topimage

2017-08

ジフテリア>『花子とアン』第142話 - 2014.09.11 Thu

単純に考えて

東京よりは農業をしている甲府の実家の方が
食べ物がありそうではあるけど

子供達を奉公に出して、やっと一冬越せる米を入手していた
貧しい貧しい安東家が

しかも今や年老いた夫婦2人きりで
昔よりも労働力が圧倒的に少ない安東家が

あんなに簡単に米や味噌を用意できるの?

ももももしや
お父が作った葡萄酒が闇ルートでバカ売れしてるとか?

地主さんではなく
お父こそが甲州ワインの礎?

…ひじゅにですが何か?



「家は石を投げられ窓ガラスが割れました」by美里



…割れたのは玄関ドアのガラスじゃなかったっけ?

細か過ぎますかね(^^;)
でも何か耳に引っ掛かっちゃったもんで>スミマセンスミマセン


1:あの後も同じことが起き、その時は窓ガラスが割れた
2:美里ちゃんの単純な勘違い
3:ひじゅにの勘違い
4:脚本と演出のズレ
5:脚本家と脚本協力とのズレ


「1」だったら
幾ら何でも省略し過ぎ。
一回きりで終わったのと続いているのとでは
ドラマ的意味が全く異なる。

「2」だったら
美里ちゃんのキャラに問題が…
はっ
それが今のイジメ(?)の引き金に?

「3」は…一番有り得る。

「4」「5」は…もっと、有り得る。


なんてことは置いといて>ぇ


順応性ありまくりの直子ちゃんに対し
甲府での生活が辛い様子の美里ちゃん。

年齢的なものもあるんだろうけど…
やっぱ、花子の教育に問題ありじゃ?

歩君の時もひたすら甘やかすばかりだったし
実際、美里ちゃんって
何となし上目線で変に良い子ぶってて可愛げがな…ゴホンゴホン!


   あ、勿論
   イジメはイジメられる側に責任がある
   なんてことを言いたいわけじゃありませんぜ!



リアル村岡花子さんの娘さんは
山梨の親戚宅に疎開するも意地悪をされ
花子さんに助けを求めて東京に帰された
…と聞く。

美里ちゃんの場合は祖父母の家だけに
そこが居心地悪いという設定にはできず
学校でのイジメ問題にシフト?

加えて
直子ちゃんの方は上手く行っていることにして
甲府の学校や子供達のこともフォロー?


そんな子供達を置いて東京に帰った花子は
「後ろ髪引かれ」過ぎたせいかジフテリアに>ぇ

何かこれじゃ甲府で感染して帰ってきたみたいじゃん(^^;)

まあ、ジフテリア自体は実話らしいけどさ
村岡さんが渡した恋文はどうなの?

蓮様も宮本さん拘留中に恋文を書いて差し入れの包みに入れてたし
これも「腹心の友」のリンク?

脚本家が惹かれたという
不倫時代の花子&村岡間で交わされたラブレターを
ドラマ内では扱うことができなかったから今回が代理?

結婚して長年経ってもラブラブのまま…というのは

本来なら
「素敵ですわ」
と、素直に言えることなんだけど

こと『花アン』に関しては
「色恋沙汰ばっかり」
と、単純にガッカリ>スマソ


お父の登場により
「英語はダメ」というのが
やたら強調されてるなーと思ってたら
いよいよ『アン』翻訳に取り掛かるっぽいね。

リアル村岡花子さんは
平和になってから翻訳しようと考えていたけれど
ジフテリアで二か月に渡る隔離療養生活を経験したことにより
「やるなら今でしょ!」という心境に達したらしい。

ドラマ花子も病床に『アン』原書を持ってきてもらってたから
同じ様な流れになるのかな、とは思うけども…

肝心の『アン』への思いも
翻訳への思いも
全く伝わってこないしなあ…



それに
空襲シーンを直後に持って来たから
病気というより戦争に結び付けて
「今でしょ!」にしそうな気配も。

まあ、そうすれば
ハッキリしなかった花子の戦争への態度も
昨日の醍醐ちゃんの件も
戦争前後の時代は当るという朝ドラの法則も
全て結び付けることができるしね。

ただ、どうもソコのトコ
鮮やかじゃないっちゅーか…
ミエミエのバレバレなくせにスッキリしないという
『花アン』流まっしぐら!って感じがして>ぉ


またまたネガティブな感想でスミマセンスミマセン!




☆楽天もう…何がなんだか日記もヨロシクです☆
楽天バナー

恋文>和三盆


薄型非常用セット


出西生姜>防空壕の跡地で保存


スポンサーサイト

● COMMENT ●

娘が「私も東京へ帰ってもいい?」と聞いたとき、「どうして?」と聞いてあげないで、「ここのほうがきっと楽しいわよ」と遮断して、すがるような顔で見つめる娘に、目をうるませもせず冷ややかな一瞥だけして出ていく花子。
こんな風に子供を制しながら仕事してたんだろうかーほんとドライな人だなと感じました。
吉岡さんは確かにあえてそう演じていたと思います。
今、子供を預けて働く女性が当たり前にたくさんいるから、そういう女性の葛藤を代弁したのかもしれない。
子供が空襲に遭うくらいなら嫌われたほうがいい、自分は東京で死ぬかもしれないから、あえて冷たく突き放したかもしれない。
結局、吉高さんの演技では、意味がわからずじまい(爆)

まるまるさん☆

ありがとうございます。
お返事遅れてスミマセン。
吉高さんの演技もナンダカナ…と思うのですが
演出がそれで良しとしているのが不思議です。
演出家にもよく理解されていないのかなあ…脚本の意図が。
だから視聴者が全く意図が測りかねても
寧ろ当然ってことなのでしょうかね(^^;)

ていうか、意図なんてあるの?>言っちゃった


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yakkunchi.blog90.fc2.com/tb.php/1580-4580b459
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「花子とアン」第142回★疎開とジフテリアと空襲

連続テレビ小説「花子とアン」 第142回(9月11日) 7月に東條英機内閣が総辞職し、8月にテニアン島、グアム島の日本軍が玉砕した少し後の昭和19年9月。 疎開先の甲府。 <2学期が始まり美里と直子は今日から甲府の国民学校に通い始めました。> 美里と直子が帰宅。 吉太郎(賀来賢人)が「グッドアフタヌーン。」 直子は屈託なく「グッドアフタヌーン。おじいやん。」 ...

花子とアン 第142回

内容 娘たちの疎開で、甲府の実家にやってきた花子(吉高由里子) 数日、一緒に過ごしたあと、 後ろ髪を引かれる思いで。。。花子は東京へと。。。。 敬称略 ↑。。。。嘘書いています。 きっと、そう言うコトを描きたかったのだろうと。 そう。 美里には、母・花子...

NHK朝ドラ【 花子とアン 】 第142回 感想

二学期が始まり、甲府に疎開してきた美里(三木理紗子)と直子(志村美空)は 学校に通い始める。 だが美里は新しい環境になじめない様子。 吉平(伊原剛志)は孫たちにカタコトの英語を交えて話して花子(吉高由里子)に いさめられるが、吉平は家の中くらい自由にさせろと言って聞かず、ふじ(室井滋) やリン(松本明子)をあきれさせるのだった。 花子は美里を心配しながら東京へ戻るが、その晩、...

放置>『花子とアン』第143話 «  | BLOG TOP |  » 米と味噌>『花子とアン』第141話

プロフィール

ひじゅに

Author:ひじゅに
ひじゅに

朝ドラを中心にドラマや映画の感想、
K-POP歌詞訳やイラスト、
猫や食べ物の話題など
何だかんだと書いています。
HNの由来は韓国のロッカー
ムン・ヒジュン(笑)
楽天ブログで何年かやってきましたが、
今後こちらと並行して行くつもりです。
「やっくん」名でHPもやってます。
どうぞヨロシク☆

★楽天ブログ
もう…何がなんだか日記
楽天バナー

★HP(ブログ各記事のINDEXも)
やっくんち
やっくんち

最新記事

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

ひよっこ (118)
相棒 (111)
べっぴんさん (152)
とと姉ちゃん (154)
あさが来た (157)
まれ (156)
マッサン (150)
ちゅらさん (8)
花子とアン (156)
ごちそうさん (151)
あまちゃん (156)
純と愛 (151)
梅ちゃん先生 (157)
カーネーション (151)
おひさま (156)
NHK朝ドラ-2 (74)
朝ドラについて考える (20)
韓国映画 (28)
香港・中国映画 (11)
日本映画 (6)
欧米映画 (9)
007シリーズ (14)
その他の映画 (1)
八重の桜 (53)
平清盛 (50)
陽だまりの樹 (11)
JIN-仁- (11)
ドラマ-1- (32)
ドラマ-3- (13)
ドラマ-4- (4)
単発ドラマ (9)
欧米ドラマ (20)
韓国ドラマ‐1‐ (2)
K-POP(主にヒジュン) (1)
MV&歌詞訳(主にヒジュン) (2)
MV&歌詞訳(その他) (19)
食べ物・飲み物 (35)
動物 (31)
イラストetc. (3)
風景、植物 (4)
日常あれこれ (54)
夢 (1)
バトン (8)
小説&マンガreview (1)
アニメ (2)
韓国ドラマ-2- (2)
ドラマ以外のTV番組&DVD等 (1)
ラーメンetc. (6)

月別アーカイブ

フリーエリア

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR