FC2ブログ
topimage

2020-08

連行>『花子とアン』第134話 - 2014.09.02 Tue

花子と蓮様が仲たがいする―
というのは聞いてたんだけど

これ?

…ひじゅにですが何か?



「ハナちゃんのこと信じてたのに」by蓮子



吉太郎君の忠告の意味が分からないらしい花子―

最近あまりにもノホホン主婦していた蓮様だけど
宇田川先生の壮行会での言動や
いつだったかのチャイナドレスで
何とな~く内情が察せられていたのと違う?

花子もまた漆原部長が言う様に
自分の家庭内にしか関心のないノホホン生活に浸っていたのなら
宇田川先生達を前にした時のキョトン顔も
蓮様の言葉への「ワケわかんないんんスけど?」的キョトキョト顔も
仕方ないと言えるけど

我らが花子さんは「ラジオのおばさん」として
日々ニュースに触れて社会情勢を熟知しているんじゃ…
寧ろ情報発信して世に大きな影響力を持っているんじゃ…

それとも、漆原部長が言っていたことが
まんま当てはまる花子!というのを実証?


あ、そーいえば
花子は昔から字面だけしか理解できず
裏の意味を探ることも応用や推測をすることも
全くできない人だったっけ。

凄い!
一貫してブレないとは、このこと!


   …あれ?
   でも、蓮様が直接
   夫@宮本さんが日中関係のために奔走中
   とも言ってなかったっけ?



ま、まあ、ともかく

蓮様に問い質したいのに電話はしても何も聞けないまま
きんつばで釣る…じゃなくて、お茶に誘う花子。

女学生時代も教師時代も編集者時代もラジオでも
自分流を貫き通す花子!じゃなかったっけ?
蓮様の前では弱いってことか?

「行くなとは言われたけど、呼ぶなとは言われてない」

スコット先生の手紙を丸写し事件の時
鉛筆で書いたのは自分…とか何とか言い訳していたのと同じ。

おお!
ここもまた一貫している!


   褒めてるつもりだが褒めてる気がしない(笑)
   つーか、全く褒めてません



そんな花子の電話が合図でもあるかの様に
宮本家に踏み込む吉太郎君と愉快な憲兵達。

以前「人違い」ってことで“白”になった時は
若造のお遊びに過ぎなかったけど
戦争に伴い本格的に行動し始めて“黒”になったってこと?

それとも、あれはやはりフェイクで
ず~っと追い続けていたってこと?


宮本VS吉太郎の図ぅ―

以前なら同じ女性@蓮様に心寄せる男同志
という付加価値(ぇ)があったけど
今は吉太郎君には醍醐ちゃんがいるからなあ…

それでも、何とか以前の雰囲気を生かそうと
この日のために醍醐ちゃんとは結婚できない設定にしてたのだったりして?


   醍醐ちゃんとの仲を取り持つための
   三文芝居の巻(by宮本)
   の回があったからなあ…
   視聴者はアレを忘れてはいませんぜ(^^;)


村岡夫妻に比べれば
宮本夫妻は幾分か年取った感が出てて良かったかな。

まあ、宮本さんは相変わらず棒ではあったけど>こらこら

逃げようとする芝居が取って付けた様だったし
純平君よりも軽い若造っぽかったし>ぉ
おかげで全く緊迫感無し


   純平君って
   蓮様と宮本さんの子供に見えないよね。
   ままままさか本当の父親はデン氏!?>ぇ



そして、タイミング良く宮本家を訪れる村岡夫妻。
そんな2人を待ち構えていたかの様な蓮様。

また雷雨かいっ!?

てのは、ひとまず置いといて>ぉ

当時としては最先端を行く女性同士のハズなのに
『アン』をワザワザなぞらえて「腹心の友」なんぞと名乗り合っているのに
こんなヘンテコな喧嘩別れにしてしまうの?

まあ、幾らも経たずに修復されるのは目に見えているけど。


蓮様こそ夫の行動は熟知し支持もしていただろうに
毅然としているどころかオタオタするばかりで
泣き悲しむ子供達にかける言葉もなし…

それとも
蓮様も花子と同じで
社会に目を向けている様で実は自分の家族のことしか頭になく
起きている事が意外と分かっていない?
世間知らずのお嬢様のまま?


   もしも、そういう設定で
   だからこそ今迄
   文学も芸術も碌に描かず
   それらへの里香愛や情熱は尚更描かず
   言葉の割には知性も感じられず
   恋話中心の上に描写もトホホ
   …なドラマにしてきたのかな?

   だとしたら凄い!
   
   …でも

   でもね

   「だとしたら」は皆無な気がする(悲)



それよりさ

やっぱ、ももちゃんの扱いがナンダカナ…だよね。

もう既にお茶の用意もできて花子は座っているだけなのに
ももちゃんは台所で仕事中。

「美里をお願い」
なんて一言で花子はサッサと出かけちゃうし

「お願いします」
なんて村岡さんまで遠慮ないし

まあ、もしかしたら、ももちゃんとしては
そういう時こそ美里ちゃんと水入らずで過ごせて嬉しいかもしれないけど。

それにしても
ももちゃんの次女の存在感のなさ…

今だに名前も分からん(^^;)




☆楽天もう…何がなんだか日記もヨロシクです☆
楽天バナー

きんつば4種


憲兵手帳


蓮とデンと龍


スポンサーサイト



● COMMENT ●

前回はTB返しと記事へのコメントありがとうございました♪
最終的にこのドラマがどこまで行ってしまうのかとても気になります…

この盃さん☆

ありがとうございます。
お返事めちゃ遅れてスミマセン。
ようやく『アン』に辿り着きましたが、結局は蓮様との友情物語で終わりそうな予感が…
最後まで『アン』も『アン』ファンも軽んじられたままだったりして(^^;)
でも、あと僅かで終わりですから、気を楽にして完走を目指しませう。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yakkunchi.blog90.fc2.com/tb.php/1572-adee712a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

花子とアン 第134回

内容 突如、兄・吉太郎(賀来賢人)が、花子(吉高由里子)を訪ねてくる。 蓮子には近づくな。。。と。 敬称略 今週のサブタイトルは“アンとの出会い”なんでしょ????? 主人公の周りの人に起きた出来事じゃ無く、 主人公に起きた出来事を描け!! 以上である...

NHK朝ドラ【 花子とアン 】 第134回 感想

しばらく蓮子(仲間由紀恵)の家には近づくなと吉太郎(賀来賢人)から 言われた花子(吉高由里子)は、龍一(中島歩)が和平のための活動を していると蓮子から聞いたことを思い出し、心配になり電話をかけようとする。 夜遅くだからやめた方がいいと英治(鈴木亮平)に止められた花子は、翌日 電話をかけ、蓮子たちをお茶に招く。 蓮子が富士子(芳根京子)を連れて村岡家へ出かけようとした時、吉太郎...

「花子とアン」第134回★宮本龍一、蓮子の前で連行

連続テレビ小説「花子とアン」 第134回(9月2日) 「明日からしばらく蓮子さんのうちには近づくな。」と言って帰っていった吉太郎(賀来賢人)。 風呂上がりの英治が「お客さん誰だったの?」 花子「兄やん。でもすぐ帰っちゃったけど…。『蓮様の家にはしばらく近づくな』って…それだけ言って…。どういう意味かしら?」 兄が「憲兵」であることと宮本龍一(中島歩)が「左翼運動家」...

決別>『花子とアン』第135話 «  | BLOG TOP |  » ペン部隊>『花子とアン』第133話

プロフィール

ひじゅに

Author:ひじゅに
ひじゅに

朝ドラを中心にドラマや映画の感想、
K-POP歌詞訳やイラスト、
猫や食べ物の話題など
何だかんだと書いています。
HNの由来は韓国のロッカー
ムン・ヒジュン(笑)
楽天ブログで何年かやってきましたが、
今後こちらと並行して行くつもりです。
「やっくん」名でHPもやってます。
どうぞヨロシク☆

★楽天ブログ
もう…何がなんだか日記
楽天バナー

★HP(ブログ各記事のINDEXも)
やっくんち
やっくんち

最新記事

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

スカーレット (153)
相棒 (126)
なつぞら (156)
まんぷく (151)
わろてんか (152)
半分、青い。 (154)
ひよっこ (157)
べっぴんさん (152)
とと姉ちゃん (154)
あさが来た (157)
まれ (156)
マッサン (150)
ちゅらさん (8)
花子とアン (156)
ごちそうさん (151)
あまちゃん (156)
純と愛 (151)
梅ちゃん先生 (157)
カーネーション (151)
おひさま (156)
NHK朝ドラ-2 (74)
朝ドラについて考える (24)
韓国映画 (29)
香港・中国映画 (11)
日本映画 (7)
欧米映画 (9)
007シリーズ (14)
その他の映画 (1)
八重の桜 (53)
平清盛 (50)
陽だまりの樹 (11)
JIN-仁- (11)
ドラマ-1- (32)
ドラマ-3- (16)
ドラマ-4- (4)
単発ドラマ (9)
欧米ドラマ (20)
韓国ドラマ‐1‐ (3)
MV&歌詞訳(主にヒジュン) (3)
MV&歌詞訳(パク・ヒョシン) (5)
MV&歌詞訳(QUEEN) (16)
MV&歌詞訳(エド・シーラン) (8)
MV&歌詞訳(その他) (25)
K-POP(主にヒジュン) (1)
食べ物・飲み物 (67)
動物 (31)
イラストetc. (3)
風景、植物 (4)
日常あれこれ (58)
夢 (1)
バトン (8)
小説&マンガreview (2)
アニメ (2)
韓国ドラマ-2- (2)
ドラマ以外のTV番組&DVD等 (1)
ラーメンetc. (6)
エール (102)

月別アーカイブ

フリーエリア

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR