FC2ブログ
topimage

2014-10

えん魔>『マッサン』第18話 - 2014.10.18 Sat

出たー!

えん魔が出たー!

…と、狂喜乱舞する
…ひじゅにですが何か?



「There’s no place like home(我が家に勝る所なし)byエリー



鴨ハグ(byさなっちさん)
をマッサンが目撃したことで
どんな修羅場になるかと思ったら
いつの間にやら鴨の姿は無し(笑)

まあ、彼のことだから
マッサンのことなど意に帰さず
陽気に去って行ったのだろうな。

うむ、そういうヤツだ>一人で納得


メインは夫婦ですからね。

香水の匂いの鴨ハグと
醤油の匂いの鴨ハグと
最初の2つは鴨の方を怒ったマッサンだけど
3度目はさすがにエリーに向かう。

これぞ3段オチ?>ちょっと違う

ピン子にしろ優子さんにしろ
ましてや周囲の人々の偏見の目等の
外側から押し寄せる嵐に対しては
2人で結束して立ち向かうことができた。

…まあ、マッサンは少々頼りなかったけど(^^;)

でも、いよいよ新居を構え
それぞれの“仕事”に、それぞれが立ち向かうことになった時
今度は2人の絆が試される。


「仕事と私、どっちが大事!?」


第1週ではピン子が
第2週ではきよしが
同じ言葉を出していた。

3段オチ(?)
3度目の正直(?)
って感じで遂にエリーが口に出す。

いやあ、考えてんなあ羽原!
最近、コレばっかりだけどな羽原!


エリーはマッサンのウィスキーの夢を心から応援してるし
だからこそ先週はスコットランドに帰ろうと言ったマッサンを
突き飛ばしたわけだし

ただ、もうちょいマッサンとの時間が欲しかっただけで

マッサンはマッサンでウィスキーのことに夢中にはなっていても
エリーのことだって気にしていたし
だからこの日は急いで帰ってきたわけだし

第三者から見れば
他愛ないっちゃー他愛ない
可愛いっちゃー可愛い
まさに犬も食わぬ喧嘩なのだが(笑)

ここは国際結婚の難しさで
それぞれの国の価値観がぶつかり合うわけだから
事は少々厄介。


そこで、伊藤えん魔登場ですよ!>どこがだ?

颯爽と仲介に入るのではなく
「今、何時だと思ってるんだ」と
寝巻で怒鳴り込むところが良いの。

まだ8時だってよ、えん魔。

「ミナミの信ちゃんを知らんのか!?」
知らんがな。


いやあ、オープニングに彼の名前を見つけて
「おおおおおおお~っ!」となってしまったわよ。

恐い役なのかしらと一瞬心配したけど
エリーが袖を拾って謝った時
気弱そうに頭を下げた姿がラブリーだったわ


というわけで、喧嘩は中断。
一旦、離れ離れになる2人。

エリーはキャサリン
マッサンはきよし&優子
それぞれの仲間に慰められる。


別れを勧めるキャサリン―

お前が言うな?
いや、彼女だからこそ言える言葉だと思うな。

「男が威張ってる国」
優子さんの言葉をさらに強くした言葉。

キャサリンの夫は外国人だけど
そうなる前に、この国の男達に辛い思いを味わったのかも?

優子さんも、今まさに味わい初めている。

「誰に押し付けられたんでもなく自分で決めたんやからな」
エリーは逆の立場にあることを強調。

自分で選んだ道だけれど
それだけに責任は大きいし
それゆえの苦難も多い。

自分で選んだ道だから
誰に責任を押し付けることもできず
曲がり角に差し掛かる度、自分で決めなければならない。

やっぱ、日本と外国どちらが良い悪いという単純な主張ではない。


これはイコール
マッサン&エリーのどちらがどう…てのじゃなくて
2人の価値観をすり合わせていくことで上手く行く
ってことに繋がるのだろうし
これは同国人同士の結婚、ひいては全ての人間関係に当てはまること。

なかなか視点が広いな、羽原>褒め過ぎ


父親&マッサンの会話に口を出す優子さん―

おお、強くなってきたじゃん…って、前からだったりして。
何せ父親がきよしだしな>ぇ

「今更、何言うてんの」
うん、これまた彼女にしか言えない言葉だ>ぉ

つーか
マッサン自身が異国で暮らした経験があることを思い出させ
エリーの気持ちが一番分かるハズだと諭すところは
なかなか上手いぞ、優子さん!


ということで
帰宅するもエリーの姿は見えず
あちこち探し回るマッサンの図ぅ―

誰かが行方不明になって皆で探し回るのも朝ドラ“お約束”
それを少し違う形でこなしつつ
“こいのぼり”や、この間のお巡りさんをさり気なく登場させる
さすがの羽原>また言っちゃったよ


お巡りさんから教会へ…
教会の中ではオルガン…
と、以前のシーンを重ねつつ(?)

鴨居さんから教わったばかりの
『埴生の宿』日本語バージョンを歌いだすエリー。

タイミング良過ぎだろっ!
マッサンが来るのを待ち構えてたのかっ?

…そういうことかもしれませんぜ。
都合良くキャサリンは姿を消してるし(笑)

で、最後は英語で歌ったところが生きてるね。
今やエリーにとってマッサンとの家が
つーか、マッサン自身が「Home」だということだよね。

これぞ「住めば都」で
これを固い土台として2人して進んで行くのね。

でも、やっと食べてもらえたご飯は芯があるってことで
微笑ましくもあり
まだまだこれから…感もありってことで

今週も綺麗に纏まりました。
メデタシメデタシ

ちゅーことで、第4ステージへ―





☆楽天もう…何がなんだか日記もヨロシクです☆
楽天バナー

ミナミの名物かすうどん


埴生の宿


My Sweet Home>ハローキティ


スポンサーサイト



NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

ひじゅに

Author:ひじゅに
ひじゅに

朝ドラを中心にドラマや映画の感想、
K-POP歌詞訳やイラスト、
猫や食べ物の話題など
何だかんだと書いています。
HNの由来は韓国のロッカー
ムン・ヒジュン(笑)
楽天ブログで何年かやってきましたが、
今後こちらと並行して行くつもりです。
「やっくん」名でHPもやってます。
どうぞヨロシク☆

★楽天ブログ
もう…何がなんだか日記
楽天バナー

★HP(ブログ各記事のINDEXも)
やっくんち
やっくんち

最新記事

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

スカーレット (126)
相棒 (123)
なつぞら (156)
まんぷく (151)
わろてんか (152)
半分、青い。 (154)
ひよっこ (157)
べっぴんさん (152)
とと姉ちゃん (154)
あさが来た (157)
まれ (156)
マッサン (150)
ちゅらさん (8)
花子とアン (156)
ごちそうさん (151)
あまちゃん (156)
純と愛 (151)
梅ちゃん先生 (157)
カーネーション (151)
おひさま (156)
NHK朝ドラ-2 (74)
朝ドラについて考える (24)
韓国映画 (29)
香港・中国映画 (11)
日本映画 (7)
欧米映画 (9)
007シリーズ (14)
その他の映画 (1)
八重の桜 (53)
平清盛 (50)
陽だまりの樹 (11)
JIN-仁- (11)
ドラマ-1- (32)
ドラマ-3- (16)
ドラマ-4- (4)
単発ドラマ (9)
欧米ドラマ (20)
韓国ドラマ‐1‐ (3)
MV&歌詞訳(主にヒジュン) (3)
MV&歌詞訳(パク・ヒョシン) (4)
MV&歌詞訳(QUEEN) (11)
MV&歌詞訳(エド・シーラン) (8)
MV&歌詞訳(その他) (25)
K-POP(主にヒジュン) (1)
食べ物・飲み物 (65)
動物 (31)
イラストetc. (3)
風景、植物 (4)
日常あれこれ (56)
夢 (1)
バトン (8)
小説&マンガreview (2)
アニメ (2)
韓国ドラマ-2- (2)
ドラマ以外のTV番組&DVD等 (1)
ラーメンetc. (6)

月別アーカイブ

フリーエリア

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR