topimage

2017-10

最終話>『マッサン』第150話 - 2015.03.28 Sat

朝ドラって
日曜日を挟んだだけですぐ新しいのに切り替わるから
感慨にふける間がないっていうか

朝ドラという大きな川の流れに巻き込まれてる
って感じがちょっとしたりなんかするんだけど

それでもやはり作品によっては
最終回を観終わった後にソコハカトナイ寂しさが残る



『マッサン』はそれが残ったから
『マッサン』のことは好きだったんだな

…と思う
文句も色々言ってきたけどね(笑)

…ひじゅにですが何か?



「私にはウィスキーの味がよく分かりません」byエリー



↑これ、良かったよ
この言葉が最後にあったことで
ドラマ全体が少し上がった気がする

↑超個人的感覚


リアル・マッサン@竹鶴政孝氏は
リアル・エリー@リタさんが亡くなった時
取り乱し、家中で泣き喚いた―
とのことなので

ドラマ・マッサンが部屋に籠っていた2日間は
実話通りに描いても良かったかもしれないけど
その2日をワープして
静かな姿を映したのは正解だったと思うよ。

昨日の臨終の場でのマッサンの泣き方にしてもそうだし
最終週は“静か”がキーワード?
ってなくらいのトーンが良かった。


やっぱ、のせい?


ボンクラひじゅになので
季節の設定にもあまり注意を払っていなかったんだけど
最終週だけ雪景色だったことを考えると
もしかして、ドラマはまんま春夏秋冬で色分けていたの?

“春”らしい初々しさ、可愛らしさ
未来への希望

“夏”らしい躍動感、成長
騒がしさや暑苦しさも>こらこら

“秋”らしい落ち着き、寂しさ
若者から中年への変化

“冬”らしい静謐さ
清らかさ
終焉

…みたいな?


「いつまでここにいるつもり?」
エマのこの言葉は、ちょい気に障ったけど(^^;)

まあね、そうとしか言い様もないのだろうけどね。

気を遣ってのことだし
ベースに愛情があるのも分かってるし
アッサリ退室したから別に良いんだけどさ>なら拘るなよ

とはいえ
この言葉と共に結界を破り
カーテンを開けて光を招き入れることで
止まってしまっていたマッサンの時が動き出したのだから

エマ、GJ!

ってことなのだけど。


そうしてマッサンの目に飛び込んできたのは
冒険の書…じゃなくて、エリーの手紙。

「私と出逢ってくれてアリガト」云々は
数日前に視聴者には聞かされていたし
その後に続く、マッサンへの励ましや感謝等は
まあ、想像の範囲内。

でも、その間に

「濃い薄いとか、焦げ臭いとかスモーキーフレーバーとか」
マッサンお得意の言葉、ず~っと拘っていた事柄を挙げ

「ほとんどよく分からなかった、ゴメンネ」と続くところが
ひじゅに的には感動的だったな。


マッサンにとっては、ある意味ウィスキーの象徴だった
スコットランド人エリーが
実はウィスキーの美味しさを分かってなかった。

勿論、知識はあっただろう。
ウィスキーを引き立てる料理を作ったりもしていたし。
でも、マッサンみたいに
ウィスキーそのものにほれ込んでいたわけではなかった。

それでも
マッサンなら世界一のウィスキーを造れるという
盲目的な(とも言える)信頼感を抱いていた。

だって
エリーが惚れこんでいたのはマッサンだから。



こうしてドラマは第1話に戻る。

スーパーエリーの授賞式のシーン。
ここに戻るのは、まあ当然。

   いや、正直なところ
   それを破っても良いって思ってたんだ。
   そういう未来が待っていることは第1話で示されたから
   敢えてそこまで辿り着かなくても
   エリーが息を引き取る直前で終わらせても良いって。
   かなりヘタレな考えですが(^^;)


でも、その後の
若い2人が手を繋ぎ合って走っていくところまで
戻ったところが良かったな。

挟まれた回想シーンも時を逆に遡る形で。

エリーの墓に
エリーが肌身離さず付けていた指貫のペンダントと
マッサンの6ペンス銀貨を置いて
このドラマは“ウィスキーを造った男”というよりも
“マッサン&エリーという夫婦”の物語だったのだと示された後で。


エリーの呼び声に振り向くマッサンの顔を映した直後の流れなので
もしかして、マッサンも死への旅立ち?
と、一瞬誤解しちゃったけど>実話ではもっと後だし

「死が2人を分かつまで」と言うけれど
死して尚も2人の手は繋がったままで
ああして未来に向かって走り続けているのだと解釈できて

悲しい終わりなのに希望を感じさせる締め方で良かった。


今だ、ニッカウィスキーに手を伸ばしていない
私ひじゅにでありますが(^^;)

ヒロイン及びその中の人がトラウマになっちゃう朝ドラも少なくない中
特に思い入れもなかった(酷)玉山鉄二さんや
今回初見のシャーロット・ケイト・フォックスさんの
株が急上昇した半年でした。




☆楽天もう…何がなんだか日記もヨロシクです☆
楽天バナー

シャーロット・ケイト・フォックス>ゴンドラの唄


メモリアルブック


完全版ブルーレイBOX


スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yakkunchi.blog90.fc2.com/tb.php/1780-b3c72aba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

NHK朝ドラ【マッサン】 第150回(最終回)「人生はラブレター」 感想

エリー(シャーロット)の死後、丸二日間部屋に閉じこもり泣き続けたマッサン (玉山鉄二)は、死の間際にエリーから手渡された手紙を見つけ読み始める。 そこには、いつまでもおいしいウイスキーをつくり続けてたくさんの人々を笑顔に してほしい、私の夢はマッサンだったとつづられていた。 決意の顔になるマッサン。 そして10年後。「スーパーエリー」がスコットランドの栄誉ある賞に輝き催された ...

【マッサン】最終回感想と第24週視聴率&スピンオフ&まれ

手紙に香水を染み込ませるって、素敵ですね♪(^^) 今回はエリーの最後のラブレタ

【マッサン】最終回感想と第24週視聴率&ス...

手紙に香水を染み込ませるって、素敵ですね♪(^^)今回はエリーの最後のラブレターの内容が気になっただけで、無難な閉めでした。好きだったのは、手紙に香水が染み込ませてあっ...

「マッサン」第150回(最終回)★スーパーエリー

連続テレビ小説「マッサン」 第150回(最終回:3月28日) <エリーの死後マッサンは葬儀など一切を悟とエマに任せ丸2日エリーと共に過ごした部屋に閉じ籠もって泣き続けやがて涙がかれてもその部屋から出てこようとしませんでした。> 死の間際にエリーから手渡された手紙を見つけ読み始めるマッサン。 手紙<大好きなマッサン私と出会ってくれてありがとう。お嫁さんにしてくれてありがとう...

マッサン 最終回

エリーの遺書に書いてあった「人生はアドベンチャー」って心意気と、感謝に満ちた部分がヨカッタかな?ニッカウヰスキーの創業者である竹鶴政孝とその妻リタをモデルにした、夫婦愛と日本初のウイスキーにまつわる物語。「ダイジョーブ」が口癖の、シャーロット・ケイト・フォックスは、本当に「日本人が描く好感度抜群の外人さん」でしたね。このあたり、オーディションで、選んだ人の勝利?!もちろん、突っ込みどころは満...

マッサン 第150回(最終回)

マッサン 第150回(最終回) 内容 エリーの死に気落ちする政春(玉山鉄二)は、部屋に閉じこもっていた。 エマ(木南晴夏)から注意されても、どうしても。。。。 そんなとき、エリーが残した手紙を手に取る。 敬称略 “やっと、終わった” ほんと、そんな感じ...

コツコツ>『まれ』第1話 «  | BLOG TOP |  » 冒険は続く>『マッサン』第149話

プロフィール

ひじゅに

Author:ひじゅに
ひじゅに

朝ドラを中心にドラマや映画の感想、
K-POP歌詞訳やイラスト、
猫や食べ物の話題など
何だかんだと書いています。
HNの由来は韓国のロッカー
ムン・ヒジュン(笑)
楽天ブログで何年かやってきましたが、
今後こちらと並行して行くつもりです。
「やっくん」名でHPもやってます。
どうぞヨロシク☆

★楽天ブログ
もう…何がなんだか日記
楽天バナー

★HP(ブログ各記事のINDEXも)
やっくんち
やっくんち

最新記事

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

わろてんか (12)
ひよっこ (157)
相棒 (111)
べっぴんさん (152)
とと姉ちゃん (154)
あさが来た (157)
まれ (156)
マッサン (150)
ちゅらさん (8)
花子とアン (156)
ごちそうさん (151)
あまちゃん (156)
純と愛 (151)
梅ちゃん先生 (157)
カーネーション (151)
おひさま (156)
NHK朝ドラ-2 (74)
朝ドラについて考える (20)
韓国映画 (28)
香港・中国映画 (11)
日本映画 (6)
欧米映画 (9)
007シリーズ (14)
その他の映画 (1)
八重の桜 (53)
平清盛 (50)
陽だまりの樹 (11)
JIN-仁- (11)
ドラマ-1- (32)
ドラマ-3- (13)
ドラマ-4- (4)
単発ドラマ (9)
欧米ドラマ (20)
韓国ドラマ‐1‐ (2)
K-POP(主にヒジュン) (1)
MV&歌詞訳(主にヒジュン) (2)
MV&歌詞訳(その他) (19)
食べ物・飲み物 (41)
動物 (31)
イラストetc. (3)
風景、植物 (4)
日常あれこれ (54)
夢 (1)
バトン (8)
小説&マンガreview (1)
アニメ (2)
韓国ドラマ-2- (2)
ドラマ以外のTV番組&DVD等 (1)
ラーメンetc. (6)

月別アーカイブ

フリーエリア

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR