topimage

2015-02

今を生きる>『マッサン』第126話 - 2015.02.28 Sat

何だかあんまり盛り上がらなかったなあ…

エリーが語った事情が
あまりにも“まんま”だったからか?

“だから何?”だったからか?

エマがほだされるのではなく
寧ろエマの勝利!って感じの結末だったからか?

結局のところ一番心を揺らしたのは
愛妻の過去の恋を知ってしまったマッサンだからか?

…ひじゅにですが何か?



「そういう意味じゃったんか」byマッサン



エリーにも初恋の経験はあるだろうと
エマのために説得を試みたマッサン。

藪蛇とはこのことか?
っちゅーくらいに反撃をくらう…の巻
>こらこら


それも淡い初恋どころか
バッチリ婚約までしていたんだものな。

相手@ジョージが戦死しなかったら
エリーがマッサンの妻になった可能性は極めて低かった。

戦争のおかげで工場が助かったのと同じく
皮肉な展開?


ベタが信条の羽原だけど
ベタを貫くなら今日のお話は

エリー、自分の過去の悲恋を語る

エリーのこのところの理不尽な言動の意味が判明する

エリーは病んだのでも傲慢になったのでもなく
経験に基づき現実的な心配をしていたのだった

エマがショック&感銘を受ける

一馬君のことを簡単に諦めるまでは行かないものの
もう少し地に足を付けて物事を考えられる様になる

…という程度の
カタルシスというのかハッピーエンド感みたいなのが
あるのかなあ、なんて思ってた>能天気ひじゅに


そしたら

マッサンがちょっと嫉妬しただけで>ぇ
エリーが日記の件を謝っただけで>まあ当然
寧ろ、お子ちゃまエマが

人生は冒険
冒険には危険が付き物
危険を恐れていたら前に進めない


と、まるで三題話
…じゃなくて
ドラマが最初から掲げてきたテーマを
ドヤ顔で言い放って(酷)メデタシメデタシ。


えっ!?


まあ、特高が踏み込んできたエピ以外は
戦争の大変さがほとんど描かれていないから
「危険」がどの程度のものか視聴者にだって感じられない。

でも、視聴者は>無知ひじゅにでさえも
戦争について他から多少は聞いてきたし

お嬢様エマにしたって
学校や勤労奉仕で多少なりと戦争に触れただろうし
何より、工場の男性従業員達が
次々と出征したり戦死の知らせがきたり
…というのを見聞きしてもいるのだから

ノホホンと未来を夢見る状況でないというのは
ほんの少しは分かっていても良い(ハズ)

刹那的に恋を語ったり
あるいは恋に逃げ込んだり
恋ゆえに可能性は低くても先行きを模索したり
…という緊張感があって然るべき(と思う)


なのに

まだ赤紙も来てないし~
来たとしても死ぬとは限らないし~


と、エマの言い分はアサハカ過ぎね?


母親の悲痛な経験を聞いたのなら
自分はそれに耐えられるだろうか?
その覚悟ができるだろうか?
…と自問したり

実際のところ一馬君は
そうした自分の置かれた立場に悩んでいるのだから
彼を支えるために何かできるだろうか?
…と、まずは彼の気持ちを考えたりするものじゃね?

…まあ、だからこその
今迄のお子ちゃま描写だったのかもしれないけどさ。



   ↑まあ、そういう意味では
   まだ精神的に幼い女の子が初めての恋に浮かれてる
   という様子はよく描かれている、と言える鴨?


で、早速届く召集令状。

まだ心構えができないうちに
エマはエリーと同じ事態に直面することに―

この冷酷な事実こそが
エマを“成長”させるものとなる
…ってことで

エリーが今週ギャンギャン吠えていたことは
RPGの中のほんのちょっとしたイベントに過ぎず
寧ろエマの恋心をより燃え上がらせる役割しかしなかった
…っちゅーことでせうか?


ま、夫婦の物語として見れば

妻の過去の恋に動揺しちゃう中年マッサン
過去の恋は白黒、マッサンとの思い出はカラーという
実に分かりやすいエリー

…と、相変わらずラブラブで
萌え~」で良いの鴨。


一方、一馬君

エマに、あれだけ熱烈ラブコールを受け続けて
却って気の毒な様な…

自分では何も言えなくて
そんな中で遂に赤紙が来て…

寧ろ、そっとしておいてあげて!
…と、言いたくなってしまうのは私だけ?>だけだろ




☆楽天もう…何がなんだか日記もヨロシクです☆
楽天バナー

初恋トマト>群馬県産


赤紙>パーティフラッシュ


今を生きる>メッセージアートフレーム


スポンサーサイト

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

ひじゅに

Author:ひじゅに
ひじゅに

朝ドラを中心にドラマや映画の感想、
K-POP歌詞訳やイラスト、
猫や食べ物の話題など
何だかんだと書いています。
HNの由来は韓国のロッカー
ムン・ヒジュン(笑)
楽天ブログで何年かやってきましたが、
今後こちらと並行して行くつもりです。
「やっくん」名でHPもやってます。
どうぞヨロシク☆

★楽天ブログ
もう…何がなんだか日記
楽天バナー

★HP(ブログ各記事のINDEXも)
やっくんち
やっくんち

最新記事

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

ひよっこ (120)
相棒 (111)
べっぴんさん (152)
とと姉ちゃん (154)
あさが来た (157)
まれ (156)
マッサン (150)
ちゅらさん (8)
花子とアン (156)
ごちそうさん (151)
あまちゃん (156)
純と愛 (151)
梅ちゃん先生 (157)
カーネーション (151)
おひさま (156)
NHK朝ドラ-2 (74)
朝ドラについて考える (20)
韓国映画 (28)
香港・中国映画 (11)
日本映画 (6)
欧米映画 (9)
007シリーズ (14)
その他の映画 (1)
八重の桜 (53)
平清盛 (50)
陽だまりの樹 (11)
JIN-仁- (11)
ドラマ-1- (32)
ドラマ-3- (13)
ドラマ-4- (4)
単発ドラマ (9)
欧米ドラマ (20)
韓国ドラマ‐1‐ (2)
K-POP(主にヒジュン) (1)
MV&歌詞訳(主にヒジュン) (2)
MV&歌詞訳(その他) (19)
食べ物・飲み物 (36)
動物 (31)
イラストetc. (3)
風景、植物 (4)
日常あれこれ (54)
夢 (1)
バトン (8)
小説&マンガreview (1)
アニメ (2)
韓国ドラマ-2- (2)
ドラマ以外のTV番組&DVD等 (1)
ラーメンetc. (6)

月別アーカイブ

フリーエリア

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR