topimage

2017-08

安産祈願>『花子とアン』第93話 - 2014.07.16 Wed

結婚式を終えて
『花子とアン』も一区切り?

そして、いよいよ
『蓮子とデン』もクライマックス?

次なる見物は
『蓮子とリュウ』?

…う~ん
響きからしてツマラナソウ>こらこら

…ひじゅにですが何か?



「安産祈願をしちゃる」byデン



またもや時間が飛んで
結婚式から一年半後。

何故、好きになったのか
どれ程、好きだったのか
ヒロインの心模様を碌に描かず

不倫略奪婚にしないための工夫が
周囲に流されるばかりの
まるで思いつきの様なスピード婚で(笑)

新婚時代のラブラブぶりも
まるっと省略。

何だか哀れな吉高由里子…


大正10年の夏―


時間経過を示すのは

*表札

「花子」と表記してあって
やっとこ叶った花子の夢
ってとこか?

子供の名前候補(byお父)は全て「子」がなく
改めて「子」への拘りを語る花子の図ぅ。

「花子」を名乗るのは「想像の翼」を広げやすいから
と、以前は言っていたけど
結局のところ
花子の「夢」って、本を作ることでも英語でもなく
「花子」と呼ばれることそのもの
だったってことッスね>今更か(笑)

*花子の髪型

主婦らしくはなったけど
何だか、あんまり似合わな…>こらこら

*花子の妊娠
   
実話では長男誕生は大正9年だったらしいから
フィクションで通すのかな?

実話では村岡&先妻の子は養子に出し、その後死亡。
花子の子も幼くて死亡。
まんま描いたら因果応報等の批判が来る危険性があるから
不倫略奪婚と同じ手法でフィクションにして回避?

*台所に立つ村岡さん

リアル村岡夫婦がどうだったのかは知らないけど
ドラマでは“新しい夫婦像”を体現?
   

村岡父がまだ専業主婦を望んでいること
でも、言葉と裏腹に
しょっちゅう息子夫婦を訪ねていること
…の描写は悪くなかった。

カフェでのかよちゃんとの会話も
(まあ客との会話として見ると難ではあるが)
村岡父のツンデレぶりが示されていた。


たださ
村岡父がいるのに仕事を始めちゃう花子って…

その直前まで必死で原稿に向かっていた
というのなら分かるんだけど
ノンビリ手紙を読んでただけじゃん。

村岡父の言い分や花子の結婚後の生き方を
端的に示すためなんだろうとは思うものの
これでは何だか

折角デレを見せている義父を邪険にする
相変わらず性格の悪い花子
って印象を強めるばかりな気が…

村岡父は第二の醍醐ちゃんか!?>ぇ



「準備が必要だ」by宮本


そう、今や(今も)『花アン』は
花子の生涯を描くものではなく
蓮様を真のヒロインとするための
“準備”に過ぎない。

今が大正10年なのも
本当のところは
上記した様に花子の子供云々ではなく

「白蓮事件」が起きる年だから

に過ぎない。

リアル白蓮が失踪したのは大正10年10月20日。
ヒロインのハズなのに、
実話を曲げてでも、その日に合わせて妊娠させられるなんて

やっぱり哀れな吉高由里子…


以前も花子をダシにして宮本さんに逢っていた蓮様。
アレは今回の伏線ってわけ?

「腹心の友」を利用しまくる蓮様って、どーよ?


それにしてもpart1

デン氏はドラマ内で数少ない魅力ある人物
なのは事実なんだけど

それは中の人@吉田綱太郎さんの役作りの賜物であって
ドラマとしては計算外に見えた。
でも、何だかここに来て
意図的に彼を良い人に描こうとしているよね。

大人の事情もあるんだろうけど
変に悪人にしちゃうより遥かに良いとは思う。
思うけども

あまりにミエミエっちゅーかアザトイっちゅーか(^^;)


それに、そうするならするで
蓮様の方のやむに已まれぬ思いとか
宮本さんの魅力や宮本さんとの心の結び付きを
デン氏とタメを張る力加減で描くべきなんじゃ…?

だって今のままじゃ
蓮様のイメージは下がる一方
宮本さんのイメージは軽くなる一方
だと思うんだけど…?


それにしてもpart2

省略し放題の花子パートに比べれば
蓮様パートは細かく描いていると言えるのだろうけど

でも、やっぱり
肝心なところが省略し過ぎ。

2人が何故にそこまで惹かれ合うのか
という要の部分がないままだし(笑)

花子結婚前のクリスマスとその直後の出来事
  蓮様&宮本のすれ違い
  宮本さんからの別れの手紙
  上京を許してもらえない蓮様

…等が回収されてない。

素っ飛ばされた年月の間に
手紙のやり取りで修復されたと脳内補完しろと?

まさか、その年月がすっ飛んだ今になって
あの時のフォローをしたのが今日の蓮様の手紙
…なんてことはないよね?


片方が少し話を進めたと思うと
もう片方は停滞したまま。

片方のために時間ワープしても
もう片方は時間が動かないまま。

…これも『花アン』の売り?




☆楽天もう…何がなんだか日記もヨロシクです☆
楽天バナー

安産祈願ブレンド>ハーブティー


紅白犬まんじゅう


子宝ちんすこう>味が選べる


スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yakkunchi.blog90.fc2.com/tb.php/1528-3cc67ac4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

花子とアン 第93回

内容 英治(鈴木亮平)との結婚から1年半経ったはな改め花子(吉高由里子) 臨月を迎えるまで。。。英治の協力もあって、翻訳の仕事を続けていた。 敬称略 1年半経過したんだよね??? 今作って、ほんと不思議。 一気に時間経過したときは、状況が分からなくなる...

NHK朝ドラ【 花子とアン 】 第93回 感想

祝言から一年半。安東はな改め村岡花子(吉高由里子)は、おめでたですっかり お腹が大きくなっていた。 甲府から届いた手紙には、吉平(伊原剛志)が考えた女の子の名前ばかりが書いてあり、 英治(鈴木亮平)とはなは思わず笑ってしまうが、平祐(中原丈雄)はまずは跡継ぎとして 男の子を産んでもらうと言い出す。 一方カフェーでは、龍一(中島歩)が蓮子(仲間由紀恵)からの手紙に目を通していた。...

「花子とアン」第93回★もうおめでた

連続テレビ小説「花子とアン」 第93回(7月16日) 昨日は、花子(吉高由里子)と村岡英治(鈴木亮平)の結婚というハイライト回だったのに、「茶番劇」だなどと罵詈雑言を書いてしまったけど、今日も面白くなってはいませんでしたねぇ。 −◆− <甲府で祝言を挙げてから1年半たちました。> <あら?もうおめでたですか?> このナレーションで本日の内容の半分は語り尽くされたような・・...

歩(あゆむ)>『花子とアン』第94話 «  | BLOG TOP |  » 異議>『花子とアン』第92話

プロフィール

ひじゅに

Author:ひじゅに
ひじゅに

朝ドラを中心にドラマや映画の感想、
K-POP歌詞訳やイラスト、
猫や食べ物の話題など
何だかんだと書いています。
HNの由来は韓国のロッカー
ムン・ヒジュン(笑)
楽天ブログで何年かやってきましたが、
今後こちらと並行して行くつもりです。
「やっくん」名でHPもやってます。
どうぞヨロシク☆

★楽天ブログ
もう…何がなんだか日記
楽天バナー

★HP(ブログ各記事のINDEXも)
やっくんち
やっくんち

最新記事

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

ひよっこ (120)
相棒 (111)
べっぴんさん (152)
とと姉ちゃん (154)
あさが来た (157)
まれ (156)
マッサン (150)
ちゅらさん (8)
花子とアン (156)
ごちそうさん (151)
あまちゃん (156)
純と愛 (151)
梅ちゃん先生 (157)
カーネーション (151)
おひさま (156)
NHK朝ドラ-2 (74)
朝ドラについて考える (20)
韓国映画 (28)
香港・中国映画 (11)
日本映画 (6)
欧米映画 (9)
007シリーズ (14)
その他の映画 (1)
八重の桜 (53)
平清盛 (50)
陽だまりの樹 (11)
JIN-仁- (11)
ドラマ-1- (32)
ドラマ-3- (13)
ドラマ-4- (4)
単発ドラマ (9)
欧米ドラマ (20)
韓国ドラマ‐1‐ (2)
K-POP(主にヒジュン) (1)
MV&歌詞訳(主にヒジュン) (2)
MV&歌詞訳(その他) (19)
食べ物・飲み物 (36)
動物 (31)
イラストetc. (3)
風景、植物 (4)
日常あれこれ (54)
夢 (1)
バトン (8)
小説&マンガreview (1)
アニメ (2)
韓国ドラマ-2- (2)
ドラマ以外のTV番組&DVD等 (1)
ラーメンetc. (6)

月別アーカイブ

フリーエリア

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR