本家が描く人物って変

愛すべき変ではなく
狙ってる感ありありの
ナンダカナ…な変

…ひじゅにですが何か?



「不味いケーキは記憶から撤収させている」by池畑



↑その割には、すぐに思い出してたじゃん


そろそろ視聴者の反応が耳に入って来て
焦っているのか
開き直ってしまったのか

世間の悪評からはまだ守られている状態で
さらにノビノビと
まさかと思うが生き生きと
「これからが本当に描きたかった事よ」と張り切っているのか

まだ始まったばかりなのに
能登編を吹き飛ばす勢いの横浜編―


あ、でも
高まったのはテンションの高さ
バカバカしさの加速
…くらいのもので

蓋ショボ
いや、蓋ショボにもなりえないオチ
…という意味では能登編を忠実に受け継いでいるな。


今日は本格的に、池畑さん登場―


ロールケーキ甲子園の時は
希の「夢」VS「地道」の考えを正してくれる人物かと
ほんの少し期待を持たせたのに

蓋を開けたら、ただのガキンチョ。

“ケーキバカ”にしたいのかもしれないけど
“ウィスキーバカ”マッサンとは全く違う種類のバカ。

↑あ、つつつ遂に某前作まで引き合いに…


米田さんの件で希が暴走し
開店&採用へと繋がる
華麗なる(?)朝ドラ展開

…と思いきや

ナンダカヨクワカラナイまま
事態だけは好転。

いや、勿論
超一流パティシエ(多分)の池畑さんは
希の「空想の翼」の産物であるイラストに
それを実際に作った場合の味までも見抜いて
そんな素人小娘に代わりに作ると言われたことに
パティシエとしてのプライドが障ってイキナリの発奮!
ちゅーことなんだろうけども(笑)

ベタなダメ朝ドラよりもショボいってのは
もしかしたら物凄~いことなんだろうな…
さすが『まれ』!


着たきり雀の上に野宿までした希が
厨房でケーキを前にして髪振り乱して大騒ぎ!

ってのも凄かったが

ケーキ嫌いの子供達に食べてもらえるケーキを目指し
ケーキ嫌いの子供達を集めてリサーチ

…という、話だけは熱意を感じさせるけど

実際には子供達を監禁して泣かせるまで問い詰める
恐い恐いオジサン

…な、池畑さんも負けてはない。

ももももしかして
似た者師弟ってことか…!?


素朴な疑問なんだけども

あの状況では子供達は萎縮するばかりで
味のことなんて分からないだろうし
ましてや、それを克服する味を見出すなんて
できるのか?できるってのか?

…と言いたいけど、まあそこは置いといて

そこまでして作り上げたシャポー・アン・コトン
そこまでして作り上げたからには薀蓄の一つも語ってほしい。

見たところ
円錐形の生地を生クリームで覆ってある
どっちかっちゅーとシンプルなケーキ。

ケーキが嫌い>それも泣くほど嫌い
ってのは
1:生クリームが苦手
2:スポンジが苦手
3:ムースが苦手
4:卵やバターや小麦粉が苦手
5:そもそも甘いものが苦手
等々が考えられる。

生クリームがバッチリ使ってあるから
「1」 が理由で嫌いな子は無視?

希がスプーンを入れた時の様子では
中身はやや堅そうだったから
「2」と「3」は排除?

特別な材料を使っているとは言ってなかったから
「4」も無視っぽいなあ。

あまり甘くないとの解説台詞があったから
ここだけは配慮しているのかな?
でも、最近は「甘さ控えめ」ってのが多いから
特別な配慮ではないよね。
そもそも嫌いな人は控えめだって嫌かもしれないし。


…なんてことは本筋には関係ないからどーでもいい?
スミマセンスミマセン!



大いなる疑問は能登編から続いていることなんだけども

ロールケーキ甲子園の時
パティシエ=「夢」と捉えていた希に対し
パティシエ=「地道にコツコツ」と池畑さんは答えていたよね。

言葉は違うけど、修行に修行に修行…てのはそーいうことだよね?

だから、その道を実際に歩み始めて
希の「夢」VS「地道」が崩れると思ってた。


高校卒業時
希はパティシエ=「夢」だから諦めると言う一方で
パティシエになるには学校や修行等長い道のりが必要だから
自分にはできないとも言っていたんだよね。

つまり、それってパティシエ=「地道にコツコツ」
ってことじゃん?

その矛盾に希が気付くのかと思ってた。
そして、そこから新たにスタートするのかと思ってた。


でも今日は、
「修行させて下さい」と池畑さんにシャアシャアと頼んでた。

コレってさ
希の未熟さを表現しているのではなく
話の土台自体がアヤフヤってことじゃん?

もう、物語の根底からしてダメダメじゃん。

もう、今日で完全に崩れ去ったって感じだな。
希の中の固定観念ではなく
視聴者に提示した物語の土台と言うべき部分が。


それにさ

ちゅーことは
希の成長も望めない
つまり、成長物語ではない
っちゅーことでもあるよね。

ここも『あま』に似ている(笑)
でも、向こうは数年間の物語だから別に良い。
ヒロインの無邪気さや透明感が重要だったと思うし。

こちらは、それなりの年齢になるまで続くと聞いたんだけど
それだとキツイんじゃないかなあ…

いや、もう既にキツくなっているんだけどさ(^^;)




☆楽天もう…何がなんだか日記もヨロシクです☆
楽天バナー

「ケーキ嫌いの娘が食べた」という口コミが


ザグ・キャップ


勝手に弟子入り日記


スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yakkunchi.blog90.fc2.com/tb.php/1826-997c64b4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まれ 第41回

内容 ようやく、店に入ることが出来た希(土屋太鳳) やがてやって来た店主は。。。コンテストの審査員・池畑大悟(小日向文世) 修行させて欲しいと懇願するがダメ。。。 敬称略 このドラマの登場人物。。。 それも主要登場人物って、怒ってばかりだね。 今回なん...

NHK朝ドラ【まれ】 第41回 感想

ようやくケーキ店「マ・シェリ・シュ・シュ」に入ることのできた希(土屋太鳳)。 そこに現れたのは、かつて金沢のケーキコンテストで審査員を務め、希のケーキを 酷評したパティシエ・大悟(小日向文世)だった。 オーナーである大悟に、希は店で修業をさせてほしいと懇願するが、大悟は受け付けない。 食い下がる希が逃げる大悟を追っていくと、なぜか天中殺にたどり着く。 希は店の中で大悟に改めて直...

サクラサク>『まれ』第42話 «  | BLOG TOP |  » 閉店>『まれ』第40話

プロフィール

ひじゅに

Author:ひじゅに
ひじゅに

朝ドラを中心にドラマや映画の感想、
K-POP歌詞訳やイラスト、
猫や食べ物の話題など
何だかんだと書いています。
HNの由来は韓国のロッカー
ムン・ヒジュン(笑)
楽天ブログで何年かやってきましたが、
今後こちらと並行して行くつもりです。
「やっくん」名でHPもやってます。
どうぞヨロシク☆

★楽天ブログ
もう…何がなんだか日記
楽天バナー

★HP(ブログ各記事のINDEXも)
やっくんち
やっくんち

最新記事

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

わろてんか (13)
ひよっこ (157)
相棒 (111)
べっぴんさん (152)
とと姉ちゃん (154)
あさが来た (157)
まれ (156)
マッサン (150)
ちゅらさん (8)
花子とアン (156)
ごちそうさん (151)
あまちゃん (156)
純と愛 (151)
梅ちゃん先生 (157)
カーネーション (151)
おひさま (156)
NHK朝ドラ-2 (74)
朝ドラについて考える (20)
韓国映画 (28)
香港・中国映画 (11)
日本映画 (6)
欧米映画 (9)
007シリーズ (14)
その他の映画 (1)
八重の桜 (53)
平清盛 (50)
陽だまりの樹 (11)
JIN-仁- (11)
ドラマ-1- (32)
ドラマ-3- (13)
ドラマ-4- (4)
単発ドラマ (9)
欧米ドラマ (20)
韓国ドラマ‐1‐ (2)
K-POP(主にヒジュン) (1)
MV&歌詞訳(主にヒジュン) (2)
MV&歌詞訳(その他) (19)
食べ物・飲み物 (41)
動物 (31)
イラストetc. (3)
風景、植物 (4)
日常あれこれ (54)
夢 (1)
バトン (8)
小説&マンガreview (1)
アニメ (2)
韓国ドラマ-2- (2)
ドラマ以外のTV番組&DVD等 (1)
ラーメンetc. (6)

月別アーカイブ

フリーエリア

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR