topimage

2017-10

門限>『花子とアン』第14話 - 2014.04.15 Tue

紙芝居に
棒に付けた蝶の折り紙(?)を
効果として使っていたね

ロッド・パペットちゅーやつ?

ああいうの
ドラマ『火の魚』で初めて見て
あれはヒロインが考えた工夫で
彼女のキャラを表現してる
…と思い込んでいたのだけど

明治時代に既に行われていたことなのね

リアルに遭遇したことがない私って
もしかして人生の損失?

…ひじゅにですが何か?



「英語は最初だけ父に教わりました」by花子



あのフランス人形みたいなカナダ人の女の子は>ぉ
ミニーメイというのね

ダイアナの妹と同じ名
…ああ、こんなところにも『アン』ネタが(笑)



上↑に挙げた台詞
先週の「鉛筆で書いたのはおらです」に通じるよね(笑)

1:トンチがきく賢い子
2:翻訳家の素質があるので言葉の用い方が上手い
3:無自覚だけど、ちょっとブラック
4:逆に言い逃れの下手な純粋無垢な子
5:単なる、お笑い要素




醍醐ちゃんったら
ダイアナの名前をもじっているのは明らかなのに>だよね?
今だに立ち位置がよく分からない。

友達であるのは間違いないけど。
ダイアナの様な「腹心の友」って感じではないよね。


「奥手のはなさんにも、ときめく男性が現れた様ね」

花子の気持ちを見破るところは
彼女をよく理解しているのかな…と思えるし

花子が北澤さんと話している時、ニッコリ笑顔で見守ってくれてて
やっぱ良い子だよね…と思える。

そもそも、似た様な価値観の友達が複数いるのに
本にしか興味のない花子をちゃんと誘ったり気遣ったりしてくれる。

北澤さん=集まる男子学生の中でも高スペックな人なのに
花子に嫉妬するどころか応援してくれている。


「給費性ということは黙っていた方が良いわよ」

「子」 に拘る花子に対し
「子」 が付く名前は大勢いると
花子の中にあるかもしれないコンプレックスを和らげるかの様に
鷹揚な言い方をしてくれたかと思ったら、今日はこの勧め…

実は、やはり“差”を意識している?
心のどこかで見下している?
いやいや
自分は友達として気にしないけど
世間一般は気にするものだし
ましてや縁談が絡むと絶対に妨げになる
…という事実は把握しているリアリスト?


「門限5時までに」

あ、これは醍醐ちゃんがどーのこーのではなく
脚本家さんのいつものパターン>シツコイ?

冒頭で
門限についての台詞があって
それも仲間内の話なのに丁寧に時刻まで言及して

ラストで
門限を過ぎてしまって慌てる花子

今日も中園脚本は健在!
つーか
分かりやすさが基本の朝ドラ仕様?


   スマソ!
   批判ちゅーわけじゃないんだ。
   多分、基本通りというか
   非常に正しい構成の仕方だと思うんだ。

   ただ、どうも目に付くんだ。

   某前々作の“まんまの法則”と
   某前作の“バレバレの法則(仮)”が
   ごっちゃになってからまってこんがらが~って♪(byたま)
   ベタの度合が増したって感じ?


そして、花子自身は?

ミニーメイちゃんが気になるのは自分の妹を思い出すから…
と、子守しながら学校に通っていたことをカミングアウト。

つまり、花子自身は“差”は全く気にしていない…
というアピール。

だから、醍醐ちゃんの勧めは一旦は退ける。
でも、いざその時になったら嘘をついてしまう。

人間は弱いのだから、そうしてしまう気持ちは分かる。

でも、この描き方だと
花子はあくまでも真面目で純粋無垢な子なのに
醍醐ちゃんの悪魔の囁きに、ついつい乗ってしまった…
って感じ>穿ち過ぎ


クリスマス・パーティの余興を考えているシーンで
クラスメート達が順番に自分の得意なことを言い始めた時
まるでそれを遮る様に「紙芝居」を提案しちゃうところも
ちょ~っとだけだけど引っかかってしまった>気にし過ぎ


何も前作みたいに
ワザと“好かれない”ヒロインにしているわけでもなかろう(笑)


でもって
あんなに気にかけていたハズのミニーメイちゃんを
全く考慮に入れない紙芝居を披露した後
「あの子のことを気にしているのは私だけよ」
みたいな態度で英語の紙芝居をすることに。

案の定、北澤さんも乗っちゃうし。

…いやいや別に、狡猾だなんて言わないよ。
脚本的には“実は狡猾”なんて設定はないと思えるから。
寧ろ“清く正しく美しく”なヒロインにしようとして
少~しズレてしまっているという、朝ドラにはありがちなパターン。

つまり朝ドラ“お約束”!


ラストで「急に辛く」なっちゃうのも
白状しようとしたら邪魔が入るのも
結局言えないまま他の事柄のために走って行くのも

…もう感心するくらい“お約束”(笑)


『アン』ネタ多用は色んな意味で気になるけど
それ以外は王道ど真ん中をひた走るドラマらしいから
そういう意味では清々しい気持ちで応援できるかもね>ぉ

それを少しばかり覆すとしたら
それはやはり美輪様でせうか?



ごきげんよう、さようなら。





☆楽天もう…何がなんだか日記もヨロシクです☆
楽天バナー

Will you marry me ? ←ハートのロケットですぜ


紙芝居 おやゆび姫


トーションレース>ミニーメイ


スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yakkunchi.blog90.fc2.com/tb.php/1438-9acde753
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

連続テレビ小説 花子とアン(14)「初恋パルピテーション!」

はじめて自分のことを花子と呼んでくれた北澤に花子はときめいた。 しかし大きな問題が、それは花子が貧しい農家の出身であること。 醍醐ははなにそのことを隠しておいたほうがいいと言われたが、はなは うそをついてまで北澤と親しくなりたくないとその時は言った。 男の人にときめいたということは自然な感情だよはな。 北澤と一緒に子どもたちの紙芝居を作っているとき、はなはお父さんの 職業について...

花子とアン 第14回

内容 孤児院での奉仕活動“日曜学校”で出会った北澤司(加藤慶祐)という青年に “花子さん”と呼ばれたはな(吉高由里子)は、“ときめき”を感じるのだった。 はなの気持ちを感じ取った亜矢子(高梨臨)は、 はなの生まれ育ちなどを北澤には黙っておいたほうが良いというが...

NHK朝ドラ【 花子とアン 】 第14回 感想

孤児院での奉仕活動で出会った帝大生・北澤(加藤慶祐)に「花子さん」と呼ばれ、胸のときめき を抑えられないはな(吉高由里子)。 それに気づいた醍醐(高梨臨)ははなに、北澤と親しくなりたければ貧しい農家の出身であることを 黙っておいた方がいいとアドバイスする。 その時は、うそをついてまで北澤と親しくなりたくないと答えるはな。 だが、北澤と一緒に子どもたちのための紙芝居を作っていると...

「花子とアン」第14回★はな(吉高由里子)の親指姫で「Will you marry me?」

連続テレビ小説「花子とアン」 第14回(4月15日) <生まれて初めて「はな」を「花子」と呼んでくれる人が現れ、はなは恋に落ちてしまったようです。> 初めての恋に戸惑う初々しい”はな”・・・吉高は、それなりに乙女の恋心を表現してるので 文句はないけど、「奔放な不思議女子・吉高由里子」のパーソナル・イメージが先入観としてあるのも事実・・・。 すでに売れてる女優さんを起用する...

大掃除>『花子とアン』第15話 «  | BLOG TOP |  » ヤミー>『花子とアン』第13話

プロフィール

ひじゅに

Author:ひじゅに
ひじゅに

朝ドラを中心にドラマや映画の感想、
K-POP歌詞訳やイラスト、
猫や食べ物の話題など
何だかんだと書いています。
HNの由来は韓国のロッカー
ムン・ヒジュン(笑)
楽天ブログで何年かやってきましたが、
今後こちらと並行して行くつもりです。
「やっくん」名でHPもやってます。
どうぞヨロシク☆

★楽天ブログ
もう…何がなんだか日記
楽天バナー

★HP(ブログ各記事のINDEXも)
やっくんち
やっくんち

最新記事

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

わろてんか (12)
ひよっこ (157)
相棒 (111)
べっぴんさん (152)
とと姉ちゃん (154)
あさが来た (157)
まれ (156)
マッサン (150)
ちゅらさん (8)
花子とアン (156)
ごちそうさん (151)
あまちゃん (156)
純と愛 (151)
梅ちゃん先生 (157)
カーネーション (151)
おひさま (156)
NHK朝ドラ-2 (74)
朝ドラについて考える (20)
韓国映画 (28)
香港・中国映画 (11)
日本映画 (6)
欧米映画 (9)
007シリーズ (14)
その他の映画 (1)
八重の桜 (53)
平清盛 (50)
陽だまりの樹 (11)
JIN-仁- (11)
ドラマ-1- (32)
ドラマ-3- (13)
ドラマ-4- (4)
単発ドラマ (9)
欧米ドラマ (20)
韓国ドラマ‐1‐ (2)
K-POP(主にヒジュン) (1)
MV&歌詞訳(主にヒジュン) (2)
MV&歌詞訳(その他) (19)
食べ物・飲み物 (41)
動物 (31)
イラストetc. (3)
風景、植物 (4)
日常あれこれ (54)
夢 (1)
バトン (8)
小説&マンガreview (1)
アニメ (2)
韓国ドラマ-2- (2)
ドラマ以外のTV番組&DVD等 (1)
ラーメンetc. (6)

月別アーカイブ

フリーエリア

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR