topimage

2017-08

読み聞かせ>『花子とアン』第64話 - 2014.06.12 Thu

花子の本を読む、お父の図ぅ―

薄めの本なのに
半分にも達しない内に物語終了

他作品も載っていたのなら
そっちも読みそうなものだし
他作品も書いたという描写は
全くなかったし

ももももしかして
広告が2/3くらい占めていたりして?

さすが梶原さん(笑)

…ひじゅにですが何か?



「子供達のこと頼んだぞ」byおじいやん



子供達ゆーても…

吉太郎君は自分の道を行ったし
それでも仕送りしてくれているし―

かよちゃんも東京で一人頑張っているし
やはり仕送りはしてくれているし―

ももちゃんは追いやられたからとはいえ>ぉ
自分で決意して結婚を選んだし―

み~んな自立している上に実家を思いやってくれてるじゃん。

しかも、この言葉を出す前
おじいやんが話題に出したのは花子のことのみ。

つまり、子供“達”じゃなくて
子供=花子が心配なだけだろ?

と、ついつい思ってしまう(^^;)


花子だって
実家に住んでいるのも母校で教師しているのも
一応は自分で決めた生き方をしている“大人”なハズなんだけど

兄妹達の心境とか経緯とかは、まるっと無視して
文字通り家を出て歩み出している、ってとこだけ見て
まるで彼らの方が恵まれているかの様な解釈をして

花子だけが犠牲になっている!
解放してやれ!
「夢」に向かって飛び立たせてやれ!

ってな感じで
東京行きの背中を押してメデタシメデタシ

…なんて締めくくりだったら、どうしよう?(笑)


ささささすがに、そこまではない?
どちらにしても、東京行きありきなわけだけどさ。


花子自身の心模様とか
花子自身の努力とか
花子自身の行動とか
そうしたものも、まるっと無視して
あくまでも周囲が勝手に変わってくれて
花子は受け身のまま…

…という“体”を貫く気満々の『花アン』!


おじいやん&お父のシーンは悪いとは言わない。
寧ろ、そこだけ切り取れば良いシーンかも?

「かも?」ちゅーのは
連続して観ている連続ドラマだから
切り離して考えるのは難しいもんで>頭悪くてスマソ

おじいやん&お父の間に確執があるということは
確かに最初に提示されていたことで
おじいやんのイキナリの富士山拘りよりは
ちゃんと仕込んであったわけだけどさ

…こんな形で解決?


吉太郎君のお父への確執も
見送る姿を見せただけで解決しちゃったみたいだし
「らしい」ちゃ「らしい」展開だけどね。

それでも吉太郎君の場合は
自分の望む道=「夢」
であり
家族の仕送りするため=父親への対抗&長男の責任感
でもあって
それを機会として用いたのは悪くはなかったと思う。

ただ、物凄~く薄くて浅いエピだったけど(^^;)


でも、こちらは
お父の浮気騒動というトホホな「起」
言い分を聞くことを必死で避けるという不自然な「承」
おじいやんが倒れるというアンマリな「転」

それで「結」に、あーいうシーンを持ってこられてもなあ…



何かさ

このドラマって

所々に申し訳程度に入る実話と
適用が完全に間違っている『アン』ネタと
ちょっと齧ってみました程度の他作品パクリを除くと

不幸話と色恋沙汰

のみで話を動かそうとしているだけ
って感じ。

女学校時代が退学騒動ばかりで彩られたのも含めて、ね。

まあ、実話部分にしても
「本当に描きたい」としているものは
まさにこの2つ(特に色恋沙汰)なわけだしな。

つまり、リアル村岡花子さんが言う
「洗練された平凡」とは真逆。

だから、花子パートは恐ろしくツマラナイのか?
これで、不倫略奪婚の件になったら途端に生き生きしてくるのか?



それと
お父に家に帰るよう促す徳丸さんの図ぅ―で
またまた好感度アップさせてたけど

何故そこまでして
カンニング竹山を持ち上げるんだろう?(笑)

『蓮子とデン』のデン氏に対抗?
いや、さすがにそこまでは行かないから>ぉ

でもまあ、彼の勧めにより
お父は今回だけでなく、今後もずっと
行商を辞めて家に居る様にするんだろうな。

自分の人生における重要な決意を
周囲に御膳立てされて、やっと実行
…という受け身なところが花子に似ている>親子の証?



☆楽天もう…何がなんだか日記もヨロシクです☆
楽天バナー

おでかけ診察セット


読み聞かせロボット


画像ないけど7/17発売予定ですぜ
【楽天ブックスならいつでも送料無料】村岡花子童話集 たんぽぽの目(仮) [ 村岡花子 ]

スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yakkunchi.blog90.fc2.com/tb.php/1496-cb1cf7df
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「花子とアン」第64回★周造(石橋蓮司)に『たんぽぽの目』を読み聞かせ

連続テレビ小説「花子とアン」 第64回(6月12日) 今日は簡略に・・・。 −◆− 行商の品物を徳丸(カンニング竹山)のとこに取りに行った吉平(伊原剛志)。 徳丸が吉平に「おまん商売してる場合け!周造さん倒れて大変だったらしいじゃん。まさかまだうちに帰っちゃいんだけ!?」 吉平「ふじが許しちゃくれんだ…。」 徳丸「おまんはバカけ?金貸してるわしが『行商なんやめてうち...

花子とアン 第64回

内容 心労がたたり、祖父・周造(石橋蓮司)が倒れた。 急ぎ、学校から家に帰るはな(吉高由里子) 敬称略 あの状態で“一命は取り留めた”なのかな?? “取り留めた”ということは、“何かをした”ということで。 でも、どう見ても、そんな風に見えないのだが。。。。 ...

NHK朝ドラ【 花子とアン 】 第64回 感想

周造(石橋蓮司)が倒れたとの知らせを受け、急いで駆けつけたはな(吉高由里子)。 周造は一命を取り留めたものの、医者に「次に発作が起きたら覚悟するように」と 言われ、ふじ(室井滋)は自分を責める。 吉平(伊原剛志)は何か手伝えることがあればとふじに声をかけるが、リン(松本明子)に すげなく追い返されてしまう。 はなが納屋に周造のかいまきを取りに行くと、枕元にはなの書いた『たんぽぽ...

お父とサダ>『花子とアン』第65話 «  | BLOG TOP |  » 大噴火>『花子とアン』第63話

プロフィール

ひじゅに

Author:ひじゅに
ひじゅに

朝ドラを中心にドラマや映画の感想、
K-POP歌詞訳やイラスト、
猫や食べ物の話題など
何だかんだと書いています。
HNの由来は韓国のロッカー
ムン・ヒジュン(笑)
楽天ブログで何年かやってきましたが、
今後こちらと並行して行くつもりです。
「やっくん」名でHPもやってます。
どうぞヨロシク☆

★楽天ブログ
もう…何がなんだか日記
楽天バナー

★HP(ブログ各記事のINDEXも)
やっくんち
やっくんち

最新記事

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

ひよっこ (122)
相棒 (111)
べっぴんさん (152)
とと姉ちゃん (154)
あさが来た (157)
まれ (156)
マッサン (150)
ちゅらさん (8)
花子とアン (156)
ごちそうさん (151)
あまちゃん (156)
純と愛 (151)
梅ちゃん先生 (157)
カーネーション (151)
おひさま (156)
NHK朝ドラ-2 (74)
朝ドラについて考える (20)
韓国映画 (28)
香港・中国映画 (11)
日本映画 (6)
欧米映画 (9)
007シリーズ (14)
その他の映画 (1)
八重の桜 (53)
平清盛 (50)
陽だまりの樹 (11)
JIN-仁- (11)
ドラマ-1- (32)
ドラマ-3- (13)
ドラマ-4- (4)
単発ドラマ (9)
欧米ドラマ (20)
韓国ドラマ‐1‐ (2)
K-POP(主にヒジュン) (1)
MV&歌詞訳(主にヒジュン) (2)
MV&歌詞訳(その他) (19)
食べ物・飲み物 (36)
動物 (31)
イラストetc. (3)
風景、植物 (4)
日常あれこれ (54)
夢 (1)
バトン (8)
小説&マンガreview (1)
アニメ (2)
韓国ドラマ-2- (2)
ドラマ以外のTV番組&DVD等 (1)
ラーメンetc. (6)

月別アーカイブ

フリーエリア

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR