topimage

2017-08

茶番>『花子とアン』第120話 - 2014.08.16 Sat

昨日
悲しんでいるのは花子の気持ちを
村岡さんは分かっていない
…みたいな台詞に
失礼だろっ!
と思ったけど

たまたま覗いた某所の感想に

村岡さんは元々そういう人

と書かれていた
先妻が亡くなってすぐにアッサリ花子と再婚した人だから
…と

うむ、納得>ぉ

…ひじゅにですが何か?



「私、焦ってしまって」by醍醐



↑吉太郎君とは焦るほどの付き合いじゃないだろ?
そもそも今日初めてのデートだったわけだし。

あ、結婚そのものに焦っていたというわけですか(^^;)

多分、設定では既に三十路だもんなあ…
『ゲゲゲ』の時代ですら
二十歳そこそこで結婚しないと行き遅れと見なされたそうだし。

だけど
時代にそぐわず独身の方が多い『花アン』ワールド
…なのにね。


その初デートでも

「男の方と2人でお食事なんて初めて」
と、ブリッコ(死語?)発言する醍醐ちゃん。

え?
以前は医者と結婚寸前だったんじゃないの?
お見合いだけで終わったのだとしても
「ここは若い人達だけで」タイムがあったんじゃないの?


…なんてこたーどーでもいいけど>いいんかい


今日は醍醐ちゃんSP

そりゃあ
ひじゅには醍醐ちゃんは好きだよ。

でも、それは醍醐ちゃんのキャラが
好感持てる様に描かれてるからではなくて
寧ろ不憫な描かれ方なので同情心が湧くのと
中の人の好感度によるものだ
…という自覚あり(笑)

だから、こんな時にこんな形で
ファンサービスしてくれなくても結構じゃんね。


何度も言うけどさー

昨日までの歩君エピは
上手い出来だったとは言えないんだかんね。

ただ、子供の死という題材そのものが重いものだし
勿論、実話ベースでもあるから
それなりに真面目に受け取ろうと努力してたわけで

それがイキナリ今日のこの茶番…

暗い話の締めくくりは明るく楽しく!
と考えてのことか
やっぱ恋話はコピッと描かなきゃね!
と思ってのことか
知らないけどさー

何か色々と酷過ぎ。

敢えて言おうか?
言っていい?
言っちゃうよ?



最低



素直な感想なので抗議しないでね。
まあ、少しは褒める点を探すからね。
かなり無理クリだけどね。


最初に出てきた初デート・シーンでの
固まっちゃってる吉太郎君と
ブリッコ(死語?)している醍醐ちゃんの図ぅ

からのー

吉太郎君の前での茶番劇シーン
への雪崩れ込みは
一貫性があるっちゃーあるかもな。

   タケシ様はたまたま仕事で東京に来ていたのでせうか?
   まさか、このためだけに呼ばれたわけではないよね?
   相方の朝市君がいないのは学校が忙しかったのでせうか?
   それとも真面目な彼は理由を聞いて反対したのでせうか?
   花子に続き醍醐ちゃんにもフラれたと落ち込んでいるのでせうか?

   …なんてことは置いといて>ぉ


このところ空気化していた宮本さんを目立たせるためでもあったのかな?
何せ美輪様のご推薦らしいから、邪険に扱うわけにもいかなかろう。


はっ!


ももももしやコレは

週末は明るいエピで…という
視聴者への気遣いでも>逆効果になってるけど

ギャグセンスがないと揶揄されていた脚本家が
なにくそ!って感じで臨んだリベンジでも

何はなくとも恋愛エピ!
という脚本家の嗜好もしくは信念でもなく

全員に棒演技をさせることで
宮本さんの棒を目立たなくする秘策だったりして!?

あるいは…

そんな好意的なシーンと見せかけて
実は宮本さんの棒ぶりを強調するという
意地悪な算段だったりして?

ほ、本当は怖い『花アン』!


あ、これでは褒めたことにならんな(^^;)

え~っと、つまり…
そんな扱いを受けている宮本さんに
視聴者が同情票を寄せる様にとの
実に情け深い算段なのかも!?

―ということにしておこう。


ところで
肝心の花子だけど

立ち直り早っ!!!

村岡さんが既婚者と知って悩んでいた時の方が
もっと大騒ぎだったし、もっと引っ張ってたよな。

さすが恋愛脳…

それに
他人の不幸を糧にして仕事へのエネルギーとする花子の図ぅ―
は、自分の子供の死に関しても健在ってわけ?

いや、自分の子供だからこそ
今迄以上に躍進する花子の図ぅ?

や、やっぱり
ほ、ほ、本当は怖い『花アン』!




☆楽天もう…何がなんだか日記もヨロシクです☆
楽天バナー

プロポーズされる私になる


玉子焼き


蜜の味 ←来週、壇蜜ゲスト出演だしね(笑)


スポンサーサイト

● COMMENT ●

TB返しありがとうございました(*´∀`)
確かに高視聴率は疑問だらけの花アンでの一番の謎です

この盃さん☆

こちらこそ、ありがとうございます。
私的には、ここ何作かの朝ドラの中で最低作かも…
とさえ思っています。
思いたくないのに思わされてしまう>ドラマ自身に(笑)
せめて、もう少し…ほんの少し…面白くしてくれよ~!
って感じです>もうボロクソ


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yakkunchi.blog90.fc2.com/tb.php/1556-d7c9ae32
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

花子とアン 120話 感想

茶番でした。以上!で終わらせるのもちょっとあれなので今日の感想結婚式の凄まじいCYABAN以降見たり見なかったりでしたというかもういいかと思ったのですが家族が食事中に見るので ...

「花子とアン」第120回★醍醐(高梨臨)と吉太郎のパルピテーション

連続テレビ小説「花子とアン」 第120回(8月16日) 今回は感想書きにくいなぁ。 赤面モノのエピソードだったものなぁ・・・。 −◆− 1926年(大正15年)12月に小さくタイムスリップ。 9月に歩を失った花子は海で虹を見て悲しみを克服し、今に到る。 で、世界家庭文学全集の一冊として『王子と乞食』が刊行されることに。 花子の心の声<5歳の誕生日を前にしてこの世を...

NHK朝ドラ【 花子とアン 】 第120回 感想

思いを新たにした花子(吉高由里子)は、以前にも増して翻訳家として意欲的に 取り組んでいく。 しばらくたったある日、かよ(黒木華)の店で誰かを待っている醍醐(高梨臨)。 緊張しきりの醍醐をかよが励ましていると、なんと吉太郎(賀来賢人)がやって来る。 はじめはぎこちなかったが、徐々に打ち解けていい感じになるふたり。 やがて、進みそうで進まないふたりの様子に、龍一(中島歩)が一計を案...

花子とアン 第120回

内容 花子(吉高由里子)が、今まで以上に翻訳家としての仕事に打ち込みはじめ。。。 それからしばらくして、かよ(黒木華)の店に醍醐(高梨臨)がいた。 だれかとの待ち合わせ。やってきたのは吉太郎(賀来賢人)だった。 だが、ふたりの様子に。。。。。。 ある日の...

アナと雪の女王 «  | BLOG TOP |  » にじいろ>『花子とアン』第119話

プロフィール

ひじゅに

Author:ひじゅに
ひじゅに

朝ドラを中心にドラマや映画の感想、
K-POP歌詞訳やイラスト、
猫や食べ物の話題など
何だかんだと書いています。
HNの由来は韓国のロッカー
ムン・ヒジュン(笑)
楽天ブログで何年かやってきましたが、
今後こちらと並行して行くつもりです。
「やっくん」名でHPもやってます。
どうぞヨロシク☆

★楽天ブログ
もう…何がなんだか日記
楽天バナー

★HP(ブログ各記事のINDEXも)
やっくんち
やっくんち

最新記事

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

ひよっこ (119)
相棒 (111)
べっぴんさん (152)
とと姉ちゃん (154)
あさが来た (157)
まれ (156)
マッサン (150)
ちゅらさん (8)
花子とアン (156)
ごちそうさん (151)
あまちゃん (156)
純と愛 (151)
梅ちゃん先生 (157)
カーネーション (151)
おひさま (156)
NHK朝ドラ-2 (74)
朝ドラについて考える (20)
韓国映画 (28)
香港・中国映画 (11)
日本映画 (6)
欧米映画 (9)
007シリーズ (14)
その他の映画 (1)
八重の桜 (53)
平清盛 (50)
陽だまりの樹 (11)
JIN-仁- (11)
ドラマ-1- (32)
ドラマ-3- (13)
ドラマ-4- (4)
単発ドラマ (9)
欧米ドラマ (20)
韓国ドラマ‐1‐ (2)
K-POP(主にヒジュン) (1)
MV&歌詞訳(主にヒジュン) (2)
MV&歌詞訳(その他) (19)
食べ物・飲み物 (36)
動物 (31)
イラストetc. (3)
風景、植物 (4)
日常あれこれ (54)
夢 (1)
バトン (8)
小説&マンガreview (1)
アニメ (2)
韓国ドラマ-2- (2)
ドラマ以外のTV番組&DVD等 (1)
ラーメンetc. (6)

月別アーカイブ

フリーエリア

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR