topimage

2017-08

神童>『花子とアン』第115話 - 2014.08.11 Mon

うっかり見逃しちゃったんだけど
先週ラストで花子一家が描いていた縁側の落書き
まだ残ってた?

皆で縁側から雨を眺めるシーンがあったので
既に消しちゃったのかな?

…いや、別に
歩君の死後にあの絵を撫でつつ泣く花子の図ぅ
なんてのが観たいわけではないが(^^;)

絵そのものに何か意味を持たせてたのかも?
と思ってたので

『花アン』に限って、それは無い?(笑)

…ひじゅにですが何か?



「歩は神童に違いありませんよ」by村岡



先週、かよちゃんの開店祝いに
お父&お母が来なかったのは
お金の問題もあるから仕方ないよね…

と、好意的“脳内補完”をしたばかりなのに

花子一家と海水浴に行くためには
わざわざ甲府から出てくるのね(――;)

カワイイ孫のためだから特別?
村岡さんが交通費を出してくれたのかも?

他ドラマだったら「大人の事情」とスルーするところだけど…

このドラマはそもそもヒロイン一人が贔屓される設定で始まったし
今だに資金その他でヒロインがとことん優遇される物語ではある。
だからって、ここまで徹底しなくても…
だって、そこに意味があるとも思えないし…

と、ついつい気になっちまうんだいね(群馬弁)

まあ、一応、かよちゃんの店に行くシーンはあったよ。
でも、なかったら…それこそ酷過ぎる(笑)
それに、やっぱ、花子の用事で来たついで…って感じで(^^;)



ま、それはともかく>ぇ



土曜日に引き続き
月曜日も歩君をワザトラシク目立たせる
何だかドーデモイイお話。

もしかしたら…ではなく
確実に…フラグだね。
もうバレバレ。

大事が起きる前に、その人物を際立たせるのは
物語としては当然の手法なんだろうけど

『花アン』の場合は、そこが露骨というか
直前になって実にワザトラシイ出方をさせるから
何も起きないうちからシラケてしまう。

そんなヒネクレタ観方をするのは
ひじゅにだけ?

だけですね…スミマセンスミマセン!


そんな、おバカひじゅにでも
小さな子供が苦しい目にあったり亡くなったり…というのは
マジ胸が痛むのよ。

そして、残された人々の心境を思うと
マジ辛くなるのよ。

だけど、花子の子供への接し方を見ていると
花子にだけは同情しない気がする>スマソ


現代になって始まって
現代のうちに既に問題視されている(という気がする)
「叱らない子育て」の先駆者みたいな花子。

子育て未経験なので、よー知らんけど
「叱らない」代わりに優しく教え諭すべきなんだろうに
そこは、まるっとスルーする花子。

スイカを自分が齧っちゃうシーンは
笑うところ?
共感すべきところ?

花子の「想像の翼」発言はシラケるばかり>スマソ×2
畳の上で泳ぐ真似をする村岡&お父には寒気がするばかり>スマソ×3

それでもね

村岡さんの「神童」発言には
親バカぶりが比較的素直に伝わってきたので
村岡さんには同情的になれるかも?

まあ、その場になっての演技の様子によるけども。

実は、花子こそが
最も感情移入できる素晴らしい演技を見せてくれた
という事態になったならば
地面すれすれ(いや既に地下レベル?)に落ち込んでいた
ひじゅにの吉高評が一気に跳ね上がるのだが…

さあ、どうなるでせう!?


ちょっこし気になったのは
蓮様んちの純平君。

手洗いを注意された直後に妹が褒められたり
生まれた時の様子を祖母は知らず母は語れず…
という状態に
少し心が不安定になったりしないだろうか?


実話では

村岡さんには先妻との間に子供がいたらしい。
花子との結婚のために他所に預けられ
関東大震災で亡くなったらしい。

リアル花子さんは自分の子供を亡くした時
「罰が当たった」と思ったとか。

白蓮の方は長男が戦死したそうなんだけど
それはまだドラマ内では先の話。



だから…もしかしてドラマでは
生い立ちに関するコンプレックスみたいなのを持たせることで
花子の長男と蓮様の長男を対比…させるつもりなのかな?

どちらも不倫が関係した子供で
花子&蓮様が自分達の罪を自覚する…みたいな流れに?



あ、でも
花子は不倫ではなく純愛に無理クリ置き換えてたし
蓮様もデン氏と和解できたわけだから
今更そんな話は挟まないか。

ましてや『花アン』だし>ぉ




☆楽天もう…何がなんだか日記もヨロシクです☆
楽天バナー

デン…


友禅


神童といわれたあの頃


スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yakkunchi.blog90.fc2.com/tb.php/1551-793d5b17
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「花子とアン」第115回★歩くん「お別れにお空の虹になったんだ。」

連続テレビ小説「花子とアン」 第115回(8月11日) 夏のある日。てるてる坊主だらけの村岡家へ、甲府から吉平(伊原剛志)とふじ(室井滋)がやって来ました。 花子(吉高由里子)と英治(鈴木亮平)が海水浴に誘ったのです。 歩(横山歩)は早くも水着を着て翌日海に行くのを楽しみにしております。 吉平「グッドイブニ〜ング!」 歩「おじぃやん、おばぁやん、グッドイブニング!」と...

花子とアン 第115回

内容 大正15年夏。吉平(伊原剛志)ふじ(室井滋)がやってきた。 花子(吉高由里子)英治(鈴木亮平)が海水浴に誘ったのだが、 。。。。大雨になってしまい、ごねる歩(横山歩) 花子は、なんとかしようとするのだが、いっそう、へそを曲げてしまい。。。 敬称略 ...

NHK朝ドラ【 花子とアン 】 第115回 感想

夏のある日。大森の村岡家へ、甲府から吉平(伊原剛志)とふじ(室井滋)がやって来る。 花子(吉高由里子)と英治(鈴木亮平)が海水浴に誘ったのだ。 歩(横山歩)は早くも水着を着て翌日海に行くのを楽しみにしており、吉平とふじは 目を細める。 だが翌日、外は大雨。 海水浴はまた今度にしようと花子(吉高由里子)に言われ、すっかりへそを曲げた歩は 泣き出してしまう。 花子は歩を元気づけ...

鉱石ラジオ>『花子とアン』第116話 «  | BLOG TOP |  » 落書き>『花子とアン』第114話

プロフィール

ひじゅに

Author:ひじゅに
ひじゅに

朝ドラを中心にドラマや映画の感想、
K-POP歌詞訳やイラスト、
猫や食べ物の話題など
何だかんだと書いています。
HNの由来は韓国のロッカー
ムン・ヒジュン(笑)
楽天ブログで何年かやってきましたが、
今後こちらと並行して行くつもりです。
「やっくん」名でHPもやってます。
どうぞヨロシク☆

★楽天ブログ
もう…何がなんだか日記
楽天バナー

★HP(ブログ各記事のINDEXも)
やっくんち
やっくんち

最新記事

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

ひよっこ (122)
相棒 (111)
べっぴんさん (152)
とと姉ちゃん (154)
あさが来た (157)
まれ (156)
マッサン (150)
ちゅらさん (8)
花子とアン (156)
ごちそうさん (151)
あまちゃん (156)
純と愛 (151)
梅ちゃん先生 (157)
カーネーション (151)
おひさま (156)
NHK朝ドラ-2 (74)
朝ドラについて考える (20)
韓国映画 (28)
香港・中国映画 (11)
日本映画 (6)
欧米映画 (9)
007シリーズ (14)
その他の映画 (1)
八重の桜 (53)
平清盛 (50)
陽だまりの樹 (11)
JIN-仁- (11)
ドラマ-1- (32)
ドラマ-3- (13)
ドラマ-4- (4)
単発ドラマ (9)
欧米ドラマ (20)
韓国ドラマ‐1‐ (2)
K-POP(主にヒジュン) (1)
MV&歌詞訳(主にヒジュン) (2)
MV&歌詞訳(その他) (19)
食べ物・飲み物 (36)
動物 (31)
イラストetc. (3)
風景、植物 (4)
日常あれこれ (54)
夢 (1)
バトン (8)
小説&マンガreview (1)
アニメ (2)
韓国ドラマ-2- (2)
ドラマ以外のTV番組&DVD等 (1)
ラーメンetc. (6)

月別アーカイブ

フリーエリア

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR