FC2ブログ
topimage

2018-09

後1話>『半分、青い。』第155話 - 2018.09.28 Fri

​​​​​​​​​​​う~~~ん…

昨日まではさ
震災の扱い、軽っ!!!
とは思ったものの

まあ、地域差があったのは事実だから
鈴愛がいる所は
余震もなく
食料も水もガソリンも不足することなく
あっという間に“日常”に戻れ
心の傷が残ることもない
とってもラッキーな場所だったのだろう―

大した被害のなかった、ひじゅに地域でも
これらのことで大変ではあったんだけどね
でも、比べても仕方ない―

と、無理くり自分に言い聞かせて観ていたんだけどさ

う~~~ん…
今日はなあ…

…ひじゅにですが何か?



​「俺の生まれた意味はそれなんで」​by律



鈴愛を守るために生まれた、と断言する律。

えっ?
今迄、律が鈴愛を守るエピなんてあったっけ?

素っ飛ばした期間(子供時代~高校卒業あたり)には
もしかしたら、そういうことがあったのかもしれない。
左耳の件でイジメがあったと鈴愛は言ってたから>言ってただけ

その後は特になかった様な…

卒業後は、律は京都に行く気満々だったし―
結果的に同じ東京に住むことになっても
和子さんがワザと“秋風塾”に近いマンションに決めたと知った時
律ったら嫌な顔してたし―
清と交際時は、寧ろ鈴愛を避けて遠くに行っちゃったし―
それも清への愛というより性欲って感じだったし(性欲>鈴愛)―
夏虫駅での再会まで何の音沙汰もなかったし―
最初から決めていたと悦吏子様が強調する割には
偶然が重なった上でも突発的なプロポーズだったし―
断られたらアッサリより子さんと結婚しちゃったし―
鈴愛とハグしながらも、より子さんとの再構築を選んだし―

自分の都合の良い様に記憶を​改竄​できる人がいるらしいけど
律もそうだったのか?


無理くり纏めようと必死な悦吏子様。

言っちゃあ悪いが、このドラマって
​律&​鈴愛​​の関係がメインでしょ?
つーか、​それしかない​でしょ?
震災も何も、そのための道具でしかないでしょ?

なのに、そのメインを完結させるのに
辻褄もへったくれもなく、とにかく強引に進ませるって
どんだけ~?って感じ(笑)


ところで、悦吏子様

カンちゃんが始めたのがフィギュアスケートなのは
ご自分の娘さんが習っていたから…だそうだし
所々に挟まれた有名な写真家の名前&作品は
やはり、ご自分の娘さんのそれ…だそうだし

その無理くり感や物語に昇華されていない感は置いといて
ま、親バカっちゅーことなんだろうな
…と、解釈していたんだけど
つまり、悦吏子様も、人の親っちゅーことなのね
…と、思っていたんだけど

その割には、『半分、青い。』の中での子供達の扱い​軽過ぎ​(^^;)

カンちゃんに関しては言うまでもなく
今日のこの律の発言からすると、翼君も父親に愛されていないのが分かる。
ユーコもまた、死を前にして一番熱いメッセージを残したのは鈴愛に対してで
夫も息子も軽い軽い。

親にとって一番大事なのは子供…なんじゃないかと思うのは
ひじゅにが、子供を持った経験がなく、自分自身が子供の立場のままだから?
だから、ついつい夢を見ちゃっているだけ?


で、そのユーコのメッセージだけど―

鈴愛の気持ちをなだめるだけの役割しかないじゃん。
比重が夫よりも子供よりも重いし熱いってだけでなく
大変な最中なハズなのに何か​ノホホン​とした話し方だし
つまり緊迫感皆無で
そんな喋っている暇があるなら、一人でも多く助けようと動かなかったの?
…と、どうしてもどうしても悔しく悲しく考えてしまう。

悦吏子様が、震災を無理くりネタにしてまでも訴えたかったのは
秋風の手紙にある「生きる力」ってことかと思うけど
ユーコはそれを放棄したってことだよね。

​それは美しい死なのか?​

寄り添うよりも、不可能だと分かり切っていても
守ろうと、助けようと、最後までジタバタしていた方が
美しいと思うし、「希望の力」を貰えた気がする。

せめて、物凄くバタバタした状況なのが物音だけでも伝わってくる中で
早口で、ところどころ聞き取れないくらい取り乱してのメッセージだったら
もう少し感動できた…可能性はありますぜ。

まあ、ユーコの死は、ぶっちゃけ鈴愛を励ますためのものだから
ああいう形にするしかなかったのかもね(^^;)


震災の影響が全くなかった地域に住んでいても
毎日嫌と言うほど流れていた津波の映像に
PTSDになってしまった人も少なくないとか聞いた。

悦吏子様ったら、避難先の沖縄でその映像を観ることはなかったのかな?
自分は無事でも、被災者達を思って心を痛めることもなかったのかな?
客観的に物事を見るということが出来ない人らしいので
直に経験したことでなければ軽く薄くなってしまうのは仕方ないのかな?
あるいは、個人としては繊細な感受性を持ってはいるけど
それを作品として描き出すのは苦手なのかな?

かなかなかな…?




☆楽天もう…何がなんだか日記もヨロシクです☆
楽天バナー


生きろ


ダイイングメッセージペン


守る


​​​​​​​​​​​
スポンサーサイト



NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

ひじゅに

Author:ひじゅに
ひじゅに

朝ドラを中心にドラマや映画の感想、
K-POP歌詞訳やイラスト、
猫や食べ物の話題など
何だかんだと書いています。
HNの由来は韓国のロッカー
ムン・ヒジュン(笑)
楽天ブログで何年かやってきましたが、
今後こちらと並行して行くつもりです。
「やっくん」名でHPもやってます。
どうぞヨロシク☆

★楽天ブログ
もう…何がなんだか日記
楽天バナー

★HP(ブログ各記事のINDEXも)
やっくんち
やっくんち

最新記事

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

スカーレット (153)
相棒 (126)
なつぞら (156)
まんぷく (151)
わろてんか (152)
半分、青い。 (154)
ひよっこ (157)
べっぴんさん (152)
とと姉ちゃん (154)
あさが来た (157)
まれ (156)
マッサン (150)
ちゅらさん (8)
花子とアン (156)
ごちそうさん (151)
あまちゃん (156)
純と愛 (151)
梅ちゃん先生 (157)
カーネーション (151)
おひさま (156)
NHK朝ドラ-2 (74)
朝ドラについて考える (24)
韓国映画 (30)
香港・中国映画 (11)
日本映画 (10)
欧米映画 (9)
007シリーズ (14)
その他の映画 (1)
八重の桜 (53)
平清盛 (50)
陽だまりの樹 (11)
JIN-仁- (11)
ドラマ-1- (32)
ドラマ-3- (16)
ドラマ-4- (4)
単発ドラマ (9)
欧米ドラマ (20)
韓国ドラマ‐1‐ (3)
MV&歌詞訳(主にヒジュン) (3)
MV&歌詞訳(パク・ヒョシン) (5)
MV&歌詞訳(QUEEN) (16)
MV&歌詞訳(エド・シーラン) (8)
MV&歌詞訳(その他) (25)
K-POP(主にヒジュン) (1)
食べ物・飲み物 (68)
動物 (31)
イラストetc. (3)
風景、植物 (4)
日常あれこれ (60)
夢 (1)
バトン (8)
小説&マンガreview (3)
アニメ (2)
韓国ドラマ-2- (2)
ドラマ以外のTV番組&DVD等 (1)
ラーメンetc. (6)
エール (137)
ドラマ2 (5)

月別アーカイブ

フリーエリア

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR