topimage

2017-10

海軍>『マッサン』第114話 - 2015.02.14 Sat

おお!
回想シーンとはいえ、欣也がまた出てきたよ

あれは一夜(一朝?)の夢ではなかったのね>ぉ

…ひじゅにですが何か?



「“この程度”でも充分だろう」by海軍将校



↑ねえねえ、これはどーいう意味?


1:自分は本場の味を熟知しているので
マッサン・ウィスキーはまだまだと分かる

2:違いの分かる僕ちん!と自負しているので
他の人達を見下している

3:実は味なんて分からず
単純に国産だからと見下している

4:普段は鴨居商店の丸びんを愛飲しているので
本格志向のマッサン・ウィスキーは不味いと感じる

5:値切ろうとしているだけ



ともあれ
こうして「皮肉にも」ギリギリのところで助けてもらえたマッサン。


「皮肉」って
ナレーションでは「戦争」に助けられたことを言ってるけど
特にマッサンは反戦家だったわけでも
戦争の影響で売れなかったわけでもなかったし

寧ろ、上記の様に
肝心のウィスキーのを貶された=理解してもらえない
という状態で
いわば代替品として買ってもらえた
…ってことが「皮肉」だという気がする。


とはいえ
「ウイスキーは統制品となり、日果の工場は海軍監督工場となる。
この後終戦までは配給用のウイスキーを製造した」

とWikipediaにはあるので、大まかには実話通り。

そこを調べてみるまでは
「在庫処理」を野々村さんが強調していたから
そこのところが何かでクリアされて
リストラその他は回避されてメデタシメデタシ!
だろうなとは思っていたものの
こーいう形になるとは想定の範囲外(笑)


きよしが経営者として何かアドバイスをし
マッサンが意表を突いた対策を考え付く
…という展開も有り得る鴨?って気もしてたんだけど

実際にはマッサンが心の整理をし
本当にやりたいこと、すべきこと=答
を見出すための導き役

って感じだったな。

でもまあ
きよしがイキナリ訪ねてきて
バッチグーなアドバイスをして
…なんてのは、ちょっと安易というかご都合だよね(^^;)


ジャパニーズ・ウィスキーの未来のため
歴史を作っていくため
…というマッサンの究極の夢を実現させるため
マッサンが退くという選択肢は無し。

とすれば、できることは
リストラしかない!

ちゅーことで

辞めてもらう従業員の名前を読み上げる
…という従業員目線からは最も冷酷な行為に出るマッサン。

真っ先に呼ばれたのが
ついこの間、不安や愚痴を零していた人達だった
ってのが尚更、残酷な印象を増している。

どうやって選んだのか…ってのが知りたい気がするなあ(^^;)

でも、海軍のおかげで
その最悪な状況を避けることができ

「従業員達とその家族とを守る責任」を
取り合えずは果たすことができて
社長としての立場は何とか保てたわけだけど

肝心の「」を分かって貰えないまま
…なわけで

商売VS技術
もしくは
商売OR技術
という葛藤が

マッサンの中でまだまだ続いて行く
…ちゅーことでせうか?




☆楽天もう…何がなんだか日記もヨロシクです☆
楽天バナー

Masataka&Rita Tシャツ>期間限定


海軍カレー


未来ちゃん


スポンサーサイト

● COMMENT ●

経営面では助けられたけど、いかにも妥協で採用されたもんだからこれでいいのかなあ?って感じですよねw まあ、鴨居を選ばずマッサンを選んだということは、まがいなりにもスコットランドに近い味を出せているという褒め言葉なのだろうか、何とも言えませんなw

ジャスターさん☆

ありがとうございます。
海軍にあんなに貶す台詞を言わせなくても良さそうなもんですよね。
マッサンを持ち上げるエピがほとんどない…(笑)
キャラもウィスキーも。
そこがスカッとしない原因の一つ(つーか、主原因)ですよね。
鴨大将は持ち上げられる一方なのになあ…


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yakkunchi.blog90.fc2.com/tb.php/1736-1de330fe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「マッサン」第114回★ここを海軍指定工場とし…

連続テレビ小説「マッサン」 第114回(2月14日) 余市へやってきた大作(西川きよし)に従業員を半分にすることを相談するマッサン(玉山鉄二)。今、仕込んでいる原酒はこれから先の未来のために必要であり、自分の夢は今では日本のウイスキーの歴史を背負っているとマッサンは切々と語る。その言葉に大作は「もう答えは出ている」と告げる。「ウイスキー造りはずっと未来へと続く夢なんです。」などと語る...

NHK朝ドラ【 マッサン 】 第114回 感想

余市へやってきた大作(西川きよし)に従業員を半分にすることを相談するマッサン (玉山鉄二)。 今、仕込んでいる原酒はこれから先の未来のために必要であり、自分の夢は今では 日本のウイスキーの歴史を背負っているとマッサンは切々と語る。 その言葉に大作は「もう答えは出ている」と告げる。ポットスチルを前に決意を固めた マッサンは全従業員を集め、会社倒産の危機を回避するために人員整理をお...

【マッサン】第114回(2/14土)感想&第18週・関西も高視聴率♪

経営者としてダメダメマッサンでしたが、従業員を半分に切る決断をして、クビになる人

【マッサン】第114回(2/14土)感想&第18週・関...

経営者としてダメダメマッサンでしたが、従業員を半分に切る決断をして、クビになる人を言い渡した途端、神風が吹き、海軍さんが来訪。海軍士官(柏原収史)が、樽から味見して、イ...

マッサン 第114回

内容 出資者から会社を畳むよう命じられた政春(玉山鉄二) そんななか、大作(西川きよし)が訪ねてくる。 悩みを打ち明ける政春は。。。。 敬称略 あいかわらず、 今作で、政春が何度も口にする“理想”を、今回も口にしただけですね。 違ったのは、 “わしには社員...

インディゴの夜 «  | BLOG TOP |  » 在庫>『マッサン』第113話

プロフィール

ひじゅに

Author:ひじゅに
ひじゅに

朝ドラを中心にドラマや映画の感想、
K-POP歌詞訳やイラスト、
猫や食べ物の話題など
何だかんだと書いています。
HNの由来は韓国のロッカー
ムン・ヒジュン(笑)
楽天ブログで何年かやってきましたが、
今後こちらと並行して行くつもりです。
「やっくん」名でHPもやってます。
どうぞヨロシク☆

★楽天ブログ
もう…何がなんだか日記
楽天バナー

★HP(ブログ各記事のINDEXも)
やっくんち
やっくんち

最新記事

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

わろてんか (15)
ひよっこ (157)
相棒 (111)
べっぴんさん (152)
とと姉ちゃん (154)
あさが来た (157)
まれ (156)
マッサン (150)
ちゅらさん (8)
花子とアン (156)
ごちそうさん (151)
あまちゃん (156)
純と愛 (151)
梅ちゃん先生 (157)
カーネーション (151)
おひさま (156)
NHK朝ドラ-2 (74)
朝ドラについて考える (20)
韓国映画 (28)
香港・中国映画 (11)
日本映画 (6)
欧米映画 (9)
007シリーズ (14)
その他の映画 (1)
八重の桜 (53)
平清盛 (50)
陽だまりの樹 (11)
JIN-仁- (11)
ドラマ-1- (32)
ドラマ-3- (13)
ドラマ-4- (4)
単発ドラマ (9)
欧米ドラマ (20)
韓国ドラマ‐1‐ (2)
K-POP(主にヒジュン) (1)
MV&歌詞訳(主にヒジュン) (2)
MV&歌詞訳(その他) (19)
食べ物・飲み物 (41)
動物 (31)
イラストetc. (3)
風景、植物 (4)
日常あれこれ (54)
夢 (1)
バトン (8)
小説&マンガreview (1)
アニメ (2)
韓国ドラマ-2- (2)
ドラマ以外のTV番組&DVD等 (1)
ラーメンetc. (6)

月別アーカイブ

フリーエリア

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR