topimage

2017-10

イクメン講座>『花子とアン』第104話 - 2014.07.29 Tue

体調イマイチで半日休んでいたのだけど
もう半日も休んでしまおうかと考えている

っていうか、時間的に既に実行中(笑)

こうしてブログは書いてるし
もはや体調というよりも
ナマケ心の問題ですねそうですね

そーいえば最近
村岡さんの「ナマケモノ」発言がないなー

…と無理クリ『花アン』に結び付けてみる

…ひじゅにですが何か?



「ただの人違いだった」by吉太郎



えっ



他ドラマだったら
これはハグラカシ…
と、容易に判断できるところだけど

このドラマに限っては
マジで“そーいうこと”…
で、終わらせそうで

全くもって油断がならない(笑)



「乳母が育てるのは華族の家の仕来りです」byお姉様

ねえねえ本当は

蓮様、お可哀想…
兄夫婦は鬼や!


と反応すべきエピと違うの?

お姉様のこの言い方では
何だか普通の待遇の様に聞こえるじゃん。
寧ろ、蓮様を身内として受け入れている様じゃん。


そそそそれとも

昨日、深読みさせていただいた「愛子」様の
お祖母様を連想させる台詞?

乳母が育てるという習慣に逆らって
皇室で初めて自分で子供を育てる方針を取り入れた方ってことで?

穿ち過ぎですねそうですね(^^;)


それにしても
あくまでも物語のメインは白蓮にしたい―
でも、一応ヒロインを花子とした以上
無視するわけにはいかない―

とばかりに
強引も強引に強引過ぎるほどに花子を絡める今日この頃。

だったら、葉山邸に何度も押しかけるのは花子にすべき
それこそ、豪雨の中で土下座してでも突破口を見出させるべき
…と、単純ひじゅにはベタな考えを持ってしまうのだけれど

そーいう縁の下の力持ち的役割は醍醐ちゃん等の奉仕キャラに任せ
そうして敷かれたレールの上をヒロインがすまし顔で通る
…というのが、『花アン』の拘り。

兄妹の犠牲の上で、ひとり高等教育を受けた花子
という、そもそもの始まりから一貫して変わらない花子
…と考えれば、凄い脚本なのかも>そうか?

では、それから
美味しいとこ取りのまま堂々と進むかというと
キャンキャン吠えるだけで大した効果なし
…というのも凄い展開。


後半は何と時代先取りイクメン講座。

生徒は、赤ちゃんが泣いていたと聞いて心配する宮本さん
講師は、赤ちゃんの世話はお手のものの村岡さん
今日の講義は「おむつ交換」

…って

ここは笑うか
少なくとも微笑ましく見守るシーンなのでせうね(遠い目

宮本さんが顔に…のところは
カワユス!と萌えるところでせう。


ヒネクレひじゅには、そんな宮本さんが
本来なら、花子以上に
いや、醍醐ちゃん以上に
葉山邸に日参したり
アレコレと悩まなきゃならない立場なんじゃ…
と思えるのだけれど

駆け落ち前より、もっとノンビリしてるよね。
そーいうキャラ描写ってこと?

社会主義者を気取っていたのもボンボンの暇つぶし。
だから駆け落ちと「革命」がゴッチャになるのも無理ない
ちゅーか
所詮「遊び」だから気にしない。
今や蓮様という、もっと夢中になれるものが見つかったから
「社会主義?何それ?」状態。

勝手に本気にして勝手に乗せられて
絶縁状を「革命」だと新聞社に売り込んじゃう友人達は
ついこの間までドラマ世界にそぐわない程シリアスな表情で
宮本さんを見張っていた吉太郎君を象徴するものだった?

加えて
蓮様の「乳母」と、この「パパ達」を対比させているのかも?
と考えるならば

…ああ、何て深い脚本なのでせう!


かよちゃん&村岡弟も

以前のカフェでの「僕も結婚式は甲府で」発言から
いつの間にか仲が進展していたのね…
と思っていたのに

今日の様子からすると
村岡弟がひとり盛り上がってただけで
まだ気持ちが通じ合うというところにまでも行ってなかったっぽい。

今日のかよちゃんの言動で、ようやく動き出したって感じ?

…ああ、何て難解な脚本なのでせう!




☆楽天もう…何がなんだか日記もヨロシクです☆
楽天バナー

パンダでんでん太鼓


プレイヤード>おむつ交換台付き


メリー・ポピンズ>乳母


スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yakkunchi.blog90.fc2.com/tb.php/1539-a5fc692e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「花子とアン」第104回★村岡英治のイクメン講座

連続テレビ小説「花子とアン」 第104回(7月29日) ザンバラ髪に白い着物で「死に装束をまとった落ち武者」みたいな蓮子が赤ん坊を抱いて「純平…お父様が付けて下さったのよ。すてきな名前ね。」 仲間由紀恵、朝から演技が豚骨ラーメンのように濃い。 蓮子から赤ん坊を取り上げる葉山園子。 花子が抗議するも園子は「乳母が育てるのは華族の家のしきたりです。」 なるほど。蓮...

花子とアン 第104回

内容 醍醐(高梨臨)のアドバイスで、 蓮子(仲間由紀恵)に会うことが出来た花子(吉高由里子) その事をきっかけに、蓮子も我が子と会うことが出来たのだが。。。 敬称略 で、誰が主人公? そこは、とりあえず、横に置いておくとしても。 花子が長々と蓮子に語...

NHK朝ドラ【 花子とアン 】 第104回 感想

花子(吉高由里子)の尽力で、出産後初めて息子との対面を果たした蓮子(仲間由紀恵)。 涙ながらに我が子を抱く蓮子だが、園子(村岡希美)によってすぐに乳母の元へ戻されて しまう。その仕打ちに花子は怒り、蓮子に「親子三人で暮らす日を諦めないで」と励まし、 葉山家を後にする。 花子の報告を聞いた龍一(中島歩)は、妻子と再会できた時のため、英治(鈴木亮平)から 父親としてのある手ほどきを...

大正12年>『花子とアン』第105話 «  | BLOG TOP |  » お兄様へ>『花子とアン』第103話

プロフィール

ひじゅに

Author:ひじゅに
ひじゅに

朝ドラを中心にドラマや映画の感想、
K-POP歌詞訳やイラスト、
猫や食べ物の話題など
何だかんだと書いています。
HNの由来は韓国のロッカー
ムン・ヒジュン(笑)
楽天ブログで何年かやってきましたが、
今後こちらと並行して行くつもりです。
「やっくん」名でHPもやってます。
どうぞヨロシク☆

★楽天ブログ
もう…何がなんだか日記
楽天バナー

★HP(ブログ各記事のINDEXも)
やっくんち
やっくんち

最新記事

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

わろてんか (15)
ひよっこ (157)
相棒 (111)
べっぴんさん (152)
とと姉ちゃん (154)
あさが来た (157)
まれ (156)
マッサン (150)
ちゅらさん (8)
花子とアン (156)
ごちそうさん (151)
あまちゃん (156)
純と愛 (151)
梅ちゃん先生 (157)
カーネーション (151)
おひさま (156)
NHK朝ドラ-2 (74)
朝ドラについて考える (20)
韓国映画 (28)
香港・中国映画 (11)
日本映画 (6)
欧米映画 (9)
007シリーズ (14)
その他の映画 (1)
八重の桜 (53)
平清盛 (50)
陽だまりの樹 (11)
JIN-仁- (11)
ドラマ-1- (32)
ドラマ-3- (13)
ドラマ-4- (4)
単発ドラマ (9)
欧米ドラマ (20)
韓国ドラマ‐1‐ (2)
K-POP(主にヒジュン) (1)
MV&歌詞訳(主にヒジュン) (2)
MV&歌詞訳(その他) (19)
食べ物・飲み物 (41)
動物 (31)
イラストetc. (3)
風景、植物 (4)
日常あれこれ (54)
夢 (1)
バトン (8)
小説&マンガreview (1)
アニメ (2)
韓国ドラマ-2- (2)
ドラマ以外のTV番組&DVD等 (1)
ラーメンetc. (6)

月別アーカイブ

フリーエリア

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR