topimage

2017-08

飯と本>『花子とアン』第2話 - 2014.04.01 Tue

リンさんという、ご近所さんが登場

これってリンド夫人を重ねてる?

周造お祖父ちゃんはマシューっぽいしな
学校の名が「阿母」だと思ったら
教会の名は「阿母里」で、まんまアボンリーだし(笑)

そこまで小ネタを入れなくても良い様な気も…

今はまだ導入部だから仕方ないか
アンに出逢い運命を感じるまでの塗り重ねっちうヤツ?

…ひじゅにですが何か?



「こぼすな!」byタケシ



はなの麦・ひえ・あわ弁当と
タケシ様の白米弁当の対比。

麦・ひえ・あわは箸で掴み難いと
現代人の視聴者への美輪様の優しい解説付き。

現代人の視聴者と同じ様に
こぼれやすい麦・ひえ・あわを知らないタケシ様。

   「行儀悪いわ」と続けるところから
   何となし普段の親子関係が伺える感じがするし
   はなとは全く意識が違うんだな…というのも分かる。

   それでも、小作人に対する父親の態度を
   憧れ&尊敬の目で見つめるところは何だか哀れっていうか>ぇ



でもって
遠慮してお弁当を断る、はなの姿へと続く。

お弁当を象徴とした語り口は面白いと思った。
はなの想像力にも繋がって行くし。



「働きづめなのは吉太郎だって…」by母

はなを不憫がる父親に対し
他の子供の名前を出す母。

何か特別な機会を与えるとしたら
当時はやはり長男が真っ先に浮かぶものだろうし…

何故、はななのか?

お土産の絵本に関心を示したのは、はな一人だったから?
一番父親似だから?
一年の内半分も家にいない父だけど子供達の特質は見抜いている?


吉平父さんは奉公に出され
働きながら字や算盤を覚えたとか…

なかなか大したものだなあと感心するけど
それは現代視点ってヤツで
あの当時のあの状況では、寧ろ変わり者
「西洋かぶれ」で「頭がオカシイ」と見なされちゃうのね。

   つまりは、これから
   はなもそういう目で見られていくということを示唆?
   ましてや女だし。



ふじ母さんや周造お祖父ちゃんは
父さんが行商を辞めて畑仕事をしてくれれば…なんて言ってるけど
確かにそうすりゃ人手は増えるけど、行商の収入は当てにしてないの?

「頭がオカシイ」と言われるより、ずっと良いから?
あの父さんだから、あまり稼ぎにはなっていない?
それだけ畑が大事だという考えから?
それだけ毎日がイッパイイッパイってことを示唆?



…なんて細かいところをアレコレ考えてしまうけど
ドラマがツマラナイから余計なところに意識が行くのではなく
こうした好奇心を起こさせるものに、今はなっているってことだろう。


今のところは
定番というか定石というか
素直な流れだと思います>エラソウ

今のところは…とならなければ良いのだけど>ぉ





☆楽天もう…何がなんだか日記もヨロシクです☆
楽天バナー

パパッとおにぎり>一度に3個


おやゆび姫>ダイエット食器


麦・ひえ・あわ入り>今じゃ美味しい健康食扱い


スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yakkunchi.blog90.fc2.com/tb.php/1423-0836a4c7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「花子とアン」第2回★想像の翼--雲で空腹を紛らわすはな(山田望叶)はめ以子とタイプが違う

連続テレビ小説「花子とアン」 第2回(4月1日) 吉平(伊原剛志)が修和女学校に乗り込んで「この学校へ入るにはどうしたらええでしょうか?うちに賢い娘がおるんです。女の子だけんど飛びっ切りええ教育を受けさせてえんです。」 男子禁制だと英語で文句を言われても意味が分からずひたすら笑顔・・・・。 後日。 吉平「はな!東京の女学校へ行ったら大好きな本がなんぼうでも読めるだぞ。」...

【花子とアン】第2話「こぴっと」感想と初回視聴率好発進♪

昨日(3/31月)の初回(第1話)視聴率は、前作『ごちそうさん』より僅かに下がっ

連続テレビ小説 花子とアン(2)「花子と呼んでくりょう!」

吉平さんは、小学校へ数日行っただけで字を覚えたはなの才能を感じ東京のミッションスクールへ通わせようする。吉平さんはこの時代には珍しい父親だと私は感じた。しかし、ミッションスクールの先生の言葉は吉平さんには通じなかった。 村人たちに「西洋かぶれでおかしく...

NHK朝ドラ【 花子とアン 】 第2回 感想

小学校へ数日間通っただけで字を覚えたはな(山田望叶)は、夢中で本を読みふけるように。 娘の才能を感じた父・吉平(伊原剛志)は、はなを東京のミッション系女学校へ入学させようと するが、村人たちに「西洋かぶれでおかしくなった」と言われる。 母・ふじ(室井滋)も「うちのどこに、そんなお金があるのか」と反対する。 そんな折、地主の徳丸(カンニング竹山)が小作料を上げると発表。 はなの家...

花子とアン 第2回

内容 はな(山田望叶)が本を夢中で読む姿を見た吉平(伊原剛志)は、 突如、どこかへ姿を消したと思ったら、 帰ってきた途端、一家で洗礼を受けると言い始める。 また始まった。。。と、ふじ(室井滋)らは呆れかえるばかり。 それでも吉平は、はなを連れて、近くの教会...

奉公と方向>『花子とアン』第3話 «  | BLOG TOP |  » 花子とはな>『花子とアン』第1話

プロフィール

ひじゅに

Author:ひじゅに
ひじゅに

朝ドラを中心にドラマや映画の感想、
K-POP歌詞訳やイラスト、
猫や食べ物の話題など
何だかんだと書いています。
HNの由来は韓国のロッカー
ムン・ヒジュン(笑)
楽天ブログで何年かやってきましたが、
今後こちらと並行して行くつもりです。
「やっくん」名でHPもやってます。
どうぞヨロシク☆

★楽天ブログ
もう…何がなんだか日記
楽天バナー

★HP(ブログ各記事のINDEXも)
やっくんち
やっくんち

最新記事

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

ひよっこ (120)
相棒 (111)
べっぴんさん (152)
とと姉ちゃん (154)
あさが来た (157)
まれ (156)
マッサン (150)
ちゅらさん (8)
花子とアン (156)
ごちそうさん (151)
あまちゃん (156)
純と愛 (151)
梅ちゃん先生 (157)
カーネーション (151)
おひさま (156)
NHK朝ドラ-2 (74)
朝ドラについて考える (20)
韓国映画 (28)
香港・中国映画 (11)
日本映画 (6)
欧米映画 (9)
007シリーズ (14)
その他の映画 (1)
八重の桜 (53)
平清盛 (50)
陽だまりの樹 (11)
JIN-仁- (11)
ドラマ-1- (32)
ドラマ-3- (13)
ドラマ-4- (4)
単発ドラマ (9)
欧米ドラマ (20)
韓国ドラマ‐1‐ (2)
K-POP(主にヒジュン) (1)
MV&歌詞訳(主にヒジュン) (2)
MV&歌詞訳(その他) (19)
食べ物・飲み物 (36)
動物 (31)
イラストetc. (3)
風景、植物 (4)
日常あれこれ (54)
夢 (1)
バトン (8)
小説&マンガreview (1)
アニメ (2)
韓国ドラマ-2- (2)
ドラマ以外のTV番組&DVD等 (1)
ラーメンetc. (6)

月別アーカイブ

フリーエリア

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR