topimage

2017-10

野菜>『あまちゃん』第97話 - 2013.07.22 Mon

昨夜から脚が痛くて唸っている

…ひじゅにですが何か?



「徐々にいつものバカみたいな感じに戻ると思います」
                             
byアキ



大丈夫!

「ヘビー」とアキが心配しているパートも
ツッコミどころ満載で十分にバカみたいだかr…

あ、いえいえ、何でもありません!


ちゅーことで始まりました今週の『あまちゃん』

春子さんの昔語りは、さすがに二回目で完結するのだろう
幾ら何でもまた引っ張るだなんてことはないだろう

…と思ったら

太巻さんと決別して正宗さんと新たな人生をスタートさせた春子さん
という、今に至るまでの時の繋がりは一応出来たわけだけど

一旦、帰郷しようと決意した春子さんが何故
あっという間に気持ちを変えたのか
その理由はまだ謎のまま。

やはり

引っ張って
引っ張って
引っ張りぬいて
もうこれ以上引っ張ったらドラマそのものが終わってしまう!
それじゃ引っ張りではなく未完と言うんじゃないか?

…となるギリギリのところで真相を明かす算段だったりして?



あのさあ
ひじゅにって真面目じゃん?

↑何を言い出すのだ唐突に

いや、だからさあ
ひじゅにって真面目じゃん?

だから、ドラマも
表面上は小ネタで「バカみたい」な状態でも
底にはちゃんと筋の通った物語が存在していて
幾重もの楽しみ方を提供してくれる作品なのだ!

と、勝手に真面目に期待しちゃってたわけで
それが、そもそもの間違いだったんだな
…と、今頃になって気付いたよ。

漫才とかコントとかであるじゃん?

一人がアレコレ語り
もう一人がチャチャを入れ笑わせるんだけど
語り終えてみると、その話自体が「バカみたい」な内容だった
という二重構造。

『あまちゃん』もソレなんだろう。

感動的に盛り上げるBGMや
「今日は感動したー」というファン達の感想に
しっかり惑わされていたよ。

惜しむらくは

同じ騙されるのでも
真面目に真剣に感動し翻弄された挙句にオチを知る
…というのが良かったなー。

「え?」「何それ?」「おかしくね?」等々
真面目に困って疑問だらけになって悩んで
…という無粋にも程がある「バカみたい」な反応でいた
自分が「バカみた~い」(by『おひさま』)

↑おお、こんなところにも朝ドラ過去作へのオマージュが>そうか?



オマージュといえば

「パパとママがくっつかねーとオラはこの世に生まれてこねーべ」

両親の話に身を入れ過ぎるあまり
過去も現在もゴッチャになっちゃってる、おバカなアキの図ぅ―

っちゅーことなんだろうけど
この言い方で何気に思い出すのは『バック・トゥ・ザ・フューチャー』

好きな映画だから思わず反応してしまったべ。
あれも’80sの作品だから、いつもの小ネタかもね。


母親からの手紙を読み
父親に話を聞きに行き
母親に電話する

しっかり両親の橋渡しをしているアキ。

正宗さんは無意識に人をイラつかせるキャラという設定らしく
今回も「理屈っぽい、学級委員っぽい、近所のおばちゃんっぽい」と
アキに言われていたけれど

結構、全てのキャラが台詞で笑わせることが多い『あまちゃん』ワールドだから
特に正宗さんが変…とも思えないんだけど>ひじゅにだけ?

少なくとも、春子さんやアキは、そこに閉口していたっぽい。

ああ、だから離婚という結果になっても、長いこと父親に逢わなくても
平気の平左のアキだったのか?

それが今回初めて「かっけー」「まじリスペクト」と評価が逆転したから
復縁は近い?


ところで、やっぱ気になるのは

「ファン第一号なんです」

ヒロシと同じ台詞を言う正宗さんの図ぅ―
だよね。

その前に
関西弁の「you」は色々あると正宗さんがアレコレ挙げた中に
「自分」があって

勿論この場合は「you」を表す「自分」なんだけど
「自分」という言葉自体で思い出すのは、やはり
「ズブン」by種市先輩だよね>ひじゅにだけ?

ひじゅにがアキだったら
絶対にあそこで反応する。

鈍感アキだから結び付かないのだと思えば思えるけど
でも、恋する女の子って変なところに敏感なもんじゃ?>ひじゅにだけ?

だから、ほんの一瞬で済むのだから
アキが表情をピクッとさせるところがあったら
繊細さが加わって良かったんだけどなあ…

まあ、そんな、ひじゅにだけかもしれない拘りは置いといて>ぉ

その後に「ファン第一号」の台詞があったから
ヒロシ・フラグがイキナリ上昇してきちゃったりなんかしたんだけど(笑)

幾ら辻褄合わせなどしないと豪語しているクドカンでも
この台詞は意味を込めてのものだと思いたい。

↑まだ微かに希望を抱いている性懲りのない私?


とはいえ
アキ&春子の電話シーンで
感動を促すBGMが鳴り響いていても
さすがのひじゅにも無反応>こらこら

ユイが電話を受けた時に
やはり、ほんの一瞬で済むのだから
「うん、私は相変わらずだよー」とか
「この間はどーもね」とか
ユイ&アキ間のやり取りが入ったら
繊細さが加わって良かったんだけどなあ…



そそそそれとも
繊細さは「バカみたい」の真逆なので
ワザと無視?




☆楽天もう…何がなんだか日記もヨロシクです☆
楽天バナー

☆朝ドラ感想は「REVIEWの部屋」に纏めてあります☆
やっくんち
やっくんち

好きすぎてバカみたい


旬のお野菜、お鍋10点セット


松坂牛

スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yakkunchi.blog90.fc2.com/tb.php/1130-7ff0a378
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

NHK朝ドラ【あまちゃん】第97回 感想

アイドルを目指していた春子(有村佳純)は、太巻(古田新太)とともに抱えた秘密の ため、デビューできないまま3年がたった。 ついに東京を去るとき、上野駅に向かうために乗った

「あまちゃん」 第17週 おら、悲しみがとまらねぇ 第97話

『え〜今週は割とヘビーな幕開きですが徐々にいつものバカみでぇな感じに戻ると思います』 (; ̄− ̄)そうなのぉ?だったら、いいけど・・・  春子からの手紙を読み終わったア ...

あまちゃん 第97回

『おら、悲しみがとまらねぇ』 内容 春子(小泉今日子)と鈴鹿ひろ美(薬師丸ひろ子)荒巻(古田新太)の 3人の秘密を知ったアキ(能年玲奈) 影武者を続けた春子(有村架純)は、...

疑惑>『あまちゃん』第98話 «  | BLOG TOP |  » 『八重の桜』第28話

プロフィール

ひじゅに

Author:ひじゅに
ひじゅに

朝ドラを中心にドラマや映画の感想、
K-POP歌詞訳やイラスト、
猫や食べ物の話題など
何だかんだと書いています。
HNの由来は韓国のロッカー
ムン・ヒジュン(笑)
楽天ブログで何年かやってきましたが、
今後こちらと並行して行くつもりです。
「やっくん」名でHPもやってます。
どうぞヨロシク☆

★楽天ブログ
もう…何がなんだか日記
楽天バナー

★HP(ブログ各記事のINDEXも)
やっくんち
やっくんち

最新記事

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

わろてんか (15)
ひよっこ (157)
相棒 (111)
べっぴんさん (152)
とと姉ちゃん (154)
あさが来た (157)
まれ (156)
マッサン (150)
ちゅらさん (8)
花子とアン (156)
ごちそうさん (151)
あまちゃん (156)
純と愛 (151)
梅ちゃん先生 (157)
カーネーション (151)
おひさま (156)
NHK朝ドラ-2 (74)
朝ドラについて考える (20)
韓国映画 (28)
香港・中国映画 (11)
日本映画 (6)
欧米映画 (9)
007シリーズ (14)
その他の映画 (1)
八重の桜 (53)
平清盛 (50)
陽だまりの樹 (11)
JIN-仁- (11)
ドラマ-1- (32)
ドラマ-3- (13)
ドラマ-4- (4)
単発ドラマ (9)
欧米ドラマ (20)
韓国ドラマ‐1‐ (2)
K-POP(主にヒジュン) (1)
MV&歌詞訳(主にヒジュン) (2)
MV&歌詞訳(その他) (19)
食べ物・飲み物 (41)
動物 (31)
イラストetc. (3)
風景、植物 (4)
日常あれこれ (54)
夢 (1)
バトン (8)
小説&マンガreview (1)
アニメ (2)
韓国ドラマ-2- (2)
ドラマ以外のTV番組&DVD等 (1)
ラーメンetc. (6)

月別アーカイブ

フリーエリア

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR