topimage

2017-08

本番>『花子とアン』第29話 - 2014.05.02 Fri

そーいえば
『鉄腕アトム』の中にも
『ロミジュリ』をベースにした
『ロビオとロビエット』っちゅーエピがあったよね

あれは、ラストで泣ける

…ひじゅにですが何か?



「主役だ」by葉山伯爵



お兄様ったら『ロミジュリ』をご存じだったの?
もしかして
蓮子様より教養も文学的素養も上だったりして?



ジュリエットの扮装をした蓮子様、かわええ~

…今日はそれだけ>こらこらっ



お兄様@葉山伯爵のもとへ
蓮子様からの招待状という名の果たし状が届いたのは
大文学会前日。

当時の郵便事情を知らないので
投函してから

A:何日も何日もかかった
     →その間、芝居の稽古は熱心に重ねられた

B:幾ら昔でも数日程度で届いた
     →蓮子様がマトモに稽古し始めて幾らも経ってない


どちらなのかは不明だけど


拗ねてたはずなのに
ドアの陰からジュリエットの台詞を呟いちゃう
分かりやすさ抜群の富山先生。

花子&蓮子への嫉妬心に見せかけて
主役を食う気満々の熱演で迫る級友(名前忘れた)の
衣装をワザと破って牽制するオチャメな醍醐ちゃん(違

そんな醍醐ちゃんをスルーし続けて
蓮子様には「友達」だと自分を売り込む花子(酷


色んな疑惑や思惑やツッコミどころを孕んで
ついに大文学会当日―


「何故、私がこの役をやりたかったのか…」

復讐を手伝ってくれるという花子の言葉に気を許し
本番直前に自分に事情をペラペラ喋っちゃう蓮子様。

「この役」って…

ジュリエットを演じることになったのは
ブラックバーン校長が介入してきたからで
蓮子様が最初から希望していたわけではないじゃん。

立候補したのはロミオ役の方で
それも物語やキャラへの思いからではなく
「目立つ」「破談」等々の級友達の言葉に
ピピッと反応したからじゃん。

花子が翻訳&アレンジした脚本を読んだ後の話だって?

まあ、そうなんだろうけど
つーか、そうとしか解釈しようがないけど

都合良く事態が進んでいるなあ(笑)


蓮子様はシェイクスピアも御存じで
最初から「復讐」に使えると考えて立候補して
稽古をサボるどころか人一倍熱心さを示して
それこそ、虎視眈々とその日を待っていた―

という流れでも良かった気がするけど
それだと花子の翻訳に感動する!
という流れにできなかったから?

でもさ
花子はアレンジもしたと言っていたんだから
その部分に感動した、というのでも良かったじゃん。


そもそも『ロミジュリ』は
意に沿わぬ相手との結婚を無理強いされる悲劇
というのがキモじゃなくて
互いにいがみ合う家の息子と娘が愛し合ってしまった悲劇
じゃなかったっけ?

それとも花子のアレンジにより
前者をメインとした物語に変更?


互いの「名」(に象徴される家や身分その他)を捨ててでも
愛を貫こうとしたロミオ&ジュリエットは
結局のところ、「名」に押し潰されてしまった様なもの。

ロビオ&ロビエットは文字通り押し潰されてしまったし>ぉ

つまりは「名」なんて大事なものじゃないんだよ!
もっと大事なものがあるんだよ!
ってことじゃねーの?


名前(この場合は文字通りの名前だよね)を大事にしたい花子によって
シェイクスピアも『ロミジュリ』も踏み潰されてしまったらどうしよう?


つーか、その言い分だと
親から貰った本来の名前を蔑ろにしている花子ってどーよ?

吉平が権兵衛だったら嫌だけど
「はな」が「花子」になるのは大OK?


話は戻って>ぉ
自分の過去をアッサリ告白する蓮子様。

花子への信頼感や、それにより心開いてきた様子を
示すシーンなのだろうな…と思うのだけど

加えて
花子が蓮子様の過去を知る必要もあるしね。

でも、何かさ…

これって
モデルになってる柳原白蓮の実際の経験なわけじゃん。

実話ならではの重みもあるし
白蓮と言う女性を形作る土台でもあるし…

何ちゅーかさ…

恐らく本人よりも
やさぐれたキャラに仕立てられている蓮子様は
やさぐれている分だけ軽くなっちゃってると思うんだけども

それに加えて
過去の提示の仕方も軽いというか

いや、繰り返すけれども
これは花子への信頼感が増したからこそ…というのを
示しているのだと思うよ。

「復讐」に向かっていく、その直前…という
良いタイミングでもあると思うよ。

でも、何だか
“切り札”みたいに持ち出したみたいな
その割には軽過ぎでしょ、みたいな。

蓮子様が、というより脚本家が。


上手く表現できなくてスマソ(^^;)


こうした
“確固たる事実”とか
『アン』ネタに代表される
“確立しているエピ”とかは
ドヤ顔で提示するけれども

軽かったり
ズレてたり

じゃあ、他のオリジナルな部分はどうかっちゅーと
薄かったり
薄かったり
薄かったり

…って感じ?(酷

言っちゃいましたあ>スミマセンスミマセン
でも、素人ひじゅにの戯言なんで
気にするこたあございません。

これから、それを覆す
名作になってくれることを願ってやみません。




☆楽天もう…何がなんだか日記もヨロシクです☆
楽天バナー

カラー版限定BOX


宴会タスキ


ぼくはからっぽパンツくん


スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yakkunchi.blog90.fc2.com/tb.php/1454-e684fe89
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

花子とアン 第29回

内容 大文学会での“ロミオとジュリエット”の舞台が明日に迫り、 はな(吉高由里子)蓮子(仲間由紀恵)たちは、よりいっそう稽古に励んでいた。 そんななか富山(ともさかりえ)が、かつてジュリエットを演じたと知る。 敬称略 引っ張るのは分かっていたこととは言え...

NHK朝ドラ【 花子とアン 】 第29回 感想

公演を間近に控え、はな(吉高由里子)や蓮子(仲間由紀恵)たちの稽古は熱を帯びて行く。 そんな折り、富山(ともさかりえ)が切なげな様子で稽古場を見つめるのを目撃したはなは、 茂木(浅田美代子)から富山がかつてジュリエットを演じたことを聞かされる。 一方、蓮子の実家では、兄・晶貴(飯田基祐)が蓮子からの招待状に目をむいていた。 いよいよ大文学会当日、緊張で震えが止まらない蓮子に、はな...

「花子とアン」第29回★葉山蓮子(仲間由紀恵)は16才で出産してた

連続テレビ小説「花子とアン」 第29回(5月2日) 『ロミオとヂュリエット』の稽古を物陰から見つめている富山先生(ともさかりえ)が「ロミオ様それはなりませぬ。満ち欠けを繰り返す月のごとくあなた様のお心も変わってしまうではありませぬか」 たまたま目撃してしまったはな(吉高由里子)「富山先生。今のジュリエットのセリフですよね?」 富山先生は何も言わずに立ち去っていきました。 ...

操り人形>『花子とアン』第30話 «  | BLOG TOP |  » 名前>『花子とアン』第28話

プロフィール

ひじゅに

Author:ひじゅに
ひじゅに

朝ドラを中心にドラマや映画の感想、
K-POP歌詞訳やイラスト、
猫や食べ物の話題など
何だかんだと書いています。
HNの由来は韓国のロッカー
ムン・ヒジュン(笑)
楽天ブログで何年かやってきましたが、
今後こちらと並行して行くつもりです。
「やっくん」名でHPもやってます。
どうぞヨロシク☆

★楽天ブログ
もう…何がなんだか日記
楽天バナー

★HP(ブログ各記事のINDEXも)
やっくんち
やっくんち

最新記事

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

ひよっこ (120)
相棒 (111)
べっぴんさん (152)
とと姉ちゃん (154)
あさが来た (157)
まれ (156)
マッサン (150)
ちゅらさん (8)
花子とアン (156)
ごちそうさん (151)
あまちゃん (156)
純と愛 (151)
梅ちゃん先生 (157)
カーネーション (151)
おひさま (156)
NHK朝ドラ-2 (74)
朝ドラについて考える (20)
韓国映画 (28)
香港・中国映画 (11)
日本映画 (6)
欧米映画 (9)
007シリーズ (14)
その他の映画 (1)
八重の桜 (53)
平清盛 (50)
陽だまりの樹 (11)
JIN-仁- (11)
ドラマ-1- (32)
ドラマ-3- (13)
ドラマ-4- (4)
単発ドラマ (9)
欧米ドラマ (20)
韓国ドラマ‐1‐ (2)
K-POP(主にヒジュン) (1)
MV&歌詞訳(主にヒジュン) (2)
MV&歌詞訳(その他) (19)
食べ物・飲み物 (36)
動物 (31)
イラストetc. (3)
風景、植物 (4)
日常あれこれ (54)
夢 (1)
バトン (8)
小説&マンガreview (1)
アニメ (2)
韓国ドラマ-2- (2)
ドラマ以外のTV番組&DVD等 (1)
ラーメンetc. (6)

月別アーカイブ

フリーエリア

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR