FC2ブログ
topimage

2017-11

時うどん>『わろてんか』第42話 - 2017.11.18 Sat

​​​​​​​​​​​​今日の良かった探し

いや
探さなくても一目瞭然

そう

​アバンが無かった!​

これに尽きますな>ぉ

…ひじゅにですが何か?



​「うどんは温かいうちは良いが冷めたら不味い」​by文鳥



↑やはり、昨日のカレーうどんは冷めていたのか>ぉ


今日は笑っちゃったよ。
『わろてんか』始まって以来
最高に笑った。

え?
文鳥師匠の名演に?

いや、それも良かったけどさ。
つーか
マジな話、マトモに見ることが出来た唯一のものであり
かなり見ごたえある演技であったとは思う。

でも、何より笑ったのは―

ドラマの半分が落語。
​笹野高史に丸投げ!​

ってところ。
凄い手で来たな、吉田!


確かに、過去朝ドラでも
役者に丸投げ!なシーンはあった。

まあ、大抵は脇に控えるベテラン俳優がその役に付いていて
その演技力や存在感等によって脚本以上の仕上がりになっていた。

ヒロインが…ってのは、あまりなかった気がするな。

あ、『純と愛』の最終回はヒロイン丸投げ!パターンだったかな。
ヒロインなんだから、丸投げも何もないかもしれないけど(笑)
ともかく、ヒロインの長台詞で終わったんだったよね。

物議を醸した作品だったから、あのシーンも賛否両論だと思うけど(笑)
この場合は、演技力云々というよりも脚本家からのヒロインへのエールと感じた。
同時に、ドラマのテーマを言葉でつらつら述べたものでもあったけど。


ま、そんなわけで
丸投げちゅーても、脚本家の意図は大いに働いているわけで
『わろてんか』の今日のシーンは、かなり違うと思う。

だって、​落語をそのまま演じているだけ​じゃん!?


笹野さんは素晴らしかったと思うよ

落語としてどうか…ってのは分からないけど
流暢で不自然さはなかったし、楽しかったし
軽さと重厚さと良いバランスが取れていたし
役者ならではの良さも出ていたと思う。

でも、ドラマとしてはさ
「笑い」をテーマにしているとは言ってもさ
このところ「落語」に重点を置いた話運びではあったけどさ
その素晴らしさや人々への良い影響を描くのに

芸そのものをポンと置くだけ…って(^^;)


好意的に考えるなら
本物の落語家を出すのではなく
あくまでも役者に演技させる…ってことで
かろうじてドラマの体を保っていたのかな…とは思うけど(^^;)


ともかくも、文鳥師匠のおかげで
庶民が安いお金で一流の笑いに触れる―
という夢は果たせた。

客は老若男女揃っていたから
大ネタではなく分かりやすい『時うどん』で正解。
伝統派VSおちゃらけ派の間で“風鳥亭”ならではの色を出す―
という目的も果たせた。

一流の落語家と同じ舞台に立てることが一番の0励み―
という芸人仲間達の夢も果たせた。

そういう意味ではドラマが進んだと言えるかもしれないけど
それのきっかけは藤吉&てんであるべきなのに

そこに至る道を指し示し、力を貸してくれたのは​栞様​
実際に夢を果たしてくれたのは​文鳥師匠​

…って(^^;)


まあ
藤吉の落語物真似と
てんのカレーうどん&ワザトラシイ思い出し笑い
の効力ってことにはなっているけどね(笑)


文鳥師匠だけでなく
それを新聞記事にすること
それに刺激され寺ギンが動くこと
…全てが栞様の算段。

藤吉はとことんダメ男の設定なのだとしても
てんは、それを支えて成功することになっているわけだから
周囲に道を整えてもらって自分はただ歩くだけ…ってのではなく
ヒントを貰って、その上に他の人では考え付かない様なアイディアを乗せ
羽ばたいていく…というのなら爽快なのにな。

高望みでせうか(^^;)





☆楽天もう…何がなんだか日記もヨロシクです☆
楽天バナー


時うどん


時そば


辛いうどん


​​​​​​​​​​​​
スポンサーサイト



NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

ひじゅに

Author:ひじゅに
ひじゅに

朝ドラを中心にドラマや映画の感想、
K-POP歌詞訳やイラスト、
猫や食べ物の話題など
何だかんだと書いています。
HNの由来は韓国のロッカー
ムン・ヒジュン(笑)
楽天ブログで何年かやってきましたが、
今後こちらと並行して行くつもりです。
「やっくん」名でHPもやってます。
どうぞヨロシク☆

★楽天ブログ
もう…何がなんだか日記
楽天バナー

★HP(ブログ各記事のINDEXも)
やっくんち
やっくんち

最新記事

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

スカーレット (153)
相棒 (126)
なつぞら (156)
まんぷく (151)
わろてんか (152)
半分、青い。 (154)
ひよっこ (157)
べっぴんさん (152)
とと姉ちゃん (154)
あさが来た (157)
まれ (156)
マッサン (150)
ちゅらさん (8)
花子とアン (156)
ごちそうさん (151)
あまちゃん (156)
純と愛 (151)
梅ちゃん先生 (157)
カーネーション (151)
おひさま (156)
NHK朝ドラ-2 (74)
朝ドラについて考える (24)
韓国映画 (29)
香港・中国映画 (11)
日本映画 (7)
欧米映画 (9)
007シリーズ (14)
その他の映画 (1)
八重の桜 (53)
平清盛 (50)
陽だまりの樹 (11)
JIN-仁- (11)
ドラマ-1- (32)
ドラマ-3- (16)
ドラマ-4- (4)
単発ドラマ (9)
欧米ドラマ (20)
韓国ドラマ‐1‐ (3)
MV&歌詞訳(主にヒジュン) (3)
MV&歌詞訳(パク・ヒョシン) (5)
MV&歌詞訳(QUEEN) (16)
MV&歌詞訳(エド・シーラン) (8)
MV&歌詞訳(その他) (25)
K-POP(主にヒジュン) (1)
食べ物・飲み物 (67)
動物 (31)
イラストetc. (3)
風景、植物 (4)
日常あれこれ (58)
夢 (1)
バトン (8)
小説&マンガreview (2)
アニメ (2)
韓国ドラマ-2- (2)
ドラマ以外のTV番組&DVD等 (1)
ラーメンetc. (6)
エール (107)

月別アーカイブ

フリーエリア

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR