topimage

2017-08

短い記憶 - 2014.04.06 Sun

私にとっての韓国映画黎明期>要するに、知り始めた頃
に観た幾つかの作品を思い出した。

台詞は少なく
美しい映像の中
淡々と日常が描かれていき
途中でハッとする展開になったかと思うと
また静かに終わる―

そこはかとない悲しみと
仄かな温かさが残る。


高校生の時
妊娠出産した女性@ヘファと
逃げてしまった男性@ハンスが
5年後に再会。

ハンスは死んだはずの2人の子供が生きていると言い出し…

という物語。



☆★☆ネタバレあり☆★☆



美しい映像と書いたけど
実はキモい描写も幾つか出てくる(笑)

脱腸の犬
切った爪を貯め込んでいるヘファ
ヘファの部屋に落ちている犬の糞
それを踏んで汚れたハンスの靴下
…etc.

でも、それらは
ヘファやハンスの捨てられない過去や
5年経っても膿んだままの心の傷を象徴している様に思う。


その脱腸の犬とヘファが重ねられている。

脱腸の犬を保護しようと仕掛けた罠に自分がはまってしまうところが
それを示していると思う。

ヘファも自分の一部分が外に出てしまったまま
いつ感染症にかかり命を危うくするか分からない状態。


その犬が、かつて彼女が飼っていた犬の子供だと
ラスト近くに言うんだけど
このくらいの因縁話めいたものは韓国映画には十分あり得るけど(笑)
でも、それが事実か否かなんて関係ないんだよね、きっと。

彼女はそれで“過去”を取り戻した…ということなんだと思う。


ハンスもまた立ち直れないでいた。

彼を逃がしたのは彼の親で
勿論、親としては、それが息子のためだと考えたわけで
そうした気持ちも分かる。

でも、ハンスは却ってそれで人生を投げ出してしまった。
軍隊に行ったものの脚を怪我して帰ってきたのも
ずっと脚を引きずっている姿も
彼の心の状態を形にして示しているものだと思う。

彼の夢が、ヘファと子供と3人で食事をすること―
というのが悲しい。


最後に真相が分かるところは
上記したのとはまた別の意味で韓国映画らしい。

ただ事実が判明したというだけでなく
そこで初めて、生まれた子供側の視点で語られたのが良かった。

父親は逃げ出し
母親は怖がって震えるばかり
祖父母は子供を厄介払いすることしか考えていない
その長い一日が過ぎた後
あの子は逝ってしまった―


↑このままの言葉じゃなかったけど(^^;)

この言葉を聞いた時
私もまた初めて、その子供の側に立って
あまりの哀れさに涙ぐんでしまった。


その子が本当に生きていて、どこかに養子に出されていたなら
ある意味“救い”にはなっただろう。

ヘファ&ハンスも
探し続ける…という生き方ができたかもしれない。

でも、事実は事実…
それをハッキリと認めたことで
傷はやはり消えないだろうけど
新たな目で自分の人生を見つめられるのかも?


脱腸の犬と生まれたばかりの子犬達を
車に乗せて走り出すヘファ。

ハンスの横をいったん通り過ぎるも
止まってギヤをバックにして後ろを見るヘファの目が
だんだん潤んでいくところが美しかった。


ヘファを演じるユ・ダインが良い。

表情だけで複雑な心情を表現している。
快活だった高校生時代と
少し内に籠った感じの現在の姿を
自然に演じ分けているし
髪型や服装等で違った可愛さがあるのも○



『ヘファ、ドン/Re-encounter』 2010年/韓国
監督/脚本:ミン・ヨングン
音楽:キム・ミョンジョン
出演:ユ・ダイン(ヘファ)、ユ・ヨンソク(ハンス)





☆楽天もう…何がなんだか日記もヨロシクです☆
楽天バナー

DVD


韓国版DVD>リージョンALL・英語字幕


レスビー缶コーヒー>CMにユ・ダイン出演(このリンク先で観られるよ)


スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yakkunchi.blog90.fc2.com/tb.php/1429-4139c3e5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

おリボン>『花子とアン』第7話 «  | BLOG TOP |  » 殺人の告白

プロフィール

ひじゅに

Author:ひじゅに
ひじゅに

朝ドラを中心にドラマや映画の感想、
K-POP歌詞訳やイラスト、
猫や食べ物の話題など
何だかんだと書いています。
HNの由来は韓国のロッカー
ムン・ヒジュン(笑)
楽天ブログで何年かやってきましたが、
今後こちらと並行して行くつもりです。
「やっくん」名でHPもやってます。
どうぞヨロシク☆

★楽天ブログ
もう…何がなんだか日記
楽天バナー

★HP(ブログ各記事のINDEXも)
やっくんち
やっくんち

最新記事

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

ひよっこ (118)
相棒 (111)
べっぴんさん (152)
とと姉ちゃん (154)
あさが来た (157)
まれ (156)
マッサン (150)
ちゅらさん (8)
花子とアン (156)
ごちそうさん (151)
あまちゃん (156)
純と愛 (151)
梅ちゃん先生 (157)
カーネーション (151)
おひさま (156)
NHK朝ドラ-2 (74)
朝ドラについて考える (20)
韓国映画 (28)
香港・中国映画 (11)
日本映画 (6)
欧米映画 (9)
007シリーズ (14)
その他の映画 (1)
八重の桜 (53)
平清盛 (50)
陽だまりの樹 (11)
JIN-仁- (11)
ドラマ-1- (32)
ドラマ-3- (13)
ドラマ-4- (4)
単発ドラマ (9)
欧米ドラマ (20)
韓国ドラマ‐1‐ (2)
K-POP(主にヒジュン) (1)
MV&歌詞訳(主にヒジュン) (2)
MV&歌詞訳(その他) (19)
食べ物・飲み物 (35)
動物 (31)
イラストetc. (3)
風景、植物 (4)
日常あれこれ (54)
夢 (1)
バトン (8)
小説&マンガreview (1)
アニメ (2)
韓国ドラマ-2- (2)
ドラマ以外のTV番組&DVD等 (1)
ラーメンetc. (6)

月別アーカイブ

フリーエリア

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR