topimage

2017-08

グッバイ>『花子とアン』第66話 - 2014.06.14 Sat

週タイトル『グッバイ!はな先生』から
ラストは生徒達に涙々で見送られる花子の図ぅ―
だと思ってたけど

花子自身が「はな先生」に別れを告げる
ちゅー意味だったっぽいな

だから「グッバイ」か

だからって描き込みが足りず
感動シーンに無理クリ仕立てているけど
見ているこちらは冷めるばかり

…というのは否めない>ぉ

…ひじゅにですが何か?



「センキュー」by花子



校長を始め全教師達から否定され禁止された
英語…

いつしか生徒達が英語で挨拶する様になり
校長も嫌味を言いつつ認める様になっていた
英語…

これで
花子の「はな先生」としての最後の日に
生徒達が黒板に書いてくれたのが英語だらけだったなら
花子の教師生活も意義があったと
無理クリ考えてあげられたのに…

日本語ばかりの黒板を背に
誰もいない教室でポツリ呟く「センキュー」は
花子の最後のプライドなのでせうか?


ああ、何て虚しい甲府編のラスト!


おまけに
最初に受け持った生徒達は
アッサリ帰ったと見せかけて
花を持って引き返してくるという
オチャメな演出をしてくれたのに

最後の生徒達は、まさにアッサリ…
文字通りサッパリ…


ああ、何て空虚な教師編のラスト!


いやいや、本当はね
生徒達は先に花を贈ってくれてたし>昨日
今日は代わりに教師達が教室にやって来たし
朝市君なんぞは小学生時代の別れシーンを再現してくれたし
ちゃんと塗り重ね対比させた演出にしているんだよ!

という意図は分からいでもないが…

その意図通りのシーンになったか否かというと
後者としか答えられな…(以下略)


今更だけど

点と点を描いても結ぶ線がなければ
感動したくても感動の根拠がないんだけど…

いや、マジで今更だけどさ(笑)



それにしても
イチャイチャしている、お父&お母は
ちょいキモい>こらこら

お母なんて
おじいやんの位牌の前で
「表富士には連れてってくりょう」
なんて堂々と言っちゃってるし…

幾ら唐突に始まった富士山拘りとはいっても
おじいやんの思いを踏み躙りまくり(^^;)

やっぱ
おじいやんのことも
吉太郎君のことも
かよちゃんのことも
ももちゃんのことも
居なくなって清々した!
くらいにしか思ってなさそう(酷)


いや、批判じゃないよ
逆に物凄く「らしい」

夫命で他は重んじられない悲しい女の性ちゅーヤツ。

ああ、何て悲しい…
と言いたいけど

恋愛脳の脚本家による
恋愛脳『花アン』ワールドだから
この生き方は極めて正しい。


今のところ
花子はまだ恋愛と言えるほどのものを経験していないけど
だからこそ今後
より激しく恋愛に身を投じていくことになるのだろう。


文学は?
翻訳は?

…そんなんどーでもいい!(by中園)
ちゅーところでせう。

だから
いつの間にか花子に「夢」があることになってたり
その夢が本を作ることなんだか本を書くことなんだか
その場によってニュアンスが違ってたり
その夢を発動させるのに人の不幸が必要だったり
…なんてことも
きっと、どーでもいいのでせう。

全ては恋話だ!

ちゅーことで
出版社云々もどーでもよく
要は村岡さんとの再会ありきでせう。



朝市君はとうとう花子に告れなかったけど
良かったよ、それで。

言葉にして出さなければ思っていなかったことと同じ
と花子は言ってたけど
ももちゃんも共感してたけど

朝市君は
花子への恋心なんぞ
「なかったこと」
にした方がナンボか幸せばい!


【余談】↓


昔々『純情きらり』という朝ドラがありまして

何だかだんだん話が低下していって
感想も批判中心になっていきまして
“ひじゅに劇場”もこの時から始まったのだけど

あの時も
ヒロイン祖父はたった一人で死んでいったんだよなあ…


ふと思い出してしまった(^^;)

でも、少なくとも
あちらの方がまだ祖父のキャラはちゃんと描かれていたなあ…

あ、それと

あれにも室井滋さんが出演されていた

最初の内は
脚本や演出がイマイチでも
演技力&存在感のある役者はそれなりの働きをするものだ
と感心したのだけど

やはり出番が多くなると
それだけでは覆えなくなってくるんだなあ…

と、後になって思い直したものだった

後の室井さん出演朝ドラ『ウェルかめ』で
その思いを再び強くしたのだけど

今回
三度ということにな…(以下略


あ~あ、言っちゃったよ(^^;)


でもさ

演技力&存在感により
元々トホホな部分がさらに強調され
悪い方向に確立してしまうキャラもいるもので
(ひじゅにの偏見による例:『どんど晴れ』の大女将@草笛光子)

室井さんはそこまで行かなかったのでマシと言えるかも?
少なくとも被害者の域に留まっていられるし。

ただ、役者としてはどちらが優れていることになるのかは
分からんが。




☆楽天もう…何がなんだか日記もヨロシクです☆
楽天バナー

50過ぎたら、ものは引き算、心は足し算


純米酒・夫婦水入らず


センキューから始める英語


スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yakkunchi.blog90.fc2.com/tb.php/1499-ff0ef74d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

NHK朝ドラ【 花子とアン 】 第66回 感想

初雪の降る日、周造(石橋蓮司)は静かに息を引き取った。 数日後、吉平(伊原剛志)は位はいの前で「行商をやめて百姓になる」と宣言し、 ふじ(室井滋)を喜ばせるのだった。 小学校に戻ったはな(吉高由里子)は、周造に言われた「見つけた夢を夢中で追いかけろ」 という言葉を思い返していた。 東京の出版社で働くことを諦めきれないはなは、朝市(窪田正孝)に相談しようと、教会の 図書室に呼び...

「花子とアン」第66回★はな(吉高由里子)が故郷に別れを…

連続テレビ小説「花子とアン」 第66回(6月14日) 吉平(伊原剛志)が仏前で「おじぃやん。俺行商をやめて百姓をやる事にしたです。これっからはふじと力を合わしてこぴっと精進します。」 これではな(吉高由里子)の「東京行き」に向けてのお膳立てが 分かりやすく整いました。 父が倒れたり母が失踪したり地震が来たりで、どうしても東京に行けなかったユイ(橋本愛)ちゃんとは大違い。(...

花子とアン 第66回

内容 祖父・周造が亡くなり、吉平(伊原剛志)は行商を辞め、 ふじ(室井滋)と暮らすことを決意する。 そんななか、はな(吉高由里子)が。。。 敬称略 故郷に戻ってきたのは、 大好きなオジイのためでも無ければ 教師という職のためでも無く 朝市のためでも無い...

ウィスキー>『花子とアン』第67話 «  | BLOG TOP |  » お父とサダ>『花子とアン』第65話

プロフィール

ひじゅに

Author:ひじゅに
ひじゅに

朝ドラを中心にドラマや映画の感想、
K-POP歌詞訳やイラスト、
猫や食べ物の話題など
何だかんだと書いています。
HNの由来は韓国のロッカー
ムン・ヒジュン(笑)
楽天ブログで何年かやってきましたが、
今後こちらと並行して行くつもりです。
「やっくん」名でHPもやってます。
どうぞヨロシク☆

★楽天ブログ
もう…何がなんだか日記
楽天バナー

★HP(ブログ各記事のINDEXも)
やっくんち
やっくんち

最新記事

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

ひよっこ (118)
相棒 (111)
べっぴんさん (152)
とと姉ちゃん (154)
あさが来た (157)
まれ (156)
マッサン (150)
ちゅらさん (8)
花子とアン (156)
ごちそうさん (151)
あまちゃん (156)
純と愛 (151)
梅ちゃん先生 (157)
カーネーション (151)
おひさま (156)
NHK朝ドラ-2 (74)
朝ドラについて考える (20)
韓国映画 (28)
香港・中国映画 (11)
日本映画 (6)
欧米映画 (9)
007シリーズ (14)
その他の映画 (1)
八重の桜 (53)
平清盛 (50)
陽だまりの樹 (11)
JIN-仁- (11)
ドラマ-1- (32)
ドラマ-3- (13)
ドラマ-4- (4)
単発ドラマ (9)
欧米ドラマ (20)
韓国ドラマ‐1‐ (2)
K-POP(主にヒジュン) (1)
MV&歌詞訳(主にヒジュン) (2)
MV&歌詞訳(その他) (19)
食べ物・飲み物 (35)
動物 (31)
イラストetc. (3)
風景、植物 (4)
日常あれこれ (54)
夢 (1)
バトン (8)
小説&マンガreview (1)
アニメ (2)
韓国ドラマ-2- (2)
ドラマ以外のTV番組&DVD等 (1)
ラーメンetc. (6)

月別アーカイブ

フリーエリア

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR