topimage

2017-10

真相>『花子とアン』第48話 - 2014.05.24 Sat

今日はもしかしたら>今日も?
えらく辛口になっていると思いますんで>いつも?

閲覧注意!
かも?

…ひじゅにですが何か?



「甲府のしがない代用教員よ」by花子



*まずは良かったところ―

肝心の「花子」の意味について
花子自身が明確に答えられないでいるのに>ぉ

村岡さんが「花子」と「はな」を
明確に指し示してくれた。

初めて「花子」と呼んでくれた初恋の相手@北澤さんに
対抗するには、こうでないと…って感じ?


それから

醍醐ちゃん登場。
かよちゃん登場。

醍醐ちゃんは洋装がカワユス>髪型は変えてほ…(略
かよちゃんはピンクの着物がカワユス>借り物だと説明付き(悲



*ふと思い浮かんだこと―

そーいや花子自身の着物の出所って説明台詞さえなかったよね。

給費生とはいえ日用品は自前だよね?
実際、醍醐ちゃんにリボンを貰ってたりしたよね?
つまり
家族のために仕送りしながら勉強すると校長に誓いながら
バイトを探す気配さえなかった花子は
結局、実家からの仕送りに頼りきりだった…ってことだよね?

今更、何を拘るのか、って?

だって
かよちゃんの着物は借り物
=かよちゃんは上等の着物を持っていない
=自分の給料は必要最低限残して後は実家に仕送り
=実家もかよちゃんのことは全く気にかけていない
ってことになっちゃうじゃん?

   東京で一人で苦労してきたハズの花子でさえ…
   ってことじゃん?

   まあ、実際
   かよちゃんが修和に逃げ込んで来た時も
   着物の一枚も貸してやらなかった花子だからな(^^;)


でも多分、脚本家的には

かよちゃんの着物は借り物
=貸してくれる雇い主がいる良い職場
=かよちゃんの境遇もちゃんとフォローしているナイスな脚本
なんだろうな。



*美輪様が引っ張っていた「真相」が判明―

犯人は醍醐ちゃんだった!
…って

何だよそれ?

まあ「真相」そのものは想定の範囲内だったけどさ
醍醐ちゃんがまた都合良く使い回されてて
ナンダカナ…感がハンパないぜ。

だいたい理屈に合ってないよね。

出版社に勤めているんだから
ペンネームについては理解しているハズだろ?

それを勝手に本名に直すなんて
有り得ないだろ?

皆に分かるように…って言ったって
「花子と呼んでくりょう」を
修和にいた間中ずっと騒いでいたんだから
「花子」の方が「はな」より有名だったかもよ?

   まあ、それでも皆
   頑として「花子」とは呼ばなかったからな。
   蓮様でさえ「はなちゃん」だもんな。
   もしかして
   「絶対に花子とは呼ばない」同盟でもできてたりして?

   だから蓮様は
   「ペンネームにしたら?」と誤魔化したんだったりして?


久々に登場したというのに
そんなトンデモナイ役割を振られた醍醐ちゃん。

可哀想

もう…ひたすら可哀想

ま、
彼女がこんななのは、いつものことだけどな(^^;)



*つい考えちゃったこと―

トホホな扱いが続く醍醐ちゃんだけど
高梨臨さんには美味しいかな。

実際、こーして同情票入ってるし(笑)

黒木華さんも
短い出番でも生き生きとしてて目立つし

今日初登場(&退場?)の宇田川さん(だっけ?)も
変な意味で目立っていたし>ももももしやモデルは林真理子?

ますます存在感が薄くなるヒロインが
一番可哀想なのかもな(涙)



*ラブコメ展開―

結局のところ

名前の「真相」も
葡萄酒も
小説家云々、「夢」云々も

全てが村岡さんとのトホホな触れ合いへと繋がる。

ラブコメ要素が必ず入るのも朝ドラ“お約束”
ベタなのも朝ドラ“お約束”

とは思ってるんだけどさ

実際ここ何作も
そうした要素が盛り込まれてきたんだけどさ

今作のコレって


酷過ぎね?


言っちゃった(笑)



*その他諸々―

作品そのものや、そこから伺える資質ではなく
本人が変わっているかどうか…
で小説家向きか否かを判断する梶原さんも変わってる。

それとも
作品から才能無しと判断したけれど
まんま告げたら酷なので遠回しな言い方をした?


それから

野心満々というか、変人アピール全開というか
…な宇田川さんを配置することによって
花子の「普通」さを強調しようとしたんだろうけど

別に宇田川さんの言動は驚愕する様なものではないし
まあ、あのくらい強く出なければ前進するのは難しいんだろうな
…と思う。

寧ろ、そんな彼女の直後に
「真面目に教師を続けたいと思います」
なんて言う花子って厭味ったらしくね?

   ↑ヒネクレひじゅにでスミマセンスミマセン

それにさ
幾ら好きで帰郷したわけでも好きで就いた仕事でなくても
「甲府」で働くことと「教師」という職種を
メチャクチャ見下してる感じなんだけど?

   ↑ヒネクレひじゅにでスミマセンスミマセン



☆楽天もう…何がなんだか日記もヨロシクです☆
楽天バナー

山梨の全てをあいすセット>ワインシャーベット他


作家のペンネーム辞典


甲州弁スタンプ


スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yakkunchi.blog90.fc2.com/tb.php/1477-8e8be439
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

花子とアン 第48回

内容 受賞パーティーのため、東京にやって来たはな(吉高由里子) 英治(鈴木亮平)梶原(藤本隆宏)と再会に喜びつつも、 “安東花子”が“安東はな”と誤植されていた理由は分からず。 英治の責任にするが。。。。 そんななかパーティーが始まり、 同じ受賞者の宇田川満代...

NHK朝ドラ【 花子とアン 】 第48回 感想

東京での受賞パーティーが始まった。はな(吉高由里子)は、同じく受賞した宇田川(山田真歩) の高圧的な態度や、周りの出席者の洗練された空気に押され、居場所がない。 それを見た英治(鈴木亮平)は、名前の誤植の件でケンカし、仲直りをしようとブドウ酒で乾杯を 持ちかけるが、ブドウ酒に苦い思いのあるはなは素直に受け取れない。 そこへ醍醐(高梨臨)が現れ、はなと再会を喜び合う。 やがて“誤...

祖母の話part6 «  | BLOG TOP |  » 誤植?>『花子とアン』第47話

プロフィール

ひじゅに

Author:ひじゅに
ひじゅに

朝ドラを中心にドラマや映画の感想、
K-POP歌詞訳やイラスト、
猫や食べ物の話題など
何だかんだと書いています。
HNの由来は韓国のロッカー
ムン・ヒジュン(笑)
楽天ブログで何年かやってきましたが、
今後こちらと並行して行くつもりです。
「やっくん」名でHPもやってます。
どうぞヨロシク☆

★楽天ブログ
もう…何がなんだか日記
楽天バナー

★HP(ブログ各記事のINDEXも)
やっくんち
やっくんち

最新記事

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

わろてんか (15)
ひよっこ (157)
相棒 (111)
べっぴんさん (152)
とと姉ちゃん (154)
あさが来た (157)
まれ (156)
マッサン (150)
ちゅらさん (8)
花子とアン (156)
ごちそうさん (151)
あまちゃん (156)
純と愛 (151)
梅ちゃん先生 (157)
カーネーション (151)
おひさま (156)
NHK朝ドラ-2 (74)
朝ドラについて考える (20)
韓国映画 (28)
香港・中国映画 (11)
日本映画 (6)
欧米映画 (9)
007シリーズ (14)
その他の映画 (1)
八重の桜 (53)
平清盛 (50)
陽だまりの樹 (11)
JIN-仁- (11)
ドラマ-1- (32)
ドラマ-3- (13)
ドラマ-4- (4)
単発ドラマ (9)
欧米ドラマ (20)
韓国ドラマ‐1‐ (2)
K-POP(主にヒジュン) (1)
MV&歌詞訳(主にヒジュン) (2)
MV&歌詞訳(その他) (19)
食べ物・飲み物 (41)
動物 (31)
イラストetc. (3)
風景、植物 (4)
日常あれこれ (54)
夢 (1)
バトン (8)
小説&マンガreview (1)
アニメ (2)
韓国ドラマ-2- (2)
ドラマ以外のTV番組&DVD等 (1)
ラーメンetc. (6)

月別アーカイブ

フリーエリア

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR