topimage

2017-08

お父とサダ>『花子とアン』第65話 - 2014.06.13 Fri

いや、ちょっと
ブラック『花アン』になってしまったので
緩~い気持ちで読んでね

え?
そんなでもない?

…ひじゅにですが何か?



「ヨメじゃなくてユメ?」by緑川



サダ:どうだった?

お父:おお、全て上手く行っただ

サ:これでアンタも自由になるね
 また新潟で一緒に暮らそう

父:そうはいかねえ
 まずは、花を東京にやんねえとな

サ:大事な金蔓だもんね

父:おうよ
 そのために今迄必死に投資してきたんだかんな

サ:あら、給費生ってことで
 お金は一切かからなかったんじゃないの?

父:学費はかからなかったけんど
 途中で嫌になって逃げ出さないよう
 おらがしょっちゅう通って励ましてただ
 あの旅費はバカになんねえ

サ:どうせ家には一銭も入れてなかったんだろ?

父:この当時の東京⇔山梨は大変な額だったんだ
 その役目がなくなったんで、お前に櫛を買ってやれただよ

サ:奥さんには黒、私には白の櫛だなんてね
 これも表富士と裏富士ってわけかい?

父:ああ、お前がオラの表富士だよ

サ:相変わらず口が上手いねえ
 私に悪役やらせといて自分は良い夫ヅラなんだから

父:お前の演技はてえしたもんだったぜ
 おかげで長年、目の上のタンコブだったオヤジが
 上手い具合にあの世に行ってくれただよ

サ:でもさ、よく私の嘘に騙されてくれたよね
 アンタの家族

父:単純な奴らだかんな

サ:アンタの奥さんがアンタにベタ惚れだなんて
 疑わしくなるくらいの信じっぷりだったわよ
 おまけにアンタの言い分なんて聞こうともしないし

父:家族の絆なんて、そんなもんよ
 朝ドラが一生懸命訴えたって現実は薄っぺらいもんだ

サ:まるで『花アン』の様だわねえ

父:おかげで策を練らなくても思い通りに事が運べるだ

サ:アンタって本当に悪だよね
 長男には冷たくして出て行くよう仕向けるし
 家に居つかないことで次女を追い込んで奉公に出すし
 どこの馬の骨とも分かんない男に三女を嫁がせるし
 今度は私を使って舅に発作を起こさせるんだから…

父:もう年だし心臓が弱ってきてたのは分かってたかんな

サ:上手い具合に富士山に拘り出したり、娘さんの本は入手してたり
 あっちも殺される気満々だったのかねえ…

父:あれはオラが吹き込んどいたんだ
 舅VS婿の確執は一応設定してあったけんど詳細はなかっただろ?
 だからここで急遽そーいう要素を寝てる時に拭き込んどいただよ
 本もオラがこっそり置いといただ

サ:用意周到だね

父:ついでに言うとな
 天気予報で雪になって冷え込むと聞いたんで
 一人になった時に障子を開けて外気に当るよう
 暗示をかけといただよ

サ:そそそそこまでとは…
 やっぱ、私はまだまだだねえ

父:確かに花に「真相」を告白する時は
 か~な~りワザトラシかっただな(笑)

サ:あれが私の演技力よ
 最初の時は演技じゃなくて本当のことを言ったまでさ
 社会主義がどーの警察がどーのなんて嘘っぱち
 アンタはずっと私と一緒だったんだもの
 でも、最後のは事実と真逆の内容だろ
 どうしても気持ちが込められなくてさ

父:だけんど、あの軽さはなかなか良かっただ

サ:重く言ってどうするのさ
 娘さんが噂通り賢い人なら
 お祖父さんが倒れた責任を問われたかもしれないよ

父:花はそーいうところは疎いんだ
 つーか、人の言葉は言葉通りにしか理解しねえ

サ:だからアンタ、酔っぱらってて覚えてないって
 繰り返し強調してたってわけ?

父:オラが弁明したら、まんま信じて騒動が終わっちまうからな
 まさか、聞こうともしねえとは思わんかっただ

 
サ:だったら直接、奥さんのところに言って話せば良かったんじゃ?

父:花の顔も立てねえとな
 今回のエピでは碌に活躍してねえし

サ:いつもじゃん

父:ともかくも、これで花も東京に行く気になったずら

サ:本来なら逆に家族のために生きようと思いそうなもんだけどね

父:そのヒネクレ具合が『花アン』だ
 それに、オラとふじが残ったことで
 夫婦水入らずにしてやろうっちゅー考えも湧くハズだしな

サ:恋愛脳の『花アン』だもんね
 まあそれで、娘さんが東京で稼いでくれれば安泰だね

父:お前とオラとで左団扇で暮らすだ

サ:残る邪魔者は奥さん唯一人…

父:コピッと頑張るだよ




☆楽天もう…何がなんだか日記もヨロシクです☆
楽天バナー

ふじちゃんミックスクッキー


富士山・夫婦茶椀


富士山ポーチ


スポンサーサイト

● COMMENT ●

合点がいったw

新潟から山梨に旅費と時間を使って、知人夫婦宅まで出向き、夫婦を困らせようと嘘をつきにくる。
しかも、わざわざその娘の職場を調べて訪問し、実は嘘でしたと報告して立ち去る。

なんてこと、普通やりませんよね。。。
これだけ交通機関が発達した現代でも、やりません。

なるほど、お父とサダの間に、この様な算段があったんですね!
それなら納得、、、、、できるかーい!w

らっぱさん☆

ありがとうございます。
まあ~ったく何の意味もない、不自然なエピでしたよね。
実話通りに描いた方がずっと面白そうなのに、なぜワザワザ劣化させるのか分かりません。
それとも作者は、こちらの方が面白いと思っているんでせうか?
真の悪人がいない(極めて少ない)のも朝ドラの良いところではありますが
敢えてブラックにした方が辻褄が合う気がするのって一体…


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yakkunchi.blog90.fc2.com/tb.php/1498-47e57143
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

花子とアン 第65回

内容 周造(石橋蓮司)に、 はな(吉高由里子)の“たんぽぽの目”を読み聞かせる吉平(伊原剛志) そこに、ふじ(室井滋)が帰ってくる。話をしようとする吉平。 しかし。。。 そのころ、はなの学校に、サダ(霧島れいか)が訪ねていた。 サダは、真相について。。。 敬...

NHK朝ドラ【 花子とアン 】 第65回 感想

病床の周造(石橋蓮司)に頼まれて『たんぽぽの目』を読み聞かせしていた吉平 (伊原剛志)は、畑から帰ってきたふじ(室井滋)に話し合おうと声をかける。 しかしふじは取り合わず、吉平は仕方なく安東家を後にする。その頃小学校で、 生徒たちから「おじぃやんにお見舞い」と草花をもらうはな(吉高由里子)。 そこへ突然、騒動の原因となったサダ(霧島れいか)が訪ねてくる。 放課後の教室で、サダは...

【花子とアン】第65回「周造の死」&第10週・...

おじいやん(石橋蓮司)、死んでしまいました(汗)文字を読み書きできないのに、辞世の句を最期に詠んで、さすがです♪ 「まだまだと おもひすごしおるうちにはやしのみちへ ...

「花子とアン」第65回★周造(石橋蓮司)さんご逝去

連続テレビ小説「花子とアン」 第65回(6月13日) 帰宅してきたはなが「あのねおかあ 今日学校にサダさんが来て…。」 驚くふじ(室井滋)。 はな「おらもびっくりしたけんど 謝りに来ただ。もともとおとうとは何にもなかったって。」 はなとサダとの回想シーンになります。 サダ「実はねこの間の話全部嘘なのよ。だって幸せそうなんだもん。あんたのお母さん、旦那のこと信じきってる...

グッバイ>『花子とアン』第66話 «  | BLOG TOP |  » 読み聞かせ>『花子とアン』第64話

プロフィール

ひじゅに

Author:ひじゅに
ひじゅに

朝ドラを中心にドラマや映画の感想、
K-POP歌詞訳やイラスト、
猫や食べ物の話題など
何だかんだと書いています。
HNの由来は韓国のロッカー
ムン・ヒジュン(笑)
楽天ブログで何年かやってきましたが、
今後こちらと並行して行くつもりです。
「やっくん」名でHPもやってます。
どうぞヨロシク☆

★楽天ブログ
もう…何がなんだか日記
楽天バナー

★HP(ブログ各記事のINDEXも)
やっくんち
やっくんち

最新記事

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

ひよっこ (118)
相棒 (111)
べっぴんさん (152)
とと姉ちゃん (154)
あさが来た (157)
まれ (156)
マッサン (150)
ちゅらさん (8)
花子とアン (156)
ごちそうさん (151)
あまちゃん (156)
純と愛 (151)
梅ちゃん先生 (157)
カーネーション (151)
おひさま (156)
NHK朝ドラ-2 (74)
朝ドラについて考える (20)
韓国映画 (28)
香港・中国映画 (11)
日本映画 (6)
欧米映画 (9)
007シリーズ (14)
その他の映画 (1)
八重の桜 (53)
平清盛 (50)
陽だまりの樹 (11)
JIN-仁- (11)
ドラマ-1- (32)
ドラマ-3- (13)
ドラマ-4- (4)
単発ドラマ (9)
欧米ドラマ (20)
韓国ドラマ‐1‐ (2)
K-POP(主にヒジュン) (1)
MV&歌詞訳(主にヒジュン) (2)
MV&歌詞訳(その他) (19)
食べ物・飲み物 (35)
動物 (31)
イラストetc. (3)
風景、植物 (4)
日常あれこれ (54)
夢 (1)
バトン (8)
小説&マンガreview (1)
アニメ (2)
韓国ドラマ-2- (2)
ドラマ以外のTV番組&DVD等 (1)
ラーメンetc. (6)

月別アーカイブ

フリーエリア

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR