FC2ブログ
topimage

2015-06

怪しい彼女 - 2015.06.07 Sun

70歳のおばあさんがが20歳の娘に若返ってしまう話―

設定としては特に目新しいものではないと思うけれど
とにかく主演のシム・ウンギョン(若返った姿を演じる)が可愛いから許す>ぉ


★☆★☆★☆ネタバレあり☆★☆★☆★


オードリー・ヘップバーンのポスターが飾られた写真館で
オードリー・ヘップバーンの話をした後で写真を撮ると
何故か若返っていたヒロイン@マルスン。

オードリー・ヘップバーンみたいな髪型と服装で
オ・ドゥリと名乗った彼女の新しい人生が始まる。


何が可愛いって
姿形は若くなっても中身は同じままなので
動きも表情も口調も話題も感覚も全てが“おばあさん”なところ。

いや、おばあさんといっても、まだまだ元気だから
日本の感覚では“おばちゃん”とか“おばはん”という感じ?

そんなオ・ドゥリが何故かめちゃくちゃ可愛い。


でもって、そんな彼女のキャラには
彼女の山あり谷ありの過去が上手く行かされていると思う。

かつては美しいお嬢様で、幸福な若妻で、やがて貧しい寡婦となって
惨めな生活も、他人に恨みを買う行為も経験してきて…
その良い点と悪い点の混合が彼女を形成しているのが分かる。

だから、若返るまでの追い詰められ方も
哀れにも思えるし自業自得にも思えてしまう(^^;)


そんな清濁併せ持った彼女の前に突然開かれた新しい人生は
ひたすら明るくて前向きで輝かしい。

清濁併せ持つってのは、つまり、非常に人間的と言えることで
同じ人間である観客は
彼女に同化して新しい人生を今度こそ美しく幸福に行きたいと願う
…んじゃないかな。


作中には色々な歌が登場する。

ほとんどが、いわゆる懐メロみたいなんだけど
韓国の懐メロなので、そこのところの楽しみ方ができないのは残念。

シム・ウンギョン自身が歌っているらしい。
上手いかどうかはよく分からないけれども>ぇ
声が綺麗で自然に引き込まれる。

そんな歌声でトントン拍子にスター街道に向かっていく様子は爽快。


そして淡い恋もする。
そこはちょっと切ない。



そのまま新しい人生を生き続けるか元に戻るか…
選択を迫られることになる終盤の展開は、まあ予想がつくんだけど
そこで彼女の息子が関わってくるところが、なかなか感動的だった。

親としては何を犠牲にしてでも子供を助けたいと思うだろう。

そのために彼女の前で土下座して頼み込んだりしても
それは寧ろ自然な行為と周囲は受け取るだろう。

でもそれは親である自分の犠牲ではなくて
自分の母親である彼女、自分のために犠牲になってきた彼女に
再び犠牲を強いること。

息子はちゃんとそれを理解していて
自分の子供は自分が何とかする、と宣言する。
ここは、なかなか良かったな。


最後の彼女の決断は、彼女を崇高なものとしている。

思わぬ挫折というものではなく
このために今回の不思議な経験があったのだ…という気もしてくる。

…いや、そんな教訓的な物語ではないのだけどね。
つーか、意味などあってはいけないのだと思うのだけどね。



ラストのラストは思わぬ人が若返って
前に出てきたシーンと真逆のシーンになるのが面白い。
傍に立っていた若い女の子達の反応もしっかり入れているし。

色々なことが上手い具合に収まった後なので
明るい気持ちで終わる。


でも、やっぱり、切なさが残る。



『怪しい彼女/Miss Granny』 2013年/韓国
監督&脚色:ファン・ドンヒョク
脚本:シン・ドンイク、ホン・ユンジョン、トン・ヒソン
音楽:モグ
出演:ナ・ムニ(オ・マルスン)、シム・ウンギョン(オ・ドゥリ)
   パク・イナン(パク氏)、チニョン(ジハ)





☆楽天もう…何がなんだか日記もヨロシクです☆
楽天バナー

ブルーレイ


ノベライズ(韓国語)


この映画のシム・ウンギョンも可愛い>『サニー』


スポンサーサイト



NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

ひじゅに

Author:ひじゅに
ひじゅに

朝ドラを中心にドラマや映画の感想、
K-POP歌詞訳やイラスト、
猫や食べ物の話題など
何だかんだと書いています。
HNの由来は韓国のロッカー
ムン・ヒジュン(笑)
楽天ブログで何年かやってきましたが、
今後こちらと並行して行くつもりです。
「やっくん」名でHPもやってます。
どうぞヨロシク☆

★楽天ブログ
もう…何がなんだか日記
楽天バナー

★HP(ブログ各記事のINDEXも)
やっくんち
やっくんち

最新記事

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

スカーレット (153)
相棒 (126)
なつぞら (156)
まんぷく (151)
わろてんか (152)
半分、青い。 (154)
ひよっこ (157)
べっぴんさん (152)
とと姉ちゃん (154)
あさが来た (157)
まれ (156)
マッサン (150)
ちゅらさん (8)
花子とアン (156)
ごちそうさん (151)
あまちゃん (156)
純と愛 (151)
梅ちゃん先生 (157)
カーネーション (151)
おひさま (156)
NHK朝ドラ-2 (74)
朝ドラについて考える (24)
韓国映画 (30)
香港・中国映画 (11)
日本映画 (10)
欧米映画 (9)
007シリーズ (14)
その他の映画 (1)
八重の桜 (53)
平清盛 (50)
陽だまりの樹 (11)
JIN-仁- (11)
ドラマ-1- (32)
ドラマ-3- (16)
ドラマ-4- (4)
単発ドラマ (9)
欧米ドラマ (20)
韓国ドラマ‐1‐ (3)
MV&歌詞訳(主にヒジュン) (3)
MV&歌詞訳(パク・ヒョシン) (5)
MV&歌詞訳(QUEEN) (16)
MV&歌詞訳(エド・シーラン) (8)
MV&歌詞訳(その他) (25)
K-POP(主にヒジュン) (1)
食べ物・飲み物 (67)
動物 (31)
イラストetc. (3)
風景、植物 (4)
日常あれこれ (60)
夢 (1)
バトン (8)
小説&マンガreview (3)
アニメ (2)
韓国ドラマ-2- (2)
ドラマ以外のTV番組&DVD等 (1)
ラーメンetc. (6)
エール (136)
ドラマ2 (5)

月別アーカイブ

フリーエリア

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR