topimage

2016-06

小豆、焦げる>『とと姉ちゃん』第76話 - 2016.06.30 Thu

小豆が登場した時

もしかして
お手玉の中から取り出した?

…と
どっかで聞いたエピソードが頭に浮かんだけど

常子達がお手玉で遊ぶシーンってあったっけ?

子供時代ならあったかもしれないけど
今はサッパリなかったよね
だから、そういうエピは有り得ないか(笑)

…でも
かかが周囲に小豆を分けてもらいに行く図ぅ
というのも想像し難い

農家への物々交換の度にだって娘達だけで行かせてるし

ってことは
結局どっちであっても
有り得ない
って点では同じか(笑)

…ひじゅにですが何か?



「戦うことを忘れていないのなら今回は良しとする」by組長



↑組長さんったら、意外と丸め込みやすい…じゃなくて
言えば分かってくれる人じゃん



戦争といえば、お馴染み
…というか
朝ドラといえば、お馴染み
…って感じの“金属供出”

「大変なの」
美子にと呼ばれて(ここは銭形平次じゃないのね>ぇ)
飛んで帰ってきた割には、昨日の勢いがない常子。

鞠子に言われて反省したのか?
でも、目付きや態度は昨日のまま。
これじゃバレバレ。

「いい加減にして下さい」
常子を諫めた鞠子が今日はキレる。
この逆転が今日描きたかったことか?

それより、近所の人々が監視しているのではないか
…と疑心暗鬼になっていた様子の方が印象に残っているんだけどな。
あれはもう無かったことに?


それとも
贅沢ではなく
周囲の人々は皆敵だ!
と認識したからこその今日の逆キレ?


でもさ、でもさ

そうやって守り抜かなければならないほど
ミシンって小橋家にとって重要なものだったっけ?

まあ、ととが亡くなって生活が苦しくなってからも
手放さずにいたのだから
それなりの思い入れはある品なのかな
…という気もするけど

あくまでも“脳内補完”の範疇だよね。
だって台詞で説明があったわけじゃないし
エピソードで語られたわけでもない。

唯一、ミシンが存在感を示したのは
あの、富江さん制服パクリ事件の時のみ。

しかも、あの時
「壊れてる」
の一言で、あっという間に存在価値をなくしたのだった。

「私たちはこのミシンで身だしなみを整えているつもりです」
そうか?

そもそもミシンを使ってるシーンなんてあったっけ?
かかも美子も常に手縫いじゃん。

それこそ『カーネーション』におけるミシンとは
意味も意義も全く異なる。

こんなところで
『カーネーション』へのオマージュです!
なんて言うなよ、西田!



え?
そんな細かいところどーでもいい?
戦争の理不尽さを描いているだけだ?

いやいや、描かれてないから。

ステージが変わると新たなが現れる
…のが『とと』ワールド。

一時お騒がせしただけでウヤムヤなまま消えてしまうか
実は良いひとだったことが分かって小橋家の僕と化すか
結末はどっちであっても最初は小橋家を“イジメ”る奴らが登場する
…ってのが西田お得意のパターン。

それを今、一人で一手に引き受けているのが組長さんってだけで
女学校や鳥巣商事の頃に比べれば、まだ分かり易い設定。

行ってること自体はお国からの命令なわけだし
変に熱くなっちゃってるのは息子が出征中だからと説明もあったし
過去朝ドラであった様なマジ憎たらしい…という程のキャラでもないし

寧ろ、小橋家が無駄に尖ってるだけって感じ。


ってところで小豆登場。

三姉妹の誕生日を祝うっちゅーても
森田屋時代に唐突に出てきた由来だし

ささやかな暮らしの中の楽しみ
っちゅーよりも
相変わらず能天気な小橋家
という印象しかないのだが…

しかも
小豆がフラグなのはミエミエなのに
その使い方がショボくね?

ひじゅにはてっきり

空襲が終わって防空壕から出てみれば
母屋は爆撃で崩れ落ちていた…とか
小豆もろとも焼け落ちていた…とか
ちょいとマンガ風展開にするならば(?)
残り火が燐家にまで及び小橋家は益々窮地に…とか

そういう大変な事態に繋がるのかと思っていた。

そしたら小豆が焦げただけ。
それで美子が泣いただけ。


いや、まあ
滅多に口にできない甘い物
滅多に味わえないイベント
…それらが一瞬にしておじゃん!
という口惜しさ悲しさは分からないではないよ。

でも、そんな健気な一家に小橋家は描かれてないから。

かかも、泣くのを禁止するよりも
命があって良かった!という方向に行くかと思ったよ。


その後に深川の状態を聞いて
ようやく緊迫感というか恐怖心というか
いや、もっと手前で現実感というべきか…が
常子達にも芽生えた様子。

といっても
西田のことだから、この点を上手く掘り下げられるかどうか(^^;)



それでもラストで
常子達よりも遥かに大変な思いをし大変な場所から逃げてきたらしい
人々に遭遇。

その中に、お竜さんがいた!
ってことで、掘り下げに入るのか西田?
それとも単に再会のための道具立てに過ぎないのか?

つーか
ボンクラひじゅにが回想シーンと何度見比べさせられても
お竜さんだと気付かなかったッス>ダメじゃん





☆楽天もう…何がなんだか日記もヨロシクです☆
楽天バナー


てぬぐい


こだわりあんこ


おはぎやまメモパッド



スポンサーサイト

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

ひじゅに

Author:ひじゅに
ひじゅに

朝ドラを中心にドラマや映画の感想、
K-POP歌詞訳やイラスト、
猫や食べ物の話題など
何だかんだと書いています。
HNの由来は韓国のロッカー
ムン・ヒジュン(笑)
楽天ブログで何年かやってきましたが、
今後こちらと並行して行くつもりです。
「やっくん」名でHPもやってます。
どうぞヨロシク☆

★楽天ブログ
もう…何がなんだか日記
楽天バナー

★HP(ブログ各記事のINDEXも)
やっくんち
やっくんち

最新記事

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

わろてんか (15)
ひよっこ (157)
相棒 (111)
べっぴんさん (152)
とと姉ちゃん (154)
あさが来た (157)
まれ (156)
マッサン (150)
ちゅらさん (8)
花子とアン (156)
ごちそうさん (151)
あまちゃん (156)
純と愛 (151)
梅ちゃん先生 (157)
カーネーション (151)
おひさま (156)
NHK朝ドラ-2 (74)
朝ドラについて考える (20)
韓国映画 (28)
香港・中国映画 (11)
日本映画 (6)
欧米映画 (9)
007シリーズ (14)
その他の映画 (1)
八重の桜 (53)
平清盛 (50)
陽だまりの樹 (11)
JIN-仁- (11)
ドラマ-1- (32)
ドラマ-3- (13)
ドラマ-4- (4)
単発ドラマ (9)
欧米ドラマ (20)
韓国ドラマ‐1‐ (2)
K-POP(主にヒジュン) (1)
MV&歌詞訳(主にヒジュン) (2)
MV&歌詞訳(その他) (19)
食べ物・飲み物 (41)
動物 (31)
イラストetc. (3)
風景、植物 (4)
日常あれこれ (54)
夢 (1)
バトン (8)
小説&マンガreview (1)
アニメ (2)
韓国ドラマ-2- (2)
ドラマ以外のTV番組&DVD等 (1)
ラーメンetc. (6)

月別アーカイブ

フリーエリア

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR