topimage

2017-10

裏切り>『花子とアン』第36話 - 2014.05.10 Sat

富山先生が花子のことを
根拠のない自信」を持っている
と評していたけど

花子ってそーいうタイプだったっけ?

それとも
自分を差し置いて通訳をしたり
授業中に自分の翻訳を披露したり
していたことを指している?

富山先生ったら
けっこう根に持っていた?>ぉ

…ひじゅにですが何か?



「コピッと頑張って下さい」by村岡



↑この台詞はカワイイと思った



お母と涙の抱擁をした蓮様は
翌朝はルンルンで手伝いを申し出る―

着物を理由に断わる、お母と愉快な家族達。

本当に娘の様に思うのなら
蓮様自身のために手伝わせてやれよ
って気もするけど

まあ魚釣りを割り当てたのだから良しとして

「ついこの間まで、お掃除も何もできなかったんだから」
と言っちゃう実娘@花子。

親しさをベースに冗談で言っているのは分かるけど
コピッととまでは言わないがチョビッと無神経な響きを感じるのは
ひじゅにが繊細だからですねそうですね>そうか?

初めて帰郷した時に朝市君に
「朝市だけ捕まって」
と、教会忍び込み事件のことで笑っていた姿に重なるなあ。

そういう意味では一貫したキャラ描写と言えるか>ぉ


朝市君といえば
昨日は全く姿を現さなかったから
既に師範学校に行っているのかと脳内補完してたのに
今日は何の屈託もなく登場。

いやいや、これも
ひじゅにの脳内補完が下手っぴいなせいですねそうですね(笑)

「一生懸命やって勝つことの次に良いことは一生懸命やって負けること」

朝市君ったらイキナリ名言を…と、一瞬思ったけど
考えてみたらコレも『アン』ネタじゃん(^^;)


「失われた時間を取り戻した」
「このキラキラした時間」


ついこの間、美輪様が言ったのと同じ言葉を出す蓮様。

ワザと同じ表現にしているのだろうけど
ワザと同じ表現にする意味があるのかなあ…

却って何だか薄っぺらくなってしまった気がするのは
ヒネクレひじゅにだからですかそうですか(^^;)


自分の「決断」について何も話さないままの蓮様と
いつもと様子が違う蓮様に全く気付かない花子と
「腹心の友」らしからぬ「腹心の友」同士は学校に帰る―

蓮様が言えなかったのは
いや、言わなかったのは
「キラキラした時間」を壊したくなかったんだろうな
…と思うけど

花子が鈍感過ぎるのはナンダカナ…

ヒロインを持ち上げるために脇役を貶める
だけでなく
真のヒロインを持ち上げるために
本来のヒロインを貶めるとは
遂に朝ドラ“お約束”超え?


そんな2人に届く郵便物。

蓮様には結婚に際しての詳細を決めた手紙
花子にはプレゼント。

中身は翻訳家という将来を予感させる辞書
贈り主は将来の夫
…ということで
歌人として身を立てるという自分の夢に逆らい
好きでもない相手と家のために結婚する
…という蓮様と
対照的なものにしたのだろうけど

あれって相当高価なものなんじゃ…?

花子の翻訳に助けられたのは事実だろうけど
ポンとプレゼントできる類のものじゃないんじゃ…?

村岡さんが、それだけお金持ちだってことと
何より花子に特別な感情を抱き始めていることを示唆?

それにしても高価なんじゃ…  ←まだ言ってる


そういう意味では
「お金に糸目は付けない」嘉納氏と同じ雰囲気になっちゃうよね。
つまり、対照的ではない。

そんな風に受け取ってしまうのは、ひじゅにが…(略

じゃなくて
これもまたワザと?

つまり現在は対照的だけど…みたいな。

↑穿ち過ぎ


ところで、真相が分かったね。

蓮子様の汚部屋は当時の彼女の心境を象徴するものではなく
ホンマモンの「片付けられない女」ってことが

…じゃねーよ

蓮様の結納金の件。

やはり嘉納氏が結婚をゴリ押しするために渡したものではなく
お兄様が元凶なのね。


あ、うっかり書き忘れそうになった。
蓮様が花子に進学するげなことを言っておいて
実は婚約しました!な真相に
「裏切り」という言葉を使っていて(by美輪)

いや、「裏切り」は言い過ぎじゃねーの?
とも思ったけど

あの年頃の友人関係では
そう感じることではあるな
と、思い直した。

↑褒めてます…よね?




☆楽天もう…何がなんだか日記もヨロシクです☆
楽天バナー

ペンダント


うなぎバウムクーヘン&鉢植セット


「根拠のない自信」をつくる本


スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yakkunchi.blog90.fc2.com/tb.php/1462-d28716c1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「花子とアン」第36回★蓮子(仲間由紀恵)と嘉納伝助(吉田鋼太郎)が婚約

連続テレビ小説「花子とアン」 第36回(5月10日) どうしても小生の心が反応しない「花子とアン」 仕方ないので、人様の反応を想像したりしながら視聴。 −◆− 水辺で魚釣りにトライしながら語り合うはな(吉高由里子)と葉山蓮子(仲間由紀恵)。 蓮子「この時間が永遠に続けばいいのに。私、はなちゃんとこうして一緒にいられる事が、たまらなく嬉しいの。」 はな「蓮様。」 蓮...

NHK朝ドラ【 花子とアン 】 第36回 感想

ふじ(室井滋)の温かい言葉に蓮子(仲間由紀恵)がひそかな決意をした翌朝、はな (吉高由里子)と蓮子は近くの池へ魚釣りに出かける。楽しそうだが「今日を決して 忘れない」などと言う蓮子に、はなはどうしたのかと問うもののはぐらかされる。 そこへ朝市(窪田正孝)と吉太郎(賀来賢人)もやってきて、4人は大きな魚を釣り上げる。 朝市や蓮子の言葉に背中を押され、帰京したはなは高等科への進学を決...

花子とアン 第36回

内容 はな(吉高由里子)の母・ふじ(室井滋)の優しさに触れた蓮子(仲間由紀恵) 翌朝、お手伝いを。。と蓮子が言ったところ、出来るようなモノが無く。 そこで、はなと蓮子は、近くの池で釣りをすることに。 一匹も釣れなかったが。。。。 今日を忘れないという蓮子...

花子とアン第6週(5.5-10)

出版社でアルバイトした安東はな@吉高由里子は 村岡英治@鈴木亮平という青年と出会いつつ、 翻訳の仕事がしたいと思うようになる 一方、実家の窮乏を知った葉山蓮子@仲間由紀恵は 年齢の離れた富豪嘉納伝助@吉田鋼太郎との結婚を余儀なくされたと。 うーん、登場以来、蓮子が主人公のドラマに変貌してしまったな 原作ありきの作品ですし、 はなと蓮子のモデルとなった人たちが親友だったのは事実のようなので ...

金の卵>『花子とアン』第37話 «  | BLOG TOP |  » 決断>『花子とアン』第35話

プロフィール

ひじゅに

Author:ひじゅに
ひじゅに

朝ドラを中心にドラマや映画の感想、
K-POP歌詞訳やイラスト、
猫や食べ物の話題など
何だかんだと書いています。
HNの由来は韓国のロッカー
ムン・ヒジュン(笑)
楽天ブログで何年かやってきましたが、
今後こちらと並行して行くつもりです。
「やっくん」名でHPもやってます。
どうぞヨロシク☆

★楽天ブログ
もう…何がなんだか日記
楽天バナー

★HP(ブログ各記事のINDEXも)
やっくんち
やっくんち

最新記事

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

わろてんか (15)
ひよっこ (157)
相棒 (111)
べっぴんさん (152)
とと姉ちゃん (154)
あさが来た (157)
まれ (156)
マッサン (150)
ちゅらさん (8)
花子とアン (156)
ごちそうさん (151)
あまちゃん (156)
純と愛 (151)
梅ちゃん先生 (157)
カーネーション (151)
おひさま (156)
NHK朝ドラ-2 (74)
朝ドラについて考える (20)
韓国映画 (28)
香港・中国映画 (11)
日本映画 (6)
欧米映画 (9)
007シリーズ (14)
その他の映画 (1)
八重の桜 (53)
平清盛 (50)
陽だまりの樹 (11)
JIN-仁- (11)
ドラマ-1- (32)
ドラマ-3- (13)
ドラマ-4- (4)
単発ドラマ (9)
欧米ドラマ (20)
韓国ドラマ‐1‐ (2)
K-POP(主にヒジュン) (1)
MV&歌詞訳(主にヒジュン) (2)
MV&歌詞訳(その他) (19)
食べ物・飲み物 (41)
動物 (31)
イラストetc. (3)
風景、植物 (4)
日常あれこれ (54)
夢 (1)
バトン (8)
小説&マンガreview (1)
アニメ (2)
韓国ドラマ-2- (2)
ドラマ以外のTV番組&DVD等 (1)
ラーメンetc. (6)

月別アーカイブ

フリーエリア

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR