FC2ブログ
topimage

2021-01

特高>『マッサン』第118話 - 2015.02.19 Thu

昨日「憲兵」と書いちゃったけど
それは、お兄やん@『花アン』

特高というと
『アドルフに告ぐ』(手塚治虫)のハムエッグがそうだったよね?
あれは怖かったですぜ。

…ひじゅにですが何か?



「私は日本人だもの」byエマ



↑ハナさんが言っていた
「エリーさんは外国人だもの」
と対になった台詞?


主題歌の
♪伝えておくれ故郷へ ここで生きてゆくと♪
に真っ向から逆らう行動をエリーに勧める周囲。

エリー自身は日本に留まることを望み
マッサンは間で揺れる。


エリーの安全を考えるなら
つまり、エリーのためを思うなら
日本から脱出させるべき!

―と言われてしまったら

誰よりもエリーを大切に思っているマッサンなだけに
「嫌です」とは言えんわなー。
そりゃ言えんわなー。

でも、エリー自身の意志に反して強制送還みたいにしちゃったら
身体は無事でも心が死んじゃうかもしれないじゃん

―って思うけど

ひじゅにが言ったら平和ボケ発言
マッサンが言ったら甘々お坊ちゃまのワガママ
になっちゃうんだろうなあ…


ひじゅには自業自得だが>ぉ
マッサンは今迄あまりにもヘタレに描かれ過ぎてたよなあ。

シリアスに悩んでいるのに、視聴者からは
「頼りにならないお前が悪い」
ラストの離婚届は苦渋の選択ってヤツなのに
「今迄もずっと周囲に助けられて生きてきたんだろ」
と、軽~く見られてしまうだけな気がする(酷


ごめんね

ヒネクレひじゅにだからさ

ついさ

今日のハナ&エマに
ちょいとイラッとしてしまったよ。

いやいや2人とも
善意の言葉だとは分かってるよ。

だから、ごめんね。


ハナさんはさ―

以前にもさ
エマが養女であることを
言え言え攻撃していたよね。

今回もまた、エリーを
帰せ帰せ攻撃。

↑さすがRPG

エマの時はエマ自身が置かれていた状況と
微妙にズレた勧めだったんだけど
まあそれは羽原の構成の問題>ぉ

今回は
エリーの立場や状況の深刻さやマッサンの苦悩を
分かりやすく描く工夫なんだとは思う。

そして、キャラ描写という意味では
見事に一貫していると言えるかも。

でもなあ
何かモヤモヤしてしまうなあ>ひじゅにだけ?

まあ、本人も何度も謝ってはいたけどね。


エマはさ―

基本的には母親を心配するからこそ…だと思うし
学校で密やかなイジメを経験しているだけに
マッサンよりも状況の怖さを実感していると思う。

でも
「私も付いていく」とまで言っちゃうと
自分が逃げたいからだろ!?と邪推しちゃうよなあ(酷

いや、無理もないことだけどね。
まだ子供だしね。


とはいえ、国籍が問題だってことを理解していないみたいで
何となくモヤモヤ。

そのために
エリー帰国→離縁→あらゆる意味で離れ離れ
ってことで両親が苦悩してるわけで…

日本人であるエマは交換船には乗れないだろうし
もしも可能だったとしても今度は自分が向こうで苦労するだろうし

それでいて「私は日本人だから」という言葉が出てくるのも…

今迄も白い目で見られたりしながらも
「日本人」になろうとしてきたエリーの人生を
否定することにもなりかねないし…


…って
考え過ぎですねそうですね(^^;)

もう何せヒネクレ者ですから~。

ハナさんもエマも全く善意の人だとは分かっているよー。
寧ろ好感抱いてるよー。

↑フォロー



美紀さんの方は完全善意の人ではないっぽいけどな。

いや、基本的には良い人なんだろう>朝ドラなだけに
でも、心に闇を抱えているのは確かで
それが、キャサリンが連れてきた(ぇ)特高と結び付いて
今、漂っている不穏な空気を実体化しちゃうのかもな。




☆楽天もう…何がなんだか日記もヨロシクです☆
楽天バナー

石炭クッキー


離婚届は最後のラブレター


羊羹


スポンサーサイト



● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yakkunchi.blog90.fc2.com/tb.php/1742-5637a2b8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

マッサン 第118回

内容 キャサリン(濱田マリ)から 英国行きの船に乗るよう勧められたエリー(シャーロット・ケイト・フォックス) 政春(玉山鉄二)エリーは悩み始める。 一方、エマ(優希美青)は、秀子(黒島結菜)と親しくなっていき、 いろいろと厚遇される美紀(堀内敬子)は。。...

NHK朝ドラ【 マッサン 】 第118回 感想

英国への船の期限が近づきマッサン(玉山鉄二)は苦悩し、日本に残ると言った エリー(シャーロット)もまたスコットランドに帰ってきてほしいという家族の手紙に 心が揺れる。 一方、エマ(優希美青)は仲良くなった秀子(黒島結菜)に様々なものを分け与え、 素直に喜ぶ秀子であったが、美紀(堀内敬子)はあまりの厚遇にためらう。 そんななか、ハナ(小池栄子)はエリーを英国に帰国させるべきだとマ...

「マッサン」第118回★離婚届

連続テレビ小説「マッサン」 第118回(2月19日) 英国への船の期限が近づきマッサン(玉山鉄二)は苦悩し、日本に残ると言ったエリー(シャーロット)もまたスコットランドに帰ってきてほしいという家族の手紙に心が揺れる・・・。 −◆− ラジオが調子悪くて、屋根の上でアンテナを調整する一馬(堀井新太)。 で、ラジオをつけると<我が海軍陸戦隊の精鋭は大軍艦旗を奉じて敢然と上陸。 ...

世情>『マッサン』第119話 «  | BLOG TOP |  » 離縁ノススメ>『マッサン』第117話

プロフィール

ひじゅに

Author:ひじゅに
ひじゅに

朝ドラを中心にドラマや映画の感想、
K-POP歌詞訳やイラスト、
猫や食べ物の話題など
何だかんだと書いています。
HNの由来は韓国のロッカー
ムン・ヒジュン(笑)
楽天ブログで何年かやってきましたが、
今後こちらと並行して行くつもりです。
「やっくん」名でHPもやってます。
どうぞヨロシク☆

★楽天ブログ
もう…何がなんだか日記
楽天バナー

★HP(ブログ各記事のINDEXも)
やっくんち
やっくんち

最新記事

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

おちょやん (37)
エール (186)
スカーレット (153)
相棒 (127)
なつぞら (156)
まんぷく (151)
わろてんか (152)
半分、青い。 (154)
ひよっこ (157)
べっぴんさん (152)
とと姉ちゃん (154)
あさが来た (157)
まれ (156)
マッサン (150)
ちゅらさん (8)
花子とアン (156)
ごちそうさん (151)
あまちゃん (156)
純と愛 (151)
梅ちゃん先生 (157)
カーネーション (151)
おひさま (156)
NHK朝ドラ-2 (74)
朝ドラについて考える (24)
韓国映画 (30)
香港・中国映画 (11)
日本映画 (12)
欧米映画 (10)
007シリーズ (14)
その他の映画 (1)
八重の桜 (53)
平清盛 (50)
陽だまりの樹 (11)
JIN-仁- (11)
ドラマ-1- (32)
ドラマ2 (7)
ドラマ-3- (17)
ドラマ-4- (4)
単発ドラマ (9)
欧米ドラマ (20)
韓国ドラマ‐1‐ (3)
MV&歌詞訳(主にヒジュン) (3)
MV&歌詞訳(パク・ヒョシン) (5)
MV&歌詞訳(QUEEN) (16)
MV&歌詞訳(エド・シーラン) (8)
MV&歌詞訳(その他) (24)
お気に入り動画 (3)
K-POP(主にヒジュン) (1)
食べ物・飲み物 (69)
動物 (31)
イラストetc. (3)
風景、植物 (4)
日常あれこれ (61)
夢 (1)
バトン (8)
小説&マンガreview (4)
アニメ (3)
韓国ドラマ-2- (2)
ドラマ以外のTV番組&DVD等 (1)
ラーメンetc. (6)

月別アーカイブ

フリーエリア

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR