FC2ブログ
topimage

2019-06

『富士子のかれいな一日』>『純と愛』SP - 2013.04.21 Sun

多分、多くの視聴者が注目したと思われるのが
ひらがなの「かれい」。

朝、「手を広げて深呼吸とそのあたりの準備」(by岡村靖幸)にも
一つ一つに年齢を感じる富士子さんの図ぅ―
から始まるんだもの

サトさんに敬意を払っての“ひらがな”というよりも>ぇ
「華麗」と「加齢」をかけているのは明らか。

んもう遊川ったら、相変わらず意地悪ねっ!

…と思ったら、このSPの脚本は別の人(丸山智)
遊川は原案となっている。
本編の『純と愛』の作者という意味なのか
このSPのアイディアも担当しているのか知らんけど。


「これは小走りよ」by富士子


ちゅーことで
暴走でもなく、跳んでるわけでもなく、ましてや立ち止まったわけでもなく
ちょっとばかり感情が先だって小走りしちゃった富士子さんの一日。


純がカイザー・オオサキを辞めてから二年半後という設定だそうだ。
本編の最終回からだと、どのくらいになるんだっけ?
いずれにしろ、未来だよね。

水野さんは千香ちゃんと結婚して既に子持ち。
千香ちゃんは専業主婦らしい。
オオサキ・キャンディーズも
一人は再婚して産休が明けたところ、一人は結婚が決まったところ。

…という風に“変化”もみな結婚絡み。


「仕事は孤独の相手をしてくれません」
社長宣言も二年半の間に緩み始め、綻びから顔を出した「女」の部分に
グッドタイミングで元カレからの声がかかる。

トキメキを感じつつも、やはり仕事は放っておけなくて
チャンスを自分から潰してしまう40歳の誕生日前日。

割と、よくある話ではあるけど
よくいる人とはちょっと違う様に見えた富士子さんも実は…
ってところが見所だよね。



逆のパターンとして
専業主婦と紹介されて怒る新婦さんが富士子さんの告白にショックを受けたり
クレームは来る、早く帰ろうとはする…ベルボーイの田嶋さんが
富士子さんの一言で仕事に真摯な姿を見せたり
というエピも加わる。

つーか、
田嶋さんエピは、さり気に富士子さんの今回の選択と重ねているよね。


元カレは結局のところ姿を見せず、「大事な話」も明かさず仕舞い。
勿論、富士子さんとしてはそこに「結婚」の二文字がチラついた様子だし
ひじゅにとしては「実は婚約者を紹介したくて」なんちゅーオチを考えてた(笑)

でも、曖昧なまま…
けれど、いつ帰国できるか分からないという絶望に近い状況のまま…

ちょっと卑怯な気もしちゃったなあ。
まあ、元カレなだけに富士子さんのことはよく分かってるだろうから
最初からああいう結末になると見越してはいたのかもしれない。

富士子さんは「好きな男」と言ってはいたけど>新婦に
実際には久しぶりの再会で、まだ再熱するところまでは行っていなかった。
孤独から逃れたい…人並みの「女の幸せ」ってヤツも手にしてみたい…
という欲求が高まっていたところへの出来事だったし
この出来事がその欲求を高めてしまったとも言えたし
要は、弱い所を突かれちゃったって感じだよね。

だから、逢えない状況を無意識に(でも、結局は自分で)選んでしまったと言えるかも?


結婚か仕事か―
昔のドラマなら定番のネタ。
朝ドラ過去作にも見られた。

今でも両立は簡単なことではないだろうけど不可能じゃない。

でも、富士子さんはまだ目標に向かって進んでいる途中だし
しかも少し中弛みしてた最中だったし
何より一途過ぎて不器用な人なんだと思う。
つまり弱さ故に揺れ動いちゃう時はあっても
本当の意味では“夢”を捨てられない。
裏切れない。

本編最終回間際で純のホテルを舘元社長と一緒に訪れながら
二回立て続けのプロポーズを二回ともアッサリ断っていたのが
その表れだと思う。


「君はホテルとの結婚を選んだんだね」
舘元社長ったらキッツイわあ~、と一瞬思っちゃったけど
富士子さんの様子から富士子さんが
本人は多分この時点では仕方なくこうなった…と思ってたかもしれないけど
実際には自分の意志で選択して、あの場にいたことを
言葉によらっずとも理解した、ってことなのかもね。

だから、富士子さんにはこれが“救い”の言葉に聞こえたかも?

やはり、いつか
富士子さんと舘元社長のカップリングが実現してほしいな。


こうして富士子さんは弱気を振り捨てて中弛みを解消。

ちゅーことで
独りカラオケで『マイウェイ』を歌う富士子さん。

冒頭でフランク・シナトラの英語バージョンが流れ
ラストで富士子さん自身による日本語バージョンが流れる。

これはなかなか意味深。

歌うにつれ、コブシが効いてきて
最後の方ではオヤジっぽいがなり声になる
富士子さん流『マイウェイ』は富士子さんの決意の表れ。


だから、これもまたハッピーエンド。
決して鬱展開ではない。


ところで本編のヒロインだけど
愛とのラブラブぶりに刺激されて
オオサキ・キャンディーズの二名は結婚を希望するようになったらしい。

富士子さんも歌が始まる前は、電話をかけてきた純に泣き言を言いかけていた。
でも、話の最中に「お客さん」に声をかける純の様子を耳にして
上の二名とは違う意味で純に励まされたのかも?


その純は愛のことを聞かれて
一瞬、表情を固くした感じだったのが気にかかる。

「一緒にお花見したり」というのは
愛が植物人間のままでも
命を落とした場合でも
目覚めはしたけれど普通の状態ではない場合でも
それなりに通じるものな。

それでも「まほうのくに」は動き始めている様子だし
最終回の最後の画面にあった様に
おじいのジュークボックスは元の状態に戻ったに違いないし
愛は文字通り純と一緒に元気に頑張っているのだと信じよう。


あ、最後に1つツッコミ。

最後に登場した外人女性を富士子さんはホテルへ案内していたけれど
もう満室なんじゃなかったっけ?

それとも、たまたま数に入れていた客があの時間になって現れたってこと?





☆楽天もう…何がなんだか日記もヨロシクです☆
楽天バナー

☆朝ドラ感想は「REVIEWの部屋」に纏めてあります☆
やっくんち
やっくんち

美容ローラー


シナトラ


『純と愛』メモリアルブック

スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yakkunchi.blog90.fc2.com/tb.php/1023-9d671753
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【富士子のかれいな一日】(『純と愛』スピ...

今日は、雨で、とても寒いです。雪が降っている所も多いそうですね(汗)『純と愛』のスピンオフドラマ『富士子のかれいな一日』、見ました。期待しすぎたせいか、イマイチでした。...

OTAKU>『あまちゃん』第19話 «  | BLOG TOP |  » 『八重の桜』第15話

プロフィール

ひじゅに

Author:ひじゅに
ひじゅに

朝ドラを中心にドラマや映画の感想、
K-POP歌詞訳やイラスト、
猫や食べ物の話題など
何だかんだと書いています。
HNの由来は韓国のロッカー
ムン・ヒジュン(笑)
楽天ブログで何年かやってきましたが、
今後こちらと並行して行くつもりです。
「やっくん」名でHPもやってます。
どうぞヨロシク☆

★楽天ブログ
もう…何がなんだか日記
楽天バナー

★HP(ブログ各記事のINDEXも)
やっくんち
やっくんち

最新記事

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

まんぷく (151)
相棒 (113)
半分、青い。 (154)
わろてんか (152)
ひよっこ (157)
べっぴんさん (152)
とと姉ちゃん (154)
あさが来た (157)
まれ (156)
マッサン (150)
ちゅらさん (8)
花子とアン (156)
ごちそうさん (151)
あまちゃん (156)
純と愛 (151)
梅ちゃん先生 (157)
カーネーション (151)
おひさま (156)
NHK朝ドラ-2 (74)
朝ドラについて考える (24)
韓国映画 (29)
香港・中国映画 (11)
日本映画 (7)
欧米映画 (9)
007シリーズ (14)
その他の映画 (1)
八重の桜 (53)
平清盛 (50)
陽だまりの樹 (11)
JIN-仁- (11)
ドラマ-1- (32)
ドラマ-3- (15)
ドラマ-4- (4)
単発ドラマ (9)
欧米ドラマ (20)
韓国ドラマ‐1‐ (3)
K-POP(主にヒジュン) (1)
MV&歌詞訳(主にヒジュン) (3)
MV&歌詞訳(その他) (41)
食べ物・飲み物 (63)
動物 (31)
イラストetc. (3)
風景、植物 (4)
日常あれこれ (56)
夢 (1)
バトン (8)
小説&マンガreview (1)
アニメ (2)
韓国ドラマ-2- (2)
ドラマ以外のTV番組&DVD等 (1)
ラーメンetc. (6)
なつぞら (68)

月別アーカイブ

フリーエリア

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR