topimage

2017-10

言葉>『花子とアン』第11話 - 2014.04.11 Fri

「元気」の文字が多い手紙に
娘が無理していることを察知して
何でも話せと返事をする母さん-

というエピがあったかと思うと

今日は早速
「元気じゃねえ」と本音を書いて送る
はなの図ぅ―

これもまた
いつものパターン

あ、あげつらっているわけではないっすよ

ドラマが始まって間もない頃は
その脚本家さんの特徴が気になる
つーか、目に付く

…これも朝ドラ“お約束”?

…ひじゅにですが何か?



「おお~怖~い」by美輪



やっぱ、丸写しだったね。

何故か一人で掃除している時に
ゴミ箱から書き損じの手紙がポロリ…

あのままでは落第確定だった、はなが
その手紙を利用しないとは考えられない。

つーか

これだけ前振りして何もしないまま
ゴミはゴミ箱へ…なんてオチだったら

却って感心する>ぉ


しかし、ブラックバーン先生ったら
あのラブレターでしかない内容を
まんま、自分への賛辞だと受け取っちゃったんだろうか?

結構単純でカワイイとこあるのね>ぇ

しかし、あの書き損じは流れる様な筆記体で書かれていたのに
ABCを覚えたて段階の英語力で間違えずに写せたとは

はな=目が良く賢く語学の才能あり!
…ってことを表現?

そして
空耳アワーではなく
しっかり正確に歌い上げる、はな。

はな=耳も良く、興味さえ持てば語学なんて何のその!
…ってことを表現?

尋常小学校で字を覚えるのも早かったしな。


あそこで歌い出すという展開そのものは好みなんだけど
手紙事件の直後なだけに後味イマイチだったかも…>スマソ

だって、どちらもスコット先生から「盗んだ」形になっちゃうじゃん?

それとは別に、あのシーンになったのだったら
はな=耳も良く、興味さえ持てば語学なんて何のその!
って素直に思えて、応援する気持ちがより強まっただろうし
カタルシスさえ得られただろうに。



「能ある鷹は爪を隠す」
白鳥さんまで、はなを褒める。

いや、良いところがあれば誰であれ褒める―
白鳥さんの公平で平等な性格を示してる?
それとも、あくまで成績に関することだし
教師達も褒めてるから合わせてるだけで
権威主義ってことを強調?

「スピーチを求められたのに歌を歌うとは何ですか?」
なんて言わないし>それはヒネクレひじゅにの発想?

まあ、あんなにちょくちょく&大きな声で歌ってるスコット先生のこと
誰も知らないのだろうか?という疑問は湧くが>それを行っちゃあオシマイ?

とはいえ、その解釈通り
本当はペラペラなのにワザと「グッドモーニング」しか言わず
授業でも答えられずスピーキングデイには逃げ回る…
なんて子供がいたら怖い、怖過ぎる(^^;)


結局のところ
スコット先生が一人で部屋で泣く結果に―


『アン』シリーズにこれに相当するエピがあったか否か
ボンヤリひじゅには思い出せない。

アンは失敗は沢山したし
自分が傷ついたことは沢山あるけど
他人を傷つけることはなかった様な印象なんだけど
どうだったっけ?



勿論、はなは大後悔してたし
一生懸命謝ってたし
富田先生達にもバレてしまったし
何らかの処罰を受ける結果にもなるのかもしれないけど
スコット先生の心境を考えると

苺や砂糖を盗むより遥かに後味悪いんですけど…

でも、それこそドラマだから
スコット先生が庇ってくれたり
ブラックバーン先生がチャンスを与えてくれたりして?


「言葉が分からんて怖ろしい」

確かに、言葉が分からないから
恋文だと知らずに丸写し―
   恋文でなくたってダメなんじゃ?
   切羽詰まった状態だったとはいえ
   他人の手紙を丸写しという精神がマズイんじゃ…

   …他人の精神云々が言える
   ひじゅにではないですねそうですね


謝りたくても謝れない―
   言葉より態度だと思うんだが?

   結果的に日本語で謝ってたのは偉いけど
   でも、たまたま行き会って、たまたま2人きりで…
   という、掃除の時と同じ最高の偶然があったからだよね。
   それより、何度も先生の部屋の前に行ったり
   何か言おうとしたり、先生に追い返されてしまったり…
   なんてエピが間にあったなら良かった気がするなあ>複雑過ぎ?


そもそも、言葉が分からないから
課題もできないし毎日が辛い―
   だったらまず勉強しろってことじゃ…?

…と
全てを言葉のせいにする、はなであった>ぇ

何か微妙~に問題がズレている気がするんですけど?

つーか
前述した脚本家さんのパターン(作風と言うべきか)からして
この台詞が次の展開のだな、きっと。

この手痛い経験から
「言葉」の重要さを身に染みて感じた、はなは
ようやく勉強を開始!

そして、まずはスコット先生に英語で謝罪。

その後、益々精進していき
はな→花子へと成長していくのであった!

…ということで、役者交代?



お茶のシーンで
テーブルに置かれた白くて丸いもの

お饅頭?

そればかりが気になった第11回でございました
ごきげんよう、さようなら





☆楽天もう…何がなんだか日記もヨロシクです☆
楽天バナー

手作り豆乳饅頭


ティータイム改造計画セット


マカロニサラダ


スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yakkunchi.blog90.fc2.com/tb.php/1434-1221e979
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「花子とアン」第11回★はな(山田望叶)、不正発覚!?

連続テレビ小説「花子とアン」 第11回(4月11日) <はなは落第寸前でしたがなんとか課題を書き上げて提出しました。それにしてもABCを覚えたばかりのはながどうして英語の手紙を書けたのか。少し嫌な予感が致します。> 富山先生(ともさかりえ)「2学期の課題の結果を発表します。」 祈るようにしてドキドキのはな。 富山先生「このクラスは---(少しためて)---全員合格。...

花子とアン 第11回

内容 ブラックバーン校長への手紙を、何とか書き上げたはな(山田望叶) そして結果発表。はなが、1番点数が高かった。 驚くクラスメート達。 しかし、手紙が読み上げられると、スコット先生が部屋を出て行く。 その直後、富山(ともさかりえ)により、問い正される。 ...

【花子とアン】第9~11回「恋文」&関西の第1週視聴率

第1週「花子と呼んでくりょう」の週間最高視聴率は、関東は23.5%(4/4金)で

NHK朝ドラ【 花子とアン 】 第11回 感想

はな(山田望叶)が提出した課題の手紙は、なんと最高得点を取り、みんなの前で 読みあげられることになる。 それはまるでラブレターのような文面で、読み進められるうちにスコット先生 (ハンナ・グレース)はなぜか顔色が悪くなり、退出してしまう。 それを見て動揺するはな。 教師たちは手紙を称賛するが、富山(ともさかりえ)は本当にはなが書いたのかと疑い、 この場で英語でスピーチをするよう...

Thank you>『花子とアン』第12話 «  | BLOG TOP |  » 英語の手紙>『花子とアン』第10話

プロフィール

ひじゅに

Author:ひじゅに
ひじゅに

朝ドラを中心にドラマや映画の感想、
K-POP歌詞訳やイラスト、
猫や食べ物の話題など
何だかんだと書いています。
HNの由来は韓国のロッカー
ムン・ヒジュン(笑)
楽天ブログで何年かやってきましたが、
今後こちらと並行して行くつもりです。
「やっくん」名でHPもやってます。
どうぞヨロシク☆

★楽天ブログ
もう…何がなんだか日記
楽天バナー

★HP(ブログ各記事のINDEXも)
やっくんち
やっくんち

最新記事

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

わろてんか (17)
ひよっこ (157)
相棒 (111)
べっぴんさん (152)
とと姉ちゃん (154)
あさが来た (157)
まれ (156)
マッサン (150)
ちゅらさん (8)
花子とアン (156)
ごちそうさん (151)
あまちゃん (156)
純と愛 (151)
梅ちゃん先生 (157)
カーネーション (151)
おひさま (156)
NHK朝ドラ-2 (74)
朝ドラについて考える (20)
韓国映画 (28)
香港・中国映画 (11)
日本映画 (6)
欧米映画 (9)
007シリーズ (14)
その他の映画 (1)
八重の桜 (53)
平清盛 (50)
陽だまりの樹 (11)
JIN-仁- (11)
ドラマ-1- (32)
ドラマ-3- (13)
ドラマ-4- (4)
単発ドラマ (9)
欧米ドラマ (20)
韓国ドラマ‐1‐ (2)
K-POP(主にヒジュン) (1)
MV&歌詞訳(主にヒジュン) (2)
MV&歌詞訳(その他) (19)
食べ物・飲み物 (42)
動物 (31)
イラストetc. (3)
風景、植物 (4)
日常あれこれ (54)
夢 (1)
バトン (8)
小説&マンガreview (1)
アニメ (2)
韓国ドラマ-2- (2)
ドラマ以外のTV番組&DVD等 (1)
ラーメンetc. (6)

月別アーカイブ

フリーエリア

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR