topimage

2017-08

すべてがFになる【第5話~6話】 - 2014.12.02 Tue

第5~6話『すべてがFになる』前&後編


見逃したので動画サイトで視聴。
ああ、もう今夜は第7話が放送されるっ!


「お人形がやったのです」by真賀田四季


…結局そういう話だったね。

四角い箱の様な研究所
両手両脚を切断された死体
『魍魎の函』(京極夏彦を連想してしまった。


ドラマとしてはこれが3番目のお話。
その中で一番観やすく、また面白かった。
オープニングもインパクトあったし。

3話とも密室での事件。
このS&Mシリーズって
密室のあらゆるパターンに挑戦したもの?

   ↑原作未読なもんで(^^;)


そういう意味で
今回は密室の構造
事件を成立させた鍵は「トロイの木馬」であること
そしてその真相
…等々、とても楽しめた。

人間物語としては、ちょっと疑問に思えることはある。
それは今迄の話にも共通することだけど
今回は超天才の行動ってことで補完できたから
こちらも、なかなか楽しめた。


つまり、真賀田四季というキャラの魅力が大きい。

“理系”人間という一般的イメージを、さらに極端にした感じ。
理論には長けているけれど、いわゆる人間的感情には乏しい。
でも、独特の美意識を持っているし
それを反映しているかの様に容姿も美しく、カリスマ性がある。


たださ…

既婚の叔父の子供を14歳にして身籠る
ということの是非(?)を知らなかった―
と言っていたけど

「理解できなかった」ってのなら分かる。
そんな倫理観云々なんて超越しているだろうからね。

でも
「知らなかった」ってのは>そう言ってたよね?
躾の問題?一般常識には興味がなくて頭に入らなかっただけ?

そもそもそういう行為に及ぶことになった彼女の心境は
どんなものだったんだろう?

叔父に騙されたとか操られていた…なんてことはないよね。
彼女の頭脳と性格からして有り得ないと思う。

逆に彼女が叔父を利用しようとした?
いや、別に何もさせてないよね。
結果的に一緒に暮らせるようにはなったけど…
いや、一緒とも言い難いか(^^;)

では、叔父を愛していたのか?
…っちゅーと
これが一番考え難いよね。

原作を読めば、アホひじゅにでも
もっと理解できるのかな?



原作未読だから想像でしかないんだけど―
このシリーズは事件とその解明を楽しむだけでなく
ベースに流れる主人公の犀川創平&西之園萌絵のラブストーリーに
「萌え」るのが醍醐味なんだろうと思う。

だけど、ドラマではそこの描写がイマイチだよなあ…

それと勿論
単にくっつくかどうか…という問題じゃなく
2人が事件を通して成長していく、もしくは変わっていく
その上で2人の仲も…って感じなんじゃないかと思う。

で、今回の真賀田四季との出逢いというのは
他にも勝って、2人に相当な影響を与えるものだったハズ…

「ハズ」っていうのは、これまたドラマでは
あまり強く感じられるものがなかったもんだから…


萌絵は少々ウザかったり抜けてたりする面も見せるけど(酷
基本的には頭脳明晰のリケジョだし
犀川はさらに有能なわけだよね。

で、萌絵は両親の死を目の当たりにしたトラウマがあるけど
普段の明るい様子からすると、克服できたというより封印している感じ。
犀川も犀川で意識的に感情を抑え込んでいる印象がある。

真賀田四季は超天才で
両親の死にも関わり
人間的感情が欠如しているか乖離している
って感じ。

つまり2人と共通するものを持っていて
かつ、さらに上を行く存在。

だから、彼女によってS&Mは大きく変わることになりそうなのになあ…

…ここのところは
やはり原作を読んでみないとダメかもね(^^;)





☆楽天もう…何がなんだか日記もヨロシクです☆
楽天バナー

サントラ


原作


魍魎


スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yakkunchi.blog90.fc2.com/tb.php/1664-0aeea348
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

面接>『マッサン』第57話 «  | BLOG TOP |  » 山崎>『マッサン』第56話

プロフィール

ひじゅに

Author:ひじゅに
ひじゅに

朝ドラを中心にドラマや映画の感想、
K-POP歌詞訳やイラスト、
猫や食べ物の話題など
何だかんだと書いています。
HNの由来は韓国のロッカー
ムン・ヒジュン(笑)
楽天ブログで何年かやってきましたが、
今後こちらと並行して行くつもりです。
「やっくん」名でHPもやってます。
どうぞヨロシク☆

★楽天ブログ
もう…何がなんだか日記
楽天バナー

★HP(ブログ各記事のINDEXも)
やっくんち
やっくんち

最新記事

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

ひよっこ (117)
相棒 (111)
べっぴんさん (152)
とと姉ちゃん (154)
あさが来た (157)
まれ (156)
マッサン (150)
ちゅらさん (8)
花子とアン (156)
ごちそうさん (151)
あまちゃん (156)
純と愛 (151)
梅ちゃん先生 (157)
カーネーション (151)
おひさま (156)
NHK朝ドラ-2 (74)
朝ドラについて考える (20)
韓国映画 (28)
香港・中国映画 (11)
日本映画 (6)
欧米映画 (9)
007シリーズ (14)
その他の映画 (1)
八重の桜 (53)
平清盛 (50)
陽だまりの樹 (11)
JIN-仁- (11)
ドラマ-1- (32)
ドラマ-3- (13)
ドラマ-4- (4)
単発ドラマ (9)
欧米ドラマ (20)
韓国ドラマ‐1‐ (2)
K-POP(主にヒジュン) (1)
MV&歌詞訳(主にヒジュン) (2)
MV&歌詞訳(その他) (19)
食べ物・飲み物 (35)
動物 (31)
イラストetc. (3)
風景、植物 (4)
日常あれこれ (54)
夢 (1)
バトン (8)
小説&マンガreview (1)
アニメ (2)
韓国ドラマ-2- (2)
ドラマ以外のTV番組&DVD等 (1)
ラーメンetc. (6)

月別アーカイブ

フリーエリア

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR