FC2ブログ
topimage

2020-01

黄色い風船>『スカーレット』第100話 - 2020.01.30 Thu

​​​​​​い風船は嫌だと言った武志
だったらが良いのかと思ったら

選んだのは黄色

喜美子が炎の赤なら
現実的な視点を持つ八郎さんは青
武志はどちらに傾くのでもない
中立の黄色

…という意味とも

一般的に
女は赤、男は青とされる場合が多いので
武志は男尊女卑でも女尊男卑でもない
平等の黄色

…という意味にもとれるけど

多分、穿ち過ぎですねそうですね
​スマソ​

…ひじゅにですが何か?



「一人も、ええなあ…」by喜美子



昨日の信作とは逆に
喜美子に反対し説得するために、やってきた照子。

「旦那があかん言うことやるのんは悪いことや」
当時の女性にとっては当たり前のことだっただろうし
現代でも、基本はこの通りな家庭が多い気がするし
何より照子自身がそういう生き方をしてきた。

だからここで照子が、こうした主張をするのは説得力があるし
ここに来て、喜美子との違いがクッキリと示されるのが面白い。


後編に入って、前編で描かれたアレコレが続々と回収されているけど
自分が本当にやりたいことを悉く諦めさせられてきた喜美子の半生が
ここでズッシリと圧し掛かっているところも興味深い。

お父ちゃんは困ったちゃんだけれども可愛気のある人だったし
八郎さんは大らかで「一緒に歩いて行く」と言ってくれた人だし
喜美子は節目節目で、選択肢は限られながらも、自分なりに決意して歩んできた。

それでも、今…タガが外れてしまったっていうか
鎧の下から本当の喜美子が飛び出してきてしまった…って感じ?

本当の本当に“やりたいこと”が見つかってしまって
見つかった以上、それは“やらずにはいられないこと”になってしまった。


まあ、ドラマ的にはね
これまでの生き方に関してはともかく
何故それが陶芸なのか…っちゅーところは十分に描けていなかった
…とは思うんだけれどもね>言っちゃった


八郎さんが出て行っても続ける喜美子
…というより
八郎さんが出て行って、却って「自由」に目覚めてしまった喜美子。

これって、もはや後戻りの余地はないというか
後戻りする理由がなくなっちゃったじゃん(^^;)


ジョージ富士川が言う様に「自由は不自由」なんだけどさ
それは今迄の生き方に関しても言えるわけで―

いや、もっと穿ってみるなら
固定観念に囚われた人生は一見、不自由だけれど
その枠の中で自由に生きることはできる。
そこから逸脱した生き方は一見、自由だけど
その分、いろいろと負わなければならないから、そこは不自由。

どちらを選ぶのか…っていう問題になるよね。


それよりツッコミどころは八郎さんにあり。

武志を連れて出て行ったわけなのに
その武志は今は照子の家にいるって、どーいうこと?

このまま即離婚!というより
まずは、そう行動で示すことで喜美子の目を覚まさせたい!
という意味合いが強いと思っていたんだけど
武志の手を放しちゃったらダメじゃん

喜美子は「妻」であり「母」である自分を放棄してしまっている様な状態だけど
そんな喜美子を諫めるために出て行ったのに
自分もまた「父」であることを放棄しちゃっているじゃん。

…まあ、たまたま照子が事情を知って
​自分から預かると申し出てくれたのかもしれないけどさ。​


武志を迎えに行き
次は八郎さんも…と思っていたけれど
三度目の窯焚きも失敗。


「信楽以外の空気吸って、これからのこと考えて来いって」
喜美子&武志に大阪の動物園の入場券をプレゼントする信作。
お小遣いを渡してくれる百合子。

ポパイ&オリーブの呼び名は痛いけど>こらこら
必死にコスプレする信作を映したいがためって気もするけど
2人共バカップルのままではなくて大人になっているのが良いね。


今のところ、この2人とお母ちゃんは喜美子を応援する側。
積極的にではないにしても(笑)

でも、喜美子が何度も同じことを繰り返すことになったら
どうなるのだろう…
勿論、第三者として見ている分には応援したいけど
身内だったら迷惑極まりない存在…ってことになっちゃうのは事実。


お父ちゃんを、お母ちゃんは黙って支えてきた。
子供達は、仕方ないながらも支えてきた。

八郎さんがスランプに陥っていた時も
喜美子は黙って支えていた。

決して褒めるべき状況ではないものの
一応は許容されていた。

だから?
家族の頭だから?

喜美子はだから…妻だから…母だから…
大きく見れば似た様なことをしても周囲の目はより厳しい。


まあ、「母」の部分には責任を全うしてほしいと思うけどね。
そこは何とか頑張りますよ!と強調するための
​​動物園行きなのかもね。​


行き先が大阪なのは
前編のネタ回収で“荒木荘”メンバー再登場のためではあっても
やはり、そこは嬉しいよね。

喜美子はいつも、人との出逢いによって色々なことを学び成長してきた。
だから、今回の再会も、何かを掴むきっかけとなるのだろう。



☆楽天もう…何がなんだか日記もヨロシクです☆
楽天バナー


黄色い風船


ポパイ


象さんジョーロ


​​​​​​
スポンサーサイト



NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

ひじゅに

Author:ひじゅに
ひじゅに

朝ドラを中心にドラマや映画の感想、
K-POP歌詞訳やイラスト、
猫や食べ物の話題など
何だかんだと書いています。
HNの由来は韓国のロッカー
ムン・ヒジュン(笑)
楽天ブログで何年かやってきましたが、
今後こちらと並行して行くつもりです。
「やっくん」名でHPもやってます。
どうぞヨロシク☆

★楽天ブログ
もう…何がなんだか日記
楽天バナー

★HP(ブログ各記事のINDEXも)
やっくんち
やっくんち

最新記事

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

スカーレット (153)
相棒 (126)
なつぞら (156)
まんぷく (151)
わろてんか (152)
半分、青い。 (154)
ひよっこ (157)
べっぴんさん (152)
とと姉ちゃん (154)
あさが来た (157)
まれ (156)
マッサン (150)
ちゅらさん (8)
花子とアン (156)
ごちそうさん (151)
あまちゃん (156)
純と愛 (151)
梅ちゃん先生 (157)
カーネーション (151)
おひさま (156)
NHK朝ドラ-2 (74)
朝ドラについて考える (24)
韓国映画 (29)
香港・中国映画 (11)
日本映画 (7)
欧米映画 (9)
007シリーズ (14)
その他の映画 (1)
八重の桜 (53)
平清盛 (50)
陽だまりの樹 (11)
JIN-仁- (11)
ドラマ-1- (32)
ドラマ-3- (16)
ドラマ-4- (4)
単発ドラマ (9)
欧米ドラマ (20)
韓国ドラマ‐1‐ (3)
MV&歌詞訳(主にヒジュン) (3)
MV&歌詞訳(パク・ヒョシン) (5)
MV&歌詞訳(QUEEN) (16)
MV&歌詞訳(エド・シーラン) (8)
MV&歌詞訳(その他) (25)
K-POP(主にヒジュン) (1)
食べ物・飲み物 (67)
動物 (31)
イラストetc. (3)
風景、植物 (4)
日常あれこれ (58)
夢 (1)
バトン (8)
小説&マンガreview (2)
アニメ (2)
韓国ドラマ-2- (2)
ドラマ以外のTV番組&DVD等 (1)
ラーメンetc. (6)
エール (107)

月別アーカイブ

フリーエリア

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR