topimage

2017-10

ダサい>『あまちゃん』第91話 - 2013.07.15 Mon

昔、「ダサい」と言う言葉がまだ若者言葉だった頃
タモリが言っていた

言葉というのは時代と共に変容するものだから
近い将来、上品なマダム達がお茶会で
「このお茶、ダサいですわねえ」
と言う日が来ると。

今やもう半分くらい実現しているかも?
少なくとも若者言葉から一般的な言葉として定着しつつあるよね?

…ひじゅにですが何か?



「ダサいくらい何だよ、我慢しろよ」byアキ



寿司の次は喜屋武ちゃんがどうなったのか
まるきり放置されたまま

そんなこたあどーでもいいんだよ!
とばかりにドラマは進む。


夜、海女カフェでユイとアキの2ショット。

後編は前編と一見対照的だけれど
中身は実は対称的。
でも意味合いは対照的だったり対称的だったり。

↑ヤヤコシイ


いつかもこーいうシーンがあった。
アイドルへの夢を語るユイ。
何としてでも東京へ行くと決意しているユイ。
そんなユイに感心するアキ。

でも今は
アイドルも夢も諦めているユイ。
東京も、そもそも未来を選択する自由も捨てているユイ。
そんなユイに傷つくアキ。


自分から呼び出したのに何だよ?
っちゅーところだけど(笑)

ユイだって何もあんなことが言いたかったわけでも
言う予定だったわけでもないだろう。
必死で自分自身と自分の過去を否定して
そうすることで、やっと立っている。

その中にはアキへの嫉妬もあるだろうし
縛り付けられているかの様な現状への怒りや失望や焦りもあるだろう。

でも多分
自分自身への憎悪が大きいんじゃ…?


ヤンキー化してから父親の病院には行かなくなったという話なのに
家族の状況故に自分は北三陸を離れられないと言ったのは
一見矛盾しているけど
スナックで働く様になってからは父の面倒も見る様になってるのかもしれないし
もし今だに全てを放棄しているとしても
それだけ状況に縛り付けられて身動きできないと思い込んで
無気力になっているということかもしれないし
それだけ自己嫌悪に陥っているという証拠かもしれない。


それをアキにぶつけたのは
アキへの甘えだろう。

アキには多分
そうした甘えを受け止める大きさが
潜在的にはあると思うのだけれど

↑そうでないと、あの天然ぶりはタダのバカで終わってしまう(笑)

でも今は
そんな度量はとてもない。
相手の言葉の裏にある気持ちを読み取ることも
相手の気持ちを配慮して自分の言葉を選ぶことも
全くできていない。

だからアキの言い方は>本人は勿論、悪気どころか善意から発しているんだけど
却って相手の神経を逆撫でしてしまう(^^;)

それで相手が余計に捻くれた言葉を投げつけてくると
相手にではなく丸きり自分に当てはめて反発してしまう(^^;;)

そして傷つく。
相手も傷つく。
うっわー、悪循環(^^;;;)


…それが若さであり未熟さであり「あまちゃん」ってことッスか?


「繰り上げ当選のくせに」という言葉が出たのは
アキの現状を知っている=気にかけている、ということだし
あの時のチケットを持っていたのは>破り捨てたけど
引いてはアイドルの夢を捨ててなどいないということだろう。

そしてアキを傷つけたと泣くユイは
真に立ち直れる日が近いと言えるかもな。

春子さんに抱きついてもいたし。


いやあ、ネットでアレコレ書かれる状況からは
春子さんのおかげで抜け出せたのかな…という感じだったけど

(小太りの愛犬家との付き合いはまだ続いているいたいだけどね)

でも、アキの母親である春子さんと一緒に働き
自分の今迄のアレコレを熟知している
(ついでに言えば自分の夢を阻止した張本人たちとも言える)
北三陸メンバーといつも顔を突き合わせている状況で
却って傷を悪化させる部分もあるんじゃないかと心配だったのだけど

その春子さんに抱きついて泣けた…ということは
やはりユイは立ち直りかけているってことだと思う。


アキの方も
感情が鎮まればユイの心境を思いやれる様になれるだろうけど
ラストの表情は既にそうなっていることを示しているのかもしれないけど

そして第三者的に見れば
ユイの状況は高校生の女の子には十分過ぎるほど「不幸」だと思うし
アキも大変ではあるけど、まだ最初の壁にぶつかっただけで
ついこの間迄「あまちゃん」全開だったわけだし
まだまだ余地はあるという気はする>酷?

まあ本人達にしてみれば
自分の「不幸」が一番の「不幸」なのは当たり前なんだけどさ
だから比較すること自体がオカシイんだけどさ

でも、ユイは
ある意味“どん底”を経験したので後は這い上がるばかり
…な気がするのに対し
アキはまだまだ苦悩の中を彷徨うことになるのかな?

でもそうして、ようやくアキも少し“成長”することになるのかな?


北三陸メンバーの「アイドル」発言には
ちょいジンとしたけど
でもやっぱ、イマイチだよなあ、お前ら!って感じ>ぉ

ヒロシは随分“成長”した感じがするな。
その途端に栗原ちゃんはノータッチ?
いや、忘れた頃にまた浮上か(笑)

ユイ父も“成長”したみたい。
妻の失踪に既に気付いていることをユーモア交じりに言えちゃうとこなんて
かなり大人な気がする>『あまちゃんワールド』唯一の?
それとも平泉成だから?

病気を経験して=どん底を知って?

後遺症がほとんどないみたいなので>言葉もハッキリしているし
重症だった様に見えないけど…
そこは記号的表現ってことか?





☆楽天もう…何がなんだか日記もヨロシクです☆
楽天バナー

☆朝ドラ感想は「REVIEWの部屋」に纏めてあります☆
やっくんち
やっくんち

脱「ダサい前カゴ」


アイドル犬わさおのクッキー


サラリーマンどんと節 気楽な稼業ときたもんだ

スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yakkunchi.blog90.fc2.com/tb.php/1121-d38b2c2e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

NHK朝ドラ【あまちゃん】第91回 感想

北三陸に帰省中のアキ(能年玲奈)は、ユイ(橋本愛)に呼び出される。 かつて、地元アイドルとしてステージに立った思い出の海女カフェで、2人は本音をぶつけ合う。 ユイはアイド

あまちゃん 第91回

『おらのママに歴史あり 2』 内容 北三陸に帰ってきたアキ(能年玲奈) 多くの人が笑顔で出迎えてくれるが。。。。ユイ(橋本愛)だけは。。。 そんななか海女カフェへ呼び出され

あまちゃん 第91回もちょこっとですが感想...

いやぁ〜〜〜〜、今日はぶつかりましたね、アキちゃんとユイちゃん。・・・ぶつかるしかないよね・・・(__;)でも 悪い事言ったって事は分かってるんだよね、今週中にちゃんとした話...

『八重の桜』第26話 «  | BLOG TOP |  » 白黒猫の思い出-6

プロフィール

ひじゅに

Author:ひじゅに
ひじゅに

朝ドラを中心にドラマや映画の感想、
K-POP歌詞訳やイラスト、
猫や食べ物の話題など
何だかんだと書いています。
HNの由来は韓国のロッカー
ムン・ヒジュン(笑)
楽天ブログで何年かやってきましたが、
今後こちらと並行して行くつもりです。
「やっくん」名でHPもやってます。
どうぞヨロシク☆

★楽天ブログ
もう…何がなんだか日記
楽天バナー

★HP(ブログ各記事のINDEXも)
やっくんち
やっくんち

最新記事

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

わろてんか (16)
ひよっこ (157)
相棒 (111)
べっぴんさん (152)
とと姉ちゃん (154)
あさが来た (157)
まれ (156)
マッサン (150)
ちゅらさん (8)
花子とアン (156)
ごちそうさん (151)
あまちゃん (156)
純と愛 (151)
梅ちゃん先生 (157)
カーネーション (151)
おひさま (156)
NHK朝ドラ-2 (74)
朝ドラについて考える (20)
韓国映画 (28)
香港・中国映画 (11)
日本映画 (6)
欧米映画 (9)
007シリーズ (14)
その他の映画 (1)
八重の桜 (53)
平清盛 (50)
陽だまりの樹 (11)
JIN-仁- (11)
ドラマ-1- (32)
ドラマ-3- (13)
ドラマ-4- (4)
単発ドラマ (9)
欧米ドラマ (20)
韓国ドラマ‐1‐ (2)
K-POP(主にヒジュン) (1)
MV&歌詞訳(主にヒジュン) (2)
MV&歌詞訳(その他) (19)
食べ物・飲み物 (41)
動物 (31)
イラストetc. (3)
風景、植物 (4)
日常あれこれ (54)
夢 (1)
バトン (8)
小説&マンガreview (1)
アニメ (2)
韓国ドラマ-2- (2)
ドラマ以外のTV番組&DVD等 (1)
ラーメンetc. (6)

月別アーカイブ

フリーエリア

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR