topimage

2017-08

年明け>『花子とアン』第17話 - 2014.04.18 Fri

今朝は
窓が震える程の雷が鳴って

少ししたら
地震があって

ももももしやもう一回
怖い出来事があるんじゃないかと

…ドキドキしている、ひじゅにですが何か?



「朝市だけ捕まって(笑)」by花子



↑これはないんじゃないの?
…と感じてしまったのは、私だけ?


番宣によれば、この先
花子のハートを射止めるのは誰!?
的な展開も待っているらしい。

幼馴染も加わっての多角関係
…というのも朝ドラ“お約束”

幼馴染は大抵はフラれ役
…というのも朝ドラ“お約束”>例外も多いか


つーか
幾らフィクションてんこ盛りの『花子とアン』でも

花子は村岡姓の男性とゴールイン!

ちゅー事実は覆すことはできないだろうから
ドキドキも何もないと思うのだが>それを言っちゃあオシマイ?


まあ、ともかく
そうした展開が待っているそうだから

ここで朝市&花子が仲よく談笑する姿が入るのは良いと思う。

5年ぶりで帰れたのに、その5年のギャップが大き過ぎて
アレコレ悩んだ花子が最後の最後に心を和らげ笑えた―
そういう意味でも必要なシーンだったのだと思う。

朝市君の花子への思いも視聴者には十分伝わってきたし
彼の今後の生き方が示されたのも良かったと思う。


でも、その話を引き出すために

学校に行っているタケシ様と比較して
朝市君はもっと勉強が好きだったのに―
なんて、傷口に塩的発言をしたり

勉強を続けるという朝市君の決意に
学校に行かなくてもできるのか―
なんて、ダメ出し的質問をしたり

でもって最終的に上記↑の台詞。

それで朝市君が
少し傷つくとか
多少ツッコミを入れるとか
って反応だったなら

花子と故郷の人々との間に
環境だけでなく意識の上でもギャップが生じている…
自覚はないけど皆を傷つけてしまう花子…
等々が示されて、それなりに意義のあるシーンになったかも?

実際には朝市君は、そんな花子とのひと時を楽しんでいただけ。

少し傷ついたのは
自分は花子に逢えたのが嬉しかったのに
花子は朝市君個人を指さず「皆」と答えたことで
これは恋話への前振り、ちゅーか土台。


だから単純に
花子=KYで無神経
という印象が残ってしまうのだけど…

あ、それこそ
朝ドラ・ヒロイン“お約束”!
だから寧ろ望むところなのか(笑)

一応
花子を擁護しておくと

彼女にとっては、勉強=学校なのだよね。

だって、自分がそうなんだもの。
学校に入れたから勉強ができている。
学校を辞める=働くこと、なんだよね。



かよちゃんが女工になるという話を聞いて
学校を辞めて働こうと考える花子。

ここは良い。

つーか
ここで何も感じないヒロインってのは考えられない(笑)

でも
家族に相談せず地主さんのところに職の世話を頼みに行っちゃうのは…


まあ、ここは
帰郷してからの花子の唯一大きな“動き”だから
ドラマ的には必要なのかもしれないし
(まあ、他にエピソードは考えられたとは思うけど)

地主さん再登場やタケシ様との再会も入れたかったのだろうし
(思わせぶりで登場しつつ何てことなく終わってしまったけど)

子供時代のエピと似せて繋がりを持たせているのかもしれない。
(“繋ぎ”には力を入れてる気がする)

却って悪い印象を受けてしまったなあ>ひじゅにだけ?

子供時代は吉太郎君が奉公に行く結果になってしまった様に
今回もまた
誰かが身代わりになる羽目になったら、どーすんだよ!?
…と
心配の方が先に立ってしまっただよ(笑)


先回のことで懲りたのか>ぉ
地主さんは不況を理由に断わってくれたけど

結果オーライかもしれないけど
花子の空回り感しか残らない。

いや、ワザと空回りさせているのだろうけどね。
今の花子がすべきことは、それではないから。



家族が花子が学校で勉強を続けることを応援してくれる結末は
良かったと思うよ。

かよちゃんも吉太郎君も
花子に複雑な思いは抱きつつも
やはり大きな意味では応援している。

そうした結論にして
花子をまた送り出してくれた
という締め方は良いと思う。

つーか
それしかないだろ(笑)

だから本当は、そこに至る
皆の心の変遷(?)みたいなのを見せてほしかったんだけど
花子は良い子です!
みたいな感じで終わっちゃったのが

やっぱ
“まんまの法則”と“バレバレの法則(仮)”を足して
蓋ショボをかけた作り?

理屈と変なシャレが入ってれば
“『ごち』なオチ”になるところだけど>ぉ

やっぱ
何とな~く“感情”で収めてしまったって感じも。



批判したくないんだよ~
期待してたんだよ~
ハマらせてくれよ~

↑これが本音


ところで
ラストの花子は羽織を着てなかったけど…?

↑これは疑問>明日明かされる?





☆楽天もう…何がなんだか日記もヨロシクです☆
楽天バナー

初日の出>テープカッター


英語も勉強?>動物ビスケット


夕日の絵羽織>京都のお菓子


スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yakkunchi.blog90.fc2.com/tb.php/1441-91ffe208
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「花子とアン」第17回★はな(吉高由里子)は百姓の手じゃねえ

連続テレビ小説「花子とアン」 第17回(4月18日) んん・・・なんだろう? なんかシックリこない・・・。 −◆− はな(吉高由里子)が朝市(窪田正孝)に「知らなんだ。おら 恥ずかしい。みんなの苦労も知らんで。おら、穴があったらへえりてえ。今すぐここに穴掘ってへえりてえだ。」 家族の貧困を知らずに修和女学校でのうのうと日々を過ごし、帰郷してなお家族の状況に思いが至らなかった...

花子とアン 第17回

花子とアン 第17回 内容 久々の帰郷した、はな(吉高由里子) だが、(なにか様子のおかしい、かよ(黒木華) 翌日、朝市(窪田正孝)から、かよが年明けには製糸工場に行くと聞く。 はなは、すぐに徳丸(カンニング竹山)のもとを訪ね、 働く場所を紹介して欲しい...

NHK朝ドラ【 花子とアン 】 第17回 感想

かよ(黒木華)が女工として製糸工場へ行くことを朝市(窪田正孝)から聞き、 ショックを受けたはな(吉高由里子)は、自分だけ東京で勉強させてもらって いることがいたたまれなくなる。 はなは地主の徳丸(カンニング竹山)のもとを訪れ、女学校をやめて働くので 働き口を世話して欲しい、と頼み込む。 その話をリン(松本明子)から伝え聞き、ふじ(室井滋)や朝市たちは驚くばかりだが、 かよはな...

サヨナラ>『花子とアン』第18話 «  | BLOG TOP |  » かよ>『花子とアン』第16話

プロフィール

ひじゅに

Author:ひじゅに
ひじゅに

朝ドラを中心にドラマや映画の感想、
K-POP歌詞訳やイラスト、
猫や食べ物の話題など
何だかんだと書いています。
HNの由来は韓国のロッカー
ムン・ヒジュン(笑)
楽天ブログで何年かやってきましたが、
今後こちらと並行して行くつもりです。
「やっくん」名でHPもやってます。
どうぞヨロシク☆

★楽天ブログ
もう…何がなんだか日記
楽天バナー

★HP(ブログ各記事のINDEXも)
やっくんち
やっくんち

最新記事

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

ひよっこ (119)
相棒 (111)
べっぴんさん (152)
とと姉ちゃん (154)
あさが来た (157)
まれ (156)
マッサン (150)
ちゅらさん (8)
花子とアン (156)
ごちそうさん (151)
あまちゃん (156)
純と愛 (151)
梅ちゃん先生 (157)
カーネーション (151)
おひさま (156)
NHK朝ドラ-2 (74)
朝ドラについて考える (20)
韓国映画 (28)
香港・中国映画 (11)
日本映画 (6)
欧米映画 (9)
007シリーズ (14)
その他の映画 (1)
八重の桜 (53)
平清盛 (50)
陽だまりの樹 (11)
JIN-仁- (11)
ドラマ-1- (32)
ドラマ-3- (13)
ドラマ-4- (4)
単発ドラマ (9)
欧米ドラマ (20)
韓国ドラマ‐1‐ (2)
K-POP(主にヒジュン) (1)
MV&歌詞訳(主にヒジュン) (2)
MV&歌詞訳(その他) (19)
食べ物・飲み物 (36)
動物 (31)
イラストetc. (3)
風景、植物 (4)
日常あれこれ (54)
夢 (1)
バトン (8)
小説&マンガreview (1)
アニメ (2)
韓国ドラマ-2- (2)
ドラマ以外のTV番組&DVD等 (1)
ラーメンetc. (6)

月別アーカイブ

フリーエリア

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR