topimage

2017-10

いねむり>『花子とアン』第57話 - 2014.06.04 Wed

ななな何と
今日は花子は台詞なし!

しかもワザトラシイ寝返り付きの
いねむり!?

…ひじゅにですが何か?



「人形に過ぎないんです」by蓮子



↑花子の方がよっぽど「人形」に見えるんですけど…



蓮様ったら

妻らしいこと何もしていないから
人形の様に大人しくしとれ!
という意味で言われたのに

花子への手紙には
「床の間に飾る人形」と
自慢の美貌を強調?


押しかけて来た工夫達を
これまた自慢の気品や知性で追い返すのかと思ったら
全く効果がなかった哀れの蓮様。

   ↑少しばかり予想の上を行く、まさかの『花アン』(笑)
   つーか
   ここは仲間由紀恵さんの『ごくせん』等の経歴を生かした
   一種のミスリード?>そんな大袈裟な意図はなし?


例の新聞記者も
男らしく庇ってくれたけど
やはり効果なし。

   
   ↑これで“愛人”候補から外れた?

そこへ颯爽と現れた我らが嘉納氏は
一瞬にして工夫達を黙らせて
蓮様以上の威厳やカリスマ性の持ち主であることを証明。

ここで蓮様が嘉納氏を見直すか
少なくとも圧倒されて見る目が変わるのかと思ったら
「お金」が』出てきて再び嫌悪の表情に。

   ↑ここも少し…と一瞬思ったけど>好意的
   結局いつものパターンじゃん。



嘉納氏を下品と見下し、自分は上品と思い込んでいる蓮様なのに
何とアカラサマな立ち聞き(笑)

あれじゃバレバレ!
嘉納氏は気付かないふりしてただけかも?

でも、そんな脇の甘いところがカワイイ
嘉納氏なら思うかもな。


お金に過敏に反応する蓮様は

本当は
自分はお金で買われた様なもの…
兄にお金で売られた様なもの…
という惨めな気持ちが根底にあるからだろうと思うんだけど―

ドラマ的には
芸術と対極にあるものとしての「お金」
ってことで
一種の象徴なんだろうと思うんだけど―

実際に受ける印象としては
直接自分で買い物した経験もないだろうし>多分
自分で稼いだこともないし>これから歌で稼ぐだろうけど
その歌を本にしてくれたのは嘉納氏のお金だし

何か世間知らずの子供が盲目的に
物質的なもの世俗的なもの=汚らわしいもの
と決めつけてるだけ…って感じ。

つまり中二病ってことっすね(^^;)


嘉納氏の方は
男気を見せたかと思うと
ちゃんと蓮様の所にフォローに来るし
倒れることで弱さも垣間見せるし

もはや吉田綱太郎さん一人に頼ってのことではなく
マジで嘉納氏=魅力ある人物に描きたいのか?

嘉納氏>蓮様
な描き方は意外や意外、脚本の意図通り?


だからって蓮様を中二病なんかにせず
2人とも対等の、それなりの人物同士として
ボタンの掛け違いみたいな心のすれ違いの
皮肉、悲しさ、やるせなさみたいなのを描けば良いのに。

…描いてるつもりだったりして(^^;)

   ちなみにムン・ヒジュンのソロ第1集に
   ボーナストラックとして入っている
   パロディ演歌ロックみたいな曲のタイトルは
   『ボタン穴人生』というんですぜっ>関係ないですぜっ



「お湯も沸かせない」と言われた蓮様が
髪振り乱して嘉納氏の看護。

タイミング良く目を覚ました嘉納氏に
タイミング良く熱々のお粥を用意。

このまま2人が良い夫婦になるという結末なら
ちょっと感動できるシーンかもしれないのだけど
そうではないことが分かっているので
蓮様が単にプライドのためにしている様に見え…>言い過ぎ?

まあ、それでも
少しは仲良くできた期間もあったのだろうからな。


それにしても、あの無駄に色っぽい女中頭は>ぇ
実話では妾の一人だったわけだから態度が大きいのも分かるけど
ドラマではまだそう匂わせてないから、ちょっと不自然。

これから真相が明かされて
せっかく解れかけた蓮様の心がまたもや頑なに…
となるのかな?

それとも
既に十分匂わせてますけど何か!?
ってことかな?

実話がそうなんだから
ドラマでも描写一切なくてもそーいうことなの!
ってことなのかな?


いずれにしても
こんな風に少しばかり頭を使えるだけ
蓮様パートはマシだと言える


『花子とアン』ではなく『花子と蓮子』にしろ!
という世間の声もむべなるかな…って感じで
今日はほんとんど蓮様パート。

その方が『アン』ファンはホッとするしな(笑)

『蓮子とデン』にしろ!
ちゅー声も聞くくらいだし
いっそ開き直って花子さっさと退場!でも良いかも?

実際、退場した方が吉高由里子さんの傷も浅くて済むかも(^^;)

そのくらい
時間が短いだけでなく
中身もどーでも良い花子パート。


「忘れかけ」る前に
え?そんなもの持ってたの?
と全国お茶の間が一斉に首を傾げた「情熱」が
「蘇って」きたとはとても思えない爆睡花子。

こーいう時
「想像の翼」は広げないんだ?

こーいう時は都合良く
1人で教会図書室に行く朝市君。

こーいう時に限って
花子を呼びに行く、ももちゃん。

もう、何でもかんでも恋話に持ち込むだけ…

しかも
少女マンガで見飽きたシチュエーション。

それでいて
ウットリどころかキモいばかりの朝市君―

眠ってないだろ?と疑いたくなるほどの
大袈裟な寝返りをうつ花子―

ももちゃんの演技はカワイイけど
それを無駄にするかの様な説明ナレの美輪様ー

かつて
こんなに疲れる朝ドラがあったでせうか?(酷

あ、だから花子パートは短いのね。
実は良心的な『花アン』?



☆楽天もう…何がなんだか日記もヨロシクです☆
楽天バナー

いねむりトトロ>手を握るとイビキが


いねむり猫>箸


いねむり感知器


スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yakkunchi.blog90.fc2.com/tb.php/1488-a8f88a7f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

連続テレビ小説 花子とアン(57)「乙女よ、大志を抱け!」

ガス爆発事故のことをまったく知らされなかった蓮子。 怒鳴り込んできた炭鉱夫にきぜんと振舞うところは蓮子らしさが 出ていてよかったと思う。女中頭のタミとのビンタのたたき合いも蓮子らしさが 出ていた。伝助が倒れて蓮子が看病をした。少し夫婦らしさが出ていたと感じた。 一方甲府では、ももちゃんが朝市君が好きなのは自分ではないと感じていた。 これでももちゃんは北海道に行くことになるだろう。 ...

連続テレビ小説 花子とアン(57)「乙女よ、大志を抱け!」

ガス爆発事故のことをまったく知らされなかった蓮子。怒鳴り込んできた炭鉱夫にきぜんと振舞うところは蓮子らしさが出ていてよかったと思う。女中頭のタミとのビンタのたたき合いも蓮子らしさが出ていた。伝助が倒れて蓮子が看病をした。少し夫婦らしさが出ていたと感じた...

花子とアン 第57回

内容 伝助(吉田鋼太郎)の屋敷に男たちが押しかけてくる。 困惑しながらも話を聞く蓮子(仲間由紀恵) 炭鉱で事故が起きたらしい。。。。 敬称略 分かっていたこととは言え。。。。なんかね。。。。(失笑) 面白くないとは言いませんが。 もういい加減、興味がな...

【花子とアン】第55~57回感想と第9週関東・高視聴率

今回は全体の3分の2(約9分)が蓮子の話。はなはセリフ1つもありませんでした(汗

【花子とアン】第55~57回感想と第9週関東・...

今回は全体の3分の2(約9分)が蓮子の話。はなはセリフ1つもありませんでした(汗)でも、蓮子とタミ(筒井真理子)の殴り合いの対立、迫力ありました♪あれ、かなり本気で殴っていまし...

NHK朝ドラ【 花子とアン 】 第57回 感想

福岡の炭鉱でガス爆発が起こった事を全く知らされていなかった蓮子(仲間由紀恵)の元へ、 炭鉱夫たちが怒鳴りこんで来た。 ひるみながらもき然とした態度で対応する蓮子に、怒りの収まらない炭鉱夫たちがつかみ かかろうとした時、伝助(吉田鋼太郎)が帰宅する。 座敷で話し合うことになるが、蓮子は伝助に「女は邪魔だ」と言われ、入れてもらえない。 蓮子が様子をうかがっていると、女中頭のタミ(筒...

「花子とアン」第57回★蓮子(仲間由紀恵)がタミとビンタの応酬

連続テレビ小説「花子とアン」 第57回(6月4日) 福岡の炭鉱でガス爆発が起こった事を全く知らされていなかった蓮子(仲間由紀恵)の元へ、炭鉱夫3人が怒鳴りこんで来ました。 ああだこうだの応酬があって、「お前だちが、仲間ば殺したも同然やろうが!」と炭鉱夫たちがつかみかかろうとした時、嘉納伝助(吉田鋼太郎)が帰宅してきて「やめんか! わしの留守中に、土足で上がり込むとは何たる無礼か...

伝える>『花子とアン』第58話 «  | BLOG TOP |  » 合コン>『花子とアン』第56話

プロフィール

ひじゅに

Author:ひじゅに
ひじゅに

朝ドラを中心にドラマや映画の感想、
K-POP歌詞訳やイラスト、
猫や食べ物の話題など
何だかんだと書いています。
HNの由来は韓国のロッカー
ムン・ヒジュン(笑)
楽天ブログで何年かやってきましたが、
今後こちらと並行して行くつもりです。
「やっくん」名でHPもやってます。
どうぞヨロシク☆

★楽天ブログ
もう…何がなんだか日記
楽天バナー

★HP(ブログ各記事のINDEXも)
やっくんち
やっくんち

最新記事

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

わろてんか (13)
ひよっこ (157)
相棒 (111)
べっぴんさん (152)
とと姉ちゃん (154)
あさが来た (157)
まれ (156)
マッサン (150)
ちゅらさん (8)
花子とアン (156)
ごちそうさん (151)
あまちゃん (156)
純と愛 (151)
梅ちゃん先生 (157)
カーネーション (151)
おひさま (156)
NHK朝ドラ-2 (74)
朝ドラについて考える (20)
韓国映画 (28)
香港・中国映画 (11)
日本映画 (6)
欧米映画 (9)
007シリーズ (14)
その他の映画 (1)
八重の桜 (53)
平清盛 (50)
陽だまりの樹 (11)
JIN-仁- (11)
ドラマ-1- (32)
ドラマ-3- (13)
ドラマ-4- (4)
単発ドラマ (9)
欧米ドラマ (20)
韓国ドラマ‐1‐ (2)
K-POP(主にヒジュン) (1)
MV&歌詞訳(主にヒジュン) (2)
MV&歌詞訳(その他) (19)
食べ物・飲み物 (41)
動物 (31)
イラストetc. (3)
風景、植物 (4)
日常あれこれ (54)
夢 (1)
バトン (8)
小説&マンガreview (1)
アニメ (2)
韓国ドラマ-2- (2)
ドラマ以外のTV番組&DVD等 (1)
ラーメンetc. (6)

月別アーカイブ

フリーエリア

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR