topimage

2017-10

電報>『花子とアン』第34話 - 2014.05.08 Thu

おお!

最近、冷めかけていた>冷めきってはいないぞ
『花アン』に
久々に魅力あるキャラが登場

そう、それは蓮様のお見合い相手@嘉納伝助氏!

いやあ、意外にカワイイ人物に仕上げてるじゃん
それとも、今だけ?

…ひじゅにですが何か?



「結納金も受け取ってしまった」by葉山伯爵



↑ますます高まる、お兄様への疑惑の念(笑)



いかにもヒヒジジイといった雰囲気で登場した嘉納氏だけど

蓮様をガン見していたのは
「この世の者とは思えんばい」
「よか匂いがする花んごとあった」
と、その美しさに見惚れていたってことばいね。

一言もしゃべらなかったのは
「筑豊弁でしゃべったらバカにされるやないな」
と、恥らっていたばいね。

まるで少年の様ではありませんか。
蓮様、母性本能がくすぐられるのではなくて?


…全くそんな気配はなく
ガン見+ワインがぶ飲みの嘉納氏にドン引きの蓮様。

蓮様、心の叫び↓

幾らバツイチ子持ちの私だからって
何でこんな下品なジジイと見合いしなくちゃならないのよっ!?
『カーネーション』だって実在の不倫相手を2人のキャラに分けて
恋する相手は綾野剛だったじゃないのっ!
いずれはポイ捨てする夫だからって役者は若手のイケメンにしてよっ!
ジジイなら、せめてショーン・コネリーあたりにしてっ!
(無理)

   
昨日のコメント欄で教えていただいたところによると
嘉納氏のモデル@伊藤伝右衛門氏は、なかなか魅力的な人物だった様子。
『真珠夫人』の成金男も実は良い人…的展開だったっけね。

嘉納氏の描き方に少しばかり光明が見えてきた(気がしないでもない)。


ただ、そうなると
上↑に挙げたお兄様の言葉が疑問になる。

だって、嘉納氏は蓮様から断られると覚悟してたんだものね。

1:やっぱり金に物を言わせる嘉納氏であった
2:付き添ってきた友人が彼に隠れて手を回した
3:お兄様が強引に結納金を奪い取った
4:お兄様が蓮様に決断させるために嘘を言った
5:お兄様が想像の翼を広げた



話が続きそうなのは「1」と「4」あたり?

「1」なら―
今日せっかく好感持てた嘉納氏のキャラが早くもブレることになるけど

少年ぽい純情と大人の狡猾さを重ね持つ人物
…という、『花アン』には珍しい深みのあるキャラにできるかもしれない。
…できないかもしれないけど>こらこら

「4」なら―
元凶はお兄様一人っちゅーことになるなあ(^^;)

家の危機なので切羽詰まっていた…ってことで
少しは逃げ道を作ることもできるし
家の危機そのものも嘘だった…ってことで
徹底して悪役にすることもできるな(^^;)


蓮様がシリアスな状況にある中
蓮様をひたすら待ち続ける花子。

きんつばがダメになったらどーすんだよ!?


きんつばをひたすら気にする、ひじゅに。

   昨日書き忘れたけども
   初めてのお給料に
   「友達にきんつば買って帰ります」
   と言ったところはカワイイと思ったもんだからさ


なので
ちゃんと食べてもらえて良かった>ぉ
しかも
手掴みでかぶりつく…なんてことはなく
ちゃんとお皿に乗せて菓子切を使って食べるとは
さすが、お嬢様>ぇ


そしてイキナリ花子の実家に行きたいと言い出す蓮様。

相手の事情も費用も考えず即行動に移すところは
さすが、お嬢様>ぇ

花子はお給料を貰ったばかりだし
蓮様は千円の小切手を持っているし
そこは行間を読むべき?


小切手は握り潰すシーンがあったし
あのお金を使うのはプライドに障る気がするし
使ったら使ったで
「手切れ金を受け取ったのだから葉山家とは無縁です」
と、お見合いを跳ね除けることもできただろうし
葉山家が傾いているのが本当なら降ろしたくても無理だろうし


お給料といっても、所詮バイトだし
そんなに余裕があるかどうかは不明。

自分の交通費の分、家族に何か美味しい物を食べてほしい
…と、何年も帰郷したい気持ちを我慢してきた花子だから
真っ先に家族への贈り物を買いたいと思いそうなもの。
蓮様の事情を知ってのことなら分かるけど
知らないままでは蓮様の気まぐれとしか思えない申し出を
アッサリ受けてしまうのは、ちょい違和感。


でも

何だかよく分からないうちに
記憶にない色々なことが既成事実になっていたり
知らない間に
良くない行為が微妙にズレた良い結果を産んでいたり
…なドラマだから

そーいう意味では納得?


ともかくも
今日は嘉納伝助氏に希望が見えた回だったね。

   ↑無理クリな纏め



また書き忘れるところだった!

お父から花子への電報と
花子から実家への電報と
電報で繋げた演出は良かったと思うよ。

イマイチ鮮やかではなかったけど(^^;)

   ↑一言多い




☆楽天もう…何がなんだか日記もヨロシクです☆
楽天バナー

アレンジ花電報


猫トンネル


見合い>飛騨牛ロースとヒレ


スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yakkunchi.blog90.fc2.com/tb.php/1459-8d1edc63
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

花子とアン 第34回

内容 初めての給料をもらったはな(吉高由里子)は、 きんつばを買って帰り、蓮子(仲間由紀恵)の帰りを待っていた。 そのころ、蓮子は、石炭王・嘉納伝助(吉田鋼太郎)と見合いをしていた。 一切しゃべらない伝助に、蓮子は困惑するが。。。。 そんななか、父・吉平...

連続テレビ小説 花子とアン(34)「腹心の友」

蓮子が見合いをした伝助は石炭王で、蓮子とは親子ほど年の離れた人物。 ワインばっかり飲んで一言もしゃべらなかった。伝助は蓮子がお見合いを 断ってくると思っている。しかし晶貴は蓮子を説得するという条件で 結納金を受け取ったという。あんたという男は蓮子の気持ちを考えてみろ・・・ 一方社会運動の取り締まりが厳しくなり、吉平さんはしばらく身をひそめることに 久しぶりにはなに会いに来た吉平さん...

NHK朝ドラ【 花子とアン 】 第34回 感想

蓮子(仲間由紀恵)が見合いした石炭王・伝助(吉田鋼太郎)は親子ほども年の離れた人物で、 傍若無人に振る舞って蓮子を戸惑わせる。 そんなことはつゆ知らず、はな(吉高由里子)は蓮子の帰りを待ちつづけるのだった。 一方、社会運動への厳しい取締りを目の当たりした吉平(伊原剛志)はしばらく身を潜める ことにし、久しぶりにはなの元を訪れる。 蓮子は悩みつつ女学校へ戻って来るが、はなを見かけ...

決断>『花子とアン』第35話 «  | BLOG TOP |  » ナマケモノ>『花子とアン』第33話

プロフィール

ひじゅに

Author:ひじゅに
ひじゅに

朝ドラを中心にドラマや映画の感想、
K-POP歌詞訳やイラスト、
猫や食べ物の話題など
何だかんだと書いています。
HNの由来は韓国のロッカー
ムン・ヒジュン(笑)
楽天ブログで何年かやってきましたが、
今後こちらと並行して行くつもりです。
「やっくん」名でHPもやってます。
どうぞヨロシク☆

★楽天ブログ
もう…何がなんだか日記
楽天バナー

★HP(ブログ各記事のINDEXも)
やっくんち
やっくんち

最新記事

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

わろてんか (12)
ひよっこ (157)
相棒 (111)
べっぴんさん (152)
とと姉ちゃん (154)
あさが来た (157)
まれ (156)
マッサン (150)
ちゅらさん (8)
花子とアン (156)
ごちそうさん (151)
あまちゃん (156)
純と愛 (151)
梅ちゃん先生 (157)
カーネーション (151)
おひさま (156)
NHK朝ドラ-2 (74)
朝ドラについて考える (20)
韓国映画 (28)
香港・中国映画 (11)
日本映画 (6)
欧米映画 (9)
007シリーズ (14)
その他の映画 (1)
八重の桜 (53)
平清盛 (50)
陽だまりの樹 (11)
JIN-仁- (11)
ドラマ-1- (32)
ドラマ-3- (13)
ドラマ-4- (4)
単発ドラマ (9)
欧米ドラマ (20)
韓国ドラマ‐1‐ (2)
K-POP(主にヒジュン) (1)
MV&歌詞訳(主にヒジュン) (2)
MV&歌詞訳(その他) (19)
食べ物・飲み物 (41)
動物 (31)
イラストetc. (3)
風景、植物 (4)
日常あれこれ (54)
夢 (1)
バトン (8)
小説&マンガreview (1)
アニメ (2)
韓国ドラマ-2- (2)
ドラマ以外のTV番組&DVD等 (1)
ラーメンetc. (6)

月別アーカイブ

フリーエリア

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR