topimage

2017-08

焼け跡>『ごちそうさん』第133話 - 2014.03.10 Mon

関東人なので
「ごちそうさま」という言葉はお馴染みだけど
「ごちそうさん」はあまり耳にすることはない

…と以前、書いたことがあるので

今日の室井さんの「ごちそうさま」に
何となし和んでしまった>ぉ

め以子は東京出身だけど大阪での暮らしが長いので
いつしか大阪弁(モドキ?)になっての「ごちそうさん」だから
ちょっと興味深いなあと思ったし

…あ、でも、東京編でも「ごちそうさん」だったっけ?>忘れた

…ひじゅにですが何か?



「焼け跡でご飯くれる人なんて誰もいなくてね」by室井



↑今日はネタ振りの月曜日
これが一番のバレバレ台詞?



糸子@『カーネーション』は玉音放送を聞いた直後
食事の支度を始めたんだっけ>日常の行為

め以子の場合は、ナスを手にしながらも
ご飯を作りましょう…ではなく
家に帰ると言い出す。

おいおい
当時を知らない、ひじゅにでさえ
「い、今帰ったら危ないんと違う?」
と思えるのに。

蔵に住む
蔵がなくなっていたら小屋を建てる
畑を作って
「ここで暮らしてたみたいに暮らす」

何て能天気!
やっぱ「清々しいほどアサハカ」!?


すっかり良い人になっている和枝さんは
「二度と戻ってこんでええで」と繰り返す。

つまりは、大変だったら
いつでも戻ってきておいで
ってことなんだろうな。

ハナちゃんにまたまた
「イケズしはりますね」なんて言わせちゃって。


そして大量の食糧&種を持たされて西門家に帰る、め以子―


パンパンに膨らんだ荷物を前と後ろに掲げて
その隙間からは野菜が顔を出していて
「襲って下さい」と言っているかの様なイデタチ。

そういうことに思い至らないのは「アホ」というより
それだけ良好な人間関係しか知らなかったってことだよね
今迄は。

複数の男達に襲われたら身の危険を感じるのが普通だろうし
実際、め以子もまずはそこに慄いたわけだけど
実際には荷物だけ奪われ、自分自身は放置される。
ホッとした瞬間、事実に気付く。

男達としても、とにかく必要なのは食べ物なわけで
そこに、当時の過酷な状況が彷彿とされるところが
面白いなと思った>「面白い」は誤解を招く表現かな?


そうした状況とは対照的に
希子ちゃんやラジオ局はやたら“綺麗”なことに
ちょっとばかし違和感。


「修理もあるし」なんて言ってたから
本当は対照的に描いているわけではないのかもしれないけどね。


まあ、その後に登場した室井さん
コークスでいつも以上に汚れ放題だったから
そこは意図的な“対照”なんだろう。


でも、こんな状態に夫を放ってくなんて
桜子はどう思っているのか…と、そこが気になる。

戦中は戦意高揚小説を書いて桜子をガッカリさせていたから
戦後になってからも「生きるために」と“芸術”に反することを行い
またまた桜子の怒りを買った…という可能性大だけど

それでも、あの状態の街に夫を追い出すとは過酷にも程があるよな。
相当な理由付けをしとかないと後の展開に障りそう>心配し過ぎ?


で、上↑に挙げた台詞。


第1話で示された
焼け跡で子供達に食べ物を振る舞う、め以子の図ぅ―
に、いよいよ近づいてきたわけだな。


以前は子供達にタカられていた…って側面があったけど
室井さんの言葉からして、これからはもっと切実な意味合いが含まれる
ってことになるのかな?

でもって、め以子の方も
泰介君出征の後、ずっと一人で食事をしてきたわけで
活男君戦死の知らせに心までも独りぼっちになっていたわけで
和枝さんからも、そこは覚悟すべきと強く言われていたわけだけど

今、ようやく室井さんと一緒に食事をすることができた。

「ごちそうさま」
「ごちそうさん」
と互いに言い合えた。

ここが、め以子側の強い動機付けになっていくのかな?





☆楽天もう…何がなんだか日記もヨロシクです☆
楽天バナー

もう一度、ごちそうさまが聞きたくて。>栗原はるみ


なす



焼け跡日記>山田風太郎


スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yakkunchi.blog90.fc2.com/tb.php/1396-2182d053
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ごちそうさん 第133回★焼け跡の中心から「ごちそうさん」を叫ぶ

連続テレビ小説「ごちそうさん」 第133回(3月10日) 今日は約10万人が命を落とした東京大空襲から69年を迎えた3月10日ですが、テレビの中は昭和20年(1945年)8月15日。 終戦を迎え、すぐに大阪に戻りたいと和枝(キムラ緑子)に言い出すめ以子。 今更繰り返しても詮ないことですけど、見た目も口調も立ち居振る舞いもすべてがバリバリの20才台に見えるめ以子(杏)---19...

ごちそうさん 第133回

内容 終戦。 和枝(キムラ緑子)のもとから大阪へ帰っていっため以子(杏) 変わり果てた町に驚きつつ、希子(高畑淳子)らと再会。 和枝の元へ戻ったほうが良いと勧められため以子だったが、 大阪に残ることを決意。 悠太郎らの安否を確認しようと出かけるのだが、見知...

連続テレビ小説 ごちそうさん(133)「いもに見ていろ!」

め以子は、和枝姉さんの嫁ぎ先で終戦を迎える。西門家に戻って家族を待とうと 決意しため以子。和枝姉さんは野菜を持たせてくれた。二度と戻ってこんでもええで。 といういけずは和枝姉さんらしくていい。戻ってすぐ希子や啓司と無事を 喜び合う。 しかし、希子は市内の治安が悪いことを理由に、和枝のもとに帰るように 勧めるが、め以子は言うことをきかないようだ。め以子の気持ちはわかるが・・・・ 希子...

うまいもん>『ごちそうさん』第134話 «  | BLOG TOP |  » 『相棒12』第17話

プロフィール

ひじゅに

Author:ひじゅに
ひじゅに

朝ドラを中心にドラマや映画の感想、
K-POP歌詞訳やイラスト、
猫や食べ物の話題など
何だかんだと書いています。
HNの由来は韓国のロッカー
ムン・ヒジュン(笑)
楽天ブログで何年かやってきましたが、
今後こちらと並行して行くつもりです。
「やっくん」名でHPもやってます。
どうぞヨロシク☆

★楽天ブログ
もう…何がなんだか日記
楽天バナー

★HP(ブログ各記事のINDEXも)
やっくんち
やっくんち

最新記事

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

ひよっこ (120)
相棒 (111)
べっぴんさん (152)
とと姉ちゃん (154)
あさが来た (157)
まれ (156)
マッサン (150)
ちゅらさん (8)
花子とアン (156)
ごちそうさん (151)
あまちゃん (156)
純と愛 (151)
梅ちゃん先生 (157)
カーネーション (151)
おひさま (156)
NHK朝ドラ-2 (74)
朝ドラについて考える (20)
韓国映画 (28)
香港・中国映画 (11)
日本映画 (6)
欧米映画 (9)
007シリーズ (14)
その他の映画 (1)
八重の桜 (53)
平清盛 (50)
陽だまりの樹 (11)
JIN-仁- (11)
ドラマ-1- (32)
ドラマ-3- (13)
ドラマ-4- (4)
単発ドラマ (9)
欧米ドラマ (20)
韓国ドラマ‐1‐ (2)
K-POP(主にヒジュン) (1)
MV&歌詞訳(主にヒジュン) (2)
MV&歌詞訳(その他) (19)
食べ物・飲み物 (36)
動物 (31)
イラストetc. (3)
風景、植物 (4)
日常あれこれ (54)
夢 (1)
バトン (8)
小説&マンガreview (1)
アニメ (2)
韓国ドラマ-2- (2)
ドラマ以外のTV番組&DVD等 (1)
ラーメンetc. (6)

月別アーカイブ

フリーエリア

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR