topimage

2017-08

愛の讃歌>『花子とアン』第95話 - 2014.07.18 Fri

スマソ

じゃなかった
スマン

今日これから書く感想について
最初に謝っておきます

まことにスマン!

…ひじゅにですが何か?



「しょーがないたい」byデン



えっとね

ほら

ひじゅにって真面目じゃん?>ぇ

自分的に
「ひっで~」
「ダメだ、こりゃ」
な作品でも

後で感想に
「失笑」
「大笑い」
と書いたとしても

ひじゅに的には真面目でクールな批評であって
視聴中は真面目そのもの


なんですよ。


そ、そんな私なのに
き、今日のラストシーンは

ぷっ!

と、吹き出してしまいました。
スマソスマソ


でも、やっぱ

批判というより素直な感想

だと思う。

粗探ししながら観てるわけじゃないしさ
(粗というのは向こうから勝手にやって来る)

できれば感動したいしさ
(これは自分ではコントロール不能な分野)


無知ひじゅにだけど
白蓮事件について概要は知っている。

ドラマの方も
ほとんどの視聴者が知っている
という前提で描かれている気配。

だって
昨日のラストも今日の冒頭も
美輪様がしっかりネタバレしてるじゃん(笑)

厳密にはネタバレというより
「皆が知ってるあの展開にいよいよ向かいますよ!」
「さあ、心の準備を」
という煽りというか促し。

そして、視聴者はそれに乗って
「楽しみですわね~、ワクワク!」
という気持ちで臨むべきなのだろう。

もしかしたら脚本家としては―

何が起きるか知っているから
詳細部分は脳内補完OK!
盛り上がる部分だけノリノリで描くから
皆も酔いしれてね!


と思っているかもしれない。

花子と交互に映したり
デン氏が予想外の行動を取ったり
去る間際に蓮様がお礼の言葉を口にしたり
花子と蓮様を羽が繋げたり
…という
まさに今日この瞬間の描き方を十分に堪能すべき

なのかもしれない。


でもさ

やっぱさ

ドラマとして観ているからには
一瞬一瞬の“綺麗な”シーンだけで満足できない
という鈍い視聴者もいるんだよな>ひじゅにのことだけどね


*「牢獄の様なこの屋敷」by美輪

本人である蓮様がそう感じているのだから
そうでしかないんだよ!
と言ってしまえばそれまでなんだけど(笑)

そうした気持ちを理解できるほどの描写は
皆無に等しかったよね。

お兄様に売られた形での結婚
というのだけは同情できるけど

その後の蓮様って、やりたい放題!

「お金×3」と切れた時もあったけど
そのお金が蓮様をプライドごと生かしておいてくれたんじゃん。

実話においては
妾問題や性病を感染されるという
蓮様に同情できる部分もあったわけだけど
ドラマでは妾がいることにサラッと触れているだけで
「牢獄」という実感が迫ってこない>ひじゅにだけ?


*宮本さんの魅力が伝わってこない

これって致命的。

蓮様が恋に堕ちた瞬間を描いてほしかったよ。
瞬間どころか心の推移もまるっと省略。

目の前でスっ転んでみせたのが良かったのか?

しかもさ
学生仲間達とイカニモ深刻ぶって
それこそ社会主義の方面で何か計画立てているかの様な
カッコ付けた会話が余計に痛い。


鈍感花子をダシに使うとバレバレの事態になる…
という先回の教訓を生かすことなく

花子の妹かよちゃんが勤める
いつものカフェで待ち合わせをする

イッちゃってる2人。


形だけ必死に走る蓮様。
それに
美輪様の『愛の讃歌』が被さるところは

正気か!?

と思ってしまった(^^;)

スモークはムンムン
羽は舞い散る
スポットライトは当る

…ギャグか?
捨て身のギャグなのか!?


この強烈さの前では

め以子@『ごちそうさん』か?
ってなお弁当を村上印刷に持っていく花子の
良き妻アピールなんて何のそのって感じ(笑)

まあ、妻の座から逃亡した蓮様との対比なんだろうけど。


唯一、心が少し揺れたのは
脇の甘い蓮様が忘れていった祝い品に
デン氏が気付くシーン。


彼が何も知らず蓮様を信じきっている状態でのこの裏切りなら
辛いなあと思うのだけど

以前に女中頭が宮本さんの手紙を盗み読んでたことから
蓮様の不倫はとっくにデン氏の耳に入っていた可能性もある。
それ故に最近イキナリ蓮様にベタベタしだしたのかもしれない。

そすると少~し違った意味合いも出てくるかも。

…いや
そんな複雑なものは望むべくもないのが『花アン』

かも?



☆楽天もう…何がなんだか日記もヨロシクです☆
楽天バナー

そっくりスイーツ


美輪明宏リサイタル“愛”4愛の讃歌~‘93秋パルコ劇場~


天使の羽シャワー


スポンサーサイト

● COMMENT ●

お久しぶりです。

以前にデン氏に「私にはたまにお友達(花)と会って憂さを晴らす位しかないの」
と言ってたのを聞いてなんだかなあと思い
自分の誰にも言えない恋の苦しみを心の友に打ち明けることもなく
出産後一度も顔を見たいとも感じずスルーして
逢引や駆落ちに利用し、友人に後ろめたさもなく~~
これって 腹心の友どころか 友達ですらないです。
こういう人の心のない男女が謳うのは、肉欲の賛歌に聞こえます。
言い訳に社会批判されたら うんざりですね。

白蓮事件で真実の友は醍醐さんだと気付くなら救いようはあるが
「交流なくても腹心の友」と決めた花には
手放せないステータスなんだろうなあ。
吉高さんも映画「点々」での声や表情がぴったりだったので
この役柄どうも違和感あってみてられないです。
これからも ひじゅにさんの 「ぷっ」に笑わせてもらいますね♪

-d- さん☆

ありがとうございます。
お返事めちゃくちゃ遅くてスミマセンスミマセン!

題材は良いのに上手く使えないばかりか
変にオリジナルを入れて、余計にぶち壊し…になってますよね。
実際には白蓮さんにも村岡さんにも色々と心の葛藤はあっただろうに
そこが描けない時点で、題材選びからして間違ってますよね。
…と、私は普段はそこまでは貶さないのですが>本当か?
どうも今作はダメです…(^^;)


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yakkunchi.blog90.fc2.com/tb.php/1530-668c9ea0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「花子とアン」第95回★美輪明宏「愛の讃歌」大熱唱

連続テレビ小説「花子とアン」 第95回(7月18日) ナレーター美輪明宏がまさかの熱唱。凄いのなんのって! シュール!? −◆− ジジ・ババも帰郷して静かになった村岡家。 せっかく『スタパ』に出た村岡英治(鈴木亮平)は、今日もセリフが少なく影が薄い・・・。 で、花子は腹心の友・蓮子が赤ん坊に会いに来るのを待ち続けています。 本日大活躍することになるナレーター<その...

連続テレビ小説 花子とアン(95)「あなたがいる限り」

吉平さん・ふじさんが甲府へ帰り、英治・花子・歩は親子水入らずの時を過ごしていた。後会いに来てくれていないのは蓮子だけ、しかし蓮子は龍一との駆け落ちを実行しようとしていた。口実に使われたことを花子はまだ知らない。 いよいよ決行かと思ったら伝助の高崎の仕事...

連続テレビ小説 花子とアン(95)「あなたがいる限り」

吉平さん・ふじさんが甲府へ帰り、英治・花子・歩は親子水入らずの時を 過ごしていた。後会いに来てくれていないのは蓮子だけ、しかし蓮子は 龍一との駆け落ちを実行しようとしていた。口実に使われたことを 花子はまだ知らない。 いよいよ決行かと思ったら伝助の高崎の仕事が 明日へと延期になったりとハラハラ・ドキドキだが決行の時は来た。 今日唯一のほのぼの場面は村岡印刷で花子の弁当を食べるシーン...

花子とアン 第95回

内容 吉平(伊原剛志)ふじ(室井滋)が、甲府へと帰り ふたたび、はな(吉高由里子)英治(鈴木亮平)と歩の暮らしが始まる。 敬称略 ほんと、いきなり、なんだよ!! あのナレーション! 蓮子の胸が高鳴るのは良いよ。 “駆け落ちをするのです”って。。。。 ...

NHK朝ドラ【 花子とアン 】 第95回 感想

吉平(伊原剛志)やふじ(室井滋)が甲府へと帰り、静かになった家の中で花子 (吉高由里子)は、蓮子(仲間由紀恵)がいつ赤ん坊に会いに来てくれるだろうか、 と待ちつづけていた。 一方、赤ん坊に会いに行くのを口実にして、龍一(中島歩)との駆け落ちをいよいよ 実行しようとする蓮子が、伝助(吉田鋼太郎)とともに東京入り。 蓮子は伝助とともに食事をとりながら、伝助が出かけるタイミングを見計...

【花子とアン】第95回(7/11金)感想と第15週関西最高視聴率♪

先週(第15週「最高のクリスマス」)の週間最高視聴率は、関東25.2%(7/11

【花子とアン】第95回(7/11金)感想と第15週関西...

先週(第15週「最高のクリスマス」)の週間最高視聴率は、関東25.2%(7/11金)で高視聴率でした♪関西は24.6%(7/10木)で最高視聴率でした♪ さて、今回、遂に、蓮子が龍一と駆け落...

絶縁状>『花子とアン』第96話 «  | BLOG TOP |  » 歩(あゆむ)>『花子とアン』第94話

プロフィール

ひじゅに

Author:ひじゅに
ひじゅに

朝ドラを中心にドラマや映画の感想、
K-POP歌詞訳やイラスト、
猫や食べ物の話題など
何だかんだと書いています。
HNの由来は韓国のロッカー
ムン・ヒジュン(笑)
楽天ブログで何年かやってきましたが、
今後こちらと並行して行くつもりです。
「やっくん」名でHPもやってます。
どうぞヨロシク☆

★楽天ブログ
もう…何がなんだか日記
楽天バナー

★HP(ブログ各記事のINDEXも)
やっくんち
やっくんち

最新記事

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

ひよっこ (119)
相棒 (111)
べっぴんさん (152)
とと姉ちゃん (154)
あさが来た (157)
まれ (156)
マッサン (150)
ちゅらさん (8)
花子とアン (156)
ごちそうさん (151)
あまちゃん (156)
純と愛 (151)
梅ちゃん先生 (157)
カーネーション (151)
おひさま (156)
NHK朝ドラ-2 (74)
朝ドラについて考える (20)
韓国映画 (28)
香港・中国映画 (11)
日本映画 (6)
欧米映画 (9)
007シリーズ (14)
その他の映画 (1)
八重の桜 (53)
平清盛 (50)
陽だまりの樹 (11)
JIN-仁- (11)
ドラマ-1- (32)
ドラマ-3- (13)
ドラマ-4- (4)
単発ドラマ (9)
欧米ドラマ (20)
韓国ドラマ‐1‐ (2)
K-POP(主にヒジュン) (1)
MV&歌詞訳(主にヒジュン) (2)
MV&歌詞訳(その他) (19)
食べ物・飲み物 (36)
動物 (31)
イラストetc. (3)
風景、植物 (4)
日常あれこれ (54)
夢 (1)
バトン (8)
小説&マンガreview (1)
アニメ (2)
韓国ドラマ-2- (2)
ドラマ以外のTV番組&DVD等 (1)
ラーメンetc. (6)

月別アーカイブ

フリーエリア

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR