FC2ブログ
topimage

2018-07

羽ばたきたい!>『半分、青い。』第79話 - 2018.07.02 Mon

​​​​​​​​​最後の最後のチャンスに
鈴愛が描けたのは30ページ中15ページ

つまり​半分​

今迄は、鈴愛の内面に関しては
物の見方>ネガティブかポジティブか
人となり>未熟な部分と成長した部分
…等を示しているのかと思っていたけど

鈴愛は他人や世間を半分しか見ていない
もしくは、理解できていない

物事への取り組み方や
誠実さ、熱意や努力という点で
てんで中途半端

…ってことみたいだな
(北川の意図通りなのか予想外の結果なのかは知らんけど)

…ひじゅにですが何か?



​「何で止めないの?」​by鈴愛



↑ボクテは鈴愛にアイディアを貰い
秋風には破門にはなったものの、他の出版社でデビュー
たうまり、それだけの気概や才能があったわけだけど

ボクテにアイディアを授けてもらおうと考える鈴愛は
土壇場でユーコにこんな甘えを見せ
立ち上がるどころか、ひたすら堕ちていく―



ちゅーことで
ネーム無しでマンガに取り組み始める鈴愛であった―

これって、初心に帰るっちゅーことで
もしくは、鈴愛の中にある「アイディア」が直接「物語」として
原稿用紙の上に飛び出てくるかもしれないっちゅーことで
起死回生となるか

昔の情熱はもう戻ってこない!と確信し
そもそも、その情熱とは何だったのかを深く考えることとなるか

…どちらかになるのだろうな、と漠然と思っていたのだけど

ただ、ネームが出来ていた部分を描き上げただけで
残りはどうあっても浮かんでこない…という全く同じ現象。

秋風と編集者の前に原稿の「半分」だけ差し出すという
視聴者にも分かり易い“見た目”になっただけ(^^;)


特筆すべきは

​鈴愛が謝った!?​

という一点でせうか?


でもなあ…
ボクテは売れっ子マンガ家として
ユーコは幼子を抱える母親として
相当忙しいハズなのに無条件で鈴愛を手伝ってくれたわけで
ここで謝らなかったら
人間じゃないぞ、鈴愛!
ってなっちゃうだけだもんなあ…

秋風や編集者に対しては当たり前中の当たり前な行為だし。

これで鈴愛の“成長”を描いたつもりじゃないよね?
幾ら北川でも、そこまでは言わないよね?>ぉ


秋風が散英社への専心(?)を曲げて講談館への連載を引き受け
その代わりに鈴愛の作品を掲載してもらえるよう計ったことで
正真正銘「最後のチャンス」となったのに

その後、「クソ」なネームしか(それも途中までしか)出来ない上
あれだけの暴言を吐きまくったのに、描き方をアドバイスしたりして
「最後のチャンス」中の「最後のチャンス」を与えてもらえ

それをも無駄にしてしまったら
秋風が代わりに作品を描いてくれていて
もはや「最後のチャンス」でさえなくなったというか(笑)

ヒロイン特権なんてのを遥かに超えて
フォローされっ放し(^^;)

岐阜時代は両親の過保護下にあったけど
今は秋風一門の過保護下にある。

こりゃあ成長しないわな。

いや、それなりの謙遜さとか洞察力とか常識とかがあれば
申し訳なさや感謝でイッパイになるだろうな。

なのに…
「先生と私の名前が並んでる」
だもんなあ…

​そこかい!?​


まあ、最初から共作を申し出たのではなく
秋風一人で一作仕上げておいたわけだから
鈴愛はもう描けない…と
見限っているというのが前提だけどね(^^;)

「原作」ではなく「原案」と秋風も言っていた通り
本当に基本的なアイディアだけが鈴愛によるもので
細かい設定だとか、一つ一つのエピソードだとか
それこそ北川が一番重視してるっぽい“ポエトリー台詞”も
全て秋風が考えたのだろうから
ほとんど秋風オリジナル作品と言って良いんじゃ?

だからこそ“過保護ぶり”を強調してる?

秋風としては、こちらから頼み込んだのに穴を空けるわけにいかないし
こうすることによってハッキリと鈴愛に引導を渡したってことなのかもな。


挫折して違う道へと移る―
というのは朝ドラとしては珍しく
そういう意味でも朝ドラ革命と北川は自負している?

でも、挫折を繰り返したのは『純と愛』もそうだし
『だんだん』なんて、もっと節操がなかったし
決して独特な路線じゃないんですけど…


あ、律の電話について言及するの忘れた。
ま、​アイツはあーいう奴​ですよ>ぉ

「夏虫色」
こんな時にカッコつけるのか?
別れの場となった夏虫駅が頭と心にしこりとなって残っているから?

ああ~もう、未練がましい!!!

↑そうでなければ、後の話が続かないけどさ(笑)




☆楽天もう…何がなんだか日記もヨロシクです☆
楽天バナー


夏虫色の朝


蜃気楼


バイバイ


​​​​​​​​​
スポンサーサイト

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

ひじゅに

Author:ひじゅに
ひじゅに

朝ドラを中心にドラマや映画の感想、
K-POP歌詞訳やイラスト、
猫や食べ物の話題など
何だかんだと書いています。
HNの由来は韓国のロッカー
ムン・ヒジュン(笑)
楽天ブログで何年かやってきましたが、
今後こちらと並行して行くつもりです。
「やっくん」名でHPもやってます。
どうぞヨロシク☆

★楽天ブログ
もう…何がなんだか日記
楽天バナー

★HP(ブログ各記事のINDEXも)
やっくんち
やっくんち

最新記事

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

まんぷく (41)
相棒 (112)
半分、青い。 (154)
わろてんか (152)
ひよっこ (157)
べっぴんさん (152)
とと姉ちゃん (154)
あさが来た (157)
まれ (156)
マッサン (150)
ちゅらさん (8)
花子とアン (156)
ごちそうさん (151)
あまちゃん (156)
純と愛 (151)
梅ちゃん先生 (157)
カーネーション (151)
おひさま (156)
NHK朝ドラ-2 (74)
朝ドラについて考える (23)
韓国映画 (29)
香港・中国映画 (11)
日本映画 (7)
欧米映画 (9)
007シリーズ (14)
その他の映画 (1)
八重の桜 (53)
平清盛 (50)
陽だまりの樹 (11)
JIN-仁- (11)
ドラマ-1- (32)
ドラマ-3- (14)
ドラマ-4- (4)
単発ドラマ (9)
欧米ドラマ (20)
韓国ドラマ‐1‐ (3)
K-POP(主にヒジュン) (1)
MV&歌詞訳(主にヒジュン) (3)
MV&歌詞訳(その他) (32)
食べ物・飲み物 (59)
動物 (31)
イラストetc. (3)
風景、植物 (4)
日常あれこれ (56)
夢 (1)
バトン (8)
小説&マンガreview (1)
アニメ (2)
韓国ドラマ-2- (2)
ドラマ以外のTV番組&DVD等 (1)
ラーメンetc. (6)

月別アーカイブ

フリーエリア

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR