topimage

2017-08

お互い様>『あまちゃん』第94話 - 2013.07.18 Thu

何か、聞くところによると昨日は「神回」だったとか…

あの留守電リレーは面白くはあったけど
気恥ずかしくもあったし
『つばさ』の紀菜子(斉藤由貴)エピの1シーンを思い出したりもした

↑あっちは留守電じゃなくて単に電話での会話ってだけだけど
気恥ずかしい雰囲気が似てる気がして

あの時は「あまりに酷いので途中でTVを消した」なんて人もいた
今回そんなことを言う人がいたら袋叩きの目に遭いそう

…と、複雑な思いが交錯してしまってさ(^^;)

ちなみに私は逆風の中『つばさ』押しだった
嘲笑コメントも貰った

今は『あまちゃん』に賛否両論書いていて
批判的な方に傾いた時は嘲笑される(笑)

何なんだろう、この現象?

…ひじゅにですが何か?



「私のためじゃなくて自分のためにやってみなよ」byユイ



やっぱ、ユイもアッサリ陥落>陥落いうんかい

予想通りとはいえ
あまりにも都合良くユイが使われて終わりなので
これでメデタシメデタシの方向へ行くのではなく
そのうちまた都合良く突き落とされるんじゃないか?
…と、一抹の不安(――;)


「お互い様だ」
二回も繰り返されたアキの台詞。
これに引っかかってしまったのはヒネクレひじゅにだけ?

だって「お互い様」って同等ってことでしょ?

お互いに傷つけ合ってしまった―
そのことだけを取り上げれば確かにお互い様。
でも、傷の深さはだいぶ違うと思うんだけど…?


前にも書いたけど、ユイの状況は
高校生の女の子にはかなりキツイと思うぞ。
だから、あの時ユイが吐いた毒は
毒である前に悲痛な心の叫びでもあった。

まあ、同じく高校生(+おバカ)のアキには
理解できないのは仕方ない…と見ることはできるけど(笑)
それでもユイが否定していたのはユイ自身の過去だというのは明らかで
まんま自分に当てはめて傷つくアキの図ぅ―は
全く分からないとは言わないけど
そこに焦点当てちゃうのかい?って感じもしてしまう。

逆にアキが投げた言葉はユイの地雷を踏みまくりだった。
全然“同等”じゃないじゃん。

いや“同等”だったとしても
“同等”であるなら尚更
アキにも「ごめんね」と言ってほしかった。

言えないのは“同等”とすら思ってはいなくて
被害者意識しかないのか…とさえ見えてしまう。

↑見えてしまう、ってことだよ
そうだと断定しているわけじゃないよ(笑)



勿論、本人にはほとんど自覚なしだろうから
まだ未熟も未熟な女の子だから
バカだから
あまちゃん
だから
…と、言い訳は色々思いつくけど(笑)

相手も同じ未熟な女の子のユイなんだしさ

だってユイは賢いけどアキは(略)
とか
それはアキに気まずさや照れがあったからだよ
とか
…脳内補完はできるかもしれないけど(笑)

アキに愛情を持っている人は
そんなアキが余計に愛しいと思えるかもしれない。
アキのキャラにしっくり来ない人は
ここでもまたアキに伸ばした手が振り払われてしまったって感じ。


アキの状況も辛くないとは言わない。
でも、「不幸」と呼ぶほどではなく
寧ろ「経験できて良かった」「成長の糧となった」と
将来思えるものだと思うし
現在一線で活躍している人達もザラに経験していることだと思う。

それまでが「ツイてる」と自分でも思うくらいの恵まれぶりだったので
イイ気になって傍若無人ぶりに拍車がかかって無神経さ全開になっていた。
そんな風に高くなり過ぎてた鼻がポキンと折られたから
アキは落ち込み、混乱し、責任転嫁もし、現実逃避し
昔の「地味で暗くて…」な女の子に戻りかけもした。

ってことなんだと思っていた。

ひじゅにが「陰湿」だからそう感じたのではなく(笑)
まさにクドカンがその様に描いていたのだと思っていたんだよ。

だから今はそこから立ち上がる重要なエピ
と受け取っていたんだよ。

東京組からの励まし>居場所はある
ユイとの関係の修復>ユイのためではなく自分のためという新たな動機
という形で再生への力が得られる、という流れは良いと思う。


なのに何だか白々しく感じてしまうのは

東京編での人間ドラマは掘り下げが足りなかった気がする
(まあ、一応、“記号”的にはなっていると思うけど)
…のは置いとくとしても

ユイをあまりにもアッサリ正常に戻してしまったのも難だしな
(これまた“記号”は配置されていたものの)
…ってのも置いとくとしても


アキの葛藤の描写があまりにも薄い上に
主張することがコロコロ変わるから
鼻は折れたのではなく、ちょっとぶつかっただけで
思い通りに行かないから、ちょっと拗ねてただけ
みたいに見えてしまうんだよな(^^;)

少なくとも、「ユイのために頑張ってきた」というのは
これまたアキに愛情を持っている人にとっては
「うんうん」ってとこなんだろうけど(笑)
しっくり来ない人にとっては
「はあ?」なんだよなあ(^^;)

↑言いたいことは
アキがそーいうキャラだから好きとか嫌いとかよりも
何で作者はそんな風に描くのだろう!?
ということだよ




やっぱ、春子さんは影武者>まんまじゃん

前々から憶測が飛び交っていた。
太巻・春子・鈴鹿の関係は
春子がゴーストシンガーだったんじゃないか!?
と。

でも、引っ張るから
もっと捻りを効かせた真相なのかな?と思い

さらに引っ張って引っ張るから
しだいにどーでも良くなり

引っ張って引っ張って引っ張るから
今更?って気持ちになり

それでやっと語られたのが
やっぱゴーストシンガーでした!
って…

まあ、明らかに声が違うし
春子さんは既にカラオケを披露しているから
あのまま本当に春子さんの歌が採用されたとは思えないので
その先にはようやく、あっと驚く様な真相が待っている?
影武者だと思ったら落ち武者だった!
みたいな?




☆楽天もう…何がなんだか日記もヨロシクです☆
楽天バナー

☆朝ドラ感想は「REVIEWの部屋」に纏めてあります☆
やっくんち
やっくんち

お互い様


琥珀ブレスレット


母からの手紙

スポンサーサイト

● COMMENT ●

はじめまして。
いつも楽しく読ませてもらってます。

我が家にも猫がいます。
3匹も・・・
1匹は今年の2月の末に怪我をして家の前にいた迷い猫です。
先住猫2匹が警戒していてまだ隔離状態ですが・・・
3匹が仲良くなれるには時間がかかりそうです。
先住猫にストレスを与えてしまいました。迷い猫を放っておけなかったバカな私です。

あまちゃんですが、東京編でのアキの暴言暴走はすごかったですね。
「わがままな女優」というより「わがままなアキ」状態で…
それに鈴鹿さんはいい人にしか見えませんし・・・
もっとアキの頑張りや苦労を描いてくれれば今日の回はもっと感動できたはずですよね。

「お互い様だ」…何でクドカンはアキにこんな言葉を言わせるんでしょうね。
「ごめんね」でいいのに・・・

影武者は引っ張りすぎましたね。

でもなんだかんだいいながら、あまちゃんは楽しく見ています。

まおっちさん☆

ありがとうございます。
お返事遅くなってスミマセン。
猫も他の猫とすんなり仲良くなれるのと対立してしまうのと色々みたいですね…
でも、猫ちゃんが多くて羨ましいです~>庭に野良は来るけど家猫はゼロになってしまったので

『あまちゃん』小ネタは全体的には好きなんですよ。
雰囲気も、登場人物達も、何だかんだ言っても好きです。
そうした人達に「何故こんな台詞を言わせるの?」「何故こんな行動をさせるの?」という疑問が湧いてしまうんですよね…
「お互い様」もアキの「あまちゃん」ぶりを表しているのかもしれないし
お笑いも含んでいるのかもしれないし…色々考えられることはあるのだけれど
感覚的に「ナンダカナ…」となってしまって…
感覚的に非常に難しいドラマなのかな、という思いです(^^;)


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yakkunchi.blog90.fc2.com/tb.php/1125-73d58865
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

NHK朝ドラ【あまちゃん】第94回 感想

目標を見失って悩む、帰省中のアキ(能年玲奈)。 水口(松田龍平)は東京へ戻るように説得するが、アキは作業小屋にこもったまま出てこない。 そこにユイ(橋本愛)が来て、アキ

「あまちゃん」 第16週 おらのママに歴史あり 2 第94話

 落ち武者、キターーーー!ヽ(ヽ(゚ヽ(゚∀ヽ(゚∀゚ヽ(゚∀゚)ノ゚∀゚)ノ∀゚)ノ゚)ノ)ノ ついに春子と太巻さんの因縁が明らかに・・・  さて、振り返ってみましょう。 アキ( ...

【あまちゃん】第94回感想「影武者」と第15週...

じぇじぇじぇ!春子さん、鈴鹿ひろ美の影武者だったんですね。まさか、鈴鹿さんがこんなに歌が下手だったとは(汗)薬師丸さんの独特な声の歌、好きだったので、これは予想外でした...

連続テレビ小説 あまちゃん(94)「おらのママに歴史あり 2」

連続テレビ小説 あまちゃん?-?Yahoo!テレビ.Gガイド[テレビ番組表] アキちゃんは目標を失って悩んでいた。ミズタクさんが東京に帰るよう説得するが アキちゃんは作業所にこもったまま出...

あまちゃん 第94回

内容 “みんな君の帰りを待っている。だから一緒に帰ろう” 水口(松田龍平)たちの気持ちを聞いたアキ(能年玲奈)は、 作業場に閉じこもってしまう。 そこに、やって来たユイ(橋

世界征服>『あまちゃん』第95話 «  | BLOG TOP |  » 留守電>『あまちゃん』第93話

プロフィール

ひじゅに

Author:ひじゅに
ひじゅに

朝ドラを中心にドラマや映画の感想、
K-POP歌詞訳やイラスト、
猫や食べ物の話題など
何だかんだと書いています。
HNの由来は韓国のロッカー
ムン・ヒジュン(笑)
楽天ブログで何年かやってきましたが、
今後こちらと並行して行くつもりです。
「やっくん」名でHPもやってます。
どうぞヨロシク☆

★楽天ブログ
もう…何がなんだか日記
楽天バナー

★HP(ブログ各記事のINDEXも)
やっくんち
やっくんち

最新記事

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

ひよっこ (122)
相棒 (111)
べっぴんさん (152)
とと姉ちゃん (154)
あさが来た (157)
まれ (156)
マッサン (150)
ちゅらさん (8)
花子とアン (156)
ごちそうさん (151)
あまちゃん (156)
純と愛 (151)
梅ちゃん先生 (157)
カーネーション (151)
おひさま (156)
NHK朝ドラ-2 (74)
朝ドラについて考える (20)
韓国映画 (28)
香港・中国映画 (11)
日本映画 (6)
欧米映画 (9)
007シリーズ (14)
その他の映画 (1)
八重の桜 (53)
平清盛 (50)
陽だまりの樹 (11)
JIN-仁- (11)
ドラマ-1- (32)
ドラマ-3- (13)
ドラマ-4- (4)
単発ドラマ (9)
欧米ドラマ (20)
韓国ドラマ‐1‐ (2)
K-POP(主にヒジュン) (1)
MV&歌詞訳(主にヒジュン) (2)
MV&歌詞訳(その他) (19)
食べ物・飲み物 (36)
動物 (31)
イラストetc. (3)
風景、植物 (4)
日常あれこれ (54)
夢 (1)
バトン (8)
小説&マンガreview (1)
アニメ (2)
韓国ドラマ-2- (2)
ドラマ以外のTV番組&DVD等 (1)
ラーメンetc. (6)

月別アーカイブ

フリーエリア

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR