topimage

2017-08

『八重の桜』第36話 - 2013.09.15 Sun

第36話『同志の誓い』


「いいえ、建前です」by八重


襄と婚約したことでキリスト教の問題が浮上。

まあ、襄はそれ故に戦っている最中だったわけで
八重もその戦いに参加。
ここのところは、戊辰戦争で彼女が銃を取ったことと
重ねているのかも。

「会津の者は大人しく恭順しねえのです」

会津人としの誇りを失わない八重の言葉に
この2つの“戦い”が結び付けられていると思う。



と同時に
容保様を代表として、あまりにも真っ直ぐで
それ故に悲劇に陥ってしまった会津…というイメージがあるので
今回の「建前」を上手く使っていたところが面白かった。

やはり、真っ直ぐ故に悲しい死に方をしてしまった尚之助と
もっと柔軟で、自由なイメージのある襄との対比でもあるのかな。


ただ、八重は聖書を学んではいたものの
その教えにまだ納得していないというか、理解しきれていない様子が描かれて
その後の意識の変化みたいなのは、目に見えてはなかった気がするので
ちょっとそこが物足りない気も…

結婚したなら夫に合せ夫に従う…というのは
当時は特に、当然なことだっただろうけど
「私の前を歩く凛々しい妻」と尚之助に言われた八重だから
信仰も自分の意志で掴みとる…という風だったら良かった気がする。

いや、現実にはそうだった可能性もあるけど>知らんけど


「あなたの行く道が私の行く道です。あなたと同じ志を持って生ぎて行きたいのです」

ここのところも
尚之助と襄との対比でもあるのかな。
「前を歩く」から「並んで歩く」への変化?

まあ、ここで「志」という言葉が出るのは
「同志社」というネーミングに繋がるのだろうけど>ぉ


いざ、そうと決めたからには確たる信念で突き進む
ってところは、学校に関して発揮されていたから充分か。

「ただ生き方がハンサムなのです」

本当はこの前に
「彼女は見た目は決して美しくはありません」
という文が入るのだけど
綾瀬はるかに「美しくありません」とは言い難いからな(^^;)


女紅場を辞める時
親の言いつけで八重と口をきこうとしなかった生徒が
教室から引きずり出される八重に向かって歌い出すところは
『金八先生』にも通じる感動シーンなのだろうけど
『金八先生』ほど生徒達との交流が描かれていなかったので
あんまり盛り上がれなかった>スミマセンスミマセン

とはいえ
「自分のドリームを」と叫ぶ八重に
「Dreamer」と歌いかけるのは良かった。


学校に関して
あくまでも前向きな襄は素敵だなと思った。
ちょいチャラ男っぽいけど>こらこら

「建前」を思いつく覚馬は
ちょいスカッとした>ぉ

「西洋の文明を伝えながら、それを作り上げたキリスト教の考えだけは伝えないなんて
どだい無理な話だ。
今は開かれた世、技術も思想も全て入ってくる。
その中がら、我々が自分で選び取るのです。
形だげ真似でも、西洋を追い越すごどは出来ません」


槇村のオーバーな演技が気に入ってきたところだったので
覚馬と袂を分かってしまうのは惜しい気がする>史実ですから


こうして同志社英学校がスタート。

最初の生徒代表として杉田勇次郎登場。
日本最初の心理学者となる元良勇次郎だね。
でも、ヤング金田一耕助って感じなんですけど(^^;)


そして八重もウェディングドレスで
日本最初のプロテスタントの挙式。


やはり「美しくありません」とは言えないなあ(笑)
立ち姿がキュートだなあ。



☆楽天もう…何がなんだか日記もヨロシクです☆
楽天バナー

☆ドラマ&映画感想は「REVIEWの部屋」に色々置いてあります☆
やっくんち
やっくんち

京梅酒・八重さん>梅の実入り


ハンサムな女傑の生涯


心は何でできているのか>脳科学から心の哲学へ

スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yakkunchi.blog90.fc2.com/tb.php/1199-a3708da8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

大河ドラマ「八重の桜」第36回

   第三十六回「同志の誓い」襄の求婚を受け入れた八重。しかし槇村は、キリスト教徒である襄と婚約した八重を女紅場から解雇しようとする。キリスト教に入信しないことが雇用継...

大河ドラマ「八重の桜」第36回

建て前… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201309080002/ 【送料無料】八重の桜(3) [ 山本むつみ ]価格:1,470円(税込、送料込)

【八重の桜】第36回と視聴率「同志の誓い」

「同志の誓い」前回、お休みしてしまって、すみません。第36回の視聴率は、前回の14.2%より上がって、15.4%でした♪八重と襄さん、ご結婚、おめでとうございます♪(^^)でも、結...

『八重の桜』第36回「同志の誓い」★会津の者は大人しく恭順しねえのです

『八重の桜』第36回「同志の誓い 綾瀬はるかのファンなので本来的には贔屓の引き倒しの筈なんだけど、この作品からは気持ちが離れつつあって、出来の悪い部分に目が行ってしまうネ...

重い>『あまちゃん』第145話 «  | BLOG TOP |  » 北へ>『あまちゃん』第144話

プロフィール

ひじゅに

Author:ひじゅに
ひじゅに

朝ドラを中心にドラマや映画の感想、
K-POP歌詞訳やイラスト、
猫や食べ物の話題など
何だかんだと書いています。
HNの由来は韓国のロッカー
ムン・ヒジュン(笑)
楽天ブログで何年かやってきましたが、
今後こちらと並行して行くつもりです。
「やっくん」名でHPもやってます。
どうぞヨロシク☆

★楽天ブログ
もう…何がなんだか日記
楽天バナー

★HP(ブログ各記事のINDEXも)
やっくんち
やっくんち

最新記事

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

ひよっこ (117)
相棒 (111)
べっぴんさん (152)
とと姉ちゃん (154)
あさが来た (157)
まれ (156)
マッサン (150)
ちゅらさん (8)
花子とアン (156)
ごちそうさん (151)
あまちゃん (156)
純と愛 (151)
梅ちゃん先生 (157)
カーネーション (151)
おひさま (156)
NHK朝ドラ-2 (74)
朝ドラについて考える (20)
韓国映画 (28)
香港・中国映画 (11)
日本映画 (6)
欧米映画 (9)
007シリーズ (14)
その他の映画 (1)
八重の桜 (53)
平清盛 (50)
陽だまりの樹 (11)
JIN-仁- (11)
ドラマ-1- (32)
ドラマ-3- (13)
ドラマ-4- (4)
単発ドラマ (9)
欧米ドラマ (20)
韓国ドラマ‐1‐ (2)
K-POP(主にヒジュン) (1)
MV&歌詞訳(主にヒジュン) (2)
MV&歌詞訳(その他) (19)
食べ物・飲み物 (35)
動物 (31)
イラストetc. (3)
風景、植物 (4)
日常あれこれ (54)
夢 (1)
バトン (8)
小説&マンガreview (1)
アニメ (2)
韓国ドラマ-2- (2)
ドラマ以外のTV番組&DVD等 (1)
ラーメンetc. (6)

月別アーカイブ

フリーエリア

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR