FC2ブログ
topimage

2020-10

『八重の桜』第42話 - 2013.10.27 Sun

第42話『襄と行く会津』


「自由は死なんぜよ」by板垣


歴史に疎いひじゅには、ここで板垣退助は死ぬのかと思っていたぜよ(^^;)
しかも
「板垣死すとも自由は死なず」という有名な言葉を
そのまま言ったのかと思っていたので
「死なんぜよ」は新鮮だった>おバカでスミマセンスミマセン

そんな板垣と八重は襄を挟んで
ミルクセーキ繋がり>ぉ

人民の力を育てるために同志社英学校を私立大学にしたいと考える襄。
会津を日本全体に当てはめて
強い国になるためには人民の力が必要だと答える板垣。

こういう形で会津の悲劇が少しでも報われるなら良いことだな。


ちゅーことで
会津へ伝道旅行―


その前に安中に行っているし>家の中だけ
さらに、その前には信州で徳富と蕎麦食い比べ>台詞だけ

そして会津―

回想シーンに次ぐ回想シーンで総集編の様だった今回。
それでも、会津関係がまた出てきたのは良かった。

後半は舞台も雰囲気もガラリと変わってしまったので
会津時代は遠い遠い夢の中の出来事の様でもあり
今でも疼く傷跡の様でもあって、感慨深いものがあった。

父親や弟の三郎の顔が映った時はジンとしたし
お吉との再会には泣けたし
尚之助はとてもとても懐かしい感じがした。

吉田寅次郎の思い出が長々出てきた時は
小栗旬ファンへのサービス?
とか思ってしまったけど>こらこら


うらさんとの再会は賛否両論かなあ…

実話ではないので、これが必要だったか否かは分からない。
あのまま現状は不明…とした方が良かった気もしなくもないし
ドラマ的には、あったことで盛り上がり&纏まりが付いた気もするし。

心情的には、みねに逢えて良かったね!とは思うんだよ。

先回みねが父親に恨み事を言ったエピと繋がるし
みねが早くに亡くなってしまうことや
みねを思わぬ日はなかったはずのうらさんの気持ちを考えると
逢えて良かったと。

でも、やっぱりなあ
ないという手もあったと思うんだよなあ。


その件を手紙で読む母&覚馬の様子に
微妙な表情で佇む時栄の姿は
これから彼女の不倫エピを描くための準備か?
と思えてしまった(笑)


ちょびっと気になったことは―

*徳富猪一郎がもう教会には行っていないこと―

キリスト教ではなく襄の信者だと言っていて
何となくその場は良く収まったかの様だったけど
襄はそのキリスト教を広めるため伝道旅行をしているわけだし
「はあ?」って気もするんだけど…

まあ、そこは置いといて>ぇ

彼の今後の活動や思想において、この点が深く関係してくるのかな?
疎いひじゅには分からんけども、少しばかり興味が湧いた。


*八重の台詞「勝負は負けたらつまりません」―

別に何てことのない言葉かもしれない。
それに、会津時代の八重には似つかわしい考え方だし。

ただ、襄と結婚し、キリスト教の洗礼も受けた今の八重が
今だにこういう思想でいるとしたら、ちょっとなあ…って気もする。

まあ、そこが八重なんだろうけどね。


何か、宗教とか信仰とか改宗とか…
それらが真に意味するところとは乖離している人ばかりな気がする。

…エラソウにスミマセンスミマセン(^^;)




☆楽天もう…何がなんだか日記もヨロシクです☆
楽天バナー

☆朝ドラ感想は「REVIEWの部屋」に纏めてあります☆
やっくんち
やっくんち

ミルクセーキ>缶


ミルクセーキ>スミレ


ミルクセーキ>アイス

スポンサーサイト



● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yakkunchi.blog90.fc2.com/tb.php/1250-2ff94519
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

大河ドラマ「八重の桜」第42回

  第四十二回「襄と行く会津」襄と八重は、新婚のみねと伊勢を連れ立って、会津への伝道旅行に出かける。みねを連れていくことにしたのは、生き別れたみねの母・うらに再会できる...

大河ドラマ「八重の桜」第42回

会津旅行… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201310200001/ 【送料無料】八重の桜(4) [ 山本むつみ ]価格:1,470円(税込、送料込)

【八重の桜】第42回感想と視聴率「襄と行く...

「襄と行く会津」第42回の視聴率は、前回より上がって、14.8%でした♪うらさん、元気そうで、良かったです♪みねとの再会、感動的でした♪(^^)ただ、今回は、回想シーンが...

【八重の桜】第42回感想と視聴率「襄と行く会津」

「襄と行く会津」 第42回の視聴率は、前回より上がって、14.8%でした♪ うら

『八重の桜』第42回「襄と行く会津」★私、余計なことをしたべか?

『八重の桜』第42回「襄と行く会津」 襄(オダギリジョー)は八重(綾瀬はるか)と、みね(三根梓)&伊勢(黄川田将也)夫妻とともに、会津に足を踏み入れました。 城は既に7年前に取り壊されて、かつての山本家が建っていた場所は長屋に変わっております。 みねが住人に「昔、山本家に嫁いでいたうらという人をご存じねえでしょうか?」 地べたを掘ったような場所に気付き八重が「角場だ。...

桜&民>『ごちそうさん』第25話 «  | BLOG TOP |  » 人参>『ごちそうさん』第24話

プロフィール

ひじゅに

Author:ひじゅに
ひじゅに

朝ドラを中心にドラマや映画の感想、
K-POP歌詞訳やイラスト、
猫や食べ物の話題など
何だかんだと書いています。
HNの由来は韓国のロッカー
ムン・ヒジュン(笑)
楽天ブログで何年かやってきましたが、
今後こちらと並行して行くつもりです。
「やっくん」名でHPもやってます。
どうぞヨロシク☆

★楽天ブログ
もう…何がなんだか日記
楽天バナー

★HP(ブログ各記事のINDEXも)
やっくんち
やっくんち

最新記事

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

スカーレット (153)
相棒 (126)
なつぞら (156)
まんぷく (151)
わろてんか (152)
半分、青い。 (154)
ひよっこ (157)
べっぴんさん (152)
とと姉ちゃん (154)
あさが来た (157)
まれ (156)
マッサン (150)
ちゅらさん (8)
花子とアン (156)
ごちそうさん (151)
あまちゃん (156)
純と愛 (151)
梅ちゃん先生 (157)
カーネーション (151)
おひさま (156)
NHK朝ドラ-2 (74)
朝ドラについて考える (24)
韓国映画 (30)
香港・中国映画 (11)
日本映画 (10)
欧米映画 (9)
007シリーズ (14)
その他の映画 (1)
八重の桜 (53)
平清盛 (50)
陽だまりの樹 (11)
JIN-仁- (11)
ドラマ-1- (32)
ドラマ-3- (16)
ドラマ-4- (4)
単発ドラマ (9)
欧米ドラマ (20)
韓国ドラマ‐1‐ (3)
MV&歌詞訳(主にヒジュン) (3)
MV&歌詞訳(パク・ヒョシン) (5)
MV&歌詞訳(QUEEN) (16)
MV&歌詞訳(エド・シーラン) (8)
MV&歌詞訳(その他) (25)
K-POP(主にヒジュン) (1)
食べ物・飲み物 (68)
動物 (31)
イラストetc. (3)
風景、植物 (4)
日常あれこれ (60)
夢 (1)
バトン (8)
小説&マンガreview (3)
アニメ (2)
韓国ドラマ-2- (2)
ドラマ以外のTV番組&DVD等 (1)
ラーメンetc. (6)
エール (144)
ドラマ2 (6)

月別アーカイブ

フリーエリア

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR